紅茶の飲みすぎは危険!副作用にならない一日の適量や限度とは?

紅茶
この記事は約8分で読めます。

紅茶は飲み過ぎると危険だということはご存知でしょうか?

実は紅茶には飲み過ぎるとで様々な副作用があります。

下記に紅茶を「飲みすぎた副作用」について紹介します。

また、一日の紅茶の適量や限度も解説しています。

見ていきましょう。

 

広告

紅茶の飲みすぎは危険?1日の紅茶の過剰摂取による副作用を解説

吐き気(気持ち悪さ)を催す!

紅茶を飲みすぎると(吐き気を催す)こともあります。

その原因は、紅茶に含まれる「タンニン」と「カフェイン」です。

この二つの成分が「胃酸過多や胃もたれ」などを招きます。

つまり、胃に負担をかけてしまうことで、吐き気を催すことになります。

紅茶を飲んで吐き気を感じる人は、胃が弱っている証拠。

また、空腹時の紅茶の飲用は「胃に負担を掛けて吐き気」に繋がるので注意です。

空腹時に飲む紅茶の副作用は下記のページを参考にしてみましょう。

 

 

どうでしたか?

このように、空腹時に紅茶を飲むと、怖い副作用があることが、わかりましたよね。

また、胃が荒れることで、肌荒れや口臭の原因など、二次災害にもつながるので注意しましょう。

 

貧血や立ち眩みを招く!

紅茶を飲み過ぎると貧血を招くことがあります。

これは紅茶に含まれるタンニンが原因です。

「タンニン」は、お茶の渋み成分ですが、鉄と結合してタンニン鉄になる性質があります。

その結果、鉄分の吸収が抑制され「貧血」を招きます。

特に女性のみなさんは「生理」がありますので、紅茶による貧血を避けるためには、食後すぐの紅茶は控えて下さい。

 

下痢や軟便を招く!

紅茶は飲み過ぎると「下痢」を招く可能性もあります。

紅茶が体質的に合わないと「下痢」になり、これはアレルギー反応のようなものです。

紅茶を飲んで下痢をする人は、体質的に紅茶が合わないので、摂取量を控えるのか?

摂取自体をやめましょう。

 

トイレが近くなる!

紅茶の「カフェイン」には利尿作用がありますよね。

なので、紅茶をガブガブ飲むと、トイレが近くなってしまいます。

また、これによって便通に必要の水分まで排出することで、体内の水分量が足りず「便秘や宿便」になることもあります。

あなたの適量を明確にして飲み過ぎに気を付けることを目標にしましょう。

紅茶の利尿作用によって、トイレが近くなると、日常生活に悪影響を及ぼすこともあります。

紅茶を飲むことで、トイレが近くなるのが心配な人は、下記のページを参考にしてみましょう。

 

 

このように、紅茶を飲むと利尿作用によって、非常にトイレが近くなります。

なので、しっかりと飲み方を理解することが大切です。

 

頭痛や腹痛の副作用を招く!

紅茶には「カフェイン」が豊富に含まれています。

特に「カフェイン」を多く取りすぎると、「頭痛」や「腹痛」を引き起こします。

「カフェイン」は強力な生理作用があり、脳や筋肉に活力を与え興奮状態を起こさせます。

覚醒作用や利尿効果も強く、強心剤としても取り入れられる成分です。

それゆえ、大量に口に入れると頭痛が発現します。

 

眠れないで寝つきが悪くなる!

ご存知でしょうが、紅茶にはカフェインが含まれています。

もちろん、コーヒーほどではありませんが、カフェインは脳を覚醒させる眠気覚ましにも利用されているほど。

紅茶を飲み過ぎるとカフェインによる覚醒作用が、眠気を覚まします。

また、寝る前に紅茶を飲むと太るというは話もありますね。

 

胃痛や胃荒れを催す!

紅茶のカフェインやカテキンは、胃酸の分泌を促進する効果があります。

胃酸の分泌も増進するので、胃を荒らしてしまい胃痛を招きます。

さらに、腹痛になることもあります。

胃が荒れている人は、空腹時に紅茶を飲み過ぎるのは要注意です。

特に節食を心掛けている人やダイエット中の人は注意しましょう。

 

色素沈着で歯が黄ばむ!

紅茶を飲み過ぎると歯が黄ばむこともあります。

紅茶にはタンニンが含まれていますが、この成分には色素沈着といって、歯を黄ばませる作用があります。

ですが、紅茶には歯を白くする働きがある「フッ素」も含まれているので、この見解に関しては賛否両論あります。

しかし、歯磨きした直後に紅茶を飲むのは止めておきましょう。

 

歯や骨をもろくする可能性も!

スーパー等でよく市販されているリーズナブルな紅茶のティーバッグは、お手頃価格で紅茶が飲めるためとても便利です。

しかし、英国での調査では、「安物の紅茶は歯や骨をもろくする」という報告書があります。

その訳は、格安な紅茶ほど「フッ化物」が多く含有されている為です。

「フッ化物」は茶葉に必ず含有されている成分であり茶葉の成長に比例して増加します。

それゆえ、質が低くて価格の安い味の濃い紅茶を作るために用いられている、

古い茶葉ほど「フッ化物」の量は多く格安のティーバックに多く含有されるのです。

 

尿路結石や腎結石を招く!

1日2~3杯の紅茶を毎日飲んでも殆どの人は問題ありません。

ですが、紅茶を365日、過剰摂取していると、健康被害の可能性は高くなります。

その理由は、紅茶に多く含有される「カフェイン」「タンニン」「シュウ酸」の影響です。特に「シュウ酸」は、尿路結石や腎結石を発生させる原因です。

「シュウ酸」は、身体の中に入ると腎臓でカルシウムと結合し結石となる性質が見られます。

それゆえ、「尿路結石」や「腎結石」となるリスクがあるのです。

「尿路結石」が悪化すると、腎不全の恐れもあります。

 

喉のイガイガや湿疹のアレルギー症状が出る!

カフェインにアレルギー反応が見られる人は、紅茶を摂取すると喉がイガイガする感覚になります。

紅茶に含まれるエピガロカテキンガレートのせいで、口の中が不快だと感じることもあります。

また紅茶のカフェインに反応して、湿疹やかゆみなどお肌にアレルギー症状が現れる人もいます。

その時の身体の調子や摂取量によって、反応が出たり出なかったりします。

その他、胃痛や吐き気等々の症状が現れる人もいます。

アレルギーの症状が悪い時には、お医者さんに相談してみましょう。

 

広告

紅茶を飲み過ぎても副作用にならない一日の「適量と限度」を知っておきましょう。

紅茶を飲んでも副作用にならない一日の適量は凡そ1日にマグカップ8杯程度。

大体、1リットル~1.5リットルくらいでしょう。

紅茶の適量を考える上で、大事なのはカフェイン濃度です。

紅茶(100ml)程度のカフェイン含有量は約20mgです。

カフェインは1日の摂取量が250mgを上まわると寝つけなくなるなど、副作用があります。

紅茶一杯(約150ml)ほどで、カフェインはおおよそ30mgぐらいというものです。

カフェイン摂取量の限度を250mgとすると、紅茶を1日に8杯まで飲むことができます。

ですが、カフェインによる副作用は「体重、身長、年齢、性別」など、個人差があるので、あくまでも目安の適量として考えておきましょう。

カフェインが気になるのであれば、デカフェ紅茶がオススメです。

もちろん、カフェインを含まない、「デカフェ紅茶にもトイレが近くなる」というデメリットはあります。

なので、デカフェ紅茶を検討している人は、下記のページを参考にしてみましょう。

 

 

どうでしたか?

このように、カフェインを含まない、デカフェ紅茶にも「メリットデメリット」はあります。

しかし、カフェインは「集中力向上・記憶力向上」などの効果もあるので、一概に悪い成分とも言い切れません。

 

広告

紅茶ダイエットは効果的だけど飲み過ぎると危険な副作用を招く!

紅茶ダイエットは確かに効果的ですが、絶対に理解して欲しい注意点や、副作用があります。

それは、紅茶の飲み過ぎはNGだということ。

カフェインは脂肪燃焼をサポートするので紅茶ダイエットには重要な成分です。

紅茶を飲み過ぎると、カフェインの過剰摂取を引き起こします。

睡眠障害や胃を荒らしてしまう危険性があります。

さらにカフェインの過剰摂取で、情緒不安定になるなど、「カフェイン中毒」を引き起こすことも。

せっかく痩せられたとしても、紅茶の飲み過ぎによって、体調が悪い状態になったら大変です。

1日の適量を絶対に守るようにしましょう。

とりわけ、妊娠中は正しく紅茶を飲むことが大切です。

 

広告

紅茶の飲みすぎは危険です!副作用にならない一日の「適量や限度」も知ろう~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

ここで紹介しているように、紅茶の飲み過ぎは副作用を齎すこともあります。

かならず、1日の適量や限度を把握したうえで、安全に愛飲するようにしましょう。

適量を守ることで、紅茶は美容や健康のサポートに非常に効果がある飲み物です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました