紅茶で色白になれるって本当?肌を白くするなら何ティーを飲むべき?

紅茶
この記事は約8分で読めます。

シミやソバカス、日焼けは女性にとって「永遠のテーマ」ともいえるでしょう。

可能であれば、いつまでも白くて美しい肌をキープしたいものですよね。

そこで、古くから紅茶の優れた美白効果が注目されているのです。

あまり知られていませんが、紅茶には非常に優れた美白成分が含まれています。

実は、「紅茶を毎日飲んでいるから色白を維持できている!」という口コミはちゃんと理にかなっているのです。

 

広告

紅茶で色白になれるって本当?

確かに、紅茶には肌を白くする美白効果を持つ「ハイドロキノン」や有名な「ビタミンC」が含まれているのは事実です。

さらに、紅茶を飲むことで色白になるという口コミがあります。

事実、日頃から紅茶を愛飲している人が口を揃えて、「日焼けしない、シミが薄くなった、肌が白くなって」という感想を述べています。

これは、紅茶を日頃から飲んでいることも理由の一つでしょう。

 

広告

肌を色白にする紅茶の美白成分「ハイドロキノン」って!?

実は、紅茶には美白成分として有名なアルブチンの100倍もの美白効果を持つ「ハイドロキノン」が含まれているます。

この成分には美白作用があり、肌を白くする効果が期待できます。

実は、紅茶は古くから美白効果があると注目されており、「飲用、顔パック、化粧水」などに多用に利用されています。

 

また紅茶にはハイドロキノンだけでなく、あの有名な「ビタミンC」も含有されています。

なので、紫外線によるシミやソバカス対策にもなります。

しかし、肌を白くするといっても、もともとの肌より白くなることは無いので注意しましょう

 

また、美白効果を得たいからと言って、過度に飲むのも危険です。

過剰摂取すると副作用を齎すこともあります。

心配な人は下記のページを参考にして紅茶の副作用について知っていきましょう。

 

 

広告

紅茶の美白成分「ハイドロキノンやビタミンC」の相乗効果で肌が白くなる!?

まずハイドロキノンには「ビタミンCの100倍」もの美白効果があると専門家に言われています。

あの世界的に有名な歌手「マイケルジャクソン」が肌を白くしたのも、この「ハイドロキノン」の美白効果のおかげだと言われています。

また美容皮膚科でも、色素沈着による黒ずみやシミを消すために、美白成分「ハイドロキノン」を使用しています。

つまり、ハイドロキノンは「シミ、ソバカス、色素沈着による黒ずみ」などに、高いレベルの効果を示すことが、専門家にも認められているのです。

シミやソバカス、色素沈着の治療は「レーザー治療」のイメージが強いです。

そこで、紅茶に含まれるハイドロキノンは、レーザー治療が不要であり、薬や化粧品で皮膚に沈着してしまったメラニン色素に働きかける作用があります。

以前できてしまったシミや色素沈着に効果的なだけでなく、メラニンを作成する細胞であるシミや色素沈着の原因にも働きます。

 

さらに、紅茶にはビタミンCも含有されていますよね。

ビタミンCにも「色素沈着、シミ、日焼け」の原因であるメラニン色素を抑制する働きがあります。

ビタミンCは美白効果があると言われています。

ビタミンCに対してハイドロキノンの美白効果は100倍と言われています。

つまり、紅茶にはビタミンCの効果で肌への色素沈着を防ぎながら、ハイドロキノンの効果で肌を白くするという2つの役割があるのです。

現在、紅茶に含まれているハイドロキノンやビタミンCなどの2つの美白成分が確認されています。

これらには、「肝斑、加齢や紫外の誘発効果によるシミ、そばかす、くすみ、ニキビや傷の跡の色素の沈着」などに効果的だと考えられています。

 

広告

肌を白くする(色白肌になる)なら何ティーの紅茶を飲むべきなの?

「肌を白くするために、何ティーの紅茶を飲むべきなのか?」迷いますよね。

しかし、結論から言えば「決まり」はありません。

お好きな紅茶を飲むべきでしょう。

どの紅茶にも「ビタミンCやハイドロキノン」という2つの美白成分が含まれています。

なので、強いて言えば「レモンティー」にはビタミンCが添加されていることが多いので、

糖質やカフェインが気なるというのであれば、デカフェ紅茶やカフェインレス紅茶のティーバッグタイプがオススメです。

 

カフェインは胃酸の分泌を促して、胃を荒れやすくすることもありますからね。

また、糖分(糖質)は生活習慣病や糖尿病の恐れもあるので、毎日続けるなら糖分のないティーバッグがオススメです

そういった点では、健康的なことを考えると、デカフェ紅茶やカフェインレス紅茶のレモンティー(ティーバッグ)などはオススメです。

美白効果を期待するなら、あまり変わりませんが、レモンティーを飲んでみましょう。

レモンティーに関する「メリット・デメリット」は下記のページを参考にしてみましょう

 

 

広告

紅茶を飲んで色白になるため1日の目安摂取量は?

あくまでも美白効果を実感するには個人差があります。

紅茶に含まれるカフェインのことを考えると1日に500ml~1000mlくらいの摂取量を1ヶ月~3ヶ月続けた方が良いでしょう。

ですが、コンビニやスーパーなどで販売される、甘いペットボトルの紅茶には、糖分(糖質)が含まれていますよね。

なので、ペットボトルで販売されている甘い紅茶ではなく、糖分ゼロで健康的なティーバッグから抽出する紅茶がオススメです。

また、ノンカフェインである、デカフェ紅茶やカフェインレス紅茶のティーバッグであれば、よりオススメです。

即効性を求める気持ちもわかりますが、最低でも1ヶ月~3ヶ月くらいは、経過を見るべきでしょう。

「飲むだけで、翌日から肌が白くなる!」

なんて、都合の良い飲み物はこの世には存在しません。

美容や美白は、あくまでも継続することが大切なのです。

しかし、継続しても過剰摂取してはいけません。

そこで、心配な人は下記のページを参考にしてみましょう

 

 

広告

紅茶を肌に直接つけて「紅茶パック」にも使えば、もっと美白効果を得られます。

紅茶の美白成分と言えばハイドロキノンとビタミンCですが、「飲むだけじゃもの足りない・・・」という人もいますよね。

最近では、紅茶に含まれるハイドロキノンとビタミンCの肌を白くする美白効果を一番得られやすい方法として「紅茶のフェイスパック」が人気です。

他にも、「紅茶の手作り化粧水を肌に塗ったり、紅茶のお風呂に浸かったり」など、方法は様々です。

要するに、紅茶の抽出液を肌に直接的に浸み込ませることで、より美白効果を得られるというわけです。

もちろん、紅茶を直接肌に塗ることで肌質に合わない人もいるので、少しでも違和感があるなら即刻中止して、飲むだけにしましょう。

 

他にも注意点があります。

例えば、柑橘系を香料とした「アールグレイ紅茶」には光毒性があるので、塗ってから2時間以内に紫外線に当たると危険な場合もあります。

特にアールグレイ紅茶の香り成分はベルガモットであり、このベルガモットの柑橘系の香りには、光毒性があります。

つまり、アールグレイ紅茶を肌に塗った2時間以内に、肌が紫外線に当たると肌が炎症を起こす可能性も少なからずあります。

もちろん、紅茶として愛飲するだけであれば何も問題はありません。

 

また、ハイドロキノンは美白効果も高いですが、それだけ強い成分です。

例えば、美白を目的とした「紅茶パックや化粧水」として、肌に過剰に塗ることで、炎症を引き起こしてしまうリスクもないとは言えません。

特に「紅茶パックや化粧水」として使用するケースは注意です。

濃度とは関係なしに、「まず皮膚に合うか否か?」アレルギーテストを行った上で実践しましょう。

 

広告

紅茶で色白になれるって本当?肌を白くするなら何ティーを飲むべき?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

日頃から皆さんに親しまれ愛飲されている紅茶には、女性の永遠のテーマとも言われている「美容サポート」に効果的です。

中でも紅茶は「シミやソバカス」などの美容(美肌)に効果的と言われています。

 

それには有効成分である「ハイドロキノンやビタミンC」に秘密があると言われています。

肌色にお悩みを持つあなたも、日頃から紅茶を飲むようにすると良いでしょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました