学校のボランティアが辛く辞めたい退会して平気?上手な辞め方は?

学校
この記事は約11分で読めます。

学校のボランティアが辛く辞めたいときってありますよね。

 

ボランティア活動において自分の時間を割きすぎると、

慈善活動しているのに自分の生活がどんどん負のスパイラルに陥りますよね。

 

でも、「学校のボランティア活動をすんなり退会して辞めても平気なのか?」不安になることも多いです。

 

自分や子供の人間関係に悪影響を及ぼしてしまうと考えると、

なかなか言い出しにくいものでしょう。

 

 

そんな不安もこれを読めばすぐに解決できるでしょう。

では、ページを読み進めてお悩みを解決していきましょう。

夏休み暇を持て余す小学生をどうすべき?子供の夏休みの過ごし方は?
夏休みって子供が家で暇を持て余すから母親としてはイライラするもの。子供が夏休みに暇を持て余すことは多いですが自分のためにも子供のためにも「どうしたらよいのか?」知っておくのは大切。ここでは夏休み暇を持て余す小学生をどうすべきなのか?子供の夏休みの過ごし方はどうしたら良いのか?疑問にお答えしています。

 

広告

学校のボランティアが辛く辞めたい退会して平気なの?

学校のボランティアが辛く辞めたい退会して平気でしょう。

そもそも、ボランティアの意義は「慈善活動」です。

 

嫌々参加するのは相手にも失礼ですし、

もし「活動を強制」されるようならそれはもうボランティアとは言えません。

 

れっきとした「奴隷制度」です。

 

ボランティアはしたくてするものであり、

強引にやらせようとする人のいるボランティアなんて根本から間違っています。

 

無茶をして体調を崩したり、自身の体痛めつけない内にきっちりと辞めるべきでしょう。

 

あなた自身の身体の調子を崩したり余裕をなくす程なのに、

ボランティアに取り組む意義とは何かあなたの胸に手を当てて聞いてみましょう。

 

ボランティア活動は尊い奉仕の精神で成立するものですよね。

苦痛であれば辞めるべきです。

単純な考え方で大丈夫なのですし、

周囲の顔色を窺いすぎると、「八方美人」だと言われて、

逆に嫌われてしまう可能性もあります。

「八方美人」だと思われないためにも、下記にページを参考してみましょう。

八方美人を嫌いな人が多い理由(原因)は?特徴はある?どんな心理?
集団の中に必ず一人は「みんなの意見に無理して同調して、良い顔をする八方美人」はいますよね。でも、意外にも八方美人を「本音を言わない信頼できない卑怯者」だと、嫌う人間は多くいます。ここでは「八方美人を嫌いな人が多い理由(原因)は何か?特徴はあるのか?どんな心理(心境)なのか?」疑問にお答えしています。

 

そこまでキツイ思いしてまでボランティアをするのであれば、慈善活動の本質とは違います。

あなた自身を第一で考えましょう。

 

ボランティア仲間に「酷い人間」だと認識されても、

それは相手の慈善活動に対するが間違っていることなので気にしないのが良いでしょう。

 

気にしないで退会して、自分の生活を改めるために時間を使った方が良いでしょう。

 

嫌々ボランティアに参加すると、

無邪気な笑顔に罪悪感じることもありますからね。

 

ボランティアはやりたいと思うからやるのであって、決して強制ではありません。

 

周囲の人間の意思は置いておきましょう。

また、人間関係のせいでボランティア活動で嫌な思いをしているなら、

 

ボランティアを退会して、自分と接する人達を変えてみるのもよいでしょう。

 

もし、退会したくないけど、家事や子供との時間を大切にしたいのであれば、

誰かに子供を預けたり、時間の工夫が必要になってきます。

夏休み学童の朝開始時間がズレる対処法は?子供一人で行かせて平気?
学童保育で子供が夏休み期間中で午前中から預かって貰う場合、学童の開始(開園)時間とママさんの出勤時間のズレることもあります。子供が夏休みに入ると、学童の開始時間に頭を抱えることです。ここでは「夏休み学童の朝の開始時間への対処法はあるのか?子供を一人で行かせて平気なのか?」疑問にお答えしています。
夏休みおばあちゃん家に子供を預けて平気?祖父母と楽しく過ごせる?
子供が夏休みは共働き世帯にとって「子どもの面倒をどうするのか?」問題になります。多くの共働き世帯の主婦たちは、自分の両親であるおじいちゃんおばあちゃん家に、子供を預かってもらう家庭がほとんど。ここでは夏休みおばあちゃん家に子供を預けて平気なのか?祖父母と楽しく過ごせるのか?疑問にお答えしています。

 

広告

学校のボランティアが辛く辞めたい退会したいときにモメない上手な辞め方は?

「個人的な事でボランティアを辞めます」と会長に告げると、

相手によっては「なぜ辞める(退会する)のか?」と理由を聞いてくるとのこともあるでしょう。

 

周囲の人間からボランティアの退会理由を聞かれても、

本当のことを答える必要はありません。

 

たとえば、次のように伝えてみるとモメなくて済みます。

「私の家庭(家族)の事情に関することなので、

申し訳ないですが事情はちょっと話せません。

よく考えたうえでの決断なので、ご理解いただけたら幸いです。」

と、このように言えば、よほどの最低な会長でない限り、わかってくれるはずです。

 

「家庭(家族)の事情」は相手を説得させる一番のキーワードなのです。

 

ところが、現代社会には暴君のような会長もいます。

 

ボランティアの退会を聞き入れず、力技で従わせようとしてくる人もいるでしょう。

 

「わたしが納得できる退会理由を言わないと、退会を認めないからな」などと、

威迫じみた言葉を口にする会長もいます。

 

そんなときは、「今日は用事があるので不参加します」と言って、

少しずつボランティア活動の参加回数を減らしていき、

徐々にフェイドアウトしていくのがオススメです。

 

「基本的に不参加の人」という認識を持たれれば自然と相手も誘ってこなくなるはずです。

どうしてもボランティア活動に出席しなければいけない状況であれば、

子供を誰かに預けて時間を作るのも一つの方法でしょう。

夏休み祖父母の家に子供が泊まるのは何歳から?期間は何日くらい?
夏休みは子供が家にいる時間が増えるので母親(ママ)は気苦労が増えます。共働きの環境であれば、学童に子供を預かってもらう必要を無くすために、祖父母が子供を預かってくれると金銭的にも助かるものです。ここでは夏休み祖父母の家に子供が泊まるのは何歳からなのか?期間は何日くらいなのか?疑問にお答えしています。

 

広告

学校のボランティアを辞めたら人間関係でモメたりトラブルの原因にならない?

ボランティア活動を辞めるとなると、

今までの人間関係に影響が気になると思います。

 

結論から言うと、ボランティアを辞めても人間関係に特に影響はありません。

 

ボランティア活動はあくまでも強制ではなく、

「慈善」活動という趣旨のもと成り立っていることは、

みんな知っていると思います。

 

辞めても、仲良しだった人とは退会しても普通に仲良くしてくれるでしょう。

 

ボランティア活動を辞めてから5年以上たった今でも、

その同じ活動をしていた人と仲良くしている人も多くいます。

 

仮に、ボランティアを辞めたことで疎遠になるのであれば、

そのくらいの薄っぺらな人間関係だったというだけの話です。

 

そんな人間関係なら、たとえ活動を続けていたとしても、

ボランティア活動がなくなればすぐに疎遠になることは間違いありません。

 

事情があって、ボランティア活動を続けられないならきっちり退会の意思を伝えましょう。

 

そして、空いた時間を有効に利用しましょう。

何かが得られる人は、何かを放棄できる人です。

 

ボランティア活動を辞めるのはとても勇気がいるし、ツライ決断でもあります。

多くの人は勇気がなくて、この辛い決断が難しいから、

嫌だ嫌だと言いながらも、

惰性でダラダラとボランティア活動を我慢して続けてしまうのです。

 

ボランティア活動の本質を見失わないようにしましょう。

 

自己犠牲されてボランティアしても「される側」は何も嬉しくありません。

嫌々参加するのは相手にも失礼です。

 

広告

学校のボランティアを辞めたら子供の人間関係にも悪影響は出るもの?ボランティアを辞めた人に聞いてみた

ボランティアを辞めた人の体験談①

ボランティア活動経験者です。

退会する時は私も不安でしょうがなかったですが、

特に子供の人間関係にも影響はありませんでしたよ。

もちろん、私も普通に以前のボランティア仲間と普通に仲良しですし。

退会の仕方としてはまずは会長だけに言えばいいと思います。

あとは成り行きに任せておけば大丈夫だと思います←

退会を伝えるのは、会長に直接言うか?メールで大会の有無を伝えるか?

といった感じですね。

別にボランティア活動なんて自由参加なのですから、

自分の好きにしてよいと思いますよ。

ボランティア活動している人はみんな理解があって優しいですから心配しなくて大丈夫です。

 

ボランティアを辞めた人の体験談② 4年間、幼い子供たち相手に読み聞かせのボランティアをしていた者です。

辞めても自分の子供にも特に影響ありませんでした。

確かにやればやるだけ、自分の時間は無くなるし、

責任が乗っかってきて抜けられなくなるし・・・。

でも、ちびっ子たちの笑顔を見てしまうと心が痛くなって辞めれない・・・。

お悩みはわたしも痛いほど解ります。

でも、当時の私は新米主婦だったからということもありますが、

ボランティア活動の場は自己啓発の場と考えて、

人を上手に使う方法や、いかに効率的にボランティア活動をこなすかってことを主として考えてましたね。

でも、結果としてボランティア活動を辞めても人間関係は大丈夫でしたし、

仲良くしてくれましたよ。

「やりたい」と思えるまでは、別にやらなくていいともいます。

ボランティア活動は強制ではありませんからね。

 

ボランティアを辞めた人の体験談③

ボランティア活動をしていると、

「必ず参加して行かないと・・・・・」

と思った時点でもう強迫観念に取り付かれていますね。

「慈善活動」はしないといけないわけではなくて、

出来るかぎりで良いと思いますよ。

それから、自分の時間が削られて辛いと思うなら辞めるべきです。

ボランティアはそれなりの自己犠牲みたいな覚悟が必須なので、

辛い苦しいとか忙しいからという理由でウンザリしているのであれば、

無理をしても教育上逆に悪い影響になると思います。

勇気をもって会長にボランティア活動を辞めますと言いましょう。

仕事じゃないので、強制する理由はないはずです。

どうでしたか?

このように意外にも、ボランティア活動を辞めても自分や子供の人間関係には特別影響はないと言う意見がほとんどです。

 

「慈善活動」は自発的に行うものであり、決して強制ではありません。

ボランティア活動をしているすべての人は、きちんと心得ているものです。

 

ですが、やはり子供の人間関係もちゃんと気にかけてあげたいものですよね。

夏休み友達と遊ばない子供をどうしたら良い?同級生と遊ばせるには?
夏休みに子供が家でゲームしていたら親としては不安ですよね。それだけでなく、「2学期になったら学校に行きたくないと登校拒否になってしまったらどうしよう・・・」と不安になってしまうもの。ここでは夏休み友達と遊ばない子供をどうしたら良いのか?同級生と遊ばせるにはどうするべきなのか?疑問にお答えしています。

 

広告

学校のボランティアを辞めるときの内容報告はメールで大丈夫?

ボランティアを辞めるときのメールの内容(文章)

「恐縮ですが、家庭(家族)のために時間を確保しないといけなくなりました。

ボランティア活動を辞めれば、時間を家庭(家族)にまわすことができます。

また、ボランティア活動で体が酷く疲れてしまい、

帰宅すると家事をする体力が残っておらず疎かになってしまいますし、

体調が悪くなってしまいます。

なので、申し訳ないのですが、ボランティア活動を退会します」

もし、あなたがメールでボランティア活動の退会する有無を伝えるなら、

上記の例文を参考にしてみましょう。

 

本人にボランティア活動の退会の有無を伝えるのが、

気まずいのであれば「メール」でその意思を伝えるようにしましょう。

 

広告

辛くうざい学校の「ボランティア活動(図書や本の読み聞かせ)」を頑張って続けるメリットってある?

ボランティア経験者が思う「活動をやっていてよかったと思う理由」は、

人の役に立てて社会貢献できるということです。

 

人が本当に幸せを感じる瞬間は「誰かに必要とされた時」という心理学者もいます。

つまり、自分が誰かのために役に立つことで、

そこには明確な価値が生まれて、

心の充足につながります。

 

また、色あせない価値のある思い出とお友達ができることです。

 

ボランティア活動において、以前の仲間と会った際には、

活動していたときの輝かしい思い出話に花が咲きます。

 

特にボランティア活動を通して、

今後も関わる可能性のある一生の友人になるでしょうし、

 

その行いはボランティアしてくれた人に喜びを与えますし、

ずっとあなたのしてくれたことを覚えているので、

すべての人にとって貴重な財産となるでしょう。

 

ボランティア以外でも大切な友人はできますが、

慈善活動なかで同じ時間を共有し、

一つの目標に取りくむ場というのはほとんどありません。

 

ボランティア活動を通して得た経験は、

今後の人生で、「誰かに役に立てることのすばらしさ」や「精神的な強さ」を養ってくれるはずです。

 

広告

学校のボランティアが辛く辞めたい退会して平気?上手な辞め方は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

学校のボランティアが辛くなることもわかりますが、

「苦しいしんどい」と感じることがボランティア活動の意義とは反します。

 

ボランティア活動は「やりたいからやる」という精神のもと行うものであり、

嫌々無理して自己犠牲されても相手は困るし迷惑なだけです。

 

そんな心でボランティア活動を参加しても、相手は喜ばないでしょう。

慈善活動は我慢して行うものではありません。

 

あなたが辞めたいと言う意思があるのであれば、

その有無を会長に伝えましょう。

 

きっとわかってくれるはずです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました