つわりをグレープフルーツジュースが悪化軽減?飲み過ぎは?性別は?

妊婦(妊娠中)
この記事は約14分で読めます。

妊娠中(妊婦)の大きな悩みと言えば「悪阻(つわり)」です。

症状に苦しむ妊婦さんが「グレープフルーツジュース」を摂取することで、つわりを軽減する効果を持つとも言われているフルーツです。

専門家の中には「妊娠中にグレープフルーツジュースを摂取することはオススメ」だという意見もあります。

実際に、多くのママさんも悪阻(つわり)が辛い時にグレープフルーツジュースを摂取しています。

 

広告

つわりをグレープフルーツジュースが軽減するって本当!?

悪阻(つわり)を悪化させる原因の一つとして、ビタミン不足が挙げられます。

そこで、「果汁100%グレープフルーツジュース」には、悪阻による吐き気を軽減する「ビタミン」が豊富に含まれています。

このことから、妊娠中の悪阻(つわり)の吐き気対策にグレープフルーツジュースはオススメです。

それだけでなく、グレープフルーツの香りにはストレス解消効果があります。

これには、気持ちを落ち着かせてくれる作用があるので、ストレスによる悪阻(つわり)の悪化にも効果的です。

この点でもグレープフルーツはつわり対策としても優秀な果物と言えます。

なので、つわり中に「グレープフルーツを食べる」もしくは「ジュースを飲む」と症状を軽減するのでオススメされています。

実は、グレープフルーツジュースは妊娠初期だけでなく、「妊娠後期」にもオススメです。

つまり、グレープフルーツジュースは妊娠中に継続的に愛飲していくべき、飲み物なのです。

下記のページを参考にしてみましょう。

 

広告

つわり軽減にはグレープフルーツジュースの疲労回復効果がカギ!?

つわり軽減にグレープフルーツジュースがオススメされている理由はまだまだあります。

それは、クエン酸による疲労回復効果です。

グレープフルーツジュースにはクエン酸が含まれています。

このクエン酸が「寝不足・疲労蓄積」によって著しく悪化するつわり症状を軽減してくれる役割もあります。このように妊娠初期からグレープフルーツジュースはオススメされており、栄養成分で判断しても妊婦に有益なフルーツでもあるのです。

それだけでなく、グレープフルーツの柑橘系の香りは、気分を落ち着かせてリラックスさせる作用があり、医学的にもストレス解消があると言われています。

グレープフルーツジュースの香りと、サッパリとしたフルーティーな甘み、酸味が気持ちを落ち着かせてくれます。妊娠中は積極的に摂り入れていきましょう。

妊娠中の悪阻は日によって重さが違い、ひどくぶり返すこともありますよね。

つまり、悪阻に苦しむ妊婦さんは、日常的に摂り入れる飲み物をこだわるのが一番なのです。

そこで、グレープフルーツジュースとりんごジュースを「5:5」で割って飲んでみましょう。

この二つのフルーツジュースに相乗効果が生まれ、つわり対策に真価を発揮します。

下記のページを参考にしてりんごジュースの魅力を知っていきましょう。

 

 

どうでしたか?

このように、つわり中はりんごジュースとグレープフルーツジュースを割って飲んでみましょう。

二つの効果が、きっとあなたの悪阻は無くなるでしょう。

 

広告

グレープフルーツジュースは胎児の成長に必須栄養素を含んでいる?

グレープフルーツには葉酸(100gあたり15μg) が含まれています。

この成分は胎児(赤ちゃん)の発育に重要ですし、胎児の障害予防にもなると言われています。

なので、悪阻中(特に妊娠初期)に積極的にグレープフルーツジュースを摂取しているママさんもいます。

他にも、「妊娠中はグレープフルーツジュースしか摂取できない」と言っているママさんもいます。

つまり、悪阻中に「グレープフルーツジュース」もしくは「グレープフルーツ」を摂取してはいけないということはありません。

しかし、スーパーで販売しているグレープフルーツの表面には防腐剤が塗られていますよね。

もし、悪阻中にグレープフルーツを食べるときは、軽く水洗いをして多くともっと安全です。

グレープフルーツジュースの場合ではあれば、果汁100%のオーガニックを選ぶようにしましょう。

妊娠中の悪阻(つわり)は、「気圧の変化(雨の日)、ストレス、旦那さんの悪臭」など様々な要因でぶり返します。

なので、「自分の悪阻が悪化している原因は何か?」ストレスフリーな妊娠生活を送るために下記のページを参考にしておくのも大切です。

 

どうでしたか?

このように、様々な局面で、悪阻はぶり返してしまいます。

つわりの原因と対策を知っておくことは、妊娠中に大切なのです。

 

広告

グレープフルーツジュースで胎児に必要な葉酸を十分に摂取できる?

グレープフルーツには「100gあたり15μg」の葉酸が含まれているので、十分に摂取することができます。

グレープフルーツ(もしくはジュース)には葉酸やβカロテンなどが含まれています。

これらの成分はお腹の赤ちゃんの発育(成長)をサポートする効果があり、赤ちゃんの障害を予防する働きもあります。

さらに、グレープフルーツにはビタミンCも含まれています。

このビタミンCは免疫力向上(風邪やインフルエンザ予防)だけでなく、ストレス耐性を向上させる効果や便通を促す効果もあります。

この効果があることから、妊娠中の悪阻時期にグレープフルーツを食べることはオススメされているのです。

しかし、グレープフルーツに限らずですが、フルーツ(果物)には糖類が含まれているので、食べ過ぎると太ってしまうので注意が必要です。

 

広告

「グレープフルーツジュースでつわりは軽減した?」先輩ママに聞いてみた!

私は、妊娠6週目ほどですが、つわりで妊娠がわかってから9日目で2.5kg体重が減りました。

つわり(悪阻)による気持ち悪さで吐いたり食欲が激減したりです。

吐き気を食い止めるのにグレープフルーツジュースを飲用したりグレープフルーツを口にしています。

グレープフルーツが一番すっきりするのと葉酸が入っていると教えられました。

ですが、お産経験のある友だちに、グレープフルーツを食べ過ぎると、赤ちゃんが大きくなりすぎるから注意してと言われました。

グレープフルーツジュースは妊婦さんが口にしたがる物上位3位に入ってますし栄養もあるし、お口もアッサリすっきりするから妊娠中にオススメです。

つわりが楽になってからのグレープフルーツジュース等のドリンク類は糖分かなり高いので、たまに飲むなら問題ないみたいですね。

果物は1日半個までとかなら大丈夫です。

ビタミン取れますしね!

つわりもあんまり辛いようなら先生にご相談されるといいかもです。

一人目の悪阻の時は、グレープフルーツ一度5個位口にしていました。

もちろん悪阻がピーク期間の1ヵ月程ですが。

いま九ヶ月ですがこの期に及んでグレープフルーツたくさん食べてますよ。

答えにはなってないですが、私は逆でグレープフルーツジュースしか飲めません。

苦味でいくらかはスッキリするんです。

どうでしたか?

このように妊娠中の悪阻がしんどいときに、「グレープフルーツ食べたり、グレープフルーツジュースを飲んでいる」というママさんは多くいます。

実際に、グレープフルーツは妊娠中に食べたくなる果物ランキング上位ですし、妊娠中のママさんにもオススメされています。

なので、悪阻がしんどいときは積極的にグレープフルーツを食べていきましょう。

何も食べられない時は、グレープフルーツジュースでも良いですし、ヨーグルトも悪阻が酷いときにオススメです。

 

広告

グレープフルーツジュースは夜中にぶり返すつわりも治す!?

妊娠中につわり(悪阻)で夜中辛いときは「悪阻が酷いときはグレープフルーツしか食べられない!!」というママさんは多くいます。

このグレープフルーツは妊婦さんの救世主となるのです。

もちろん、悪阻で何も食べられないときもありますよね。

そんなときは、グレープフルーツジュースでも問題ありませんが、できれば果汁100%で無添加の商品が良いでしょう。

グレープフルーツジュースにも果物と同じ成分が含まれています。

これには、ストレス解消効果や便通改善効果があり、悪阻がしんどい夜中は積極的に摂取していくのがオススメです。

悪阻は夕方~夜中にかけて酷くなるというママさんもいます。

そんなときは、グレープフルーツもしくは、グレープフルーツジュースが救世主になってくれることでしょう。

 

広告

つわり対策にはグレープフルーツよりもグレープフルーツジュースの方が良い!?

妊娠初期~後期のつわり中(悪阻中)にグレープフルーツすらも食べられないときってありますよね。

そんなときは、グレープフルーツジュースがオススメです。

ですが、グレープフルーツジュースを飲むのであれば、果汁100%の商品を選ぶようにしましょう。

また、商品によっては「添加物・砂糖・食塩」などが含有されているグレープフルーツジュースも販売していますよね。

そういった添加物が含有されている商品は避けるようにしましょう。

特に、砂糖が含有されているグレープフルーツジュースを飲みすぎると、カロリーオーバーになってしまうことだってあります。

糖質の過剰摂取は妊娠中に限らず良くありません。

なので、グレープフルーツジュースであれば何でも良いわけではないので、かならず成分表をちゃんと見るようにしましょう。

もちろん、基本的にグレープフルーツを果実を食べたほうが良いですが、果汁100%ジュースであれば、葉酸はできるでしょう。

基本的に妊娠4週目からの葉酸を摂り入れることは、妊娠時における葉酸摂取ほど効果はありません。

葉酸は胎児の神経官異常を防止する効果があるので、妊娠前から摂取しておくのが一番オススメです。

妊娠発覚時にはもうすでに神経官が作り終わっているのですが、妊娠中は可能な限り、葉酸を体内に取り入れるのがオススメされています。

葉酸を採るにはグレープフルーツジュースがオススメされていますが、これは葉酸を簡単に摂取できるからです。

果物そのそものを口にしてもいいのですが100%ジュースでも問題ありません。

ただメーカーによって砂糖を入れて味を調節してあるグレープフルーツジュースもあるので、砂糖の入っていないものを飲むようにしましょう。

 

広告

つわり中にグレープフルーツジュースを摂り過ぎると糖質過多の危険も!?

グレープフルーツには糖質が含まれているので、取り過ぎには注意が必要です。

グレープフルーツをたべるのであれば、多くても1日に3つくらいにしておきましょう。

同じように、つわり(悪阻中)のグレープフルーツジュースの飲み過ぎも、「糖分」の過剰摂取になる可能性もゼロではないので、

多くても1日に1L(リットル)くらいにしておきましょう。

糖分は健康をサポートする反面で、過剰摂取することで体内の「糖化」を進行させることになります。

糖化は妊娠中に下記のような症状を招きます。

活性酸素を増加させて老化を招く

体内の細胞の劣化させてしまう

血液の循環を遅らせる

ビタミンCの活動を抑制する

健康を守る免疫抑制してしまう

など、過剰摂取はNGでもあります。

もちろん、グレープフルーツジュースの成分はお腹の赤ちゃんにも良いのでオススメなので、一概に母体や胎児に悪い栄養を与えるというわけではありません。

妊娠中の「糖分摂取」に関しては、グレープフルーツに限らず、フルーツ(果物)全般には糖が豊富に含まれていることも知識として入れておきましょう。

妊婦健診(妊娠検査)の時に、糖がたくさん検出されて看護婦さんに注意されることもあります。

グレープフルーツの目安摂取量は一日に果物1個~2個くらいがオススメです。

例えば、グレープフルーツを一日半分摂取したら、その日は100%ジュースや野菜ジュースは控えるなど自分の中で制限するなど、

自身のなかでルールを決めるようにしましょう。

心配なようであれば、一応、検診や診察時にでも、担当医に相談して、意見を仰いだ方が良いでしょう。

例えば、グレープフルーツと同じくらい妊娠中のママさんに人気のある「りんご・リンゴジュース」も同じことが言えるでしょう。

 

広告

グレープフルーツジュースがつわりを悪化さることもある!?

確かに、つわりのせいでグレープフルーツジュースの匂いがダメになる妊婦さんもいます。

グレープフルーツジュースは悪阻に悩む妊娠初期~妊娠後期のママさんに人気の食材ですが、人によって体質や好みもありますよね。

ママさんによっては「グレープフルーツジュースの酸味がダメになる・・・・」という症状の人が居ても不思議ではありません。

もちろん、これはグレープフルーツに限らず、酸味がある果物や食べ物全般に言えることですが酸味があるものは吐き気を誘引すると言われています。

例えばお酢とか、柑橘類全般はこれにあたります。

ですが、吐き気を催して嘔吐したときに、グレープフルーツの酸味が嘔吐物の香りと混ざりことで、吐きやすくなるとも言われています。

これに関しては、好みや体質によるところが大きいので、どうしてもグレープフルーツの酸味で吐き気を催すのであれば、口にするのは控えておきましょう。

 

広告

つわり中にグレープフルーツジュースを飲み過ぎると胃痛を招く!?

グレープフルーツジュースを含む、酸味のある飲み物は胃酸を分泌させてしまいます。

なので、食べ過ぎ(食べつわり)によって胃が荒れている妊婦さんだと、胃痛の原因になる可能性もあります。

一方で、グレープフルーツの香りには、ストレスを解消するアロマテラピー効果があります。

このことから、ストレス性の胃痛の緩和には効果的なので、グレープフルーツを食べることで「胃痛が治る人」もいれば、「胃痛の原因になる人」もいます。

「何が原因で胃痛を起こしているのか?」によって異なる傾向にあります。

もちろん、グレープフルーツの精油(エッセンシャルオイルアロマ)の香りにも、ストレスを解消する効果があるので、ストレス性の胃痛対策にオススメです。

 

広告

つわり中にグレープフルーツジュースを摂ると子供の性別が女の子になる!?

悪阻中にグレープフルーツなどの甘いものが欲しくなるのは、お腹の赤ちゃんの性別が「女の子」だからという一説を聞いたことはありませんか?

しかし、残念ながらこれは医学的根拠のない全くのデタラメです。

悪阻中に甘いものが欲しくなっても、生まれてくる赤ちゃんの性別が「男の子だった」というママさんもいます。もちろん、甘いものが欲しくならなかったけど、生まれてきた赤ちゃんの性別が「女の子だった」というママさんもいます。

つまり、これはデタラメな都市伝説なのです。

また、妊娠中に食べるもので生まれてくる赤ちゃんの性別が変わるという説もありますが、医学的な根拠はありませんので、迷信のようなものでしょう。

ママさんによっては、この迷信を信じている体験談もありますが、医学的に証明されていないので、

あくまでも「迷信」としてとらえるようにしましょう。

同じような理由で「ニンニクやバナナ、リンゴジュース」にも同じことが言われています。

 

広告

妊娠中のつわりをグレープフルーツジュースが悪化軽減?飲み過ぎは?性別は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

悪阻(つわり)中にグレープフルーツがオススメだと言うことが分かりましたよね。

実際に、グレープフルーツは妊娠中に食べたい果物の上位に入っていますし、「ビタミンC・ビタミン類・βカロテン・葉酸」など、母体や胎児にオススメの栄養素が多く含まれています。

また、悪阻が酷くてグレープフルーツが食べられないときは、グレープフルーツジュースでも問題ありませんが、果汁100%の砂糖が含有されていない商品を選びましょう。

また、グレープフルーツには「糖」が含まれているので、取り過ぎた過剰摂取は禁物です。

多くても1日に1個~2個くらいにしておきましょう。

また、グレープフルーツを食べたら、野菜ジュースやグレープフルーツジュースの摂取は止めておきましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました