夏の学校に持ち込むお菓子は何がオススメ?逆にNGなお菓子は何?

学校
この記事は約7分で読めます。

学校にお菓子を持っていって、

休み時間やお昼に食べると気分が上がりますよね。

 

また、同級生たちと食べることで、

きっといつもより楽しい時間になるでしょう。

学校に行く勇気がないとき休んでも良い?学校が楽しくなる法則って?
「学校に行く勇気が出ないとき」って、誰にでもあるものですよね。でも、学校を休んでも良いものなのか?つい悩んでしまって、毎日のように寝付けなくなて寝不足になるような思いをすることもあります。ここでは「学校に行く勇気がないとき休んでも良いのか?」学校が楽しくなる法則などについて紹介しています。

 

特にコンビニのお菓子や菓子パンコーナーに販売されている商品であれば、

学校に持っていっても問題ないでしょう。

 

しかし、夏は「気温が高い!湿気が多い!日差しが強い!」と決してお菓子を持っていくのに適した環境ではありません。

 

では、夏の学校に持ち込むお菓子は何がオススメで、逆にNGなお菓子は何なのか?

見ていきましょう。

 

広告

夏の学校に持ち込むお菓子は何がオススメ?世間の学生にオススメを聞いてみた

世間の中高生の体験談①

現在、高校性ですが、クッキーがオススメです。

毎日、コンビニでクッキーを買って持っていってますよ!

ポテチみたいに、かさばらないのでスクールバッグにも入れやすいですしね。

他にも、焼き菓子を作り、持っていって 友だちや担任の先生と食べていますよ。

クッキー、バターケーキ、マフィン、タルトなどの形がくずれず、

置いといても問題ない大丈夫な物が多かったですね…。

 

世間の中高生の体験談②

わたしはコンビニでチョコを買っていっています。

シュークリームとかエクレアとかの、

柔らかいお菓子は形が崩れるので微妙ですね。

学校の友人にマフィンをいただいたのですが、

抹茶やホワイトチョコ、レーズン、カボチャと種類がいっぱいあり、選ぶのが楽しめたので、参考になれば。

甘すぎないように砂糖も調節してあったようで、とても美味しかったです。

比較的簡単に作れて、学校に持ち込むなら崩れにくく、痛みにくいお菓子がいいでしょうね。

でも、コンビニなどで販売されているヤツなら基本的に大丈夫だと思いますよ。

チョコも日に当たらなければ、夏でも溶けませんしね。

 

世間の中高生の体験談③

そこまで、当日に食べるのであれば、気にする必要はないと思います。

確かに夏だとちょっと怖いですが、その日のうちに食べれればOKです!

コンビニのお菓子(駄菓子)コーナーに売っている商品なら何でもOKです

もちろん、その日に食べないのであれば、

生クリーム系のお菓子は傷みやすいから避けた方が良いですね

経験上ですが、弁当にババロアは問題がなかったので、割となんでも行けますよ。

ロッカーなら日光に当たらないので、チョコでもOKです!

コンビニなどでパンの横に陳列してあるような常温でも行けるお菓子・・

フィナンシェ、チーズタルト、スコーン、スノーボールクッキー、パンケーキなどはOKです。

季節感ないですが・・

基本的にその日に食べるようにしましょう。

どうでしたか?

このように学校に持っていくお菓子は、そこまでこだわる必要はありません。

ですが、基本的には当日にすべて食べきるようにしましょう。

 

夏は湿度や気温が高く、日差しも強いので、食品にあまり良い環境とは言えません。

お菓子が痛んだり、湿気ることで食感が変わることもあります。

 

なので、夏の学校に持っていくお菓子は当日に食べるようんしましょう。

花見でお菓子の定番といえば何がオススメ?喜ばれる持ち寄り品を紹介
お花見デート中にちょっとお腹が空いたときに桜を眺めながらお菓子を食べたいものですよね。でも、お花見デートで定番のお菓子(差し入れ)といえば何なのでしょう?ここではお花見デートで定番のお菓子といえば何なのか?紹介しています。持っていくと喜ばれるもの(お菓子スイーツ)を知っていきましょう。

 

しかし、学校にお菓子を持っていくと友達もできやすいですし、

美味しいものを共有すれば楽しく過ごすことができるのでオススメです。

「それ何食べてるの?」っと必ず同級生が寄ってくるでしょう。

それを言われたら、「ひとつあげようか?」と声をかけてあげましょう。

すぐに仲良しになれますし、会話のきっかけにもなります。

夏休み明けに学校行きたくない高校生活を楽しく変える5つの法則とは
夏休み明けの学校(高校)って億劫だし、人間関係は面倒なもの。夏休みに入る前に友達(クラスメイト)との人間関係が、ギクシャクしてしまうと妄想が膨らんでいって学校内で嫌われ者になっているような気がしますよね。ここでは、夏休み明けに学校行きたくない高校生活を楽しく変える5つの法則について紹介しています。
学校に行く勇気がないとき休んでも良い?学校が楽しくなる法則って?
「学校に行く勇気が出ないとき」って、誰にでもあるものですよね。でも、学校を休んでも良いものなのか?つい悩んでしまって、毎日のように寝付けなくなて寝不足になるような思いをすることもあります。ここでは「学校に行く勇気がないとき休んでも良いのか?」学校が楽しくなる法則などについて紹介しています。

 

広告

夏の学校にお菓子を持ち込むときの4つのポイントを知ろう

 

基本的にその日に食べきれる分のお菓子がオススメ

学校に持ち込んだお菓子は、その日に食べきるようにしましょう。

夏は湿気が多く、気温も高いので、

お菓子が痛みやすくかびる心配もあります。

もちろん、日の当たらないロッカーに入れておくのも良いですが、

冷蔵庫もないので当日中に食べきるのが一番です。

会社の花見に差し入れする食べ物やお菓子で気が利くモノって何?
3月~5月はお花見の季節ですよね。でも「職場でお花見(宴会)する事になったけど、差し入れに何を持っていったら喜ばれるかわかんない・・・・」そんなお悩みを持つ人がいます。ここでは職場の花見(宴会)で差し入れするなら何が喜ばれるのか?オススメの食品を紹介しています。興味があれば見ていきましょう。

 

コンビニのお菓子コーナーの商品がオススメ

夏の学校にお菓子を持っていくのであれば、

コンビニのお菓子コーナーに陳列している商品がおすすめ

賞味期限も長いので、その日に食べきらない場合はロッカーに入れておきましょう。

ですが、ポテトチップスなどは袋が大きいのでかさばりますよね。

お菓子選びのコツとして、バッグの中でかさばらない包装がされているお菓子がオススメ

コンビニのお菓子を食べていると、

どんどん友達が寄ってきて、いろんな同級生と仲良くなるきっかけにもなります。

学校で友達いない休み時間をどう過ごすべき?ぼっちの過ごし方は?
学校で友達がいないと「休み時間に何を過ごしていいか?」悩みます。でも実際はそんな悩みを持つ学生は多く、周囲の人間は意外にもあなたのことを気にしていないものだと言う事を知ることが大切。ここでは「学校で友達いない休み時間をどう過ごすべきなのか?ぼっちの過ごし方は何なのか?」疑問にお答えしています。
学校行きたくない人に響く名言をアニメから抜粋!勇気が出る言葉とは
学校に行きたくないときは、背中を押してくれるような名言を知ることが大切。ここでは、偉人の名言ではなく、アニメから学べる名言集を取り上げています。あなたもきっと、学校に行く勇気を持つことができるでしょう。ここでは学校行きたくない人に響く名言をアニメから抜粋している勇気が出る言葉について紹介しています。

 

お菓子を直射日光から避けることが大切

夏は日差しも強く、気温も高いので、

なるべく学校に持ち込んだお菓子を直射日光か避けるようにしましょう。

特にチョコレートや生クリーム系のお菓子は溶ける恐れがあります。

また、夏はお菓子が湿気るので袋を開けたら当日に食べよう

 

広告

夏の学校に持ち込みがNGなお菓子を知っておこう

生クリーム系のお菓子

生クリーム系のお菓子は痛みやすいので注意が必要。

持ち込むのであれば、必ず当日に食べるようにしましょう。

また、生クリームは温まると不味くなるだけでなく、

溶けやすいので、直射日光は避けるようにしましょう。

 

形が崩れやすいシュークリームなどのお菓子

シュークリームやエクレアなどのお菓子は極力避けましょう。

もし、学校に持ち込むのであれば、

形が崩れないように気を付けましょう。

特に、教科書や筆箱が入っている、

スクールバッグに入れると中でグチャグチャなることもあります。

 

手作りのお菓子は人によっては喜ばれない

学校にお菓子を持っていって、

みんなで食べたらもっと美味しくなりますよね。

ですが、人によっては「手作りは気持ち悪いから食べたくない・・・・」

と感じることもあります。

学校の同級生にあげるお菓子は、注意が必要です。

 

床にボロボロこぼれるようなスナック菓子は迷惑

スナック菓子は床にボロボロこぼれやすいですよね。

そうすると、教室を掃除する同級生に迷惑が掛かります。

また、スナック菓子は手がベトベトになりやすいので、

必ずお手拭きを持って

行くようにすると良いでしょう。

 

広告

夏の学校に持ち込むお菓子は何がオススメ?逆にNGなお菓子は何?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

基本的に学校に持っていくお菓子はそこまでこだわる必要はないでしょう。

 

しかし、「当日に食べきること」を考えましょう。

湿度や温度も高く、日差しが強い夏の季節は、

あまりお菓子を保存するのに適した環境ではありません。

 

お菓子が湿気るだけでなく、痛むことも考えられます。

 

もちろん、ロッカーに入れるのも良いですが、

基本的には当日に食べきるようにしましょう。

 

また、臭いの強いものなど周囲の迷惑になることがあるので、

周りの同級生への配慮は忘れないでおきましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました