廃棄もらえるバイトは?売れ残り食べ物を持ち帰れるおすすめバイト

学校
この記事は約11分で読めます。

ミスドやコンビニなど、食品関係で仕事をしていると、つい売れ残りの食べ物商品(廃棄)をもらって節約したいと思いませんか?

まず初めに基本的には廃棄商品は貰ってはいけないことを理解しましょう。

しかし、廃棄商品をもらえると生活費(食費)も浮きますし、仕事をしながら一人暮らしをしている社会人やバイトする学生にはとってもありがたい。

では、どんな職種が廃棄をもらって帰れるのでしょうか?

 

広告

廃棄もらえるバイトは?売れ残り食べ物を持ち帰れるおすすめバイト5選を紹介

「コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートetc)」

コンビニは賞味期限が当日のおにぎりやお弁当などをもらって帰れるという意見が多いのも事実。

「コンビニで働いているほとんどの知り合いは、廃棄のおにぎりで食費を節約している」との意見が多いですね。

しかし、これは店舗によるところが多く、最近では大手ンビニエンスストアの廃棄はチャックが厳しくもらって帰れないとの意見も。

一方で仕事終わりに廃棄をもらっている人もけっこういます。

特にクリスマスの時期は「売れ残りのケーキ」を持って帰っている人もいるようです。

下記のページを少し覗いて「クリスマスケーキについて」参考にしてみましょう。

 

「パン屋さん」

基本的にパン屋で販売されている菓子パンや惣菜パンは、当日に食べるのが一般的です。

なので、売れ残ったパンはすべて廃棄処分になり、「廃棄になった売れ残りのパンを貰っている」という意見も。

また、パンは炭水化物なので満腹を満たすのにはもってこいですし、冷凍することで、1週間くらい長持ちさせる人もいます。

しかし、廃棄がもらえるか否かは、仕事場(バイト先)の店長によるところが多いですが、

「店長がいない日にコッソリと・・・」という人もいます。

また、4月~5月であれば、「職場で貰った廃棄のパンを持参して、家族で花見しながらみんなで食べる」という人もいますね。

そして、12月であれば、お店にもよりますが、「イギリスの伝統スイーツである美味しいクリスマスプディング」を販売している店もあります。

その売れ残り(廃棄)を貰っている人もいます。

下記のページを少し覗いて「クリスマスプディングの味について」参考にしてみましょう。

 

「ミスタードーナッツ(ミスド)」

口コミを見ていると、これは店舗や仕事場の店長によるところが非常に多いそう。

さらにはコンビニやパン屋に比べると廃棄を貰える職場は少ない模様。

大手百貨店に造設されている場合、帰りに荷物チャックもある可能性があり、廃棄がもらえないというケースも。

それでも仕事場(バイト先)の店舗によっては、廃棄を貰って帰っているという意見も少なからずあるようです。

 

「スーパーや百貨店のお惣菜屋さん」

お惣菜はサラダやお弁当、揚げ物、焼き鳥などが販売されていますよね

廃棄を貰えれば「とってもおいしい仕事やバイト」というわけです。

コンビニやパン屋と違い、サラダや漬物、お弁当など偏った食生活を正して、健康管理にもピッタリ。

また、消費期限が短い食材を取り扱うので、廃棄を貰いやすいですし、季節限定の和菓子などもあるので、働く楽しみにも。

もちろん、店舗や店長などによってもらえない職場もあるので一概には言えません。

ですが、廃棄がもらえれば「おいしいバイト(仕事)」です。

このように廃棄がもらえる職種は多くありますし、現在では美味しい求人がそろっているので、探してみるもの良いかもしれませんね。

百貨店やお惣菜屋の廃棄商品だと、「フライドチキン」がもらえると嬉しいですね。

 

「スーパーマーケット」

スーパーマーケットは他のアルバイトに比べると廃棄をもらえることは少ないよう。

しかし、一部のスーパーマーケットでは廃棄がもらえるという意見もありますが、大型チェーン店では厳しいかもしれません。

少なからず「残り物を貰ったり食べたりできた」という意見もありますね。

特に地域密着型や、民間運営のスーパーでは、そういったところに関して寛容なシステムのようです。

もちろん現実に活動してからでないと頂けるか否かは判断できません。

「せっかくなのだから残り物が欲しい」という方は、地域密着型・民間運営スーパーのアルバイトをターゲットにみてはいかがでしょうか?

また、スーパーマーケットであれば、品ぞろえ豊富なので、廃棄の商品を貰って「花見のおつまみの定番」や「紅葉のおつまみの定番」を楽しめるのでオススメです。

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

 

広告

売れ残り食べ物(廃棄)をもらうのは原則法律的にNGだった!?

多くの職場では、廃棄になった商品を配ることは基本的にNGとされています。

その要因としてついて、掘り下げて見ていきましょう。

廃棄商品は「量販店としては出したくない」のが実際のところ、商品は「ショップが本部から販売品を購入している」という名義であったり、本部でグルーピングしているケースになるなど扱いがいっぱいあります。

 

しかし、いずれのタイミングでも廃棄商品は、お店にとって「売れ残ってしまった商品」であり、利得としてはマイナス点です。

お店をマネージメントする側としては、廃棄商品は下したくないものです。

そもそも抜本的に、廃棄弁当に発展しないよう、

お店側におきましては商品の仕入れ数などをセッティングしています。

本部との契約の中に「廃棄商品は必ず処分する」といった条文があります。

廃棄商品は、会社の本部と各店舗の決まった法律によって、通常であれば引き渡しことはNGと指摘されています。

この決まった法律は「廃棄商品は必ず捨て去ること」といった決まり事により、基本的にはアルバイトに渡すことは不可能です。

また、廃棄商品を待ちかえったものが「食中毒」などに見舞われた場合、責任がすべて店舗や本社に行ってしまうのも未然に防ぐためとも言えます。

廃棄商品の取り扱いは「最終的には店舗」によるお店によって廃棄商品の取り扱われているのはバラバラになってきます。

コンビニ本部の人がマネージメントしている「直営店」。

それに対し、オーナーが運営管理する「フランチャイズ店」があります。

フランチャイズ店舗内には、廃棄商品をアルバイトに引き渡すことをOKとする状況もあるようです。

「フランチャイズ店だから廃棄商品をあげても良いだろう」というわけでは有り得ませんが最後の判断は、オーナーに左右されます。

 

広告

廃棄もらえるバイトに受かるため自己PR長所と志望動機を固めよう!

バイトや仕事の面接に理想的な自己PR長所と志望動機(志望理由)はあるのでしょう?

正社員としての面接では、会社の企業理念などを公式ホームページなどで、調べる必要があります。

一方でアルバイトの面接では「実際には、そこまで明確な回答は重要ではない!」という人事部の意見があります。

なので具体的な例を挙げるとしたら下記になります。

 

「何事にも、あきらめずに同じことをいつまでもやれる気力がある」

この回答は、長く続けてくれるという意味で好印象を持たれる可能性があり、面接で採用してもらいやすい傾向にあります。

逆に「すぐにあきらめちゃう」など、マイナスに捉えられてしまうような発言は落ちる原因を自ら作ってしまうことに・・・・

面接官は長く続けてくれる人を雇いたがっていることを知りましょう。

そこで、下記のページを少し覗いて「100%受かるバイトの面接必勝法」を参考にしてみましょう。

これを知れば狙っている職場に100%合格することができるでしょう。

 

「仕事や部活でも、一つのことに集中する持続力があります」

こちらも同じ理由ですが、バイトの面接では長く働いてくれる人を募集する傾向にあり、好印象を持たれることがあります。仕事や部活など「なにか継続したもの」をアピールすることで、好印象を与えることができ、落ちる原因と可能性を減らします。

これはバイトや仕事の面接に理想的な志望動機(志望理由)としてオススメです。

 

「一度、お店に来店したときに店内の雰囲気や従業員の対応に好感が持てました」

お店を褒めることで、面接官によっては喜んで好感を持ってくれる人もいます。

バイトの面接の採用率があがるとの体験談もあるほどです。

しかし、ウソがばれたときに一気に交換が下がるので注意しましょう。

皮肉なことに、面接に落ちる原因を自分で作ってしまうことにもなります。

 

「以前から、ずっと〇〇〇の業界で働きたいと思っていました」

この仕事に興味や関心があることを提示することで、面接官に仕事に対してヤル気があると思ってもらえれば好印象です。逆に、あまり関心や興味がないと思われたら、落ちる不合格の原因にもなりかねないので、注意しましょう。

自分のお店に関心がある従業員は面接で、採用されやすい傾向にあることは知っておきましょう。

 

広告

「面接時に聞かれやすい質問事項とイメージアップな回答」を知ろう

「現在に至るまでのアルバイト体験」

応募職種の近くに位置するものがあれば、その経験を解答ましょう。

ひとつの例として、コンビニエンスストアに応募するなら、レジ、販売や接客業などという度合いです。そういった時、職務内容を伝え、どんな実働できるのかを意見すると尚更いいです。

職務内容がご理解いただけるように答えるとイメージも良くなります。

アルバイト体験が何一つない場合は、「バイトは生まれて初めてですが、早く自分のものにできるように意欲的に取り組みます」など、

熱心度を話されることが大切です。

 

「応募することになった理由」

「お家があまり離れていない」「1時間の賃金がいい」など、条件面に影響されることをだけではNG!

「なぜその職業や店舗に興味を引かれたのか」を付け加えると、より納得させる力の目立つようになるレスポンスになります。

接客業であれば、「お客様と接するのが大好きだから」または、業務作業であれば「頑張ってやる作業に愛着のあるので」などです。

自身のオリジナルの意図とトータルで語れると、より良いイメージになります。

 

「前職の退職理由」

嫌気がさしてすぐリタイアしてしまうことがないかどうかの判断を間違えない質問事項です。

コミュニティーや労働に不平不満があったなどの悲観的な理由ではなく、「もっと仕事の幅を広げたいと思った」・「将来のために色々な経験をしたいと思った」などです。

極力ですが面接官が「納得するしかない」と思える理由としておくのが大丈夫です。

また、「コンビニのレジ経験から接客に関心をもち、よりお客さんとの接点がもてるファミレスの生業に関心をもちました」なども意識の高いイメージになります。

 

「勤務する時間などのシフト」

シフト制のバイトのケースでは、「週○日、○時間(それ以外には○時以降など)」実際どんだけ勤務したいかを見定める質問です。

希望の曜日やそう簡単には入り込ませない曜日や時間がある場合は、この段階で言い渡しておきましょう。

「月曜は○~○、火曜は○~○」と曜日別に事キッチリと話すのではなく、まずはザックリ答え、面接担当から細かく質問事項をされたら、答えるような意思の疎通がスマートでしょう。

回答する際は、あなた自身の希望を伝えつつ、相手の予定にしたがってコントロールする意思を見せることもポイントです。

回答例、「週末含め、週4日程度勤めることができます。土日は習い事が存在していますからどっちともは無理があるのですが、いずれかは出るようにします」

 

「自己PRであなたの長所は?」

どの仕事のジャンルであれ、「100パーセントの力で仕事に取組む」「明るく振舞える」という印象を残すことが必要不可欠になります。

さらに、応募仕事のジャンルに活かせそうなアピールポイントができるといいでしょう。

「コミュニケーションを図りながら目標にむかって努力することが好きなので、アルバイトも他の従業員さんの人達と楽しみながらチャレンジしたいと思っています」などです。

何かを実践してきたり、指導者として活躍した経験を絡めると積極的なイメージになります。

 

「勤務開始時期(いつの頃から仕事につけるか?)」

アルバイト募集は、1日でも早く人手を獲得したいケースがほとんど。

「スケジュールがなければご連絡をいただいた一日後から大丈夫です」など、

なるべくスピーディーな日程を言い伝えておくことをおすすめします。

現在パートタイマー中で、辞職次第というケースでは、

ストレートに「今のアルバイト先と交渉して、改めてご連絡致します」と時間が経ってから申し立てるやり方でもOK。

できれば退職日を明確化してから面接に正対したほうが順調です。

 

「学校との2足のわらじについて」

学習者のケースでは、よく問われる質問事項です。

学業最優先になって来るのは応募先も納得したうえ。なので、その場の勢いで「バイト大切に考えて奮闘します」と答えるよりも、「テスト期間や学校活動でお休みをいただくかも知れないのですが、それ以外は努力します」などが模範解答。

なるべくストレートに答えたほうが、応募先も理解できた感が見られますよ。

正直に本心を申し述べていいか悩むものは、回答につまることのないようにここでチェックしてみておきましょう。

このような質問に上手く答えることができれば、面接も受かりやすいでしょう。

 

広告

廃棄もらえるバイトは?売れ残り食べ物を持ち帰れるおすすめバイト~まとめ

どうでしたか?

このように意外にも売れ残り(廃棄)がもらえる職業は意外にも多いことが分かります。

そして、売れ残りをもらって帰っているという人は多くいますね。

せっかくのアルバイトなので、お給料をもらうだけでなく、

あわよくば廃棄食品をもらって帰りましょう。

きっと、モチベーションもあがりますよ。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました