子供が飲みやすい紅茶を選ぶポイントは?小学生が好む紅茶ってある?

紅茶
この記事は約7分で読めます。

紅茶って大人が日常的に飲んでいますが、実は小学生の子供達も美味しく飲んでいるものです。

では、子供たちが喜んで飲んでいる紅茶ってどんな紅茶なのでしょうか?

自分の子供だけでなく、子供の友達たちが家に遊びに来るときに、出してあげることもありますよね。

まずは、世間の子供たち(よその家庭の小学生)が、どんな美味しい紅茶を好んで飲んでいるのか?

詳しく見ていきましょう。

 

広告

子供が飲みやすい紅茶を選ぶ4つのポイントを紹介!

フレーバーティー(果物の香りがする紅茶)だと子供も飲みやすい

子供はフレーバーティーであれば喜んで飲んでくれます。

フレーバーティーとは、果物(ピーチ、アップル)などの香料が付いた紅茶のことです。

口の中でふんわりと広がるフルーティーな香りに、子供たちはジュースのような感覚で飲んでくれるでしょう。

最近では、フルーツの香りだけでなく、キャラメルやバニラなど、バラエティ豊富な香りが選べます。

フレーバーティーの中でも、ピーチやマンゴーが香りが強い傾向にあり、小学生の子供向けといった印象です。

もちろん、美味しいからといって子供がゴクゴク飲んでしまうと、紅茶を過剰摂取する危険性もあるので注意が必要です。

紅茶は飲み過ぎると危険なのです。

 

 

渋みやクセが少ない紅茶だと子供も飲みやすい

小学生の子供が紅茶を好まない理由は、紅茶の渋みやクセが飲みにくいからなのです。

ひとえに、紅茶と行っても種類が豊富にあります。

例えば、渋みが強い紅茶と言えば、アッサムティーですよね。

しかしセイロンティーはアッサムティーに比べると渋みが少ないものです。

このように紅茶のストレートティーは渋みがあり、子供が飲みにくいこともあります。

そういった意味でもフレーバーティーはオススメです。

また、紅茶のメーカーによって、風味がかなり異なります。

なので、紅茶のメーカーはしっかりと確認しましょう。

 

 

ノンカフェインのデカフェ紅茶だと子供も飲みやすい

紅茶にはカフェインが含まれているのはご存知でしょうか?

実は、カフェインは眠気対策にもなりますが、空腹時に摂取すると胃に刺激を与えて、吐き気を催すことがあります。

また、大人に比べると子供の胃はカフェインの影響に弱いものです。

可能であれば、ノンカフェインのデカフェ紅茶などがオススメです。

子供の友人が遊びに来た時も、デカフェ紅茶であれば、向こうの親御さんも安心でしょう。

しかし、デカフェ紅茶には利尿作用があり、トイレが近くなる注意が必要な場合もあります。

 

 

日本の紅茶メーカーの商品だと子供も飲みやすい

海外メーカーから販売されていふ紅茶は、渋みが強かったり、香りにクセがあることも。

つまり、好みが分かれると言う事です。

日本の紅茶メーカーの方が渋みも少なく、小学生の子供でも飲みやすいでしょう。

やはり日本人の口の好みに合わせて製法している、日本の紅茶メーカーから販売された商品がオススメです。

余談ですが、紅茶に含まれるカフェインには胃酸の分泌を促して、胃を荒れさせるので、空腹時に紅茶を飲むのは控えましょう。

 

広告

小学生の子供が飲みやすい紅茶は「デカフェ紅茶シリーズ」がオススメ

ここで、小学生の子供も美味しく飲んでくれる美味しい紅茶を紹介します。

それは、こちらの「優しいデカフェ紅茶シリーズ」です。

特に、ピーチやマスカットはフルーティーな香りが強いことから、子供にもオススメです。

またノンカフェインなので、カフェインによる影響も考える必要もあります。

実は上記で解説している「子供が飲みやすい紅茶を選ぶ4つのポイント」をクリアしているのが、こちらの優しいデカフェ紅茶シリーズなんですよね。

しかし、ノンカフェインのデカフェ紅茶は、カフェインを含む紅茶に比べると価格が少し高めです。

あくまでも参考までにどうぞ。

 

広告

子供に喜んで飲んでもらうために紅茶を美味しくする4つの工夫

常温はNG!ホットかアイスで子供たちに出そう

小学生の子供に美味しく飲んでもらいたいなら、常温が一番NGです。

どんなに美味しい紅茶でも常温になると、本来もっている味が落ちてしまうことが良くあります。

必ずホットティーもしくはアイスティーとしてあげましょう。

どちらかと言えば、氷を入れたりしてアイスティーにして子供にあげたほうが、喜んで飲んでくれる傾向にあります。

 

蜂蜜(ハチミツ)を加えて甘みをプラスしよう

子供に美味しく紅茶を飲んでもらう一番のオススメ方法はハチミツを入れて甘みを加えること。

これなら必ず子供も美味しいと飲んでくれること間違いなしです。

砂糖でも良いですが、蜂蜜(ハチミツ)を紅茶に加えたほうが少しだけ風味もあるので、より子供もジュース感覚で飲んでくれるでしょう。

これはフレーバーティーに蜂蜜を追加したらまさにジュースです。

子供も「お母さんお代わり~~」っと言ってくるでしょう。

また、「東ハトのオールレーズン」も一緒に出してあげると、もっと喜んでくれますし、子供の栄養管理(体調管理)にもなるでしょう。

 

牛乳を加えてミルクティーにすると美味しい紅茶になる

紅茶の渋みを簡単になくす方法があります。

それはミルクをプラスすることです。

ミルクティーにすることで、クリーミーな味わいになり、渋みもない紅茶が楽しめるので、
子供も美味しく飲むことができます。

そこに蜂蜜(ハチミツ)をプラスしたら子供は喜んで飲むでしょう。

しかし、ミルクと相性の悪い紅茶もあるので注意が必要です。

例えば、アッサムティーやダージリンはミルクと相性が悪くないのですが、良くもないと言ったところです。

一番ミルクと相性が良いのはアールグレイティーやフレーバーティーがオススメです。

 

渋みが強い紅茶は少し薄めると子供も飲みやすい

渋みが強くて、子供が美味しく紅茶を飲めないのであれば、紅茶を少しだけ薄めて飲むと良いでしょう。

風味も薄くなってしまいますが、渋みも薄くなるので、そっち方が子供も喜んで飲んでくれるというママさんの意見もあります。

もちろん、渋みが気になるのであればミルクを追加するのもオススメです。

 

広告

ハーブティーを子供に飲ませるのは絶対にNGです。

最近では、ハーブティーがブレンドされた紅茶が販売されていますが、これは子供にあげるのはNGです。

ハーブティーと紅茶は違います。

ハーブティーはクセが強いので、大人であっても飲みにくいと感じる人も多くいます。

そんな大人も飲めないハーブティーを子供が飲めると思いますか?

答えは「NO」です。

小学生の子供にハーブティーをあげるのは止めましょう。

紅茶とブレンドしてあってもNGです。

 

広告

子供が飲みやすい紅茶を選ぶポイントは?小学生が好む紅茶ってある?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

確かに紅茶は他の家庭の小学生(子供達)も美味しく飲んでいますが、「すべての紅茶」にそれが適用されるわけではありません。

子供は大人と違って、好みにうるさいものです。

紅茶の選び方(買い方)を間違えると、子供たちが好んで紅茶を飲んでくれないこともあります。

この記事を読んで子供たちが喜んで飲んでいる紅茶をあげましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました