妊娠初期にりんごジュースが人気の理由は?つわりには?糖尿病は?

妊婦(妊娠中)
この記事は約8分で読めます。

妊娠初期にりんごジュースを飲む人は多いですよね。

また、つわりに苦しむママさんにも、りんごジュースは人気です。

しかし、なぜりんごジュースが人気なのでしょうか?

ページを読み進めてみていきましょう。

 

広告

妊娠初期にりんごジュースが人気の理由は?

つわりに苦しむ妊婦も飲みやすい!

つわりを軽減する効果のあるりんごジュースは妊娠初期に人気です。

ほのかな甘みと酸味が楽しめるリンゴジュースは妊娠中につわりで苦しむ妊婦の救世主です。

もちろん「りんごジュースばっかり飲んで健康は大丈夫なのか?」と不安になりますよね。

食べるものが偏る妊娠中だと、特に疑問に思いますよね。

つわりでりんごジュースだけしか飲めないのは危険?吐く?性別は?
妊娠中(妊婦さん)はホルモンの変化によって「何も食べられない」「何も飲めない」という、悪阻状況に悩まされますよね。そこで、りんごジュースは悪阻に苦しむ多くのママさんから愛飲されています。ここでは「妊娠中のつわりでりんごジュースだけしか飲めないのは危険って本当なのか?」疑問にお答えしています。

特に匂い悪阻に悩まされている妊婦は、りんごジュースしか口にできないこともしばしば・・・

そこで、リンゴジュース果汁100%を選ぶようにしよう!

食べ悪阻で何も口にできないママさんも「リンゴジュースだけは飲めた!!」という人もいます。

このように、リンゴジュースは妊娠初期の妊婦に人気があります。

つわりに苦しむ人はぜひリンゴジュースを飲んでみましょう

 

りんごジュースには栄養素がたっぷり!

りんごを用いたジュースは、栄養素を贅沢に含んでいて、健康や美容にオススメな成分が満載。

以下がりんごジュースから摂取できる、代表的な成分です。

活性酸素を取り除き、老化を抑止する(ポリフェノール)

老廃物を体外に押し出す(ペクチン)

殺菌作用や炎症を抑止する効果(ケルセチン)

もちろん、りんごジュースは妊娠初期だけでなく、「妊娠後期のママさん」にもオススメです。

妊娠後期もりんごジュース飲む魅力は?ジュース飲みたい注意点は?
妊娠初期にりんごジュースを飲むママさんは多いですが、妊娠後期はお腹の赤ちゃんが大きくなるので悩みも増えます。ここでは「妊娠後期もりんごジュース飲む魅力はなにか?りんごジュースを飲みたいときの注意点はなにか?りんごジュースを実際に妊娠後期に飲んでも赤ちゃんを無事に産めるのか?」疑問にお答えしています。

それだけでなく、産後も、愛飲してもらえそうなジュースです。

りんごジュースは、可愛らしいもの好きの妊婦さんが感激する飲み物。

ほのかな酸味と甘みたっぷりのストレートりんごジュースは、妊娠初期には絶品。

 

美容効果もあるからママをキレイに!

りんごジュースに含まれるペクチンには次のような、健康・美容効果があります。

動脈硬化や糖尿病予防 (血糖値の上昇を阻止する)

老廃物の排出 (腸の中で毒素と結合して、体の外に排出する)

整腸作用 (下痢や便秘を改善して・腸内環境を整える)

ちなみに、りんごの有効成分「ペクチン」は果皮に含まれる食物繊維で、天然のゲル化剤として注目されています。

 

ママと赤ちゃんの体を丈夫に!

りんごジュースに含まれる「ポリフェノール」は免疫機能を向上させる抗酸化作用が高い成分です。

りんごには実に100種類を超えるポリフェノールが含まれ、フルーツの中でも上位クラスの抗酸化力を持ちます。

りんごに含まれるポリフェノールの代表的な成分と効能を、下記にご紹介します。

アレルギーや炎症を抑制する、肌を美しく保つ……プロシアニジン

血圧を正常に保つ、視力を回復する……アントシアニン

高い抗酸化力で免疫力を向上する……エピカテキン

果肉と比較すると、皮部分に約4倍のポリフェノールが含まれています。

ぜひ、妊娠初期にりんごジュースを飲みましょう。

もちろん、妊娠中にある日を境にりんごジュースが飲めなくなるママさんもいます。

妊娠初期のつわり中りんごジュースで吐くのはなぜ? 子供の性別は?
妊娠中の悪阻が苦しい時に、なぜかりんごジュースが飲めなくて、吐いてしまうことってありますよね。今までは、りんごジュースを飲んでもなんともなかったのに、なぜなのでしょうか?ここでは「妊娠初期のつわり中りんごジュースで吐くのはなぜ?赤ちゃん(子供)の性別はどっちになる?」疑問にお答えしています。

飲むない場合は無理して飲む必要はありません。

妊娠中は体質や味の好みが変わりやすいですからね。

 

あらゆる病気からママを守る!

りんごに含まれている「ケルセチン」とは、ポリフェノール化合物の一種で、下記のように多くの効能があります。

脂肪の吸収を抑制する

ビタミンCの吸収を助ける

強い抗酸化力

花粉症やアレルギー等を抑える

インフルエンザを予防する

このように、りんごジュースは妊娠初期にママの体を守る効果があります。

もちろん、妊娠初期だけでなく、妊娠後期もしくは産後もオススメです。

 

疲れたママの身体を回復する

りんごの有効成分「クエン酸」や「リンゴ酸」は、疲労の原因物質となる「乳酸」を分解する働きがあります。

また「リンゴ酸」は貧血を予防するので、女性や貧血にお悩には、日常的にりんごジュースを摂ると良いでしょう。

ポイントとしては、レモン汁を数滴加えるのがオススメ!

妊娠中のつわりにレモン汁が効果的?レモンウォーター水の飲み物は?
柑橘系のフルーツは香りや酸味が優しく「食べやすい、飲みやすい」と妊婦さんにオススメされ、その一つでもあるレモンを妊娠中に取ることはメリットがいっぱいあります。ここでは「妊娠中のつわりにレモン汁が効果的なのか?レモンウォーター水でも効果あるのか?美味しい飲み物はあるか?」などの疑問にお答えしています。

疲れたママさんの飲み物としてもおすすめですよ。

また、つわりを軽減してくれますよ!

ぜひ、検討してみよう。

 

広告

妊娠初期にりんごジュースを飲んでた?先輩ママ達に聞いてみた

りんごジュース飲んでました!

飲みやすいですよね。

妊娠初期のつわり中は食べれるもの飲めるものでOKみたいですよ。

あと、悪阻中はオレンジジュースも飲用しました。

りんごジュースとオレンジジュースを組み合わせても良いですよ!!

りんごジュースも飲んでました!!

吐き悪阻・食べ悪阻に悩む私の救世主です。

あと、オレンジジュースもオススメですよ!

酸味がよかったです。

つわりの時期に奇跡的に食べれる、てりやきマックとポテトは一番美味しかったですね、忘れないです!

今口にすると普通ですが。

妊娠初期はりんごジュースばかり飲用してました!

つわりが落ち着いてからは、緑茶一筋でした。

後期は柿を毎朝一個口にしてました。

梨も食しましたね。

里帰りした実家が果物常備なので、妊娠中は「りんご、梨、柿、みかん」は毎日食べてた気がします。

りんごジュースとぶどうジュースを混ぜて飲んでました!

もしかしたらママさんによって、ハマるものがあるのかもしれません!

私の母は梨が好きで私を産むまで毎日口にしていたらしいです笑

私は息子を産む前、りんごジュースとあんずボーにハマりました。

旦那にいつも買ってきてとお願いしていました笑

味覚が変わるのでしょうね(。・ω・。)

どうでしたか?

このように、多くのママさんは妊娠期間中に林檎ジュースを飲んでいます。

また、りんごジュースだけでなく、そこにチョコラBBを混ぜると、ビタミン補給にもなるのでオススメ

チョコラbbはつわりに効果的で即効性ある?錠剤を毎日飲むのは?
妊娠中の悩みの種は「つわり」ですよね。そこで、悪阻(つわり)対策として、チョコラbbの「ドリンクや錠剤」を愛用しているママさんは多くいますが、これらには即効性はあるのか疑問に思いますよね。ここでは「チョコラbbの効果はつわりに即効性あるのか?錠剤を毎日飲むのは危険なのか?」疑問にお答えしています。

このように、チョコラBBは妊娠初期のママさんをサポートする逸材です。

そこで、りんごジュースとブレンドすることで、味の相性もよく、相乗効果が生まれるのでオススメです。

 

広告

妊娠初期のつわりにりんごジュースがオススメ?

リンゴジュースには、妊娠初期のつわり(吐き気)を軽減する効果があります。

その秘密は、りんごに含まれているポリフェノールがカギです。

ポリフェノールがつわりや二日酔いなど吐き気の症状を改善する効果や胃潰瘍の予防効果があります。

ワンポイント加えるなら、リンゴジュースをポカリで割るのもオススメ!

つわり中にポカリしか飲めないのは危険?効果は?美味しい飲み方は?
悪阻中(つわり中)は妊婦さんが飲むもの口にできるものが限られてしまうものですよね。そこで、苦しい悪阻(つわり)を乗り切る対策方法として、多くのママさんに人気なのが「ポカリスエット」です。ここでは「つわり中にポカリだけしか飲めないのは危険なのか?妊娠中への効果はあるのか?美味しい飲み方はあるのか?」疑問にお答えしています。

特に、妊娠初期の「食べ悪阻や吐き悪阻」に悩まされているママさんにオススメです。

食べ悪阻や吐き悪阻に悩まされている多くのママは「つわりが乗り切れた!!」と発言しています。

ぜひ、一度飲んでみましょう。

 

広告

妊娠初期にりんごジュースばかり飲んで糖尿病は大丈夫?

妊娠初期やつわり中はどうしても口に入れるものが偏ってしまいますよね。

そこで、心配となるのが、「りんごジュースを飲んで糖尿病にならないのか?」ということです。

某大学の研究で、「どんな食事スタイルの人が2型糖尿病に陥りやすいか」という研究をしました。

研究の結果、リンゴやブドウなどの果物を、週に3回口にしていた人では、2型糖尿病を患う割合が約10%低下したことが判明。

特にリンゴを週に2回以上口にしてた人では、ほとんど食べない人に比べて糖尿病のリスク23%減少しました。

そこで、リンゴジュースに含まれる抗酸化物質のポリフェノールが注目されました。

これには、体の健康維持・増進に役立つ作用をもつことが解明され、効果が注目されている。

つまり、リンゴジュースには、老化を促進し2型糖尿病や癌などの要因となる活性酸素を取り除く働きがあると考えられています。

 

広告

妊娠初期にりんごジュースが人気の理由は?つわりには?糖尿病は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消できたでしょうか?

妊娠初期にりんごジュースが多くのママ達にオススメされていますが、ちゃんと理由がありました。

特に、吐き悪阻や匂い悪阻に苦しめられている妊婦さんに、りんごジュースは救世主となります。

もちろん、つわりに苦しめられてないママさんにも、りんごジュースはオススメで、「疲労回復・便秘解消・吐き気軽減」など、メリットが沢山あります。

ぜひ、妊娠初期にりんごジュースを飲んでみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました