つわり中はパイナップルで吐き気を軽減?缶詰やジュースでも良い?

妊婦(妊娠中)
この記事は約7分で読めます。

妊娠中にパイナップルを好んで食べているママさんは多いです。

先輩ママさん達は口を揃えて「悪阻が酷い時は、パイナップルで乗り越えた」と言いますよね。

では、「パイナップルが妊娠中(妊婦)に適した果物なのでしょうか?」ページを読み進めてみていきましょう。

 

広告

つわり中はパイナップルで吐き気を軽減できる!?

妊娠中のつわり時期はパイナップルで、吐き気や嘔吐などが乗り越えられるのは本当です。

パイナップルの「軽い酸味と甘み」はつわりを軽減するだけでなく、食べやすいと好まれています。

実は、多くのママさんが妊娠中にパイナップルを食べています。

また、パイナップルは妊婦がつわり時期にも食べやすい果物ランキングで上位に入っています。

「ニオイ悪阻(つわり)」

「食べ悪阻(つわり)」

「吐き悪阻(つわり)」

これらの「つわり症状」に悩まされているママさんは、パイナップルを食べて妊娠初期から始まる悪阻時期を乗り越えています。

パイナップルを食べると「ビタミンや食物繊維、酵素」を摂り入れることが出来るので、つわり対策として適度に食べることは逆に良いことです。

さらに、妊娠中のママさん達が1日あたり100gのパイナップルを4週間継続的に食べることで、お肌の調子の改善、腸内環境の改善による便通の改善効果があることが実験によって報告されています。

このようにパイナップルは妊娠中だけでなく、出産後も女性をサポートするフルーツでもあるのです。

 

広告

つわり中の吐き気対策に「パイナップルジュースや缶詰」もオススメ!

妊娠中のつわりが酷い時期は「何も食べられない」というママさんもいますよね。

そんなときは、「パイナップルジュースや缶詰」もオススメです。

この二つでもパイナップルの栄養成分は吸収することができますし、何より手軽に食べられるというメリットがあります。

特に固形物が食べられないママさんには、液体である「パイナップルジュース」がオススメです。

しかし、パイナップルジュースは果汁100%かつ無農薬の商品を選ぶようにしましょう。

市販で販売されているパイナップルジュースには、「香料・砂糖・化学成分」などが配合されている商品も流通しています。

それだと、おなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性もゼロだとは言い切れません。

なので、パイナップルジュースを購入する前に、「成分表」を入念に見ておきましょう。

もしつわり中にパイナップルジュースを飲むのであれば、チョコラBBを混ぜれば、ビタミン補給にもなるので、ぜひやってみましょう。

 

広告

吐きつわり中にパイナップルを食べる注意点はないの?

妊娠中はホルモンの変化が起こるので、ママさんによって「パイナップルの匂いが急にダメになった・・・」ということもあります。

すべてのママさんがパイナップルを食べているわけではありませんが、妊婦さんに好まれて食べられているフルーツでもあるのです。

ですが、パイナップルに限らず果物には、「果糖」が含まれているので、食べ過ぎると太ってしまうこともあります。

ので、太りたくなければ、食べ過ぎないように注意しましょう。

もちろん、悪阻中は食べられる食材が制限されてしまうママさんもいますよね。

何も食べられないよりは、お腹にいる赤ちゃんへの栄養補給にも何か食べたほうが良いでしょう。

とくに妊娠初期の悪阻中は、パイナップルしか食べられないのであれば、無理して節食する必要はありません。

 

広告

つわり中にパイナップルが食べれる人は悪阻症状が軽いって本当!?

妊娠中にパイナップルが食べたりできるのはつわりは軽い方だというのは、一概には言えないというのが結論です。

なぜなら、妊娠中はホルモンの変化によってママさんの体質は変わるからです。

また、パイナップルは多くの妊婦さんが好んで食べている人気のある果物なので、悪阻中にパイナップルが食べられるということは決して珍しいことではありません。

 

もちろん、「吐き悪阻(つわり)」や「匂い悪阻(つわり)」が酷くて、水も飲むことができないという妊婦さんもいます。

なので、そのママさんたちに比べると確かにマシだとは言えるでしょうが、突起して悪阻症状が軽いとは言えないでしょう。

パイナップルが食べられることは、悪阻の「重い・軽い」の判断基準にはなりません。

また、悪阻(つわり)が軽いと言う事は一概に良いことばかりではありません。

 

広告

つわり(吐き気)が酷い人こそ積極的にパイナップルを食べよう!

つわりがぶり返しやすい人にもパイナップルはオススメです。

パイナップルにはつわり軽減効果が期待できることから、悪阻症状が重い人こそ積極的に食べて欲しいフルーツでもあります。

でも、「悪阻が重い」という判断基準は難しいですよね。

そこで、悪阻の「重い・軽い」の判断基準として、雨の日に悪阻がぶり返すかどうかを参考になります。

つわりが重たい人だと、雨の日になると急激な気圧の変化によって、悪阻がぶり返すことは多くいます。

悪阻症状が重たい人だと、ホルモンの変化によって、気圧の変化に敏感になります。

これによって、「吐き悪阻(つわり)」や「匂い悪阻(つわり)」が酷くなりますし、夕方~夜にかけて悪阻がぶり返すママさんも珍しくありません。

なので、自分の「悪阻(つわり)が重たいのか?軽いのか?」は雨の日を参考にしてみましょう。

もし雨の日に体調の変化がないのであれば、あなたの悪阻は他の人に比べて軽い方なのかもしれませんね。

 

広告

つわり中にパイナップルを食べると子供の性別は女の子になる!?

つわり中にパイナップルを食べたくなるなら性別は女の子だと言われています。

もちろん、これは迷信で医学的根拠は証明されていません。

妊娠中に甘い物(リンゴ、グレープフルーツetc)が食べたくなると女の子が生まれて、塩辛い食べ物を欲しくなると男の子が生まれるという都市伝説は確かにあります。

妊娠中にパイナップルを食べて「女の子」を出産するママさんもいますが、その逆で「男の子」を食べて出産するママさんもいます。

なので、現在では医学的根拠が証明されていないと言う事は覚えておきましょう。。

もしかしたら、今後に医学的な根拠が証明されるかもしれませんね。

また「マックのフライドポテト」や「にんにく」が食べたくなると、男の子が生まれると言われています。

 

広告

つわり中にある日突然パイナップルで吐き気を催すこともある!?

妊娠中はホルモンの変化することから、妊娠前は好きだったフルーツ匂いがダメになり食べられなくなることもあります。

それはパイナップルも同じことが言えます。

確かに、多くの妊婦がつわり中にパイナップルを口にしていますが、中にはパイナップでつわり(吐き気)を引き起こすママさんも少なからずいます。

妊娠前は平気で食べれてもつわりで体質が大きく変化する事があります。

妊娠してからパイナップルを口にするときはちょっとずつ食べながら体調を見ましょう。

食べるたびに吐いてしまう(嘔吐してしまう)なら、悪阻が軽くなってきたときに食べるようにしましょう。

もしも、パイナップルが食べられないときは、「バナナ、カルピス、ガム」などのフルーツも、妊娠中の悪阻(つわり)が酷い時期にオススメされています。

 

広告

つわり中にパイナップルを食べると流産の危険もあるって本当!?

パイナップルを食べると「流産するという噂」も流れているのはご存知でしょうか?

妊娠中にパイナップルやジュースを摂ると流産するというのは、完全なる迷信であり、医学的に全く根拠のない話だと専門家にも報告されています。

もちろん、妊娠中にパイナップルを食べていたすべてのママさんが、元気な赤ちゃんを出産しているので安心して食べましょう。

 

なので、妊娠中にパイナップルを食べて大丈夫です。

しかし、パイナップに限らず、果物は糖分が高いので、摂りすぎは体重増加につながるのでほどほどにしておくのが賢明です。

パイナップルは妊娠中にオススメされている食材なので、積極的に口にしていきましょう。

 

広告

妊娠中のつわり時期にパイナップルは食べて平気?吐き気は大丈夫?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

妊娠中にパイナップルを食べることは、むしろ推奨されていることがわかりましたよね。

もちろん、妊娠中はホルモンの変化によって、パイナップルが食べられなくなるママさんもいます。

なので、一概にパイナップルはすべてのママさんが食べられるわけではありませんが、妊婦に好んで食べられている果物(フルーツ)の一つではあります。

また、悪阻症状が酷いときは、パイナップル缶詰をちょこちょこ摘まむのもオススメですが、パイナップルジュースを飲むのでも問題ありません。

ですが、パイナップルジュースを購入する際は、可能であれば「果汁100%の無農薬ジュース」を選ぶようにしましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました