雨の日はつわりぶり返してきつい酷い?妊婦と低気圧の関係と対策は?

妊婦(妊娠中)
この記事は約20分で読めます。

妊娠中(妊婦)のつわりは雨の日や台風など、低気圧な天気になるとぶり返すことが多くなります。そんな、雨の日に悪阻(つわり)を楽にするのは「横になって寝る」というが簡単かつ一番オススメな方法です。

では、ページを読み進めて、

「雨の日に悪阻がぶり返す本当の原因」

「悪阻(つわり)が楽になる方法」

などについても知ってお悩みを解消していきましょう。

 

広告
  1. 雨の日はつわりぶり返してきついのが普通なの!?
  2. 「雨の日はつわりがぶり返して酷くなる?」先輩ママに聞いてみた!
  3. 雨の日につわりがぶり返すのは低気圧が原因だった!?
  4. 妊娠中は気圧の変化に過敏になり雨の日つわりが酷くなる!?
  5. 妊娠中のつわりがお天気模様に左右される2つの大きな理由って!?
  6. 日によって違い波がある雨の日つわりの4つの原因とは!?
    1. 「天候天気の変化(高気圧から低気圧への急激な変化)」
    2. 「ストレスによる悪阻(つわり)の悪化」
    3. 「時間帯による悪阻(つわり)のぶり返し」
    4. 「旦那さんの臭い(酒臭い匂い、口臭、体臭)」
  7. 「雨の日にぶり返すつわりはいつまで続いた?」先輩ママ達に聞いてみた!
  8. 雨の日にぶり返すつわり症状が悪化すると「気象病」を患う!?
  9. つわり時期の妊婦が患いやすい「気象病(天気痛)」の症状は!?
  10. つわり中の妊婦が患いやすい「気象病(天気痛)」の原因と対策は!?
  11. 雨の日につわりのぶり返しがひどいときは横になって寝るのがオススメ!?
  12. 雨の日のぶり返すつわり対策にオススメな軽減アイテム10選を紹介!
    1. 「耳栓(イヤーピース)で気圧をコントロール!」
    2. 「キャンディー(飴)で吐き気を緩和!」
    3. 「アロマオイル(精油オイル)でストレス解消!」
    4. 「ヒーリングミュージックで気持ちを落ち着かせる!」
    5. 「チョコラBBの成分が悪阻を軽減!」
    6. 「パイナップルがつわりを緩和!」
    7. 「グレープフルーツ(柑橘系)はつわりを楽にする!」
    8. 「にんにく(大蒜)は妊婦に必要な栄養素!」
    9. 「マックのフライドポテトは食べつわり対策に!」
    10. 「ルイボス・ハニーブッシュは妊婦の必需品!」
  13. 雨の日はつわりぶり返してきつい酷い?妊婦と低気圧の関係と対策は?~まとめ

雨の日はつわりぶり返してきついのが普通なの!?

実は、雨の日などの天候の変化によって、悪阻(つわり)がぶり返して体調が悪くなる妊婦さんは多くいます。

もちろん、人によって症状や感じ方は様々ですし、妊娠することで体質が変化することもあるので個人差はあります。

雨の日や台風などの低気圧になると「吐き気がする、気持ち悪い、頭痛がする、眠くなる」などと感じている妊婦さんは多い。

 

ですが、実際に「何が原因なのかわからない・・・」と悩んでいる人もたくさんいるのも事実。

雨の日に悪阻がぶり返す主な要因として、下記の二つです。

雨の日や台風によって低気圧になる(急激な気圧の変化)

雨の日によるストレスが原因で悪阻(つわり)がぶり返す

 

広告

「雨の日はつわりがぶり返して酷くなる?」先輩ママに聞いてみた!

妊娠とか関係なく気圧で調子が悪くなる人も結構いますね。

わたしは「頭痛、吐き気、眠気」で最悪でした・・・・気象病と言うヤツみたいです。

気圧の変化に敏感な体質なのかもしれませんね。

妊娠の影響ですこし体質が変わったのかも知れませんね!

わたしも雨の日だと胃のむかつきとか悪くなります(´Д`)

私もそうでしたよ!

もとから、気圧の変化に敏感な体質なのかもしれませんね。

妊娠に関係なく、前から嵐の日や低気圧の日は、頭痛が酷かったり体調が悪くなったりしていましたが、14週頃にはすっかりつわりが穏やかになったのに、16週の嵐の日に急に気持ち悪くなり、口にしたものをおもいっきり吐いてしまいました(>_<)

後期に入ってからも、気圧の変化のある日はおなかが張りやすかったりしますし、そういう体質の方はこの先もうまく気圧とは付き合っていく以外にありません。

子供ができてから天気予報はずいぶん念入りにチェックするようになりました(笑)

昨日、母親教室で、お天気の悪い日はつわりも激しくなるから気をつけて、という話を聞きましたよ。

潜在的に持っていた「気象病」というものみたいです。

私も、本日は1日寝たっきりです。

中期の頃のツワリは空模様によってひどさが変わってました!

私の場合は曇りの日と雨の日がとりわけ酷かったですね‥

ある程度精神的な問題もあるかもしれませんが、晴れると頭痛だけ軽くなったりしてたので、やっぱり関係あるとおもいますよ(^○^)

今は苦しいでしょうが、頑張りすぎずにゆったりお大事にされてくださいね(*^_^*)

私も12週の頃全くおんなじ経験をしました!

天気の良い日につわりが楽になって浮かれてたら、2日後の悪天候で悪阻が引き返して撃沈。

そんな感じでした。

お天気が良くても風が強い日も酷かったです。

つわりをぶり返すと沈みますよね。

今はその頃に比べると体調は優れていますが、雨降りの今日は怠さと吐き気が辛いです´д` ;

雨の日と悪阻は関係あるかもしれませんね。

以前に助産師さんが、「天気によってその日の夜間に出産があるかないかがわかる」と口にしていました。

雨の日など、気圧が低いと多いようですよ~。

月の満ち欠けも悪阻に影響するみたいですね。

人間って、自然の一部なんだなあ、と改めて感じますねぇ。

本日は曇っているので大変なの?

辛いよねぇ。

でもいつかは絶対終わるから!

頑張ってね~^^/

どうですか?

このように「雨の日に悪阻(つわり)が悪化した」という妊婦さんもいます。

これらの意見の共通点は「雨の日や曇りの日による低気圧(気圧の変化)」であることがわかります。

そこで、下記のページを参考にして、メカニズムや対策を詳しく知ることが大事です。

 

ここがポイント↓あわせて読みたい

 

どうでしたか?

このように、妊婦の悪阻と雨の日は密接な関係があることがわかります。

上記のページが参考に対策していくと良いでしょう。

 

広告

雨の日につわりがぶり返すのは低気圧が原因だった!?

妊娠中に通う母親教室でも「雨の日になると低気圧になるから悪阻(つわり)がぶり返すことがあります・・・」と説明されますよね。

これは、「気圧の変化に敏感な体質」や「気象病(天気痛)」が原因です。

事実、雨の日や曇りの日など、急激な気圧の変化(天気の変化)によって、酷い悪阻に悩まされる妊婦さんがたくさんいます。

つまり、雨の日や台風の日などの急激な気圧の変化が原因で悪阻がぶり返すことは良くある話です。

気圧が変化すると三半規管や自律神経が乱れて悪阻(つわり)をぶり返してしまいます。

なので、その対処法を知ることが大切になってきます。

また、朝昼にくらべると「夕方~夜」にかけて、悪阻(つわり)がぶり返すと感じている妊婦さんも多くいるのも事実です。

 

 

このように、雨の日になるとママさん達は、「つわり・体調不良」になることもあります。

対処法をしっかりと学び、雨の日に負けない妊娠生活を心掛けましょう。

 

広告

妊娠中は気圧の変化に過敏になり雨の日つわりが酷くなる!?

雨の日に悪阻がぶり返すのは、あなたが元から持っていた体質が顕著になったからだと考えられます。

もともと天気の変化(急激な気圧の変化)に敏感な体質であったということでしょう。

これがホルモンの影響で気圧の変化に過敏になったといえるでしょう。

苦しいですがつわりは赤ちゃんが順調に成長している証拠です。

一概に悪いとも言えるわけでもなく、むしろ悪阻がないと恐ろしい危険な事態を招くことがあります。

つまり、必ずしも「つわり」が悪いと言うわけではないのです。

 

晴れの日から雨の日になることで、高気圧から低気圧に気圧が変化しますが、これによって自律神経や三半規管が乱れて「頭痛・眩暈・吐き気」を感じます。

これが深刻になると「気象病(天気痛)」になります。

気象病は雨の日などの気圧の変化によって「吐き気、だるさ、頭痛」などを発症します

さらに、気象病を患う妊婦は天気によって気分も左右されるので、よりつわりを悪化させます。

妊娠前はわからなかったが、妊婦になってから「気象病」を発症する人もいます。

気象病は通称「天気痛」と言われるもので、決して病気ではないので安心してください。

一種の体質のようなものです。拍車をかけるように、旦那さんの臭いも悪阻(つわり)を招く要因になります。

悪阻がぶり返すのは雨の日だけではなく、ストレスや旦那さんが放つ「体臭や口臭、お酒の臭い」も大きな原因になります。

妊娠中に夫の「口や体、お酒」の匂いが臭くてつらいと感じているママさんも多くいます。

 

広告

妊娠中のつわりがお天気模様に左右される2つの大きな理由って!?

つわりというものは「体質的(低気圧に反応しやすい体質)」と「心の持ちよう」の2つの要素があります。

まず体質的(低気圧に反応しやすい体質)に関しては、助産師さんによると「お天気模様でその日の夜に出産があるのか無いかがわかる」という人もいるほどで、気圧が低いとつわりが悪化しやすいママさんは多くいます。

他にも、つわり悪化は月の満ち欠けも関係すると発言する専門家います。

次に「心の持ちよう」に関しては、雨の日などは心が沈みがちになり、雨で気分が滅入るからというメンタル的なものも影響します。

科学的根拠はないですが、雨の日や湿気の多い場所は、何種類もの匂いが強く感じたりしますよね。

「雨の日の電車やバスの中の不快な臭い」のように、湿気が加わったことで、感じる匂いの質が変化してさらに悪阻が深刻になることもあります。

 

ですが、逆もまた然りで、雨の日になると悪阻(つわり)が軽くなるママさんもいます。

実際に、晴天(晴れの日)につわりが悪化する妊婦さんがいるのも事実です。

「晴れの日はだるくて仕方なかったけど雨の日や曇りの日はとても調子良い」という人もおり、つわりの症状は妊婦さんによって十人十色なのです。

もちろん、すべての妊婦さんがこのような症状を感じているわけではありません。

実は、雨の日などの低気圧とつわり(悪阻)に科学的な因果関係は解明されていません。

さらに、「悪阻(つわり)と雨の日」に関する諸説は様々ありますが、どれも根拠は解明されていません。

現在、悪阻(つわり)に苦しむママさんは下記にページも参考にすることで、よりお悩み(疑問)解決の糸口になるので見ておきましょう。

 

つわりが酷いママさんはこちらへ

 

広告

日によって違い波がある雨の日つわりの4つの原因とは!?

「天候天気の変化(高気圧から低気圧への急激な変化)」

晴れの日は高気圧ですが、雨が降ると低気圧になりますよね。

この雨の日や曇りの日など急激な気圧の変化による「三半規管の乱れ、自律神経の乱れ」が悪阻を酷くさせます。

妊娠中のつわり(悪阻)は症状が日によって違い、調子がいい日と悪い日があるものです。

 

「ストレスによる悪阻(つわり)の悪化」

やはり妊娠中のストレスは体調を悪化させる要因になります。

ストレスは「精神的な異常、免疫機能低下、疲労」を招きます。

悪阻を酷くさせる要因として、ストレスは気を付けるようにしましょう。

 

「時間帯による悪阻(つわり)のぶり返し」

実は時間帯によっては、つわりを招く人も多くいます。

多くの妊婦さんは「朝は体調が良いけど、夕方から夜にかけて悪阻が酷くなる・・・」と頻繁に感じています。

朝から夜にかけて気圧は少しだけ変化するものです。

やはり気圧の変化に敏感なママさんは、夕方~夜にかけてつわり(悪阻)の調子がいい日と悪い日を感じています。

 

