リプトンの紅茶はダイエット中に毎日飲むのはアリ?太らない方法は?

紅茶
この記事は約7分で読めます。

「ダイエット中にリプトンの紅茶を飲んでいるのは、逆に太ってしまうのか?」疑問に思いますよね。

確かに、コンビニや自販機で販売されている、リプトンの甘みのある紅茶には、果糖成分が含まれているのでダイエット中には厳禁かもしれませんよね。

ですが、必ずしもリプトンの紅茶を飲むことで太ってしまうわけではありません。

また、リプトンの紅茶は飲み方次第で、逆にダイエットサポート効果が期待できます。

 

広告

リプトンの紅茶はダイエット中に毎日飲むのはアリ?

基本的に「砂糖混合果糖ぶどう糖液糖」などの甘味料が含まれている、リプトンの紅茶はダイエット中であれば、毎日は飲まない方が良いでしょう。

ストレートティー

レモンティー

ミルクティー

これらすべて同じです。

いわゆる「ペットボトルや紙パック」で販売されているリプトン甘い紅茶は、200mlで凡そ50~60キロカロリーくらいあるのでダイエット中はNGでしょう。

最低でも、3日~5日に一度くらいにしておきましょう。

毎日のように、飲み続けていたら太ってしまいます。

もし、毎日飲むのであれば、下記が良いでしょう。

「ティーパックで売られているリプトン紅茶」

「無糖やゼロカロリーと表記されているリプトンの紅茶」

このどちらかが良いでしょう。

 

広告

リプトンの紅茶をダイエット中に飲んで太らない方法は商品選びが大事

リプトンの紅茶すべてがダイエット中に禁止なわけではありません。

大切なのは、リプトンから販売されている「どの商品(紅茶)を飲むか?」ということです。

もし、飲むのであれば、下記が良いでしょう。

「ティーパックで売られているリプトン紅茶」

「無糖やゼロカロリーと表記されているリプトンの紅茶」

このどちらかがオススメです。

これを守ることで、逆に紅茶のダイエットサポート効果を十分に発揮することができます。

実は、紅茶には「脂肪燃焼サポート」や「代謝促進」など、痩せやすく太りにくい体質改善をすることで、ダイエットをサポートする効果が期待できます。

このところ「リプトンの紅茶ダイエット」が若い女子に、じわじわと人気を博しはじめています。

「リプトンの紅茶にダイエット効果があるなんて、聞いたことが無い!!!」という方もいらっしゃることでしょう。

しかし、紅茶にはダイエットをサポートする効果は確かにあります。

紅茶とダイエットに関する情報は下記のページも参考にしてみましょう

 

 

広告

リプトンの紅茶がダイエットサポートにおすすめの4つの理由を紹介

「脂肪の燃焼を促進する効果がある」

紅茶に含まれる成分「カフェイン」は脂肪の代謝を促進し、燃やしてくれる効果があります。

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞がの2つ存在します。

褐色脂肪細胞は、体内の熱を維持する働きや余分な体脂肪を抑えるため、脂肪を熱に変換して、体内の臓器を動かす働きをします。

カフェインには、この褐色脂肪細胞を活性化させてる作用があります。

褐色脂肪細胞が賦活化すると、脂肪を熱に変換する働きが活性化され、脂肪が燃焼しやすくなるだけでなく、脂肪の蓄積を抑制するのです。

 

「脂肪の吸収を抑制する効果がある」

リプトンの紅茶に含まれる「紅茶ポリフェノール」には、脂肪を消化・解体する酵素である「リパーゼ」の活性を抑制する作用がます。

身体の内側に入った脂肪分は、素の状態では吸収されず、膵臓から生成されるリパーゼにより分解された後、腸管から吸収されます。

紅茶ポリフェノールは、このリパーゼの働きを弱めることで、脂肪分の消化・分解を抑制しそのまま排出させます。

つまり、紅茶ポリフェノールには「リパーゼ」の働きを弱めることで、脂肪が体内に吸収しにくくなり、そのまま体外に排出させることができるのです。

 

「新陳代謝を促進する効果がある」

リプトンの紅茶のカフェインによって褐色脂肪細胞が活性化します。

このことで、脂肪燃焼作用が生まれカラダの内側で熱が形成されやすくなります。

その結果、基礎代謝がグンと上がります。

結果として新陳代謝の働きが盛んになり、エネルギー消費量も向上して、肥満になりにくい体質に改善されていきます。

 

「脂肪の吸収を抑制する」

リプトンの紅茶の香りには満腹効果だけでなく、リラックス効果を齎して自律神経を調節することで、ダイエット中のストレスによる精神状態を落ち着かせます。

自律神経が乱れると、人体が脂肪を溜め込みやすくなり、お腹まわりを中心に贅肉がつきやすくなります。

リプトンの紅茶の香りは自律神経を改善することで、脂肪がつきにくい体質に戻すだけでなく、

紅茶に含まれる主成分は付いてしまった脂肪を燃えやすくします。

 

広告

ダイエット中の空腹時にリプトンの紅茶を飲むのはNG!?

リプトンの紅茶にはカフェインが含まれていますよね

実はこのカフェインには胃の働きを刺激する作用もあります。

空腹時にリプトンの紅茶を飲み過ぎると、胃酸を過剰に分泌させてしまい、胃が荒れてしまうこともあります。

特に寝起きの空腹時に紅茶を飲むと、空っぽの胃の中で胃酸を過剰に分泌させてしまい、胃痛の原因にもなります。

これは、リプトンの紅茶をダイエット期間中に飲む際に、多くの女性たちがやりがちなミスなので注意しましょう。

リプトンの紅茶をダイエット中に有効的に飲用するのであれば、食事のお供に飲むことで、消化をサポートして便秘を防ぎます。

ダイエットサポートに定評のあるリプトンの紅茶ですが、「空腹時に1リットル飲む」などの過度な摂取は気を付けましょう。

ダイエット中の空腹時にリプトンの紅茶を飲むのは、多くても1杯~3杯(300ml~500ml)くらいにしておきましょう。

また、空腹時にリプトンの紅茶に飲み過ぎると、有効成分である「カフェイン」の過剰摂取につながり、「頭痛」や「腹痛」の原因にもなります。

また、空腹時にリプトンの紅茶を飲みすぎると気持ち悪くなることもあります。

それは紅茶に含まれる「タンニン」の影響です。

「タンニン」は、お茶の渋み成分であり鉄と化合してタンニン鉄になります。その結果、鉄分の吸収が妨害され「貧血」になる危険性があります。

特に、女性は「生理中」に鉄分が不足しがちなので、注意が必要です。

他にも、紅茶を毎日無理に飲むと、体調不良を招くこともあります。

 

心配な人は下記のページを覗いて「紅茶の副作用」参考にしてみましょう

 

 

広告

リプトンの紅茶はダイエット中に毎日飲むのはアリ?太らないで飲む方法は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

コンビニなどで販売されている、「甘い味がする甘味料の入ったリプトンの紅茶」はカロリーが高いのでダイエット中に毎日飲むのは好ましくありません。

しかし、このページで紹介したように、カロリーがゼロである「無糖のリプトンの紅茶」や「ティーパックのリプトンの紅茶」であれば、問題ありません。

むしろ、紅茶にはダイエットサポート効果があるので、上記のリプトンの紅茶であれば、

ダイエット中に心強い味方にもなってくれます。

しかし、空腹時にリプトンの紅茶を飲むのは止めておきましょう。

空腹時にリプトンの紅茶を飲み過ぎると「下痢」になることもあります。

個人差にもよりますが、紅茶に含まれる「カフェイン」には利尿作用があることで、尿細管に作用し、水分の再吸収を抑制します。

これによって、体内に必要な水分の吸収も妨害されることがあるので、体内に水分を保持できなくなり「下痢」になることもあります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました