シャツのボタン男と女で逆な理由は?コートやジャケットもボタン逆?

イベント
この記事は約4分で読めます。

シャツのボタン男と女で逆な理由はなぜか?

気になりますよね。

実は、TV番組(NHK放送)である「チコちゃんに叱られる」でも、このシャツのボタンに関する由来は紹介されましたね。

同じようにジャケットやコートもボタンの留め方が逆だったりしますよね。

これには古代の欧州の文化が関係しているという説が一番有力です。

では、シャツのボタンが男と女で逆な理由について見ていきましょう。

広告

シャツのボタン男と女で逆な理由は?

シャツのボタンが男と女で逆な理由には古代の衣服が関係していると言われています。

10世紀以前の衣服は男女共に同じで「一枚の布」を体にグルグル巻いたりしていました。

もしくは、布に穴を開けて頭からかぶる服の着方をしていたため、10世紀以前の衣服は男女で洋服のデザインはほとんど一緒でした。

事実、これらの絵画などでも描かれていますよね。

時代が進むにつれて、11~12世紀頃になると欧州の富裕層(貴族)の間で男と女の衣類に少しずつ違いが出始めます。

その後、衣服を固定するためのボタンが誕生したのは13世紀ごろです。

当時は欧州でもボタンホールという概念がまだない時代で、洋服の至る所にボタンが取り付けられていました。

その後、機能性を考慮し改良されてから、今のようなボタンホールが生まれました。

もちろんこの時点ではまだボタンの付いた服は高価なため富裕層(貴族)の間だけで着られており、平民は一枚布をグルグルに巻いたり、布に穴を開けて頭からかぶる服の着方をしています。

14世紀ごろの欧州では、縫製が難しいボタン付きの衣類は、富裕層(貴族)しか着ることのできない高級品でした。

当時の富裕層(貴族)の女性は自分で衣類を着ず、メイドさん(使用人)に自分の服を着せてもらうのが一般的な習慣。

富裕層(貴族)の女性の衣類は絢爛豪華。

服のデザインも煌びやかで豪勢なため、自分で着用するのが困難でしたからね。

そこで、メイドさんが対面からボタンを留めやすいように左側(男性の逆)にボタンを付けられていたという説があります。

男性は自分で服を着る習慣があったこと、そして人口のほとんどが右利きである、この2つの理由から、着る側(自身)から見てボタンを右側に付ける服飾が広がり、やがて一般化したとされています。

これがシャツのボタンが男と女で逆な理由だと言われています。

もちろん最近はジャンダレスな時代です。

レディースを着る男性も増えてきましたし、メンズを着る女性も増えてきました。

このシャツのボタンが男と女で逆な習慣も少しずつ無くなっていくかもしれませんね。

広告

コートやジャケットのボタンが男と女で逆な理由はシャツと同じ?

ジャケットやコートも男女でボタンの留め方が逆ですよね?

男性は左が上で女性は右が上になります。

これもシャツのボタンが男女で逆なことが由来すると言われています。

例えば、コートやピーコートなども男女でボタンが逆になっている服もありますよね。

もちろん近年では、シャツに比べるとジャケットのボタンが男と女で逆なことを知る人も少なくなってきているので、習慣化はされていません。

近年ではレディースの服を着る男性も増えてきましたしね。

ジャケットやコートの場合、ボタンやボタンホールが両サイド付いている服もあるので、これに関しては最近では関係なくなってきていますよね。

本来であればシャツと同じようにジャケットやコートのボタンが男と女で逆になるのが一般的です。

もちろん、シャツのボタンが男女で逆なのは、元をたどれば欧州の文化なので日本はあまり関係ありませんけどね。

ですが、一般常識として知っておいた方が陰でクスクス笑われる心配もありません。

男性は左が上(左前)に来るように着て、女性は右が上(右前)に来るように着ましょう。

広告

シャツのボタン男と女で逆な理由は?ジャケットやコートもボタン逆?~まとめ

シャツのボタン男と女で逆な理由は上流階級の女性がメイド(使用人)に自分の服を着させていため、対面するメイドがボタンを留めやすい設計になっていたこと。

そして男性の場合は、自分で服を着ること、そして欧州のほとんどの人が右利きであることを想定したからこそ、このような洋服の設計になったと言われています。

つまり、女性の場合は対面でボタンを留めやすい設計になっており、男性は右利きの人が自分でボタンを留めやすい設計になっています。

同じようにジャケットやコートも男女で着方が違いますよね。

男性は左が上(左前)、女性は右が上(右前)です。

これはシャツの習慣の延長という説がありますが、最近ではあまり知っている人も少ないので薄れつつあります。

また、レディースを着る男性も増えてきていますしね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました