つわり中にきゅうり丸かじり食べ過ぎ危険?気持ち悪くなる?性別は?

妊婦(妊娠中)
この記事は約12分で読めます。

妊娠中にキュウリ(胡瓜)ばかり食べているママさんも多い!

ですが、お腹の赤ちゃんへの悪影響が心配になりますよね。

特に、悪阻(つわり)期間中は食べられるものが制限されますし、食事内容が極端になってしまうと不安になります。

では、本当にキュウリはママさんに悪影響なく食べられるものなのか?

ページを読み進めて見ていきましょう。

 

広告

つわり中にきゅうり丸かじり食べ過ぎは危険なの?

つわり中にきゅうり丸かじり食べ過ぎは危険ではありません。

無事に健康な赤ちゃんを産んでいるママさんがほとんどです。

つわりが酷いママさんは食べられるものが制限されてしまうので、口にできる食べ物を積極的に摂取すれば良いでしょう。

むしろ、食べ物を制限したときの「ストレス」の方が妊婦には毒です。

なので、特に妊娠妊娠初期~妊娠中期の悪阻(つわり)が酷きときは、「きゅうり(胡瓜)」だけ食べていても問題はありません。

例えば、つわりの時期は何も食べれず、マクドナルドのポテトを1日中食べても元気な赤ちゃんを出産しているママさんがほとんどです。

つわり中にマックフライドポテトを食べる理由は?妊娠中になぜ人気?
妊娠中の悪阻(つわり)がママさんが苦しいしんどい時期でも、「マクドナルド(マック)のフライドポテトが食べたくなる!!」というママさんが多いですが、このフライドポテトが人気の理由はなぜでしょうか?ここでは「つわり中にフライドポテトが人気の理由など、妊娠中になぜ食べたくなる理由」について解説しています。

妊娠中に毎日のようにキュウリばかり食べているママさんは多いほど、人気の野菜です。

毎日きゅうりを丸かじりするように食べていてもみんな無事に元気な赤ちゃんを出産しています。

なので、安心してください!

つわりは、「朝・昼・夜」で時間帯によっても、症状の軽度が変わります。

つわりは朝昼が楽で軽いって普通?夜は酷くなる?何を食べたら良い?
多くの妊婦さんは妊娠中の辛くてしんどい悪阻(つわり)に苦しめられることになります。ですは、朝昼は「つわり」が楽になって軽くなると言われていますが、これは本当なのでしょうか?ここでは「つわりは朝昼が楽で軽いって普通なのか?夜は酷くなるのか?何を食べたら良いのか?」などの疑問にお答えしています。

まずは、食べれるものを食べること!

栄養バランスは悪阻が軽く楽になってきた、妊娠中期からでも遅くありません。

 

広告

つわり中にきゅうり丸かじり食べ過ぎることはビタミン補給にもなる!

キュウリ(胡瓜)にもビタミンなどの栄養が豊富に含まれています。

なので、妊娠中は気にせずいっぱい食べることがオススメです。

妊娠中にビタミンAを多く含む食品として、食べ過ぎに注意しなくてはいけない食材は「うなぎ、レバー、トロ」など主に動物性の食品です。

もちろん、塩分の取りすぎは妊婦の体に良くはないので調理するうえで、ほんのちょっと控えた方がいいでしょう。

もし、可能であれば、ラーメンにトッピングするのもオススメ!

つわり中にラーメンばかり食べて平気?妊娠中だと気持ち悪くて吐く?
悪阻中(つわり中)にラーメンばかり食べて大丈夫なのか?疑問に思ってしまいますよね。妊娠中は栄養バランスがどうしても気になってしまうというママさん(妊婦)がほとんどです。ここでは「つわり中にラーメンばかり食べて平気なの?妊娠中だと気持ち悪くて吐く人もいるのか?」疑問にお答えしています。

つわり中は、自分が食べやすい食材を口にしていこう。

ュウリなどの野菜では取りすぎになるほどのビタミンAは含有していないので問題ではありません。

むしろ過剰摂取するとなるとキュウリを致死量食べなければいけないためかえって困難です。

ちなみに、紅茶を飲んでいるママさんは絶対に妊娠中は控えるようにしましょう。

妊婦が紅茶を毎日飲んでたのはヤバイ?妊娠中にどんな悪影響がある?
「妊娠中にうっかり毎日紅茶を飲んでいた・・・」という妊婦の体験談は珍しくありません。紅茶も過度な摂取でなければ、妊婦に良い影響を与えますし、妊娠中に紅茶を毎日飲んでいたけど、何も影響はなかった人も多くいます。ここでは妊婦が紅茶を毎日飲んでいると妊娠中にどんな悪影響があるのか?紹介しています。

カフェインは妊娠中になるべく避けたほうが良いですからね。

 

広告

妊娠中やつわり中にきゅうりを丸かじりで摂取できる「栄養成分」とは?

キュウリの可食部100gあたりの成分
エネルギー(14カロリー)水分
脂質たんぱく質
炭水化物飽和脂肪酸
灰分不飽和脂肪酸
食物繊維コレステロール
ビタミン
カロテンビタミンE
ビタミンKビタミン B1
ビタミンB2ナイアシン
ビタミンB6葉酸(ビタミンB9・ビタミンM)
パントテン酸ビタミンC
ミネラル
ナトリウムカリウム
カルシウムマグネシウム
リン

ギネス世界記録では、きゅうりが“ある部門”で世界で一番の食べ物として登録歴があるのですが、

この記録は「Least calorific fruit(最もカロリーが低い果実)」という内容。

低カロリーかつ健康的なキュウリは、むしろ妊娠中におすすめできる野菜と言えるでしょう。

不安であれば、キュウリのお供に「チョコラBB」を飲めば、ビタミンB群が摂取できます。

チョコラbbはつわりに効果的で即効性ある?錠剤を毎日飲むのは?
妊娠中の悩みの種は「つわり」ですよね。そこで、悪阻(つわり)対策として、チョコラbbの「ドリンクや錠剤」を愛用しているママさんは多くいますが、これらには即効性はあるのか疑問に思いますよね。ここでは「チョコラbbの効果はつわりに即効性あるのか?錠剤を毎日飲むのは危険なのか?」疑問にお答えしています。

妊娠中の栄養成分の面では鬼に金棒です。

ぜひ検討してみよう!

 

広告

つわり中にきゅうり丸かじり得られる栄養成分の効果とは?

葉酸

妊娠初期に主に欠かせない栄養素で、胎児の神経管閉鎖障害の危険性を少なくする働きがある。

カリウム

ナトリウムのお通じを促進する働きや利尿作用があるため、妊婦さんのお悩みでもある手足の浮腫み(むくみ)や、高血圧の防止にもなる。

βカロテイン

カラダの内側でビタミンAに変換され、粘膜やお肌、髪の毛などの質を維持してくれる働きが期待できる栄養成分。

ビタミンK

母子の骨を頑丈にして、動脈硬化を防ぐ効き目を持つ。

ビタミンC

水溶性ビタミンの仲間で、コラーゲンの合成に必要不可欠。

また、シミを防止する効果もあり、妊娠中の色素沈着に効果的。

特にレモンなどに多く含有しているので、胡瓜(きゅうり)に「レモン汁と塩・胡椒」などで味付けすると良いでしょう。

妊娠中のつわりにレモン汁が効果的?レモンウォーター水の飲み物は?
柑橘系のフルーツは香りや酸味が優しく「食べやすい、飲みやすい」と妊婦さんにオススメされ、その一つでもあるレモンを妊娠中に取ることはメリットがいっぱいあります。ここでは「妊娠中のつわりにレモン汁が効果的なのか?レモンウォーター水でも効果あるのか?美味しい飲み物はあるか?」などの疑問にお答えしています。

キュウリは低カロリーですが栄養素が少なかったり、低すぎるということはありません。

悪阻中(つわり中)に苦しむ妊婦さんが積極的に摂っていきたい栄養素たっぷり含有しているの魅力的です。

 

広告

つわり中にきゅうり丸かじりで得られる「βカロテンと葉酸」はお腹の赤ちゃんに必要な栄養素!

きゅうりは淡色野菜の仲間ですよね。

ここで挙げたβカロテインは主にきゅうりの皮に含有しているので、極力皮をむかずに口にする事がおすすめです。

特に葉酸については厚生労働省も警戒している通り、妊娠中に積極的に取り入れるように心がけてください。

つわり症状は日によって違うものですが、なるべくキュウリを食べられるときに食べておこう!

つわり症状が日によって違うもの?良くなり悪くなりムラ波の原因は?
妊婦さんにとって、つわり症状が日によって違うのは珍しいことではありません。日によって「吐き気」だけだったりしますが、別の日では「吐き気や頭痛。倦怠感」を感じることもあります。ここでは「つわり症状が日によって違うものなのか?良くなり悪くなりムラ(波)がある原因は何か?」疑問にお答えしています。

中でも注目したいのが、キュウリに含まれる「βカロティンと葉酸」です。

表皮のグリーンにはβカロテンが含有されており、抗発ガン作用や免疫賦活作用で注目されています。

ですが、その他にも体内でビタミンAに変換されます。

すると「髪の健康管理や、視力維持、粘膜やお肌の再生」、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る効果があると言われています。

また、キュウリに含まれる「葉酸」はお腹の赤ちゃんの形成や成長に必須な栄養素なので、妊娠中は積極的に摂るべき栄養素と医学的にも言われています。

悪阻(つわり)時期は妊婦さんによりますが、そこまで長くはありません。

つわりいつから楽になってきた?12週以降もひどくなるのは平気?
妊娠中のママさんが必ず通る道が「悪阻(つわり)」です。一般的に、悪阻=吐き気という認識を持つ人が多いですが、悪阻症状は「吐き気、頭痛、怠さ、気分の落ち込み」など多岐にわたります。ここでは「妊娠中につわりいつから楽になってくるのか?12週以降もひどくなるのは平気なのか?」疑問にお答えしています。

胡瓜(きゅうり)を食べて悪阻(つわり)を乗り越えましょう。

キュウリは「カリウム」をたくさん含んでいます。

なので、ナトリウム(塩分)を体外に排出する働きがあり、妊娠中の高血圧予防にも効果があります。

また、利尿作用もあるので、体内の水分量を調節し、妊娠中の浮腫み(むくみ)の解消にも効果的だと言う事です。

妊娠中のママさんは手足が浮腫みやすくなりますが、そんなときはキュウリを食べてみるのがオススメです。

 

広告

つわり中の体重管理やダイエットにきゅうりの丸かじりは低カロリーでオススメ!

上記でもわかるようにキュウリは非常に低カロリー!

なので、妊娠中にいくら食べ過ぎても太らない食材だと言えるでしょう。

そのカロリーは「胡瓜(きゅうり)1本で25カロリー」です。

妊娠中(妊娠初期~妊娠後期)の妊婦さんが、1日に摂取したいカロリーが凡そ「2000カロリー」前後だとすると、ママさんは毎日80本以上食べなければカロリーオーバーになりません。

このように、きゅうり自体は低カロリー!

妊婦(妊娠中)の体重管理やダイエットにオススメな食材とも言えます。

また、キュウリにはカリウムが含まれていることから利尿作用が高く、体内の余分な水分を排出してくれます。

結果として、浮腫み(むくみ)解消にオススメな食材とも言えるのです。

 

広告

つわり中にキュウリ(胡瓜)が食べたると赤ちゃんの性別は男と女どっち?

「妊娠中に甘いものを食べる食べたくなると女の子になる」

「妊娠中にマックのフライドポテトなどのしょっぱいものを食べると男の子になる」などのジンクスがあるのはご存知でしょうか?

それと同じように「妊婦がきゅうりを食べると女の子が生まれる」というジンクスがあります。

ですが、これはあくまでも迷信ですし、医学的に証明されているわけではありません。

他にも「妊婦が果物を食べると女の子が生まれる」という迷信もありますが、あくまでも「迷信」なのであまり参考にならないでしょう。

「リンゴやバナナやグレープフルーツ」にも同じことが言われています。

しかし、先輩ママさんに聞いてみると、「妊娠中にキュウリを食べていたら女の子が生まれた!」という体験談が多く寄せられているのも事実です。

もしかしたら、これから医学の発展とともにジンクスが医学的に証明されることがあるかもしれませんね。

 

広告

つわり中はきゅうり丸かじり食べ過ぎると急に気持ち悪くなって食べれなくなる!?

つわり中は「吐き悪阻(つわり)」「匂い悪阻(つわり)」などに苦しめられることもあります。

ある日突然、キュウリの匂いや味がダメになり、気持ち悪くなって食べられなくなることも珍しくありません。

そんなときは、キュウリを食べられるようになるまで控えるようにして、別の食材を探してみるのもオススメです。

例えば、「ヨーグルト、ポカリ、パイナップル、ニンニク、カルピス、ガム」など、悪阻中にオススメな食材や飲み物はたくさんあります。

ぜひ、ストレスのないような食生活が悪阻を乗り切るカギになります。

 

広告

つわり中に食べるきゅうり(胡瓜)には身体を冷やす作用があるから注意!

妊婦さんがきゅうりを口にするときは食べ過ぎないように気をつける必要がありますが、1日に100本など致死量食べなければ問題ないでしょう。

しかし、夏野菜であるきゅうりは、殆どが水分であるということもあって身体を冷やす作用があるのです。

妊娠中に体を冷やすことは、あまりいいことではありません.

ですが、「ムワっとするような暑さ」で悪阻がぶり返すこともあるので、可能であれば控えるくらいが良いでしょう。

もちろん、水分の多いきゅうりを暴飲暴食すると、お腹を下してしまう可能性もあります。

きゅうりの食べ過ぎには気をつけましょう。

 

広告

つわり中にきゅうりを食べるときは味付けの濃さ(塩分)に注意しよう!

きゅうりは妊娠初期(悪阻時期)から妊娠後期まで簡単に一口で食べれる野菜です。

しかし、味噌や塩、マヨネーズなどの調味料を何気なくいっぱいつけて口にしてしまう人もいるかもしれません。

味付けの濃いきゅうりを食べ続けると、塩分の過剰摂取で妊娠高血圧症候群などの疾患を引き起こす危険性が高まります。

過度に控える必要はありませんが、気持ち少な目にすると良いでしょう。

もちろん、妊娠中の悪阻が酷い時期にマックのフライドポテトがしか食べてないママさんも、元気な赤ちゃんを無事に出産しています。

なので、ストレスが溜まるような過度な控え方をする必要はありません。

 

広告

つわり中(妊娠中)はきゅうりとトマトどっちがオススメの野菜?

悪阻中は「トマトもきゅうり」もどちらも妊婦にオススメな食材です。

例えば、つわりがひどいときに比較的食べやすいのは、酸味のあるものや冷たいものなどです。

酸味のあるものでいうと、ビタミンEが含まれるミニトマトもおすすめです。

ビタミン類を摂取することで、妊娠中の風邪予防にもなります。

 

もちろん、きゅうりは妊娠初期から妊娠中期、妊娠後期にかけても食べることができる優秀な食材。

つわりの時に、きゅうりを丸かじりして食べる妊婦さんも多く、たくさんのママさんの食生活に取り入れられています。

なので、トマトと胡瓜(きゅうり)をサラダにして一緒に食べるのが一番でしょう。

 

トマトと胡瓜(きゅうり)を一緒に食べることで、悪阻も軽減されますし、妊娠中(妊婦)に必要な栄養素はほとんど摂取できるでしょう。

ですが、つい味噌やマヨネーズなど調味料でたっぷり味付けしてしまう妊婦さんはご注意ください。

きゅうりそのものがあっさりした味であるため、物足りなくなり味付けを濃くしてしまうと、塩分過多に繋がり、妊娠高血圧症候群となってしまう危険性もあります。

 

広告

妊娠中やつわり中にきゅうりを食べ過ぎたら危険?丸かじりはヤバイ?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

妊娠中や悪阻(つわり)が酷い時期に「きゅうり」はオススメの食材であることがわかりましたよね。

また、栄養価も決して低いわけではないので、悪阻が苦しくて何も食べられないママさんは積極的にキュウリを食べていきましょう。

しかし、妊娠中にキュウリを食べるときは、体を「冷やすこと」と「塩分」には気を付けましょう。

つわりは多くのママさんが苦しめられますが、病気ではなく、お腹の赤ちゃんが順調に成長している証拠なので、日常的にキュウリを食べて乗り越えましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました