ニキビできない人の羨ましい特徴は?肌荒れの原因は食べ物が悪い?

イベント
この記事は約31分で読めます。

肌荒れしやすい人にとっては、ニキビできない人の羨ましいものですよね。

では、ニキビができない人にはどんな特徴があるのか、ページを読み進めて参考にしてみましょう。また、「肌荒れの原因は食べ物が悪い」とも言われていますが、その理由も解説しています。

 

広告
  1. ニキビできない人の羨ましい4つの特徴とは?ニキビが「できやすい人」との違いを解説
    1. 「肌の免疫機能が強いから肌荒れしにくい」
    2. 「肝機能や内臓が健康な人は肌荒れしにくい」
    3. 「皮脂が過剰分泌されていない人は肌荒れしない」
    4. 「ホルモンバランスが乱れていない人は肌荒れしない」
  2. ニキビできない人は「肌荒れの原因は食べ物が悪い!」ということをちゃんと理解してる?
  3. チョコ食べてもニキビできない3つの方法ってなに?
    1. 「しっかりと睡眠をとりましょう」
    2. 「規則正しい生活をしましょう」
    3. 「バランスの良い食生活を心がけましょう」
  4. ニキビができやすい人の原因に紫外線が関係してるって本当?
  5. ニキビが出来やすい人の肌に紫外線(太陽のUV)が悪影響を与える3つの要因とは?
    1. 「肌のバリア機能を低下させる」
    2. 「肌の内部に活性酸素をつくって炎症を悪化させる」
    3. 「肌をカサカサさせて乾燥させるニキビを作りやすくする」
    4. 「日焼け止めはオデコや頬にできるニキビの原因になる」
    5. 「紫外線はオデコや頬の場所にニキビを作りやすくする」
    6. 「紫外線は活性酸素を発生させて顔にニキビを作りやすくする」
  6. ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との違いは「活性酸素による悪影響」が関係しているって本当?
  7. 「おでこ・頬・顎」のニキビが治らないのは活性酸素が原因!?
  8. ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との大きな違いは「ストレスやイライラ」が関係しているって本当?
  9. ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との大きな違い「睡眠時間や寝不足」が関係しているって本当なの?
  10. ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との大きな違いは「胃や腸の健康状態」が関係してるって本当なの?
  11. ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との違いは「洗顔料や洗顔方法(スキンケア)」に気を使っているかどうかって本当?
  12. ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との違いは「生理症状(月経症状)」が関係しているって本当?
    1. ニキビが出来にくい羨ましい肌の人が生理中に実践している方法①:「ニキビ菌(アクネ菌)を殺菌して肌の清潔を保つ」
    2. ニキビが出来にくい羨ましい肌の人が生理中に実践している方法②:「毛穴の引き締めや皮脂の過剰分泌の抑制による肌質改善」
    3. ニキビが出来にくい羨ましい肌の人が生理中に実践している方法③:「便秘や毒素、老廃物の排出を促す体質改善」
  13. ニキビできない人の羨ましい特徴は?肌荒れの原因は食べ物が悪い?~まとめ

ニキビできない人の羨ましい4つの特徴とは?ニキビが「できやすい人」との違いを解説

「肌の免疫機能が強いから肌荒れしにくい」

ニキビができない人は肌の免疫機能にもしっかり気を付けています。

ニキビは毛穴に詰まったアクネ菌による細菌感染が原因です。

肌の免疫機能が強い人は、アクネ菌による細菌感染から肌を守る機能が高いのでニキビができません。

ニキビができるときは肌が敏感になっている可能性大です。

敏感肌は肌のバリア機能が低下した状態だとお話しましたが、これは安定した肌に比べて、肌表面にある角層の水分量や油分のバランスが乱れている状態。

つまり肌が乾燥しやすく、また抵抗力も低下しやすいため炎症が起きやすい状態にあります。

そうなるとニキビは治りづらく、再発もしやすいという悪循環が起こるのです。

特に寝不足(睡眠不足)もターンオーバーが遅れて肌荒れニキビの原因になるので、下記のページも覗いて参考にしてみましょう。

 

「肝機能や内臓が健康な人は肌荒れしにくい」

ニキビができない人は肝機能や内臓を健康に保つように努力しています。

老廃物や毒素を解毒する働きを担う肝機能や内臓が健康的な人は、

ニキビができない傾向にあります。

実は、ニキビは化膿性疾患のひとつなので、体に余分な熱が溜まっているとできやすくなります。

熱は上半身に集まるので、顔以外では頭皮や胸元、または背中などの上半身に多く出るようです。

この体に溜まった熱に「老廃物」が組み合わさると、ニキビができると言われています。

体に溜まった熱以外でも、寝不足やストレスで体が疲労困憊の場合、全ての内蔵機能が低下、肝臓に疲労が溜まることで、血液の浄化機能が落ち、腎臓が弱ると老廃物を排除しづらくなります。

要するに、内臓の疲れや栄養バランスの悪さによって、

余分な栄養分や分解・解毒できなかった毒素が、ニキビとしてあらわれるわけです。

そこで、ハーブティーなど、美容効果のある飲み物を日常的に飲むようにするのもオススメです。

 

「皮脂が過剰分泌されていない人は肌荒れしない」

ニキビができない人は皮脂が過剰分泌しないように、

スキンケアや「糖質や脂質」を控えるなど、食生活なども気を付けています。

ニキビができやすい場所は、皮脂の分泌量に関係します。

皮脂の分泌が多ければ多いほどニキビができやすい場所になりやすいのです。

例えばお顔のパーツでも、額や鼻にかけての「Tゾーン」にはニキビができやすいですよね。これは、このパーツに特に皮脂の分泌量が多いためだと考えられます。

また、お風呂で手が届きにくい背中はついつい手を抜いて洗っていませんか?

髪の毛の生え際に、洗浄料が残っていませんか?

背中や頭皮、首などにニキビができる原因の一つとしては、このような「すすぎ残し」も考えられるのです。

さらに、ニキビには、食生活の乱れやストレスなどから胃腸の機能が弱っていたり、ホルモンバランスが崩れていることが原因の場合もあります。

皮脂の過剰分泌に関しては、親からの遺伝による肌質も大きく関係しています。

そこで、日常的にハーブティーを飲むことで、ニキビ対策になる場合もあります。

 

「ホルモンバランスが乱れていない人は肌荒れしない」

ニキビができない人はホルモンバランスが乱れないように「食べ物」や「飲み物」を選ぶように日常的に心がけています。

ホルモンバランスの乱れは、皮脂の過剰分泌を招き、それが毛穴を詰まらせて、アクネ菌による細菌感染を引き起こしやすい環境を招きます。

アゴやフェイスラインなどにできるニキビはホルモンバランスの乱れが原因です。

皮脂が多い10代~20代前半は、Tゾーンや頬にニキビが出やすいですが、

ある程度、年齢がいってもおでこや頬などにもできてしまうなら、

それは乾燥とスキンケアの油分過剰が原因かもしれません。

年齢的にはもうTゾーンの皮脂などは減っていっていいはずなのにニキビができるのは、

バリア機能を低下させるようなスキンケアの仕方に加え、

クリームやオイルの塗りすぎや、マッサージが原因になることも。

スキンケアのやり方やアイテムを見直したほうがいいでしょう

 

広告

ニキビできない人は「肌荒れの原因は食べ物が悪い!」ということをちゃんと理解してる?

肌荒れやニキビの原因となりやすい食べ物として、

脂っぽいものや香辛料などの刺激物系が挙げられます。

脂肪分が多いものや刺激物は皮脂の分泌を増やし、

肌のバランスを崩れやすくするためです。

なかには、数の子やイクラなどの魚卵系を食べすぎると、

ニキビができてしまうという人もいます。

 

普段から意識して摂取を控えることで予防につなげるのはもちろん、

「絶賛肌荒れ中!」というのなら食べるものには特に注意が必要。

積極的に脂っぽいものや刺激物系を控えるようにしましょう。

また、脂肪分の多い甘いものも、肌荒れには大敵。

肌荒れやニキビは腸の働きも関係してくるため、

和食中心のバランスをとれた食事をするのが一番です。

なお、ピーナッツやチョコレートは肌荒れやニキビの原因となりやすいと言われてきましたが、

じつはあまり関係がないとも言われていますが、

脂質や糖質は皮脂の過剰分泌を招くことも事実なので、

直接的ではないものの、確実にニキビを招いてしまいますし、

アクネ菌が生息(増殖)しやすい肌環境につながってしまいます。

反対に「肌荒れに有効な食べ物や飲み物にはコレ!」というものはなく、

バランスよく栄養と摂取することが肌荒れ改善につながります。

強いていうのであれば、腸の動きを活発にする食物繊維や発酵食品は、肌によいといえます。

 

そして、積極的に摂取したいのはビタミン。

ビタミンは食べ物で摂取しようと思うと大変なので、

サプリメントで摂取するのが多忙女子にはオススメ。

サプリメントのビタミンは水溶性なので、飲みすぎても体に蓄積されることなく尿として排出されます。

手軽のビタミンが補給できるだけでなく、肌荒れにも効果的な成分が含まれているオススメの商品は「チョコラBB」です。

妊婦に人気のチョコラBBですが、ビタミン補給にもなるので、下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

 

広告

チョコ食べてもニキビできない3つの方法ってなに?

「しっかりと睡眠をとりましょう」

理想の睡眠時間は7時間とされていますが時間だけではなく上質な睡眠をとることが大切です。

上質な睡眠をとるには就寝前の携帯電話やパソコンの操作は避けましょう。

スマートフォンやパソコンの光に含まれるブルーライトは良い眠りに欠かせないホルモンである、メラトニンの分泌のバランスを崩します。

ゆっくりバスタブにつかったり、足湯などで血行を良くしましょう。

あまり熱いお湯ではなく、少しぬるめのバスタブにゆっくりつかったり、足湯で血行を促進することは体をリラックスさせます。

そして、ストレッチなどで体の緊張をほぐしましょう。

日常的に受けるストレスは自分が思っているより体を緊張させています。

「良い睡眠がとれない」・「ストレスが溜まる」ような毎日が続くと、

ニキビやお肌だけでなく、体全体や心にもよくない影響があることがわかっています。

そこでストレスに効果的な飲み物が「紅茶」です。

紅茶の香りには、脳にα波を派生させて、ストレス解消効果があると、医学的にも証明されています。

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

 

「規則正しい生活をしましょう」

夜更しは避け、なるべく寝る時間と起きる時間を設定し、朝には太陽を浴びましょう。

朝太陽を浴びることにより体内時計がリセットされます。

朝食をきちんと取り、ほかの食事の時間もなるべく変えないようにしましょう。

夕食は寝る3時間前に済ませておくことが理想です。

もちろん「どうしてもお菓子(甘いもの)が食べたい・・・」というときもありますよね。

そんなときは、チョコレートの代わりには、「東ハトのオールレーズン」を食べるとニキビ肌荒れ予防にもなるのでオススメです。

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

 

「バランスの良い食生活を心がけましょう」

外食、コンビニ弁当、脂っこい食事は避けましょう。

外食やコンビニの食事は思っているよりたくさんの添加物が含まれていることがあります。

また、塩分や脂分も多く含まれるものも多いです。

野菜や果物、お肉、バランスよく摂取することが大切です。

緑黄色野菜、たんぱく質やビタミンをバランスよく食べることは体にとってとっても大切です。

特にビタミンCを含む食材は体内のコラーゲン生成を助けてくれるのでおススメです。

生活習慣が乱れるとターンオーバーが乱れ毛穴に汚れが詰まったままになります。

 

広告

ニキビができやすい人の原因に紫外線が関係してるって本当?

私たちはよく「紫外線はシミ、シワ、くすみの原因」という言葉を耳にします。

紫外線がなぜ肌によくないかというと、まさに活性酸素を発生させてしまっているからです。

日焼けによって皮膚に炎症が起きるのも、紫外線によって活性酸素が生成されるのが原因です。

肌は紫外線の害から守るためにメラニン色素が作られ、このメラニン色素がシミやくすみの原因となります。

つまり、紫外線(太陽の光)によって毛穴に詰まった皮脂が酸化されます。

するとアクネ菌が分泌するポルフィリンに紫外線が当たると「活性酸素」が大量に発生します。

 

このように紫外線によって活性酸素が発生します。

実は「活性酸素」は肌の細胞を劣化させてしまい、肌の免疫力を低下させることでニキビ菌による感染症(炎症)を招いてしまうことになります。

この直射日光(紫外線)によって晒された皮膚が酸化することが、

ニキビをはじめとする様々な肌トラブルの原因と言われています。

つまり紫外線による対策を行うということは、多くの肌トラブルの予防にもつながってきます。

そこで、紫外線を受けることによって皮膚内に発生する活性酸素の対策が必要です。

そこで、酸化を防いで肌を守る効果のある抗酸化作用を持つ、「ハニーブッシュティー」や「カモミールティー」がオススメされています。

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

 

 

広告

ニキビが出来やすい人の肌に紫外線(太陽のUV)が悪影響を与える3つの要因とは?

「肌のバリア機能を低下させる」

強い紫外線によるトラブルは、代謝周期の乱れも発症させます。

キズを負わされた肌はそれを早く正常化してようとして、一時の間代謝周期が速まります。

このスピードが早過ぎると、基本的には28日かけて成熟するはずの細胞がきちんと成熟不可能で、未熟な細胞のみが肌表面に並ぶことに。

これでは肌が通常なら持つバリア機能がしっかりと始動されないのです。

こうなると、毛髪が当たったり手で接触したりといった、ふだんなら変わり映えのないような小さな負荷でも、ニキビを招いたり、悪くなりやすくなっていきます。

バリア機能が復元するまでは、いつも以上に肌に負荷を与えないこと、肌を守るケアの手を抜かないことが不可欠であるのです。

 

「肌の内部に活性酸素をつくって炎症を悪化させる」

活性酸素と呼ばれているのは、強大である酸化力をもった酸素のこと。

本来は私たちの体を守るためにつくられるものですが、

増えすぎるとは反対に体を傷を負わせてしまいます。

この活性酸素が、日光の紫外線にさらされると肌で引き起こされます。

すると毛穴詰まりを劣悪にしたり、ニキビの炎症を酷くしたりすることが認識しています。

また活性酸素に関しては肌の脂質を酸化させ、過酸化脂質を作ります。

すると蓄積した過酸化脂質にメラニン色素が集中して、シミに繋がってしまうこともあるのです。

そこで、紫外線によるは「肌荒れニキビ」と「日焼け・シミ」の対策となるのが、紅茶の美白効果というわけです。

 

「肌をカサカサさせて乾燥させるニキビを作りやすくする」

太陽光に含まれる紫外線を多く浴びると、皮膚は非常にカサカサになります。

すると肌は、カサつき(乾燥)から皮膚の組織を守ろうとするために、皮脂をさかんに排出するようになります。

こうして度を越えて分泌された皮脂(皮脂の過剰分泌)は、ニキビを引き起こしてしまったり、重症化する要因になります。

 

「日焼け止めはオデコや頬にできるニキビの原因になる」

紫外線が肌に与える悪影響は計り知れません。

その紫外線からの悪影響から肌を守る対策として「日焼け止めクリーム」が販売されています。

しかし実は「頬やおでこ」のニキビ(肌荒れ)を招くことも。

特に紫外線の悪影響によって「ダメージが蓄積した肌」にとっては、日焼け止めは刺激が強い傾向にあります。

ただでさせ弱く敏感になった肌にとって、日焼け止めに配合される成分は刺激が強すぎることになります。

すると肌がSOS信号を出して、より肌荒れニキビを悪化させてしまうことになり、特に「頬やおでこ」にニキビができやすくなります。

 

「紫外線はオデコや頬の場所にニキビを作りやすくする」

紫外線対策として、多くの人が日焼け止めクリームを使うことで、肌トラブルを防ごうとします。

これが「頬やおでこ」にできるニキビへの逆効果の場合もあります。

しかしながら、これがもっとも有効な紫外線対策でもあります。

つまり重要なのはどの商品を利用するのか?ということで、これが「肌がキレイな人」と「肌が汚い人」分けることになります。

評判や口コミはその商品に対する指標でもあり、

これが高いということはそれだけ実績もあるということです。

優れた商品を使って周囲の人間と差をつけましょう。

 

「紫外線は活性酸素を発生させて顔にニキビを作りやすくする」

普段、何気なく浴びている紫外線(直射日光)は皮膚内に活性酸素を発生させて、

肌にとてつもなく大きな負担をかけてしまっています。

しかし、紫外線(直射日光)を避けて、生活するのは非常に難しく、外出時にはどうしても浴びてしまいます。

そこで、活性酸素から身を守る為には「抗酸化物質」という、優れた抗酸化作用を持つ物質を日頃から摂取する必要があります。

例を上げると野菜や果物だと「レモン、パプリカ」ですが、

ハーブティーだと、ローズヒップに含有される「ビタミンC、ビタミンE」は優れた抗酸化作用があります。

他にも、ほうじ茶ラテには「抗酸化作用とストレス解消効果」があることから、ニキビができやすい人に人気のある飲み物として認知されています。

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

伊藤園と加賀棒のほうじ茶ラテはまずい味?市販の口コミ感想を紹介
ほうじ茶ラテとはほうじ茶に豆乳や牛乳をプラスしてクリーミーにした、女性に人気なドリンクです。しかし、ほうじ茶ラテの口コミは下記にように賛否両論あるようですね。ここでは伊藤園と加賀棒の「ほうじ茶ラテはまずいうまい美味しい嫌いのどれか?」ほうじ茶ラテを飲んだ人から寄せられた味を口コミで紹介しています。

 

広告

ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との違いは「活性酸素による悪影響」が関係しているって本当?

活性酸素とはどんな物質なのでしょうか?

「酸素」という文字通り、酸素の一種ですが、

攻撃性が高く、体内の成分と反応を起こしやすい性質です。

この「活性酸素」は、大人ニキビ(吹き出物)の原因、進行さらには「ニキビ跡」の形成にまでに深く関わり、専門家も注目している物質です。

皮脂が毛穴に詰まることが大人ニキビ(吹き出物)の原因ですが、それだけではニキビになりませんし、炎症を起こすとも限りません。

実は大人ニキビ(吹き出物)の悪化原因は活性酸素かも毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化されて、遊離脂肪酸や過酸化脂質という物質に変わるとコメドが作られ、大人ニキビ(吹き出物)が発生します。

ニキビになる前のコメドが炎症を起こします。

顎や頬、おこでなどにできるニキビを悪化させるのは、「肌の細胞を劣化させる活性酸素」が大きな要因になると言われています。

実は活性酸素には細胞を劣化させて、肌の免疫力を低下させる「厄介な物質」でもあります。

肌の免疫力が低下した肌は、アクネ菌(ニキビ菌)による感染症を引き起こしやすくする傾向にあります。

そして膿を出すような深刻な肌荒れニキビを招きます。

つまり肌荒れニキビが発症するメカニズムは一つではなく、多くの人が見落としている盲点でもあます。

肌荒れのトラブルの要因として、「活性酸素対策ができていなかった!?」なんてこともあります。

例えば、古くなった揚げ物を食べると、お腹を壊すこともあります。

柔軟性のゴムホースを長い期間放置するとガチガチにかたくなり裂けたり、千切れたりして柔軟性が失われます。

これは油やゴムホースが、酸化によって変質してしまうことで起こる現象です。

酸化されると極端に物質は弱くなったり、傷みやすくなりますよね?

それと同様に、毛穴に詰まった皮脂が酸化されると、周囲の細胞を傷つけたり、皮膚の再生機能を低下させたりしてしまいます。

つまり活性酸素は肌の免疫力を弱めて、顎や頬などのニキビが治らない病気を招きます。

 

広告

「おでこ・頬・顎」のニキビが治らないのは活性酸素が原因!?

アクネ菌が分泌するポルフィリンという物質も、やはり酸化をもたらす要因になっています。

それによって炎症を招いたり、細胞を破壊したりするので、活性酸素による皮脂の酸化が、ニキビの発生や進行に深い関係があります。

皮脂を酸化させてしまっているのが、この「活性酸素」ということになります。

「食生活や化粧水にこだわっていのに、顎や頬、おでこの肌荒れニキビが治らない!」という悩みをお持ちの方は、もしかしたら活性酸素が原因かもしれません。

多くの人が肌荒れニキビを招く要因として、

「食生活、睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ」

などと考えています。

もちろんこれは間違いではありませんが、

これこそが肌荒れニキビに苦戦する盲点なのかもしれません。

今のあなたの肌荒れニキビを招いている原因として、「活性酸素」が関わっている可能性もあります。

肌の細胞を劣化させてニキビ肌を作りやすくするのが「活性酸素」というわけですが、

肌荒れニキビを招く「活性酸素」を発生させる原因は、なにも紫外線ばかりではありません。

普段、飲む水道水に含まれる「塩素」、酸化しやすい油を含む食品、タバコ、排気ガス、放射線、なども活性酸素を発生させてしまいます。

さらに、人間の生体活動でも活性酸素は作られています。

例えば「呼吸によって取り入れた酸素を体内で利用」、「食物を摂取してエネルギーに転換」などあらゆる場面で活性酸素は発生します。

ニキビの原因(アクネ菌)から身を守る際も活性酸素が発生します。

そこで、抗酸化物質を含有する「野菜、フルーツ、ハーブティー」などを積極的に摂取することで、体の内側から活性酸素対策できます。

ですが、日頃から抗酸化物を摂取するのは大切ですが、継続できなければ意味がありません。

肌荒れニキビ対策に限らずですが、美容は継続が大切です。

日頃から「野菜、レモン(檸檬)、ローズヒップ」などの「ビタミンC、ビタミンE」などの紫外線から肌を守る成分を積極的に摂取するように心がけましょう。

何度も言いますが、肌荒れニキビは、

「化粧水、ホルモンバランスの乱れ」

「偏食、甘いもの」

これらが原因だという人がいます。

それも間違いではありませんが、

「上記だけが原因だと思っていると治るニキビも治りません!」との専門家の意見も。

「大人ニキビ(吹き出物)」などの肌荒れは、

活性酸素が関係していることも少なくありません。

「緊張やイライラ、不安」などの状態が続いてしまうと、

体内で活性酸素を発生させ、蓄積してしまうことで、

肌が荒れたり、爪の健康が損なわれたり、

薄毛になってしまうこともあります。

そうであれば、肌荒れニキビ対策として、

「活性酸素対策」をすればいいだけの話です。

具体的には活性酸素による酸化を防ぐ、「抗酸化作用」のある成分を摂取すると良いでしょう。

例えば「ビタミンC・アントシアニン・コエンザイムQ10・ポリフェノール」など、野菜に含まれている抗酸化成分を積極的に摂り入れることで、

今まで悩まされてきた肌トラブルの解決方法は意外にも簡単に解消されることでしょう。

厄介なことに活性酸素による悪影響は肌荒れだけではありません。

実は、多くの肌トラブルにも、

関係があるということが専門家にも報告されており、

医学の世界でも活性酸素は注目されています。

肌荒れニキビを招く「活性酸素」には、こんな代表的な悪影響があります。

シミやソバカスなどの肌トラブルを悪化させて肌へのダメージを蓄積させる

肌の細胞を劣化させて「シワ、タルミ、ほうれい線」などの老化肌を招く

ニキビの炎症を悪化させて肌荒れを治りにくくするどころか悪化させる

体の細胞を錆びさせることで風邪やインフルエンザなどの病気になりやすくなる

疲労蓄積の原因にもなり肌荒れを招くストレス症状への耐性を弱らせる

確かに、以前まではニキビの原因は、「アクネ菌(ニキビ菌)」にあると考えていた人は多くいます。

それも間違いではありませんが、ニキビ症状の悪化(深刻化)には、「活性酸素」が深く関係していました。

ニキビは「アクネ菌」だけでなく、様々な要因が重なってできる症状と言えます。

しかし、今の肌荒れニキビの原因が活性酸素によるものであれば、

解決方法は意外にも簡単だったります。

もしかしたら、そこの美肌へのゴールかもしれませんし、試してみる価値は大いにあります。

そして意外にも「ニキビには特茶がオススメ!」という意見もあり、特茶には「ストレス解消効果」や「脂肪分解をサポートする作用」が期待できるため、脂性肌でニキビができやすい人は一度試しても良いかもしれませんね。

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招く?便秘や肝臓にも悪い?
「特茶を飲み過ぎると下痢したり、吐き気を感じる」という人は意外にも多くい。実は、特茶の口コミを調べると「特茶を飲んだら胃が痛くなって下痢した!」などの副作用に関する体験談も目にします。ここでは「特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招くのは本当か?便秘や肝臓にも悪いのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との大きな違いは「ストレスやイライラ」が関係しているって本当?

肌トラブル(ニキビ)とストレスはどんな関係なのでしょう?

ストレスと関係が深いのは「自律神経系」です。

血圧や消化管機能などのコントロールを行う自律神経系は、

交感神経と副交感神経から構成されます。

 

しかし、ストレスを受けると交感神経の働きが活発に。

これがアドレナリンによる男性ホルモンを、

多量に分泌されストレスに対抗するために体が緊張状態になります。

男性ホルモンは間接的に皮脂の過剰分泌を招き、

皮脂を好物とするニキビ菌が繁殖しやすい環境を招きます。

そして男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌を招きやすいのが、

顔の場所でいうところの「頬、額(おでこ)、顎(あご)」というわけです。

このように、直接的ではないもののストレスは、

二キビ菌を繁殖しやすい環境を招いてしまいます。

ストレスは「怒り、恐怖」にも生じ、精神面で緊張状態になります。

そしてストレスはホルモンの分泌をつかさどる内分泌系の働きとも関連するので、

ストレスがホルモンバランスを崩します。

ホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌が盛んになり、「思春期ニキビ、肌荒れ、大人ニキビ(吹き出物)」などの原因になることもあります。

 

つまり思春期ニキビだろうが大人ニキビだろうが、

肌荒れのメカニズムは同じということです。

これが、ストレスが肌荒れの原因になると言われるメカニズムです。

 

例えば、

「翌日に用事があるときは、必ず眠れないことが多い」

「気持ちが落ち着かないことが多い。」

「最近になって、イライラすることが増えてきた」

「寝付けないことも多く、布団に入ってもゴロゴロしてします」

「気分のムラが激しく、何をやってもうまくいかないことがある!」

「胃が痛くなることもあり、ストレスが溜まっているようにも感じる」

この中で3つ以上当てはまるようであれば、

あなたのニキビの原因はストレス性によるものかもしれません。

 

そこで、ストレス性のニキビをやっつけて肌をキレイにするのが女性ホルモンの分泌です。

「女性は恋をすると肌がきれいになる」と言われています。

これは、女性ホルモンの分泌を安定させることで、

肌などにも良い影響があるとされているためです。

実は、女性ホルモンには間接的に、

「肌をモチモチさせる」

「肌に艶を出す」

「代謝を促進する」

などの効果があります。

これらはニキビ肌荒れを改善します。

 

つまり精神状態(メンタルバランス)は、

それほど私たちの美容に密接した関係がある証拠です。

もちろん、恋に限らずできるだけストレスフリーで、

過ごしやすい毎日になるように工夫することもお肌には大切です。

 

肌荒れニキビの原因は「化粧水、便秘、食生活、お菓子、不眠」だけだと勘違いしている人は、

治るものも治りません。

もちろん、肌荒れニキビは色々な要因が、複合的に重なってできてしまう場合もあります。

ストレス性ニキビができやすい人の特徴として「おでこや頬」の顔の場所にできやすいのはご存知でしょうか?

わたしたちは糖質コルチコイドという、1種の「抗ストレス作用」の強いホルモンを分泌します。

これがショックや炎症をやわらげたり、気力を高めるなど、心身をストレスに抵抗できる状態にしてきます。

一時的なストレスに対しては、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌によって立ち向かうことができます。

ストレス状態が続くと、体内で糖質コルチコイドの分泌が優先され、

性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が抑制されてしまいます。

肌の健康と美容には性ホルモンが大きく関わっており、

その分泌が抑えられてしまうと、

「ニキビ・肌荒れ、肌の乾燥による角化異常」の原因になってしまいます。

なかでもこれによって最も影響を受けやすいのが、

顔の場所でいうと「頬とおでこ」にあたると言われています。

生活の中で、さまざまなストレスが自分でも気がつかないうちに、

蓄積され自律神経系や内分泌系の働きに悪影響を及ぼします。

これが特におでこや頬など、

肌トラブルの原因になってしまうことは十分に考えられます。

しかし、どれくらいのストレスに感じるかは人によって異なるので、

肌トラブルとの関係を科学的に証明するのは難しいことでもあります。

なので、まずは自分にあった方法で、ストレス解消をはかることが大切です。

ニキビの原因として「ストレス」がいかに密接な関係をしているのか?

これが理解できていないと、ずっとニキビに悩まされてしまいます。

つまりニキビ対策として一番なのが、

「ストレスやニキビを作る複合的な要因すべてを解消できる商品に出会えるのか?」

ということです。

 

広告

ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との大きな違い「睡眠時間や寝不足」が関係しているって本当なの?

睡眠不足は「疲労蓄積、ストレス、ホルモンバランスの乱れ」などの様々な要因を引き起こします。

さらには免疫力の低下にもつながります。

睡眠不足を甘く見ている人は多くいますが、

実は「睡眠」という行為は生活習慣の中でもとっても大切な一つです。

ニキビができやすい人の特徴として、

睡眠障害(寝不足)もニキビを招く原因になります。

なかなか眠りにつけずに、やっと眠りに入っても、すぐに目醒めてしまう。

そんな「ストレス性入眠障害や寝不足」もまた自律神経の乱れと関わりあっていて、

ホルモン安定が失われて脂性肌を発症させます。

ストレスによって睡眠が足りない寝不足の状況だと、血液やリンパの流れの劣悪化や、

28日周期といわれるお肌の代謝周期の乱れにもつながり、

日を追うごとにニキビができやすくなる傾向にあります。

 

広告

ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との大きな違いは「胃や腸の健康状態」が関係してるって本当なの?

胃や腸の不調は口周りのニキビを誘因させてしまいます。

中でもストレスは胃の不調を招く一番大きな理由とも言われており、ストレスによる自律神経の乱れは、胃だけでなく腸にも影響を与えることにつながります。

「ストレス→胃酸の過剰分泌→胃腸に有害物質蓄積や炎症を招く→ニキビができる」という負のスパイラルを招きます。

つまり口周りのニキビは「ストレスで胃が異常になっている」という症状です。

胃腸が弱ると、消化をやりきれない食べ物が腐敗して老廃物に変わります。

この老廃物が皮脂と混じり合って素肌からも排出し、ニキビのもとになると考えられます。

また、胃腸が弱っているときには、同時に免疫力も落ちます。

免疫性機能がダウンするとお肌での炎症も起きやすく、ニキビもできやすくなっています。

ニキビより先に胃腸を健康状態に戻すことが必要不可欠なこともありますが、

実際問題として、私たちの健康を損なわせるストレスの原因がさまざまです。

世のなかのストレスを分類すると次の4種類が挙げられます。

騒音や気温の違いなどによる、物理学的ストレス

有毒物や薬といった系のものによる、科学的ストレス

ウイルスやバイ菌といった系のものによる、生命体的ストレス

不安や激高などといった感情で発生する、精神的ストレス

ストレス性の胃の不調によるニキビ発症の元凶となる精神的ストレスは、

「人間関係」による不安やイライラが原因であり、

ストレスはその大元となるものを遠ざけるというのが一番良い方法ですが、

安易には解消されないものがほとんどです。

ただ、心理的ストレスを穏やかにする方法がないわけではありません。

心理的ストレスを100パーセント消せないとしても、交感神経を穏やかにし、

副交感神経の働きを促進することによって、

心理的ストレスを解消することはできます。

心理的ストレス解消の基本にあるのは、3Rと呼称される次の3つです。

Rest(ひと休み)

Relaxation(リラクゼーション)

Recreation(レクリエーション)

 

上記のストレスを無くす「3R」をシンプルな方法で実践するのであればこれらのようになります。

お休みの日にはストレスのある場所を離れ、仕事を完全に忘れて心からのんびりする

暮らしでも規律のあるひと休み・深い眠りを確保する

スポーツや趣味を保有している

などこれらがストレス発散の原理・原則です。

最近流行っているハーブティーなどもいい方法かもしれません。

慢性的(日常的)にストレスが続くような状態では、

交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌はむしろ悪い影響を及ぼしてしまいます。

交感神経の働きばかり強化されると、

自律神経失調症になる可能性もあると言われています。

交感神経と副交感神経とがバランスよく機能することで、

体が健康な状態に保たれるわけです。

そのバランスが崩れてしまうと、

頭痛や腹痛、不眠といった症状に悩まされることもあります。

 

広告

ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との違いは「洗顔料や洗顔方法(スキンケア)」に気を使っているかどうかって本当?

肌荒れニキビ対策に洗顔料にも気を使ってみましょう。

肌荒れニキビ対策として、多くの人が知らない「落とし穴」があります。

それは、洗顔料を厳選するということです。

ニキビの原因として、上記のような体の内側から発生することもありますが、

洗顔料が肌に合ってないという外因性もあります。

実は、刺激の強い洗顔料が肌に悪影響を及ぼしてしまっている可能性もあり、

肌の湿度を保つ必要な皮脂もごっそり落ちている可能性があります。

これでは余計に肌荒れは進行する一方で、

多くの人がこのことに気が付いていないことも。

肌荒れニキビ対策として

「知刺激で肌に優しく、成分効果が期待できる商品を利用できるか?」

ということも大切です。

洗顔料にも気を遣うことで、よりニキビ対策に効果があります。

 

広告

ニキビ出来やすい人と出来にくい羨ましい人との違いは「生理症状(月経症状)」が関係しているって本当?

生理前のニキビ(頬・顎・おでこ)は一般的に多くの女性が悩む肌トラブルです。

ニキビはもはや「青春のシンボル」ではなく、

何歳になってもかかりうる皮膚疾患病の一つとも言えます。

しかし、本来であれば生理前後にニキビができるわけもないのです。

実は、あなた自身が生理前のニキビを悪化させていることもあるのです。

生理時期にくり返しできる大量のでかいニキビに苦悩している方も大勢おり、拍車をかけるように日常のストレスが生理症状だけでなくニキビ悪化も招きます。

つい目がいく「頬や顎、おでこ」にニキビがあった時にはガッカリしますよね。

生理前や生理中にできるニキビは、あごや口周り(フェイスライン沿い)、頬などのゾーンに頻繁に出てきます。

また、生理中に限ってニキビがでかい傾向にあります。

実は「額や頬、フェイスライン」はホルモンバランスに影響されやすい場所です。

特に生理時期は、女性の人ホルモンのひとつである黄体ホルモンが酷いニキビを招くのはご存知でしょうか?

これが「でかいニキビや乾燥、肌の変調」などのトラブルが発生しがちです。

乾燥しがちなので毛穴が小さく、塞がりやすいうえに手が接するなどの刺激も結構あります。

結論として生理時期はでかいニキビの発生や深刻化を招きやすい肌環境であることが関係しています。

実はニキビ世代は10代だけでなく、「20代~50代」にかけて、症状が急激に増加しているのはご存知でしょう?

「20代~50代」はニキビではなく、「吹き出物」だと思い込んでいる人が多いです。

しかし医学的に「吹き出物」の概念はなく「大人ニキビ」と呼びます。

実は50代の生理前~生理中のニキビ(頬・顎・おでこ)に悩む患者さんも珍しくもないと調査で報告されています。

つまり「ニキビ」という肌トラブルは10代だけでなく、年齢が幅広くなり高齢化してきています。

また「思春期・大人ニキビや吹き出物」も症状は全く同じ毛穴にできた炎症のことを指し「ニキビ」には変わりありません。

つまり生理時期のでかいニキビ(頬・顎・おでこ)はいくつになっても、

誰にでも起こりうる可能性がある肌トラブルだと医学的にも言われています。

男性と違って、女性は「生理中」にホルモンバランスを崩しがちになってしまいます。

よく生理前~生理中に「ニキビ」ができやすくなると、お悩みの女性はいませんか?

ホルモンバランスが乱れは、皮脂分泌が盛んになり肌荒れも起こしやすくなります。

そんなときは、豆乳やハーブティーを飲んで、対策をとるようにしましょう。

 

ちなみに、生理前~生理中のニキビの症状が深刻化すると、

「肌のデコボコ、シミ」などの「ニキビ跡(クレーター)」になってしまうことも。

そして「ニキビ(肌荒れ)」以上に厄介な症状で、

人によっては一生消えない「ニキビ跡(アクネスカー)」となる可能性もあります。

現在、医療などでも推奨されている「ニキビ(肌荒れ)」の改善策として下記が挙げられます。

 

ニキビが出来にくい羨ましい肌の人が生理中に実践している方法①:「ニキビ菌(アクネ菌)を殺菌して肌の清潔を保つ」

ニキビ(吹き出物、大人・思春期ニキビ)の一番の原因として挙げられているのが、

この「アクネ菌(ニキビ禁)」です。

つまり、このアクネ菌(ニキビ菌)に対する対策を行えば、

ニキビの発症を防げるということになります。

なので、普段から肌を清潔にすることを心がけましょう。

 

ニキビが出来にくい羨ましい肌の人が生理中に実践している方法②:「毛穴の引き締めや皮脂の過剰分泌の抑制による肌質改善」

顔中には蔓延っている「ニキビ菌(アクネ菌)」が栄養成分として好んで食べ、

増殖する原因は「皮脂」です。

しかし、ストレスやホルモンバランスによって、

皮脂が過剰に分泌してしまうことは多々あります。

これを好むニキビ菌(アクネ菌)が「ニキビ」を発症させることに繋がってしまいます。

 

ニキビが出来にくい羨ましい肌の人が生理中に実践している方法③:「便秘や毒素、老廃物の排出を促す体質改善」

「化学肥料・老廃物」など、日ごろから私たちの体内には多くの毒素が蓄積されます。

そこで利尿や便通を促進して体内の毒素を排出します。

しかし、便秘症状などで、このサイクルが乱れると、

体に毒素が一方的に蓄積して、これが「肌荒れ」に繋がります。

つまり、便秘解消は「肌トラブル改善」に密接しています。

下記のページを少し覗いて、

乳酸菌を含む「カルピス」や「ヨーグルト」を積極的に摂取して、

腸内環境を良くしていきましょう。

妊娠中つわりで飲み物カルピスウォーターソーダばかりOK?性別は?
妊娠中や悪阻中(つわり中)にカルピスをばかり常飲するママさんもいますがこれは「赤ちゃん(子供)に悪い影響があるんじゃないか?」と不安なりますよね。ここでは「妊娠中やつわりで毎日飲み物は「カルピス・カルピスウォーター・カルピスソーダばかりしか飲めないのは危険って本当なのか?」疑問にお答えしています。
つわり中にヨーグルトだけは吐く?オススメの食べ方は?性別は?
「つわり中に毎日ヨーグルトばかりだけだとお腹の赤ちゃんに悪い影響があって危険なんじゃないのか?」思わずヨーグルトを食べ過ぎることに不安を覚えますよね。ここでは「つわり中にヨーグルトばかりだけだと危険なのは本当なのか?悪阻中でも食べれるオススメなヨーグルトの食べ方はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

ニキビできない人の羨ましい特徴は?肌荒れの原因は食べ物が悪い?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

ニキビが出来ない人の特徴として、

食生活やスキンケアなどを陰ながら努力している人がほとんどです。

もちろん、遺伝的なものもありますが、生活習慣を改めることで、ニキビが出来ない肌にすることも可能です。

さっそく明日から実戦いてみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました