クリスマスケーキ食べる日はいつ?太らない時間は?意味は?不二家?

クリスマス
この記事は約26分で読めます。

「クリスマスケーキは24日と25日のいつ食べるのが正しいのか?」

意外にもクリスマスケーキを食べる日や意味について正確に知っている人は少ないものです。

また、どうせ食べるなら太らない時間にクリスマスケーキを食べたいものですよね。

では、ページを読み進めてみていきましょう。

 

広告
  1. クリスマスケーキ食べる日はいつが正解なの?
  2. クリスマスケーキを食べる日にちは「24日・25日」どっちが多数派!?
  3. クリスマスケーキをいくら食べても太らない時間があるって本当!?
  4. クリスマスケーキを食べても太らない時間があるのはなぜ!?
  5. 夜にクリスマスケーキを食べるなら午後9までならセーフ!?
  6. クリスマスケーキを食べても太らない一番絶妙なタイミングは午後2時(14時)です!
  7. 日本人がクリスマスケーキを食べることには意味(由来)があった!?
  8. クリスマスケーキを食べない日本人は頭がおかしいって本当!?
  9. クリスマスケーキを食べる文化はアジア圏だけって本当!?
  10. 日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのは「明治・大正・昭和」どの時代なの!?
  11. 日本人がクリスマスケーキを食べる文化は不二家の腹黒い経営戦略がきっかけだった!?
  12. 昔は「女の年齢は売れ残ったクリスマスケーキと同じ」という女性を揶揄した理論があたって本当!?
  13. 昔は女の賞味期限をクリスマスケーキに例えてた!女性を蔑視してた男権社会の歴史について
  14. 女性の賞味期限がクリスマスケーキと同じなら男性の賞味期限はいくつまでなの!?
  15. お菓子の家ケーキをクリスマスに作る由来とは?ジンジャークッキーと童話「ヘクセンハウス(ヘンゼルとグレーテル)」が関係する歴史を解説
  16. クリスマスにシャンパンを飲む意味(由来)が神秘的って本当!?
  17. クリスマスケーキ食べる日はいつ?太らない時間は?意味は?不二家?~まとめ

クリスマスケーキ食べる日はいつが正解なの?

一般的にクリスマスケーキ食べる日は、24日もしくは25日のどちらでも特別問題はありません。

実は家庭によってクリスマスケーキを食べる日はバラバラですし、その場の環境によっても違うでしょう。

例えば、家族や友達でクリスマスケーキを食べるのであれば、25日に食べる日の方が一般的ですし、恋人同士でクリスマスケーキを食べるのであれば、24日のイヴの日に食べる人がほとんどでしょう。

ですが、一応クリスマスのルールに基づいてケーキを食べたいという人は下記を参考にしてみましょう。

 

まず、「クリスマス当日」にクリスマスケーキでお祝いしたいのであれば、「24日の日没から25日の日没まで」が正しいクリスマスの日なので、その時間に集まる人たちで都合を合わせると良いでしょう。

25日の昼間が外出する予定があるのなら24日の夜などがオススメです。

 

広告

クリスマスケーキを食べる日にちは「24日・25日」どっちが多数派!?

クリスマスケーキを食べる日にちは「25日」というのが一般的な意見です。

ですが、クリスマスケーキを食べるのは「24日・25日」どっちでも文化様式的に問題ありません。

多くの人はクリスマスイヴ(24日)とクリスマス(25日)を全く別の日として考えている人も多いでしょう。

ですが、クリスマス・イヴは「クリスマス前の日」という意味合いではなく、《「イヴ(eve)」は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が無くなったものです。

つまり、クリスマスイヴの本当の意味は「クリスマスの夜」と言うことになるので、正確には24日の日没から(日が落ちてから)24時までがクリスマスイブになるのです。

もちろん、クリスマスイヴは「クリスマスの前夜祭」でもありません。

ですが、カレンダーを見るとクリスマスは25日と記載されていることから、クリスマスの夜は25日の夜中のことだと誤解する人も多くいます。

 

実は「クリスマス」つまりイエス・キリストの誕生日を祝うようになった教会では、当時ユダヤ暦を活用していたことから24日の夜にあたります。

ユダヤ暦及びそれを後任する教会暦では、日没をもって日付の変り目としています。

この理由によって伝統的教会では、クリスマス・イヴの日没からクリスマスを起算しており、教会では「クリスマス・イヴ」は既にクリスマスに含まれています。

 

つまり、日没から1日がスタートするユダヤでは、24日の日没からクリスマスが始まり25日の日没直前でクリスマスが終わるので、「クリスマスの夜」というは24日から25日に日付をまたいだ夜になります。

ずっとその暦でお祝いしてきたので、真夜中0時から1日がスタートする、と変わっても、お祝いの風習は変わりません。

 

ちなみに「サンタクロースもクリスマスの夜」つまり24日の夜に来るのです。

サンタクロースとクリスマスケーキとキャンディーケーインには密接な関係があり、その由来や都市伝説などについて下記の記事で解説しているので、ぜひページを覗いて参考にしてみましょう。

サンタクロース発祥地はフィンランド?本名や起源が怖いって本当?
サンタクロース発祥の地はどこなのでしょうか?一般的には「サンタ村」があることから、フィンランドがサンタクロースは発祥の地と言われますが、これは多くの人が勘違いしてる誤報の可能性もあります。ここでは「サンタクロース発祥地はフィンランドなのか?本名や起源が怖いって本当なのか?」疑問にお答えしています。
クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味は?場所は?飴の味は?
クリスマスキャンディーケーイン杖にはどんな歴史(由来)があるのでしょうか?「赤」・「緑」・「白」の3色使っている意味も知りたいですよね。ここでは「クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味はあるのか?クリスマスツリーのどこの場所に飾るべきなのか?どんな飴の味なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスケーキをいくら食べても太らない時間があるって本当!?

クリスマスケーキを食べるときに、心配になるのが摂取カロリーですよね。

実はクリスマスケーキをたくさん食べても太らない時間があります。

結論から先に言うとクリスマスケーキを食べても太らない時間は「午前10時から午後6時の間」で、特に午後2時(14時)が一番太りにくいと言えます。

逆に、クリスマスケーキを食べて太りやすい時間は夜12時から午前4時です。

 

広告

クリスマスケーキを食べても太らない時間があるのはなぜ!?

なぜ、クリスマスケーキを食べて「太る・太らない」時間があるかというと、それは「BMAL1(ビーマルワン)たんぱく」の働きが関係しています。

夜中にクリスマスケーキを食べると太りやすいといいますが、これはビーマルワンたんぱくの働きによるのです。

夜遅くクリスマスケーキを食べることは、まず睡眠不足へとつながることも想定されます。

睡眠不足では食欲抑制ホルモン「レプチン」の働きが悪くなり、逆に食欲促進ホルモン「グレリン」の働きが高くなります。

「グレリン」は体脂肪の利用抑制作用と脂肪蓄積作用を持っていて、長期の睡眠不足が耐糖能やインスリンの感受性を下げる作用があります。

 

一方、動物実験レベルではBrain-Muscle Arnt Like Protein 1(BMAL1)が注目されています。

このBMAL1(ビーマルワン)は体感時計の調節に大切な役割を担うタンパク質です。

これは脂肪組織においては脂質の蓄積を亢進する方向に、肝臓、筋肉では脂肪酸の燃焼を抑える方向にとても影響を与えていることが証明されています。

つまり細胞内のBMAL1の量が多くなるほど、脂肪が蓄積されやすくなるということです。

脂肪細胞内のBMAL1量は、午後10時から午前2時までの間が一番多い時間帯となり、その後、少しずつ減少し始め、午前6時前後から急激に減少することが証明されています。

 

この結果から、少なくても夜遅くにクリスマスケーキを食べることで、脂質蓄積を増進する可能性があることがわかります。

さらに、高カロリーなクリスマスケーキを食べることで、夜の過剰摂取や活動量の下降で慢性的なエネルギー摂取過剰が生じます。

すると、規則正しい生活リズムの鍵となる生体リズム(サーカディアンリズム)を狂わせ、慢性的なエネルギー摂取過剰に拍車をかけ、肥満体質(メタボリックシンドローム体質)へとつながる危険性もあります。

 

広告

夜にクリスマスケーキを食べるなら午後9までならセーフ!?

上記で登場した脂肪を蓄積する働きを持つ「BMAL1(ビーマルワン)の量」は午後10時からピークを迎えることがわかりましたよね。

これを踏まえると、夜にクリスマスケーキを食べるのであれば、午後9時(遅くとも午後10時)までには食べ終えるのが理想です。

しかし、予定等で、夜遅くにクリスマスケーキを食べなければならない場合には、翌日の朝は食事を控えたり、野菜を摂るなどの工夫をしてみましょう。

体型を気にしている人は「きゅうり」は低カロリーでオススメです。

ぜひ、下記のページを参考にしてクリスマスケーキを食べた翌日は「きゅうり」を食べるようにしても良いでしょう。

つわり中にきゅうり丸かじり食べ過ぎ危険?気持ち悪くなる?性別は?
妊娠中にキュウリ(胡瓜)ばかり食べているママさんも多いですが、お腹の赤ちゃんへの悪影響が心配になりますよね。特に、悪阻(つわり)期間中は食事内容が極端になってしまうもの。ここでは「妊娠中やつわり中にきゅうりを食べ過ぎたら危険なのか?きゅうり(胡瓜)の丸かじりはヤバイのか?」疑問にお答えしています。

どんな人間でも夜遅くにクリスマスケーキを食べるということは、当然のように脂肪をため込むように身体の構造上出来ているのです。

ちなみに、クリスマスケーキを食べても、もっとも脂肪に蓄積しない時間帯が午前10時から午後6時です。

クリスマスケーキをこの時間にすませば、食べた物は脂肪にため込まれずに消費されやすいのでオススメです。

 

広告

クリスマスケーキを食べても太らない一番絶妙なタイミングは午後2時(14時)です!

人間の体でもっとも「ビーマルワンたんぱく(脂肪を蓄積する働きを持つ成分)」が少ないのが午後2時(14時)です。

つまり午後2時(14時)にクリスマスケーキを食べた場合は、摂取カロリーを燃焼しやすいといえますね。

クリスマスケーキを食べるならこの時間(14時)がオススメです。

もちろん、あえてクリスマスケーキを食べるなら、午後2時が一番太りにくいという話です。

脂肪は蓄積されないかも知れませんが、脂肪の燃焼には結びつきませんからね。

 

午後2時(14時)が太らないということは、逆にいうと、一番脂肪を燃焼する時間だといえますし、暑い時期よりも寒い時期の方が体脂肪は落ちやすい傾向にあります。

下記のページを覗いて参考にしてみましょう

寒い時期はカロリー消費量が多い?カロリー不足は寒さを感じる?
冬や秋になると少しずつ寒くなってきます。では、寒いときに人間の体はカロリー消費量が多くなると言うのは本当なのでしょうか?これが本当であればダイエットも夏場よりも冬場のほうが効果的です。ここでは「寒い時はカロリー消費量が多いのか?カロリーが不足すると寒さを感じるものなのか?」疑問にお答えしています。

 

さらに、寒い時期の午後2時(14時)は、有酸素運動(散歩)をするのに最適な時間と時期です。

なので、クリスマスケーキを食べた翌日は、同じ時間に軽く有酸素運動(散歩)をしてみると良いでしょう。

下記のページで有酸素運動の正しいやり方について、詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみましょう。

妊婦が散歩で寒い対策法は?妊娠中~臨月の秋冬ウォーキング運動とは
寒い時期になると外に出るのが億劫になりますが、妊娠中は軽い散歩を日常的に行うことは、母子の健康にもお産を楽にするためにも有効な手段です。そこで、問題となるのが「寒さ」ですよね。ここでは「妊婦が散歩で寒い対策法はあるのか?妊娠中~臨月の秋冬ウォーキング運動のメリットは何か?」疑問にお答えしています。

ちなみに、有酸素運動の前に筋トレをすると、もっと脂肪燃焼効果が高まります。

ちなみに、ビーマルワンたんぱくが一番多いのが午前2時です。

午前2時は食べた物が脂肪に蓄積されやすい時間です。

太りたくないなら、夜12時から午前4時は、クリスマスケーキを食べない方がいいですね。

 

さらに、出来る限りクリスマスケーキを食べた後の体重増加を防ぎたいという人は、クリスマスケーキのお供にする飲み物を工夫すると良いでしょう。

そこで、下記のページで紹介している飲み物がオススメです。

ぜひ、興味がある飲み物を参考にしてみましょう。

ハニーブッシュの副作用と成分の効果効能は?ガンやダイエットには?
ハニーブッシュはルイボスティーと並ぶ二大ハーブティーで、鉄やカリウム、亜鉛やマグネシウム以外に人間の生活に不可欠な栄養素を含みます。ここでは「ハニーブッシュには副作用があるのか?ハニーブッシュティーの成分の効果効能は何か?ハニーブッシュティーはガンやダイエットに役立つのか?」疑問にお答えします。
寝る前の夜に紅茶を飲むと太る?ダイエット中に痩せる飲み方って?
「夜に紅茶を飲むと太るような気がする・・・」そう感じたとこありますよね。眠気覚ましのために紅茶に含まれるカフェインが必要になるときもあります。では、紅茶を寝る前に飲むと太るのでしょうか?ここでは寝る前の夜に紅茶を飲むと太るのか?ダイエット中に痩せる飲み方はあるのか?疑問にお答えしています。
妊娠中ルイボスティー飲み過ぎは危険?胎児が心不全に?摂取量は?
妊娠中は食べ物や飲み物に気を付ける必要がありますよね。そこで、妊婦に人気を集めているのが、ノンカフェインで母子の体に優しいルイボスティーです。ここでは「妊娠中ルイボスティー飲み過ぎはまずいのか?胎児が心不全になるのは本当なのか?妊娠中のルイボスティーの摂取量はどれくらいか?」疑問にお答えしています。
ユーカリの葉の毒性が犬や人間に与える副作用は?どんな効果がある?
ユーカリの葉には毒が含まれています。その毒は私たち人間や動物(犬や猫)にどんな悪影響があるのでしょうか?猛毒が含まれていると聞くとつい心配になります。ここでは「ユーカリの葉の毒性が犬や人間に与える副作用はあるのか?ユーカリのハーブティーや精油オイルにはどんな効果があるのか?」疑問にお答えしています。
特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招く?便秘や肝臓にも悪い?
「特茶を飲み過ぎると下痢したり、吐き気を感じる」という人は意外にも多くい。実は、特茶の口コミを調べると「特茶を飲んだら胃が痛くなって下痢した!」などの副作用に関する体験談も目にします。ここでは「特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招くのは本当か?便秘や肝臓にも悪いのか?」疑問にお答えしています。
午後の紅茶は体にいい効果があるって本当?飲み過ぎると健康に悪い?
コンビニやスーパーなどで販売されている、甘くておいしい午後の紅茶は体にいいのか?日頃から飲んでいると迷いますよね。確かに、午後の紅茶は「体にいい」とも言えるし、「体に悪い」とも言えます。ここでは午後の紅茶は体にいい効果があるって本当なのか?飲み過ぎると健康に悪いのか?疑問にお答えしていきます。

 

広告

日本人がクリスマスケーキを食べることには意味(由来)があった!?

苺が乗っているクリスマスケーキには「純白な生クリームが白い雪」、「イチゴ(苺)をサンタクロース」という意味があります。

もう一つは日本人の国旗でもある日の丸「紅白=めでたい」という意味もあります。

このように日本人がクリスマスケーキを食べることには、ちゃんと意味(由来)があるのです。

ちなみに、多くの人がクリスマスケーキのことをイエス・キリストの誕生日を祝うバースデーケーキが由来と思っています。

ですが、海外ではクリスマスに食べるのは「苺が乗っているようないわゆるケーキ」ではなく、「プディング」や「パイ」などの伝統スイーツを食べるのが一般的です。

実はクリスマスケーキを食べる習慣は海外(外国)には無く、日本独自の由来を持つ文化だったのです。

 

広告

クリスマスケーキを食べない日本人は頭がおかしいって本当!?

外国でもクリスマススイーツはありますが、クリスマスケーキではありません。

でも「日本に住んでいながら、クリスマスケーキを食べないのはおかしいのか?」不安になってしましますよね?

しかし「日本人がクリスマスケーキを食べなくてもおかしくはない!」ということは知っておきましょう。

そもそも、日本のクリスマスケーキは、アメリカのクリスマス文化に乗っかり、日本が勝手に商業化しているだけです。

なので、クリスマスケーキを食べないことは全くおかしくはないのです。

 

確かに日本だけでなく海外でも、古くから祝い事に食べられる「伝統スイーツ」は存在していました。

ですが、「クリスマスケーキ」という限定的なジャンルは日本が発祥であり由来だということがお判りいただけましたよね。

また、日本でおなじみのクリスマスチキンも日本独自の文化であり、アメリカではフライドチキンを食べる文化はなく、クリスマスに食べるのはむしろ七面鳥(ターキー)です。

このようにクリスマスだからと言って、自分がアメリカの文化だと思っていたものも、実は日本独自の文化も色々あるものです。

 

広告

クリスマスケーキを食べる文化はアジア圏だけって本当!?

実は「クリスマスケーキ」として食べるのは、日本や韓国やタイなどのクリスマスに所縁のないアジア圏だけなのです。

またフランスにもクリスマスケーキはありませんが、クリスマスを祝って食べるスイーツとして19世紀に、「ブッシュ・ド・ノエル」が認知されるようになりました。

ですが、「クリスマスケーキ」という商品は日本や韓国だけなのです。

クリスマスに「クリスマスケーキ」を食べるという世間一般常識は、日本独自であり、アメリカではクリスマスケーキは食べるという文化はありません。

 

もちろんケーキを食べることはあるけど、実はクリスマスケーキ自体はアメリカが発祥ではないのです。

確かに一般的にアメリカではクリスマスケーキを意識的に食べるということはありませんが、厳密にいえば、アメリカでは「クリスマス限定のケーキ」は食べないと言う事です。

 

実はクリスマスケーキは日本や韓国のみの文化とされ、本元であるとされる欧州では特にろうそくなどを使うこともあり得ません。

なので、それほど飾り気の無いケーキの方が殆ど一般的です。

フランスでは切り株の形をしているブッシュ・ド・ノエル

イギリスではクリスマスプディング

ドイツではシュトーレン

これらが日本で言うところの「クリスマスケーキ」として親しみ深いスイーツとされています。

 

イギリスのクリスマスプディングは、日本国内においての正月のお雑煮のように、それぞれのお家でその民家の味というものが確立されております。

クリスマスの象徴としても非常に有名なスイーツであると決められています。

下記のページを覗いて参考にしてみましょう。

クリスマスプディングはまずい味?子供の好む美味しい食べ方とは?
イギリスの伝統スイーツクリスマスプディングはマズイと日本人からは、不評が多いのも事実です。ですが、実際に食べた人は「クリスマスプディングをなぜマズいと感じたのか?」知りたくなりますよね。ここでは「クリスマスプディングはまずい味なのか?子供の好む美味しい食べ方はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのは「明治・大正・昭和」どの時代なの!?

クリスマスになると日本で全国的に売り買いされているのが「クリスマスケーキ」です。

しかし、日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのはいつなのか?

どんな由来があるのでしょう?

実はクリスマスケーキを食べるようになった歴史や由来を知る人はいませんよね。

また「日本ではいつからクリスマスケーキが販売されるようになったのでしょうか?」気になりますよね。

 

歴史を遡ると、日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのは「大正11年(1922年)」です。

しかし「クリスマスケーキ」が一般的に認知され始めたのは昭和30年頃のことです。

日本人がクリスマスにケーキを食べだしたきっかけとなったのは「藤井林右衛門」がきっかけ。

不二家生みの親の藤井林右衛門さんが、大正元年にアメリカに下積み期間に渡った際巡り合った、「イチゴショートケーキ」を日本人好みの味に手直ししたことがはじまりです。

そして大正11年(1922年)にクリスマスケーキという形で、イチゴのショートケーキを含んだクリスマス特別のケーキを売り始めました。

 

昭和30年頃(1955年~)には関東、関西、名古屋合わせ50小売店でクリスマスケーキが出荷され、不二家店舗の拡大と一緒にクリスマスケーキも行き渡っていきました。

不二家のマーケティングは大ブレークし、今日この頃ではイチゴのショートケーキが日本のクリスマスのおなじみの一つです。

クリスマスケーキは意外にも昔から存在しており、またクリスマスケーキを食べるのは日本発祥の文化でもあるのです。

 

簡単に言えば、今のクリスマスケーキのブームは日本が流行らせたようなものなのです。

もちろん、上記でも少し開設したように、本来、クリスマスの由来はイエス・キリストの出生日を祝うバースデーとして考えられます。

盛大にクリスマスを祝うアメリカ合衆国。

ですが、「アメリカでひと昔前のクリスマスの主流スイーツは何か?」と言ったらケーキではなく主に「パイ」をであり、その文化は今も継承されています。

 

広告

日本人がクリスマスケーキを食べる文化は不二家の腹黒い経営戦略がきっかけだった!?

日本人がクリスマスにケーキを「クリスマス当日」にこぞって食べ始めるきっかけには発祥起源がちゃんとあります。

それは当時、不二家創業者の藤井林右衛門さんが大正元年にアメリカ合衆国に見習い(修行)へ渡った際に、運命的に出会った「イチゴショートケーキ」を日本人好みの味にアレンジしたことが始まりです。

 

そして大正11年(1922年)にクリスマスを象徴するケーキとして、イチゴ(苺)のショートケーキを含めたクリスマス特別のケーキの販売し始めました。

昭和30年頃(1955年~)には関東地方、関西地方、愛知県(名古屋)の合わせて、50店舗でクリスマスケーキが市販開始され、不二家店舗の拡大と同時にクリスマスケーキも普及していきました。

そして、不二家のマーケティングは大ブレイクし、現在でもイチゴのショートケーキがクリスマススイーツの定番の一つとなったのです。

 

なぜクリスマスケーキは「イチゴのショートケーキ」かというのは諸説があります。

ひとつはケーキ業界が仕掛けたイメージ戦略です。

「純白な生クリームが白雪」、「イチゴ(苺)をサンタクロース」として意味しています。

サンタクロースとクリスマスの関係は下記のページで詳しく解説しているので、ぜひ覗いて参考にしてみましょう。

サンタクロースの起源が怖い話?悪魔サンタが悪い子にあげるものは?
サンタクロース(サンタさん)の服の色が赤い秘密のを知っていますか?「なぜサンタクロースの服が赤いのか?」そこにはとっても恐ろしくて怖い都市伝説のようなお話し(理由)があったんです。 ここでは「サンタクロースの起源が怖い話って本当なのか?悪魔サンタが悪い子にあげるものは何か?」疑問にお答えしています。
サンタクロースいつまで信じてる?子供へのプレゼントはいつまで?
サンタクロース(サンタさん)の存在はいつまで信じてよいものなのでしょうか?自身が子供ころは、小学校高学年には「すでにサンタクロースの存在を信じてなかった・・・」という人も多いでしょう。ここでは「サンタクロースいつまで信じてるのか?子供へのプレゼントはいつまでなのか?」疑問にお答えしています。

もう一つは日本人の持つ日の丸「紅白=めでたい」 というイメージです。

これらが現在でも日本の一つの文化として、クリスマスにケーキが毎年のように食べられる由来です。

 

広告

昔は「女の年齢は売れ残ったクリスマスケーキと同じ」という女性を揶揄した理論があたって本当!?

昔は多くの男性が「女性はクリスマスケーキと同じ!売れ残ったら行き遅れる」という理論を口にしていました。

巷ではこれを「女性のクリスマスケーキ理論」と呼ばれています。

行き遅れるということは「結婚が遠のく」というニュアンスが感じられますよね。

このフレーズを聞いてしまうと、なんとなく女性蔑視のような感覚になってしましますよね

 

実は「女はクリスマスケーキと同じで賞味期限が短い!」というかつてのよく明言されたフレーズで、最近では、それほど聞かなくなりました。

この例えの意味に関してクリスマスケーキが関係しており、クリスマスケーキはほとんど12月24日までに販売されますが、25日以降のクリスマスケーキは売れ残り品に当たります。

それ以後は、クリスマスケーキは販売もされません。

昔はその状況を女性の結婚適齢期に比喩されており、24才までが適齢期。

25才で売れ残り、それ以降は「男性に好きになってもらえない!」とクリスマスケーキに例えられていました。

 

女性の社会進出が普通になり、晩婚化が普通になってきた近年では使うことのないフレーズですが、昔は「クリスマスケーキと女性は同じ」と揶揄されていたのです。

ですが、今でも「女の花があるのは30歳まで!」という風習は、いまだに残っており、「クリスマスケーキの理論」が全くなくなったわけではありません。

 

簡潔に言ってしまうと「女は生もの、売れ残ったらいずれ腐るもの」といった表現として言われるようなフレーズです。

もちろん、今は女性も活躍している時代ですし、30歳でもキレイな女性はたくさんおり、「大人の女は30歳から!!」という意見もあります。

 

広告

昔は女の賞味期限をクリスマスケーキに例えてた!女性を蔑視してた男権社会の歴史について

昔は「女性はクリスマスケーキと同じ!」と揶揄(やゆ)されていました。

この意味は女性の年齢が24歳を過ぎると、口説いてくる男性の質や量ともに落ちるため自らのニーズを下げなくてはいけなくなる。

つまり簡潔に「25歳過ぎた賞味期限の過ぎた女は売れ残ったクリスマスケーキと同じで需要が無くなる!」ということです。

 

ちょうどクリスマスケーキが25日に差しかかったら3割引になることが由来しています。

クリスマスケーキは、24日のクリスマスイブに何よりもたくさんの方に食べられ、翌日25日のクリスマスでもまだクリスマスケーキには需要があります。

ですが、25日の午後8時を経てば、「クリスマスケーキの見切り(値引き)」がスタートし、そして翌日の26日には20%割り引き、27日には40%割り引きされていきます。

要するに日付が24日を過ぎると、クリスマスケーキの需要はなくなり価格も落ち込んでいく。

これを、巷では女性にたとえた「クリスマスケーキ理論」です。

 

「25日過ぎたクリスマスケーキは価値が下がっていく」っていう由来と理屈があり、「クリスマスケーキは25日以降に売れ残り廃棄されるか腐る」という古い考え方です。

これを一口で言うと「女性はクリスマスケーキと同様の人生を辿る」ということです。

クリスマスケーキが辿る(たどる)宿命と、女性が辿る宿命は全く同じだと言うことを意味しています。

つまり、24日を境にクリスマスケーキの「価値」が乏しくなっていくように、女性も24歳をオーバーしたらその「価値」が無くなって、「売れ残り」に変わっていくということ。

そしてそれが「負け犬」と考えられる人たちになっていく、訳です。

正直なところ、いくつだろうとも独身女性ならば結婚したいと考えるのはごく普通のこと。

 

広告

女性の賞味期限がクリスマスケーキと同じなら男性の賞味期限はいくつまでなの!?

男尊女卑であった昔は、女性の賞味期限をクリスマスケーキに例えていました。

では、逆に男性の婚活の年齢による制限が気になりますよね。

一般的に男性の賞味期限に関する理論はありませんが、強いて言うなら下記のような結果が指標になります。

20代の女性の年齢から見れば45まで

30代の女性の年齢から見れば50まで

40代の女性のから見れば50歳くらいではないかと思います。

しかし、これに関しては男性の経済力とも比例しているので、男の賞味期限は年齢ではなく「財力」と言う事なります。

 

「男の人はお金さえあれば、賞味期限なんて関係ないからね・・・・」という意見もあるように、長い歴史の中で「女は美貌!男は権力!」もはやこれは全世界で共通なのかもしれません。

女性からすると、これを読めば読むほど不愉快に感じてしまうような意味ですよね。

でも現在は女性の社会進出に伴って、晩婚化も進んでいることから「クリスマスケーキ理論」は通用しなくなっています。

 

しかし実際問題として女性は30歳を超えたら扱いが変わってくるという意見も女性から寄せられています。

美しい花が枯れるように、「30歳超えているのにも限らず、20代のときのような扱いを周囲に要求すると痛い人になって孤立してしまう・・・」という意見もあるのは事実です。

確かに、クリスマスケーキ理論は大袈裟ですが、現実的なことを考えると男性に比べて女性にタイムリミットがあるのは事実です。

 

広告

お菓子の家ケーキをクリスマスに作る由来とは?ジンジャークッキーと童話「ヘクセンハウス(ヘンゼルとグレーテル)」が関係する歴史を解説

クリスマスシーズンになるとお菓子の家が販売されているのをよく見かけますよね?

子供のころによくお菓子の家を思い描いたものですね。

「お菓子の家のケーキが産出される時期はなぜクリスマスシーズンなのか?」疑問に思いますよね。

これに関する諸説は色々と存在しており、一説にはクリスマスが冬至を祝う催し物だったと言われています。

実は、お菓子の家のクリスマスケーキは、冬の季節の12~3月に「風邪やインフルエンザ」等々で体調を損なうことがないように、体を温かくする作用のあるジンジャー(生姜)など調味料を入れたクッキーを食べて健康志向を祈願したことが由来。

 

そのクッキーを作り上げてお菓子の家のクリスマスケーキを作る習慣が一般的になったと言われています。

かわいらしく楽しく作って美味しいままで食べて、尚かつ、体にも良いなんて「お菓子の家のクリスマスケーキ」は魅力いっぱいです。

ヨーロッパのクリスマスツリーには、茶色い人形をかたどったジンジャークッキーが飾られているのが見られます。

これは、上記でも解説したように、もともとヨーロッパではクリスマスにジンジャークッキーを食べる習慣が根付いていました。

 

このクッキーは「ジンジャーブレッドマン」と称され、風邪を防止するように広めたヘンリー8世に由来しているという説があります。

王様を想像して、クッキーを製作したかわいらしい伝説なのです。

 

そして、ヘンゼルとグレーテルの童話に出てくるヘクセンハウス(お菓子の家)が認知されるとともに、ジンジャークッキーを用いてお菓子の家のクリスマスケーキを作るようになりました。

つまりお菓子の家のクリスマスケーキの由来は、童話に出てくる「ヘクセンハウス」を真似たジンジャークッキーだったのです。

 

お菓子の家の由来となったのは、ヘンゼルとグレーテルに出てくる「ヘクセンハウス」という童話の話ですが、「ヘクセンハウス」とは、ドイツ語で「魔女の家」といった意味があります。

実際、童話(ヘンゼルとグレーテル)に登場したお菓子の家「ヘクセンハウス」も、上記で登場した「ジンジャークッキー」をメインに作ってあります。

 

そして、グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』に登場する、「お菓子の家」がモデルになったことで、お菓子の家のクリスマスケーキは欧米で支持されるクリスマスのお菓子となりました。

ちなみに、「ヘクセンハウス(ドイツ語:Hexenhaus)」もしくは、「レープクーヘンハウス(Lebkuchenhaus)」は「お菓子の家」を指しており、固めのジンジャーブレッドのお菓子を素材として作ったミニチュアの家のということを意味しています。

 

古くからクリスマスにはジンジャーを入れたクッキー「ジンジャークッキー」を風邪予防として食べる風習があった。

童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるヘクセンハウス(お菓子の家)に主な材料はジンジャークッキーだった。

ジンジャークッキーを食べる習慣のあるクリスマスなので、それを材料にしているヘクセンハウスを販売するようになった。

 

簡潔に言うとこの3点がクリスマス当日に、お菓子の家のクリスマスケーキが販売されるようになった由来です。

近年では、日本でもクリスマスの期間になるとお菓子の家のキットが売られ、小さな子供でもお菓子の家が簡単に作れるようになりました。

 

しかし、基本的にクリスマスとお菓子の家を作る由来に直接的なストーリーはなく、風邪予防の風習として食べていたクリスマス定番のお菓子であるジンジャークッキーを使って、童話をモチーフとした「お菓子の家のクリスマスケーキ」を作ったことが始まりです。

日本ではお菓子の家のクリスマスケーキはあまり販売していませんが、取り寄せて販売しているケーキ屋さんや百貨店もあるので見つけてみましょう。

 

お菓子の家と言えば、クリスマスだけでなく、日本でもハロウィンイベントに登場することもしばしばありますよね。

クリスマスケーキだけでなく、ハロウィンイベントに関する正しい情報も解説しているので、ぜひ下記のページを覗いて参考にしてみましょう。

日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてる?マナーも悪い?
日本はハロウィンに対して「良いイメージ」と「悪いイメージ」の別れると思いますが、その原因となるのが、連日報道される「マナー違反・喧嘩・痴漢・盗撮・トイレの占拠」などの社会問題です。ここでは「日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてるって本当?マナーも悪いの?」疑問にお答えしています。
ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画は?
ヤクザの人達がハロウィンにお菓子を子供に配る光景をメディアで見たことありませんか?ヤクザといえば、「怖いイメージ」で、お菓子を子供にプレゼントしても、そうやすやすとは近づけないものですよね。ここでは「ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画はある?」などの疑問にお答えしています。
イッテqのピニャータ叩きが爆笑!クリスマスやハロウィンでやろう!
ピニャータは「アメリカ合衆国やカナダ、メキシコ」などでクリスマスパーティー、ハロウィンパーティー、誕生日会、子供や友人の誕生日会で積極的に行われています。ここでは「イッテqのピニャータ叩きが爆笑する動画」を紹介しながらクリスマスやハロウィンで楽しめるピニャータ割の作り方や楽しみ方を解説していきます。
ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なの?
私たち日本人やアメリカ人が認識している一般に定着したハロウィンで使われる野菜は「オレンジ色の南瓜(かぼちゃ)」ですよね。しかし、実はハロウィンに使われる野菜はもともと「蕪(かぶ)」だったのです。ここでは「ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスにシャンパンを飲む意味(由来)が神秘的って本当!?

クリスマスやお祝い事によく飲まれているのが、幸せを呼ぶと言われている人気のクリスマスシャンパンです。

でもクリスマスシャンパンを飲む意味って何なのでしょうか?

なぜクリスマスにみんな幸せを呼ぶと言われるシャンパンを飲むのか気になりますよね。

 

クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う日です。

一つの諸説として、クリスマスの食事祭ではイエス・キリストの肉体をパンに、血をワインに例えています。

このようにキリストとワインは繋がりがすごく強く、キリストの生誕を祝う飲み物=ワインとなるのは自然なことです。

ですが、血に例えていることからワインとはやはり赤ワインですよね。

しかし、時代の流れによって、「キリスト=ワイン」と「お祝い=縁起が良いシャンパン」が合わさってクリスマスをシャンパンで祝うようになりました。

つまり、元々のクリスマスはシャンパンではなく、赤いワインだったのです

それが時代の流れでシャンパンになっていきました。

もともと、シャンパンは注いだときに立つ泡がイギリス、フランスで注目され始めて、フランスでは「国王、王妃、上流階級、高貴な人」に浸透していきました。

 

過去のフランスの国王では、戴冠式や受洗式はシャンパーニュ地方の中枢、ランス大聖堂で催されました。

そして祝宴には生まれ故郷シャンパーニュのワイン(後のシャンパン)が並べられたことが由来です。

そこから時を経て「特別な日や祝い事にはシャンパン」というイメージが、国際的な印象になりました。

 

そこからクリスマスや結婚式などのお祝いとしてシャンパンを贈ったり、お祝いの席の乾杯としてシャンパンが活用される様に変化しました。

シャンパンは当初、「泡立つワイン」って呼ばれており、上流階級に親しまれてきました。

ちなみに、クリスマスシャンパンの「音」に関する幸福の言い伝えがあります。

シャンパンをグラスに注ぐ際、パチパチという音が耳に入ったりますよね。

 

昔より伝わる伝承で、その音色は<天使の拍手>と言われています。

「お祝いのときや栄光を讃える、その場には天の祝福がある…」クリスマスのシーンを思い描くと、まるでその場を祝福しているように感じますね。

クリスマスシャンパンは、その場を祝福しているようです。

 

もう一つ、クリスマスシャンパンの「泡」に関する幸福の言い伝えもあります。

フランスのシャンパーニュ地方の言い伝えでは、シャンパンの泡は「幸せ」といった意味が込められています。

シャンパンをグラスに注ぐ際、グラスの中では泡が下から上へと湧き上がってきますよね。

これは「運気が下から上へとずっと上昇し続ける」という意味が秘められております。

 

クリスマスシャンパンは「幸せ」を持ち込んでくれるドリンクです。

これからクリスマスのお祝いのお飲み物はシャンパンで決まりですね。

最近では、もはやイルミネーションのような印象さえ受ける、クリスマスのシャンパンタワーです。

今ではシャンパンタワーはクリスマスの名物ともいえるほど、世の中に浸透しており子供たちの大喜びです。

 

上記で解説したように、実はクリスマスとシャンパンの歴史は間接的であることがわかります。

元々、クリスマスに飲まれていたのはワインでした。

でもクリスマスが祝い事として認知されるようになってから、幸福を招く言い伝えがあるシャンパンが適任だという話になったようですね。

 

今では、クリスマスパーティーなどで当たり前のようにシャンパンを飲んでいますね。

ですがシャンパンは幸福を招くドリンクとして知られています。

なんだかクリスマスにシャンパンを飲むのが急に縁起が良く感じられますね。

 

広告

クリスマスケーキ食べる日はいつ?太らない時間は?意味は?不二家?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

基本的にクリスマスケーキを食べるのは特に決まりはないですし、

多くの日本人は各々の都合が良いタイミングで食べているものです。

ですが、もしあなたが正確にルールに基づいてクリスマスケーキを食べたいのであれば、

このページを参考にしましょう。

 

また、クリスマスケーキを食べても絶対に太りたくない人もこのページを参考にするよと良いでしょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました