Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

雨の日妊婦が体調悪くなるのは低気圧が原因?1分で治る対処法って?

妊婦(妊娠中)

このページは関連記事とあわせて「 2 分」で読めます。


妊娠中は雨の日や曇りの日になると、

「腹痛、吐き気、頭痛、気分のムラ、ダル気」など、

妊婦さんは体調不良に悩まされてしまいますよね。

 

実は、これは雨の日による急激な気圧の変化(高気圧→低気圧への変化)が原因だったのです。

つわり症状は天気天候が悪い雨の日だと酷くなる?低気圧は関係ある?
つわり症状はその日の天気(天候)によって左右されます。特に天気が悪い雨の日だと、つわりはぶり返し酷くなることもあります。でも、本当に悪阻(つわり)は天気に左右されることなんてあるのでしょうか?ここでは「つわり症状は天気天候が悪い雨の日だと酷くなるのか?低気圧は関係あるのか?」疑問にお答えしています。

 

また急激な気圧の変化や寒暖差が、妊婦の自律神経を乱すこともあります。

でも、自然現象にどうやって立ち向かえば良いのでしょうか?

 

そこで、ここでは「雨の日に体調不良になることへの対処法」や、

「具体的な原因」などについて掘り下げて紹介しています。

 

また、記事を読む前に「雨の日 悪阻 最悪 どうする?」も併せて読むことをオススメします。

雨の日はつわりがぶり返すものなの?妊婦の体調と低気圧は関係ある?
雨の日や低気圧だと悪阻(つわり)がぶり返すように感じますよね。でも、なぜ雨の日とだと悪阻(つわり)が酷くなるのか?わからないことだらけです。「自分だけ悪阻がひどいんじゃないの?」と不安に感じます。ここでは雨の日はつわりがぶり返すものなのか?妊婦の体調と低気圧は関係あるのか?疑問にお答えしています。

 

このページを読み終わるころには、

あなたもきっと雨の日の体調不良に悩まなくなることでしょう。

 

では、まず「なぜ雨の日になると体調が悪くなるのか?」

具体的に詳しく原因を見ていきましょう。

つわりいつから楽になってきた?12週以降もひどくなるのは平気?
妊娠中のママさんが必ず通る道が「悪阻(つわり)」です。一般的に、悪阻=吐き気という認識を持つ人が多いですが、悪阻症状は「吐き気、頭痛、怠さ、気分の落ち込み」など多岐にわたります。ここでは「妊娠中につわりいつから楽になってくるのか?12週以降もひどくなるのは平気なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告
広告
広告

雨の日に妊婦が体調悪くなるのは低気圧が原因って本当なの?

雨の日に妊婦が体調悪くなるのは低気圧が原因だと言われているのは本当です。

 

厳密には、低気圧ということではなく、

急激な気圧の変化が妊娠中の体調不良の原因だと言われています。

 

雨の日だけでなく、曇りの日や梅雨の時期、台風など、

「低気圧の日になると、体調を崩す・・・」

と感じている妊婦さんは多くいます。

つわりのぶり返しがひどいつらい時がある?原因は?悪阻の対処法は?
「つわりのぶり返しがひどいつらい時がある・・・」そんなときは自分の身体は本当に大丈夫なのか心配になりますよね。ですが同じ症状に悩まされている妊婦さんは意外にも多くいます。ここでは「つわりのぶり返しがひどいつらい時は誰にでもあるのか?悪阻の原因は何か?悪阻の対処法はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

これは、妊婦さんの体質によって個人差がありますが、

気圧の変化に敏感な妊婦さんは雨の日になると、

「悪阻、腹痛、頭痛、気分のムラ、吐き気」などを催すことが多い傾向にあります。

つわりは雨の日に頭痛も招く?妊娠中に頭痛がする原因は?治し方は?
「雨の日になると頭痛がする」と感じる妊婦さんは多い。実は、これは悪阻(つわり)症状です。一般的に、悪阻と言えば「吐き気」のイメージでしたが、頭痛も悪阻の一種だったのです。ここでは「つわりは雨の日に頭痛も招くって本当なのか?妊娠中に頭痛がする原因は何か?治し方はあるのか?」について解説していきます。

 

また、この症状が悪化すると「気象病」になることがあるので注意が必要です。

 

気象病は「古傷が痛む、更年期生姜、頭痛、吐き気、気分の落ち込み、食欲不振」など、

日常生活における様々な障害を招くことになります。

 

「気象病 どんな病気? 妊婦が危険?」に関する記事も併せて読んでみましょう。

雨の日に動けないだるいときどうする?気象病が原因って本当?
天気(雨の日)によって体が不調になることもありますよね。雨の日はカラダがだるい、浮腫む、微熱もあり、寝込んだまま家事も何もできないこともありますよね。「雨の日に体調が悪い・血圧が低い」ときもあります。ここでは雨の日に動けないだるいときどうするのか?気象病の可能性はあるのか?疑問にお答えしています。

 

また、雨の日に妊婦さんが体調不良になる原因として「ストレス」も大きな要因になります。

 

雨が降ると、面倒事が増えるので「ネガティブな感情」になりますよね。

 

そういった雨の日によるストレスも妊婦さんの体調を悪化させる要因になります。

 

つまり、「雨の日や曇りの気圧の変化」と「雨の日に感じるストレス」

この二つが悪い意味での相乗効果を齎して、

より妊婦さんを苦しめることになるのです。

そこで、妊娠中の悪阻(つわり)対策として、

ガムを噛んで症状を軽くしている人もいます。

つわり中はガムがおすすめ?妊娠中のガムはクロレッツで決まり?
最近の研究では「妊娠中(悪阻中)に食べるガムはむしろ妊婦にオススメされている」という報告もあり、ママさんも妊娠中に毎日のようにガムを食べても、元気な赤ちゃんを出産している人がほとんどです。ここでは「つわり中はガムがおすすめなのか?妊娠中のガムはクロレッツがオススメなのか?」疑問にお答えしています。

 

このように妊娠中は雨の日になると「死にたい」と感じている人も多くおり、

さらには「朝昼よりも夕方から夜にかけて悪阻がピークになる!」と感じているママさんもいます。

 

「雨の日 夕方~夜 悪阻 妊婦 死にたい どうする?」に関する記事も併せて読んでみましょう。

つわりは朝昼が楽で軽いって普通?夜は酷くなる?何を食べたら良い?
多くの妊婦さんは妊娠中の辛くてしんどい悪阻(つわり)に苦しめられることになります。ですは、朝昼は「つわり」が楽になって軽くなると言われていますが、これは本当なのでしょうか?ここでは「つわりは朝昼が楽で軽いって普通なのか?夜は酷くなるのか?何を食べたら良いのか?」などの疑問にお答えしています。
雨の日に死にたくなるのはみんな一緒?なぜ暗い気分になる?対策は?
雨の日になると気持ちが落ち込んで、つい死にたくなるものですよね。また、「雨が降ると死にたい気持ちになるのって自分だけなのかな?」なんてことも考えてしまうものです。ここでは雨の日に死にたくなるのはみんな一緒なのか?なぜ暗い気分になるのか?「死にたくなる」のを防ぐ対策はあるのか?疑問にお答えしています。

 

雨の日の低気圧で妊婦(妊娠中)の具合が悪くなる体調不良を1分で治す対処法を紹介

耳のマッサージ

気圧の変化を感じやすいのは「耳」だと言う事をご存知でしょうか?

例えば、飛行に乗ると耳が「キーン」と痛くなることがありますよね?

気圧の変化に敏感な耳の不調を治すことで、

妊婦の体調不良もたちまち治ります。

妊娠中の気圧の変化による対処法には、耳マッサージがオススメです。

下記の動画を参考にしてみましょう。

 

横になって寝て楽な姿勢をとる

気圧の変化は自然現象なので、どうしようもありませんよね。

自然現象が原因である「妊娠中の体調不良」には、

ベッドやソファーで横になって安静にするのが一番です。

自分で楽な体制を見つけましょう。

「悪阻 雨の日 寝る治し方」に関する記事も併せて読んでみましょう。

雨の日につわりが軽いのは自分だけ?悪阻に波があるのは大丈夫なの?
雨の日(低気圧の日)はつわりが悪化するもの。妊婦さんは「雨の日は悪阻が酷くて食べれない」と悩んでいます。しかし、雨の日に悪阻(つわり)が軽くなる人は悪阻が他の妊婦さんよりも重くない証拠。ここでは「雨の日につわりが軽いのは自分だけなのか?悪阻に波があるのは大丈夫なのか?」疑問にお答えしています。

 

お風呂に入る

雨の日に「頭痛」を感じる場合は、お風呂にゆっくりと浸かると効果的です。

これは、実際に多くの妊婦さんが実践している対処法です。

お風呂の温度はゆっくりと浸かれるくらいの温度がオススメです。

これは個人差がありますが、

37℃~40℃くらいにしておくと良いでしょう。

「雨の日 悪阻 頭痛 治し方」に関する記事も併せて読んでみましょう。

雨の日につわりがひどいのは普通?悪阻の原因は気象病って本当なの?
雨の日って悪阻(つわり)が酷くなるものですよね。「もしかしたら、自分だけおかしいのか?」なんてつい思ってしまうものです。でも、この雨の日の悪阻(つわり)は多くの妊婦が経験していることなんです。ここでは「雨の日につわりがひどいのは普通なのか?悪阻の原因は気象病って本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

精油オイルを焚く

雨の日になると「吐き気、頭痛、ストレス」に悩まされますよね。

そんなときは、精油オイルを焚いてリラックスさせましょう。

気持ちを落ち着かせることで、より症状が軽くなります。

また、ペパーミントなどの精油には頭痛や吐き気を緩和させる効果があるので、

雨の日になると必ず体調が悪くなると感じている妊婦さんにはオススメです。

 

ヒーリングミュージックを聞く

雨の日のストレスによって体調不良(頭痛、腹痛、吐き気)を招く妊婦さんには、

ヒーリングミュージックもオススメです。

気持ちを落ち着かせる音楽とともに、症状も落ち着いて行くことでしょう。

とくに、雨の日の体調不良に悩む妊婦さんに、

オススメなヒーリングミュージックはこちらです。

 

雨の日に気圧の変化による妊婦(妊娠中)の体調悪くなるのを治す便利アイテムはコレ!

晴れの日は高気圧ですが、雨の日になると低気圧になりますよね。

 

雨の日になると、急激な気圧の変化(低気圧)によって、

妊婦さんは体調不良に陥りがちなものです。

 

気圧の変化には耳が一番敏感な場所ですよね。

 

例えば、飛行に乗ると急激な気圧の変化によって、

「耳鳴りがキーンとしていたくなる!」と言う事は良くありますよね。

 

そこで、雨の日の気圧の変化による体調不良には「耳栓」が一番おすすめです。

 

興味があれば、参考にしてみましょう。

 

妊婦にとって雨の日は最悪な気分になりますが、

少しでも雨の日の楽しみ方を知っておくことで、ストレスや悪阻の解消に役立つでしょう。

 

「雨の日 印象を良くする 妊娠中のストレスを軽減」に関する記事も併せて読んでみましょう。

梅雨で連想するものといえば?雨にどんな言葉を思い浮かべますか?
あなたは、梅雨の時期といえば、何を連想(イメージ)しますか?梅雨の時期と言えば、「雨が面倒くさい」と連想(イメージ)する人も多いと思い。特に梅雨の時期に会社に行くのは面倒ですよね。梅雨で連想するものといえば何を思い浮かべますか?雨にどんな言葉を思い浮かべますか?ここではそんな疑問にお答えしています。
梅雨はうざいから嫌いな人が多い?雨の日に良いこと長所ってあるの?
初夏になるとすぐに梅雨の時期ですよね。「この梅雨の時期がうざいのなんのって・・・・・」このように梅雨に対して不快に感じている人は多くいるのも事実。もちろん、梅雨の時期にも良いこと(メリット)もあります。ここでは梅雨はうざいから嫌いな人が多いのか?雨の日に良いことってあるのか?疑問にお答えしています。

 

雨の日妊婦が体調悪くなるのは低気圧が原因?1分で治る対処法って?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

妊娠中に雨の日に体調不良になる原因の多くは、

急激な気圧の変化が要因として挙げられています。

 

晴れの日は高気圧ですが、

たまに雨が降る日は低気圧になりますよね。

 

もちろん、すべての妊婦さんが経験しているわけではありませんが、

妊娠中は体質が変わるものですし、

気圧の変化に敏感になってしまうママさんは珍しくありません。

 

この気圧の変化こそが、

妊娠中の悪阻(頭痛、吐き気)やダル気を齎してしまうのです。

 

でも、相手が自然現象だと天気を変えるわけにもいきませんよね。

 

そこで、「妊娠中に雨が降ると体調が悪くなるときにどうしたら良いのか?」

対処法(対策)を知っておくことが大切なのです。

 

この記事で紹介している対処法を参考にすることで、

すぐにお悩みが解決できるでしょう。

CLOSE
CLOSE
タイトルとURLをコピーしました