「旦那さんの臭い(酒臭い匂い、口臭、体臭)」

実は、旦那さんの臭い(酒臭い匂い、口臭、体臭)も悪阻をぶり返す要因になります。

特に、妊娠初期は旦那さんから放たれる匂いがダメになり、酷い悪阻をぶり返すママさんは多くいます。

また、本人に言いにくいとこともストレスが溜まる要因になります。

そこで、対処法を知ることが大切です。

 

ここがポイント↓あわせて読みたい

 

このように、旦那さんの体臭や口臭もつわりを悪化させる原因になります。

旦那さんは、雨の日と違い、日常的にそばにいるので、対処法をしっかりと学ぶことは、大切です。

 

広告

「雨の日にぶり返すつわりはいつまで続いた?」先輩ママ達に聞いてみた!

私は長女を妊娠しているときに、破水する1週間前まで悪阻があって結局15Kg体重が落ちました。

本当、死ぬほど辛くていつも泣いて、あげく悪阻が酷いときは血を吐いてました。

さすがに吐血したときはびっくりでしたけどね・・・私の場合幸いお産はすごく軽く超安産だったので、悪阻より出産のが何倍もマシでした。

でも悪阻が辛いのは今の時期だけです。

あかちゃんが生まれれば悪阻はピタっと無くなりますし、辛い分我が子がお腹で健やかに育ってると思いながら、

今はもうひたすら堪えて頑張って下さい!

辛いときは、ベッドで横になりましょう。

私は20週まで、日によってマチマチですが、続きました。

2人目のときは長男のうんちのおしめも換えていたため毎日地獄です。

買い物に行くたびにしょっちゅう道中で吐きましたよ~

基本的に買い物以外は外に行けません、雨の日や梅雨時期は一日中、寝ていました。

悪阻が酷いときは1日中お食事もできませんでしたね。

汁物なんて飲んだら おぇ~~~~って吐いて吐いて吐きまくりました。

5キロは軽く痩せますよ^^寝ると落ち着くんですけどね。

私のつわりは14週くらいまで続きましたね。

悪阻(つわり)って気持ちの問題とかいう人もいますが、私もそんな問題ではないと思います。

それから悪阻が辛いなら、ご主人なり実家の両親なり辛かったら甘えて、健康な赤ちゃん生んで下さいね!

ちなみに義父母は気を使うし、ストレスになるのでオススメしません・・・

これといってアドバイスにもなってないですが、生んでしまえば悪阻の辛さも笑って話すことができる日がきます。

その時までは頑張って下さい!

どうでしたか?

このように、悪阻が続く期間は人それぞれだということが分かります。

悪阻(つわり)の症状は体質だけでなく、生活環境によって大きく異なります。

なので、雨の日や晴れの日に関係なく、常に自分の身体を労わるようにして、悪阻の症状を軽くしていきましょう。

また、雨の日のつわりは、「吐き気」だけではありません。

雨の日に感じる「頭痛」も悪阻症状の一つです。

なので、つわり(頭痛)の対策を知ることも大切です。

 

 

どうでしたか?

つわりは「吐き気」だけではなく、頭痛もつわり症状の一つです。

なので、雨の日に「頭痛」を感じるママさんは上記のページを参考にして、対策していきましょう。

 

広告

雨の日にぶり返すつわり症状が悪化すると「気象病」を患う!?

雨の日になるとつわりが悪化する原因として、天気の変化による急激な気圧の変化により、三半規管や自律神経の乱れやストレスによって症状が悪化します。

これが悪化すると「気象病」になってしまいます。

気象病は天気の変化で引き起こされる不調の総称を呼びます。

症状は大まかに分けて2つあり、1つは「眩暈、肩こり、吐き気、苛立ち、頭痛」といった不定愁訴が見られます。

検査しても特に原因が確認できない可能性が高く、日頃の交感神経と副交感神経からくる自律神経が乱れがちな人に発生し易いです。

もう一つが片頭痛や関節痛など持病が悪化するパターンです。

気象病の中でも、このような痛みを特に伴うものを天気痛と言います。

「ウェザーニュース」のリサーチによると、日本人では1,000万人以上、およそ日本人の60%が気圧の低下から、体の不調を感じます。

このように天気によって悪阻(つわり)が辛く苦しくなるのことは普通なことなのです。

また、天気だけでなく「暑さ、寒さ」が原因で悪阻がぶり返すこともあるのです。

 

広告

つわり時期の妊婦が患いやすい「気象病(天気痛)」の症状は!?

気象病は、台風や雨期、梅雨による低気圧により「頭痛、腰痛、肩こり、耳鳴り、眩暈、吐き気がしたり、関節や古傷がズキズキと痛くなったりする」などの症状があげられます。

こんな症状が気象状況によって生じる病だからこそ、「気象病(きしょうびょう)」と称されているほどです。なかでも女性70%は、天候の変化による体の不良やイライラなどの精神的な不調に悩むことも多く、女性が苛立つ要因は台風や雨など、低気圧だったりするのです。

苛立ってボーッとして、自律神経が乱れていき、「下手をするとは意識がなくなって、バタン!」と倒れてしまう重病者もいます。

「自分のつわりがぶり返すと、天気を見なくても雨の日が近付いているのがわかる!!!」といママさんもいて、体が天気予報になる人もいます、

このことから「洗濯物の判断するときに助かる!!」という意見もあります。

 

広告

つわり中の妊婦が患いやすい「気象病(天気痛)」の原因と対策は!?

「気象病」を招いてしまう背景として、気圧の低下により空気中の酸素の量が激減してしまうことが1つ言われます。

交感神経の働きが抑制されて、逆に副交感神経の働きが優勢になることにより、自律神経が不安定になって「頭痛、倦怠感、食欲不振、吐き気」などの病状が現れることもあります。

 

急速的気圧の変化によって血管が膨張して、神経を圧迫する為であったりします。

もう1つは、気圧の低下によって人体の押される力が減少して、血管が拡張し易くなるのが起因になることも。

「雨の日 気象病 治し方」に関する記事はこちらへ

 

広告

雨の日につわりのぶり返しがひどいときは横になって寝るのがオススメ!?

基本的に、悪阻(つわり)症状が酷い日は、ベッドやソファーなどに横になって眠るのが一番でしょう。

また、寝不足は悪阻症状を深刻化させる要因になりますし、眠ることで辛い「吐き気や頭痛」などを解消することができます。

事実、多くのママさんの体験談で、「悪阻が辛いときは、横になって寝ると起きたときには治ってた!!」という経験談が多く寄せられています。

悪阻(つわり)はれっきとして病の一緒です。

横になって寝ることで、症状が治ることがほとんどです。

ポイントとしては、一番自分が楽な姿勢を取ることで、より悪阻(つわり)軽減に効果があります。

 

広告

雨の日のぶり返すつわり対策にオススメな軽減アイテム10選を紹介!

「耳栓(イヤーピース)で気圧をコントロール!」

雨の日の悪阻(つわり)は急激な気圧の変化が原因です。

そこで、多くの妊婦さんが利用しているアイテムはこちらです。

飛行機に乗ると急激な気圧の変化によって、「自律神経が乱れる、耳痛、頭痛、吐き気」などに悩まされますよね。

そこで、雨の日の気圧の変化にオススメで、多くのママさんに使用されている手軽内なアイテムです。

 

「キャンディー(飴)で吐き気を緩和!」

悪阻のときは食事できないものですよね。

そこで、悪阻(つわり)対策にキャンディーを利用するのもオススメです。

この商品は雨の日だけでなく、夕方~夜にかけて酷くなるつわりなどにも効果的です。

日常的に利用できるアイテムですし、口が寂しくなる時にピッタリでしょう。

 

「アロマオイル(精油オイル)でストレス解消!」

精油成分(香り成分)には、悪阻による「吐き気、頭痛、精神的な落ち込み、ストレスの蓄積」を改善する効果があることを知っていますか?

実は、「アロマオイル(精油オイル)」は香りを楽しむだけでなく、悪阻対策にもなる優れたアイテムなのです。

また、医学的にもその効果は実証されています。

特に雨の日にオススメで、部屋にこもった旦那さんの臭い対策にもなります。

 

「ヒーリングミュージックで気持ちを落ち着かせる!」

急激な気圧の変化による「三半規管の乱れと自律神経の乱れ」からくるつわり症状

ストレスによるつわり症状の悪化

この2つによるつわり症状の悪化には、ヒーリングミュージックもオススメです。

自律神経を整わせて、精神的に落ち着かせることで、悪阻(つわり)症状はいくらか軽くなります。

特に、睡眠導入効果もあるので、悪阻が辛いときにベッドで横になりながら、ヒーリングミュージックを聞けば自然と眠りにつくことができるでしょう。

 

「チョコラBBの成分が悪阻を軽減!」

悪阻対策として多くの妊婦さんに人気を集めているのがチョコラbbです。

「つわりのときにチョコラbbを飲むと疲れが吹き飛んで元気になる」などの意見が寄せられており、悪阻に悩まされるママさんにとって、救世主となってくれるでしょう。

フルージュースとビタミン栄養補給飲料があれば、雨の日の悪阻(つわり)も乗り越えることができます。

悪阻に苦しむママさんに人気のある「リンゴジュース」などと組み合わせると、相乗効果が期待できることでしょう。

 

「パイナップルがつわりを緩和!」

バナナやグレープフルーツは妊婦さん(ママさん)が悪阻が苦しい時に、食べたくなるフルーツランキングの上位に入っているほど、オススメされている食べ物です。

雨の日に悪阻のぶり返しが厳しいときは、バナナやグレープフルーツなども食べてみましょう。

 

「グレープフルーツ(柑橘系)はつわりを楽にする!」

グレープフルーツやレモンなどの柑橘系のフルーツは、雨の日にぶり返す「匂い悪阻(つわり)」や「吐き悪阻(つわり)」にオススメです。

多くのママさんが「柑橘系の優しいに酸味でつわりを乗り越えた!」と口にしています。

また、クエン酸も含有されているので、つわり続きの毎日で疲れた体を元気にしてくれるでしょう。

 

「にんにく(大蒜)は妊婦に必要な栄養素!」

ニンニクには悪阻を軽減させる「ビタミンB群」が豊富に含まれており、ママさんもにオススメされている食材でもあります。

また、赤ちゃんの成長を助ける「葉酸」や、ストレス耐性を向上させる「カルシウムやビタミンC」が含まれています。

つまり、「にんにく」は雨の日にぶり返す悪阻を軽減する素晴らしい食材でもあるのです。

 

「マックのフライドポテトは食べつわり対策に!」

妊娠中に「マックのフライドポテトをひたすら食べたくなる」と感じるママさんは意外にも多くおり、人気の食べ物でもあります。

特に、少量でお腹に溜まることから、空腹になると吐き気を催す「食べづわり」に悩まされるママさんに人気のある食べ物です。

 

「ルイボス・ハニーブッシュは妊婦の必需品!」

ルイボスティーやハニーブッシュティーも妊娠中に先輩ママさん達から、常飲されてきた人気のある美容と健康サポートティーです。

ミネラルが豊富で雨の日の悪阻(つわり)対策になるだけじゃないのも魅力のひとつです。

実は、母親の健康サポートや赤ちゃん成長をサポートする効果もあることから、日常的に飲むことがオススメされています。

また紅茶と違い、ノンカフェインで安心してもめるだけでなく、基本的に副作用がないことも魅力の一つ。

 

広告

雨の日はつわりぶり返してきつい酷い?妊婦と低気圧の関係と対策は?~まとめ

どうでしたか?

このように、雨の日や台風などの低気圧の日に、つわり(悪阻)がぶり返していると感じている妊婦は少なからずいるようですね。

しかし、調べてみると妊娠中のつわり(悪阻)と雨の日などの低気圧には、科学的な因果関係は解明されていないことがわかります。

つまり、元から気圧の変化に敏感な体質「気象病」であることが考えられます。

妊娠前は気が付かなかったけど、妊婦になってから症状が顕著になったと考えるのが自然でしょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました