つわりでりんごジュースだけしか飲めないのは危険?吐く?性別は?

妊婦(妊娠中)
この記事は約14分で読めます。

妊娠中はホルモンの変化によって「何も口にできない」「何も飲めない」という、酷い悪阻に苦しみますよね。

そこで、りんごジュースは悪阻に悩む多くのママさんから人気です。ですが、「妊娠中の悪阻で林檎ジュースだけしか飲めないのは健康上に問題ないのか?」という疑問が浮かびますよね。

では、見ていきましょう。

 

広告

つわりでりんごジュースだけしか飲めないのは危険!?

りんごジュースはむしろ「悪阻(つわり)を軽減する飲み物」として、妊娠中の悪阻が苦しい時期のママさんから人気です。

 

実際に「悪阻で何も口にできなかったけど、林檎ジュースだけは飲めた!」と先輩ママさんたちは口を揃えて言っています。

妊娠中の吐きづわりは悪阻の中で一番に多い症状ですが、とくに辛いのは、嘔吐後に胃液で喉や口の粘膜が荒れることでしょう。

 

そこで林檎ジュースは胃液を薄めてくれるので、吐いてもそのあとの不快感はありません。

口の中もあっさりすることから、いくらか吐きづわりの苦しさを和らげることができます。

特に妊娠中は雨の日になると、悪天候から悪阻がぶり返しやすく「吐き気、頭痛、気分の落ち込み」などに悩まされます。

そんなときに、リンゴジュースは「吐き悪阻、食べ悪阻、匂い悪阻」を軽減する救世主にもなります。

 

でも、りんごジュースはなぜ妊娠中のママさんに人気があるのか知っていますか?

下記のページを参考にして、林檎ジュースが人気の秘密を徹底追及しているので、見てみましょう。

 

 

どうでしたか?

このように、なぜ妊娠中のママさんにりんごジュースが人気があるのかが、わかりましたよね。

では、さらに、ページを読み進めていきましょう。

 

広告

つわり中のリンゴジュースはむしろ妊娠中にオススメ!?

妊娠中はホルモンの変化によって、体質が変わるものですよね。

特に悪阻(つわり)の時期は「何も口にできないし、飲めない」というママさんも多くいます。

妊娠中のつわり時期に林檎ジュースしか飲めないのであれば、ちょっと栄養が偏りますが、全く問題ないでしょう。

一番悪いことは、「何も食べれらないし、飲めない」ということです。

妊娠中の酷いつわり時期にりんごジュースだけでも飲めるならば、良い兆候でしょう。

また、妊娠中はつわりが急にぶり返す日もありますよね。

確かに、リンゴジュースはつわり中にオススメですが、自分でも積極的に原因やつわり対策を学んでいかないとずっと悩みは解決しません

つわりを解消する方法は意外と簡単です。

 

ここがポイント↓あわせて読みたい

 

上記の記事のように、自分でも積極的につわりの「原因」と「対処法」を知ることがストレスのない妊娠生活には重要です。

これができないと、ずっと悪阻に苦しめられることもあります。

林檎ジュースを飲む以外に、生活の中でちょっとした工夫をするだけで、驚くほど、妊娠生活が楽になります。

 

広告

つわり中に「りんごジュース」を飲む5つのメリットとは!?

「ポリフェノールの抗酸化作用が悪阻(つわり)を軽減」

つわりの誘因の1つとして、「赤ちゃんに対してのアレルギー反応が見られる」と専門家に言われています。

妊娠中にママさん潜在的にが胎児を異物と誤認するために、吐き気や下痢などを招きます。

そこで、有効成分である「林檎ポリフェノール」には、抗アレルギー作用を持つので、つわりが楽になります。

余談ですが、同じように「ルイボスティーやハニーブッシュティー」にもポリフェノールが含まれています。

なので、ルイボスティーは林檎ジュースと同じくらい妊娠中にオススメな飲み物でもあるのです。

 

「血中コレステロールの増加を抑えて血液サラサラ」

妊娠中はホルモンの影響から体質が激変すると同時に、血中のコレステロールが増加します。

りんごジュースには血中のコレステロールの増加を抑制することで、妊娠中の血流循環をスムーズにする役割を担います。

また、動脈硬化の対策にも効果的です。

 

「妊婦さんの浮腫み(むくみ)を解消する」

特に、妊娠後期はお腹の胎児が大きくなるので、「手や足、顏」が水分が溜まって浮腫やすくなりますよね。

りんごジュースには浮腫を改善して、利尿を促す効果もあります。

さらに、夏の時期の暑さに対して胸のモヤモヤや体のほてりを解消します。

このことから、夏~春にかけて気温が高い時期に妊婦さんにも人気です。

また、リンゴジュースにレモン汁を加えて飲むと相乗効果が期待できるのでもっとオススメです。

 

「悪阻の原因である疲労を回復」

実は「つわり」の悪化原因として、疲労物質が蓄積することも、大きく関係します。

そこで、りんごジュース飲用時に感じる柔らかいな酸味の元は、潤沢なリンゴ酸とクエン酸から形成されています。

これらが妊娠中にたまり易い疲労を回復するのに効果テキメンです。

さらに、もっと効果を向上するなら「レモン汁」をお好みで数滴たらすのがオススメ!

あまり知られていませんが、実はレモン汁も「つわり解消・疲労回復」に非常に効果的な食材です。

なにより、林檎ジュースの甘みと相性が抜群です。

 

ここがポイント↓あわせて読みたい

 

どうでしたか?

このように、林檎ジュースにレモン汁をブレンドすると、相乗効果が期待でき、多くのママさんに実践されている飲み方です。

他にも、食欲増進、消炎など改善に効果的な働きを示します。

なので、つわりが終わっても、妊娠中は継続的に飲むことがオススメされています。

驚くほど効果的と感じるママさんもいるので、ぜひ、やってみましょう。

 

「不要な塩分を排出して高血圧を予防」

妊娠初期~妊娠後期のママさんは高血圧を発症しやすい傾向にあります。

りんごジュースの有効成分「カリウム」は、妊婦さんの体内の不要な塩分であるナトリウムを排出促進したり、高血圧を対策する作用があります。

また、カルピスとブレンドすれば、より相乗効果も期待できるでしょう。

 

広告

りんごジュースは腸内環境を良くして妊娠中の便秘も簡単に治す!?

妊娠中はお腹の赤ちゃんが成長して大きくなるにつれて、「胃や腸」が圧迫されるので、便秘気味になるママさんは多くいます。

そこでオススメなのが「りんご」もしくは「リンゴジュース」に含まれている成分なのです。

「林檎」は、カリウムと食物繊維のペクチンを潤沢に含むのが特徴です。

林檎に含まれる「ペクチン」は腸内を酸性にして、ビフィズス菌をはじめとする善玉菌を腸内で増やすとともに、有害菌の増殖を防止するので、下痢などに有効です。

さらに、ペクチンは消化されないので、腸内をきれいにして有害物質の排出を促進することから、便秘を解消させる働きもあります。

「林檎」は下痢にも便秘にも有効な優れた整腸作用を持っている果物なのです。

他にも「果物のバナナ」なども同様の便解消効果が得られると言われています。

 

広告

つわり中の吐き気を抑えるりんごジュースの飲み方3選とは!?

「りんごジュース+チョコラbb+レモン汁」

シンプルに林檎100%のジュースです。

濃縮還元タイプは何故か体質的に合わない時期が妊娠中にある人もいますが、その原因として、口の中が余ったるすぎたからということも考えられます。

そこで、果汁100%のりんごが入っているような、ナチュラルに近い甘さと酸味のバランスのとれたものがオススメです。

そこに、チョコラbb混ぜることで、ビタミンB群も一緒に摂取にできて栄養補給になります。

チョコラbbに含まれるビタミンB群は、つわりを軽減する必須栄養素です。

つまり、チョコラbbとりんごジュースの組み合わせは、「鬼に金棒」なのです。

 

 

どうでしたか?

チョコラbbがいかにママさんのつわり対策になるかが、分かったと思います。

実際に「チョコラbb」をリンゴジュースに混ぜて飲むママさんも多いです。

ぜひ、記事を読んでやってみましょう。

甘みが強い場合は、レモン汁を足すのもオススメです。

 

「りんごジュース+炭酸水+アミノ酸」

果汁100%りんごジュースを飲用することが、妊娠中にペクチンをいっぱい摂るコツです

もちろん、リンゴの果実をミキサーにかけて粉々にして、手作りのジュースを作るのもオススメです。

りんごジュースに無糖の炭酸水とアミノ酸をブレンドするとスッキリした飲み物になるだけでなく、疲労回復にオススメの飲み物になります。

つわりで何も食べられず、空腹感が辛い場合には1度お試しください。

 

「りんごジュース+甘酒」

味の好みは大きく別れそうな組み合わせですが、りんごジュースに「ビタミンB群・ミネラル・アミノ酸」が豊富に含まれている、甘酒をブレンドするのはオススメです。

また、甘酒は江戸時代から健康維持のために飲まれていたほど、栄養化が高く信頼された飲み物です。甘酒は少量(100ml~200ml)飲めば、「ビタミンB群・ミネラル・必須アミノ酸」など、妊娠中に必要な栄養素をほとんど満たすことができます。

しかし、栄養満点で栄養化が高いことからカロリーも高いので、飲み過ぎると太ってしまうので注意が必要です。

 

広告

つわりを軽減する「リンゴジュース」の商品選びのポイントは?

妊娠中のつわり時期に「リンゴジュース」を飲むのは良いことです。

しかし、しっかり商品を吟味することが大切で、林檎ジュースならどれでも良いわけではありません。

まずりんごジュースを選ぶポイントとして、「果汁100%」であることです。

「香辛料・砂糖・香料」が添加されたなんちゃってリンゴジュースを悪阻時期に飲んでも意味がありません。

 

次に注意したいことは「化学成分」が添加されていないと言う事です。

防腐剤や化学成分が含まれているリンゴジュースを飲んで、お腹の赤ちゃんに悪影響が絶対に出ないとは言い切れません。

もちろん、そんな商品であれば、パッケージ注意書きされているものです。

念のため「果汁100%」・「無農薬」・「香辛料・砂糖・香料が不使用」この3つは気にしてみましょう。

「いかに純度の高いリンゴジュースであるか?」ということが、つわり対策に大切です。

悪阻がぶり返すときに、純度の高いリンゴジュースが役に立つでしょう。

もちろん、今は、つわりが苦しく辛いですよね。

それは、「つわりがいつ楽になるのかわからない・・・」という気持ちが原因です。

つわりが楽になる期間を知っておくことは、大切です。

 

 

どうでしたか?気持ちが楽になりましたよね。

このように、「つわりが楽になるのはいつなのか?」というゴールさえわかれば、気持ちがかわります。

あと、もう少し頑張れば、楽になるので、それまでの辛抱です。

 

広告

つわり中にりんごジュースを飲むと赤ちゃんの性別は女の子になる!?

妊娠中の悪阻(つわり)時期に、りんごジュースだけしか飲めないのは、赤ちゃんの性別は女の子だからという都市伝説があります。

ですが、これはまったく医学的な根拠のないデタラメです。

これに関しては、りんごジュースに限らず、「妊娠中に甘いものが欲しくなるのは、赤ちゃんの性別が女の子だから」という迷信から発生しています。

「妊娠中にグレープフルーツやバナナが欲しくなるのはお腹の赤ちゃんは女の子だから」という迷信もありますね。

赤ちゃんが男の子の場合では、「妊娠中にマックのフライドポテトやニンニクが食べたくなるのはお腹の赤ちゃんが男の子だから」という迷信もあります。

しかし、これらにはまったく医学的な根拠はないと専門家にも言われています。

 

広告

つわり中に飲むリンゴジュースには注意点もあった!?

もちろんリンゴジュースにも注意点もあります。

りんごジュースを飲むのは問題ないですが、りんごジュースには果糖が含まれているので「虫歯」に気を付けたほうが良いでしょう。

また、あまり飲み過ぎると体重が増えてしまうこともあります。

するとお医者さんに「太り過ぎです・・・」と言われることもあるでしょう。

太りたくないのであれば、例えば、1日5L(リットル)飲むなど、過多に飲み過ぎるのは控えるようにしましょう。

もちろん、妊娠中であれば、リンゴジュースを積極的にとっていくことは悪いことではありません。

 

広告

つわり中はりんごジュースを飲むと吐くママさんもいる!?

妊娠中はホルモンの変化によって体質が変わるので、特に悪阻の時期は「りんごジュースが受け付けない」というママさんも珍しくはありません。

「りんごジュースの香りがダメになるニオイ悪阻」

「りんごジュースを飲んだら吐いてしまう吐き悪阻(つわり)」

など妊娠する前は口にできたりんごジュースも悪阻時期になると、体質的に受け付けなくなったというママさんが居るのも事実です。

そう言ったときは、悪阻が軽くなるまで様子を見るようにしましょう。

決して、無理に飲むのは止めましょう。

下記のページを参考にしてみましょう。

 

 

このように、悪阻中にりんごジュースが一時的に飲めなくなるママさんもいます。

なにも、妊娠中に推奨されている飲み物はりんごジュースだけではありません。

「パイナップル」や「グレープフルーツ」なども悪阻(つわり)に悩むママさんから推奨されています。

少しの間、「パイナップル」や「グレープフルーツジュース」、「ヨーグルト」などに変えてみましょう。

 

広告

妊娠中のつわりでりんごジュースだけしか飲めないのは危険って本当?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

「妊娠中のつわりでりんごジュースだけしか飲めない・・・」ということを心配しているママさんもいます。

ですが、あなたと同じようなお悩みを持っても元気な赤ちゃんを出産しているママさんは多くいます。

もちろん、栄養が偏ってしまうので、悪阻(つわり)が軽くなってきたら「栄養バランス」を考えた食事や飲み物を心掛けましょう。

栄養が心配であれば、チョコラbbなどのビタミン補給飲料をりんごジュースに混ぜてみましょう。

また、りんごジュースが妊婦にオススメされていても、どれでも良いわけではありませんので、購入する前にしっかりと「100%無農薬りんごジュースなのか?」確認するのがオススメです。

余談ですが、「ニンニク」もママさんの健康やお腹の赤ちゃんの成長をサポートする栄養成分が豊富に含まれているのでオススメです。

ぜひ、参考にしてみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました