カフェインは吐き気の原因に?紅茶を飲むならミルクティーが一番?

紅茶
この記事は約7分で読めます。

カフェインの含まれた紅茶などの飲み物を口に入れると、「吐き気や気持ち悪さ」を感じることってありますよね?

実は、カフェインは胃にとってあまり良い影響を与えるとは言い難いものです。

カフェインは胃からすると「刺激成分」であることもあります。

では、記事を読みながら見ていきましょう。

 

広告

カフェインは吐き気の原因って本当なの?

カフェインが脳の迷走神経に刺激を齎して、胃酸の分泌を促すことで、食べ物の消化をサポートする効果があります。

ただし、胃に何も入っていない、朝一の寝起きや空腹時にカフェインがNG!

例えば、紅茶を口に入れると、カフェインの胃酸分泌促進作用が逆効果となり、胃酸によって胃が荒れてしまいます。

紅茶をいっぱい飲むと、胃の粘膜を覆って守っている粘液がそぎ落ちてしまいます。

そして、カフェインの作用によって胃酸が直接胃の粘膜に直撃します。

傷口に塩を塗るような現象が、胃の中で起こっているということです。

すると胃の粘膜が充血して腫れがおこります。

さらに胃が刺激を受けると、小さな点状の出血やただれ(びらん)が胃の中で表れてしまいます。

カフェインを含む紅茶を飲んでいると、胃は悪い状態になっているのです。

 

広告

紅茶を飲んで吐き気がするのはカフェインによる副作用!?

紅茶を飲んで吐き気を感じるのは、カフェインの作用によって胃が荒れている、いわば胃からの「SOS信号」と言う事になるのです。

酷い場合は胃が炎症を起こすこともあります。

胃が炎症を起こすと「口臭(悪臭)、胃痛、胃もたれ、下痢、吐き気、口周りの肌荒れニキビ」などの症状を招いてしまいます。

そこで、胃の粘膜を守る飲み方がオススメ。

例えば、牛乳をたっぷり入れた紅茶のミルクティーにすると良いでしょう。

胃酸の過剰分泌から胃を守ることができます。

結果として紅茶を飲んだときの「吐き気、気持ち悪さ」を改善できます。

このように、紅茶のカフェインはときに吐き気も招くので、正しい付き合い方が大切。

そこで、下記のページを参考にしてみましょう

 

 

どうでしたか?

紅茶を飲むことで「吐き気や気持ち悪さ、嘔吐感」を覚えるのであれば、それは胃からのSOS信号と言う事になります。

実はあなたの胃は以上に大変な事態になっているのです。

 

広告

カフェインから胃を守る紅茶の飲み方はミルクティーが一番?

カフェインの悪影響を受けないで紅茶を飲むならミルクティーが一番だという話は、間違いではありません。

確かに、牛乳や豆乳には胃の粘膜を保護する効果が、多少は見られますので、紅茶をストレートティーにして飲むよりかは効果があるでしょう。

 

ですが、牛乳や豆乳を飲むと「下痢したり、便が緩くなる」など、体質的に受け付けない人も少なくありません。

いくら胃の粘膜を保護するために、牛乳を加えてミルクティーにしても、牛乳や豆乳が体質的に受け付けない人もいます。

これでは、逆効果になって胃腸がもっと深刻な状況になることがあります。

そう言った場合は、カフェインが含まれていないノンカフェインの紅茶を飲むようにしましょう。

ノンカフェインの紅茶は少しだけ値が張るので、コストパフォーマンスは悪いと言えますが、

胃の健康を考えるのであれば、ノンカフェインの紅茶(デカフェ紅茶)はオススメです。

デカフェ紅茶に関する記事は下記のページを参考にしてみましょう。

 

 

どうでしたか?

このように、カフェインを避けたいのであればデカフェ紅茶は美容にも健康にもオススメです。

また、紅茶ではありませんが、「ルイボスティーやハニーブッシュティー」もノンカフェインです。

 

広告

カフェインによる「吐き気や胃痛(副作用)」を避けた紅茶の安心安全な飲み方って?

ノンカフェインのデカフェ紅茶を飲む

カフェインによる副作用で、胃が荒れて吐き気を感じるのであれば、ノンカフェインの紅茶を飲むようにしましょう。

そこで、デカフェ紅茶がオススメです。

また、デカフェ紅茶であれば、寝る前にも飲むことができます。

ただし、デカフェ紅茶は値段が高いのでコストパフォーマンスは悪くなります。

 

牛乳や豆乳を混ぜてミルクティーにする

胃の粘膜を保護してくれる牛乳や豆乳を混ぜたミルクティーを飲んで見ましょう。

また、牛乳や豆乳の効果も得られるので、一石二鳥です。

正し、牛乳や豆乳が体質的に合わない人もいます。

「下痢、腹痛、便が緩くなる」などの症状を実感したらすぐにやめましょう。

 

カモミールティーをブレンドする

紅茶にカモミールティーをブレンドするのもオススメです。

カモミールティーには胃の粘膜を保護しながら炎症を鎮静化させる効果があり、胃が荒れている人にオススメのハーブティーです。

もし、体質的に牛乳や豆乳が受け付けないなら、紅茶とカモミールティーとのブレンドが良く、日常的に愛飲するのも良いでしょう。

カモミールティーは身近な場所で販売しているので、ぜひ一度試してみましょう。

 

ここがポイント↓あわせて読みたい

 

どうでしたか?

カモミールティーは身近な場所に販売しているので、ぜひ一度試してみましょう。

また、カモミールティーには「ストレス解消・安眠サポート」など、色々な効果があります。

 

空腹時や朝一寝起きの紅茶の飲用は避ける

空腹時に紅茶を飲むと胃酸の分泌を促す、カフェインによる影響を直接受けてしまいます。

空腹時に紅茶を飲むと「吐き気」だけでなく、「胃痛、胃の炎症」などにもつながるので注意しましょう。

また、朝一の寝起きも体がまだ起きていない状態です。

なので、そこにカフェインのような刺激成分が入ってくると胃がびっくりしてしまいます。

これも胃の状態を悪くするので止めておきましょう。

 

紅茶を薄めて飲むようにする!

カフェインによって吐き気を催すのであれば、紅茶を薄めて飲むのもオススメです。

セイロンティーだと風味が薄まってしまいます。

なので「アッサムティー、アールグレイティー」がオススメです。

これらの紅茶は風味が非常に濃い味です。

薄めても十分に美味しく飲むことができるでしょう。

 

紅茶を1日に1杯~3杯くらいで抑える

カフェインの過剰摂取は胃にとってあまり良い影響は与えられないでしょう。

確かに、紅茶は美容や健康をサポートしますが、飲み過ぎはNGです。

なので、1日の紅茶の摂取量をしっかりと守るようにしましょう。

紅茶を飲むことで、色々な副作用を招く可能性があります。

詳しくは下記のページを参考にしてみると良いでしょう。

 

 

広告

カフェインは吐き気の原因に?紅茶を飲むならミルクティーが一番?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

この記事でいかにカフェインがあなたの胃の健康状態を劣悪にしているのかわかりましたよね。

紅茶などのカフェインを飲んで、「吐き気、気持ち悪さ」などを感じるのであれば、それは胃からのSOS信号です。

 

もったいないのはわかりますが、いったん飲むのをやめましょう。

ですが、カフェインはかならずしも、健康に害を及ぼす成分というわけではありません。

カフェインは「記憶力集中力向上、利尿作用、脂肪燃焼サポート」などの効果があります。

つまり、カフェインを含む飲み物と上手く付き合える飲み方をしれば問題は解決できるのです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました