クリスマスにケンタッキーフライドチキンなぜ食べる?日本の歴史は?

クリスマス
この記事は約14分で読めます。

アメリカではクリスマスに七面鳥(ターキー)を食べるのが一般的です。

しかし日本ではクリスマスに、「ケンタッキー・フライド・チキン」や「フライドチキン」を食べる習慣がありますが、

これは何故(なぜ)でしょうか?

確かに、日本ではクリスマスになるとCMやコンビニ、スーパー、百貨店で、

「チキン」のイベントやフェアが開催されますよね。

では、この理由や歴史について知っておきましょう。

 

広告

クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べる日本は頭おかしい!?

日本のクリスマスやクリスマスイヴには、ケンタッキーやフライドチキンを食べる風習が一般的に定着していますが、ヨーロッパやアメリカではこの風習は全くありません。

その理由は、フライドチキンではなく七面鳥(ターキー)を食べるからです。

 

この日本との違いに海外の人(外国の人)は、驚きを隠せない反応をしているわけですが、日本人からすると『フライドチキン』が食卓に見当たらないクリスマスというのはまったく信じられない話です。

このように、実のところ日本はクリスマス文化に関して独自の解釈をしており、海外(外国)との温度差があるのも事実です。

日本と海外のクリスマスの違いについて、下記のページを覗いてぜひ参考にしてみましょう。

日本人のクリスマス文化が頭おかしい理由はなぜ?山口県が原因なの?
クリスマス以外にも外国の文化や習慣は日本に入ると独特なものに変化することがよくあります。文化や風習は日本企業の商業戦略により持ち込まれたものが多く元とは違った習慣やイメージになってしまうのです。 ここでは「日本人のクリスマス文化がおかしい理由はなぜ?山口県が原因なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスに日本国だけがケンタッキーフライドチキンを食べるようになった2つの原因とは!?

「日本では七面鳥(ターキー)が手に入らないから!」

では、何故(なぜ)海外では七面鳥で、日本国内では『ケンタッキー』なのでしょうか。

一つの理由として、1970年代に日本にクリスマス文化が伝わってきたときに、日本では七面鳥を食べる文化があまりないということが一つの要因で、日本ではクリスマスの鶏(とり)料理の中でも、フライドチキンやケンタッキーを食べるという習慣がかなり根付いていますよね。

ヨーロッパやアメリカや他の国では、「クリスマスは絶対にチキン!」というこだわりは特別ありません。

この習慣には、カーネルおじさんとして有名なケンタッキーフライドチキン(KFC)が非常に影響を与えています。

クリスマスには七面鳥(ターキー)というイメージが、強かった高度経済成長時代、七面鳥はアジア圏の日本では手に入り難い食材でした。

仮に入手できてもとても高価で、その上、七面鳥を焼くための大きなオーブンが日本の家庭に殆ど普及していなかったのです。

そして、クリスマスの文化が伝わったときに、日本には七面鳥を食べる文化がなかったため、

「チキン」や「フライドチキン」、「ケンタッキー・フライド・チキン」が七面鳥の代用として食べられるようになりました。

 

「会社のメディアを活用した戦略にまんまと乗せられた!」

もう一つはCMやテレビ番組、イベントなどによるメディアの影響です。

クリスマスの時期になるとこぞって、フライドチキンのCMが放送し始めますよね。

百貨店やスーパー、コンビニでもフライドチキンを全面的に売り出しています。

これも日本がクリスマスに「ケンタッキー・フライド・チキン」や「フライドチキン」を食べるようになった理由の一つです。

 

広告

日本とアメリカではケンタッキーフライドチキンに対する温度がまるで違う理由はなぜ!?

実は、クリスマスの発祥地であるアメリカのケンタッキーのホームページには、さりげなくクリスマスムードはあるが、『ケンタッキー=クリスマス』というニュワンスは日本ほど伝わってこない。

対して日本のケンタッキーはモロにクリスマスムード一色でフライドチキンを勧めている。

実はこれには理由があり、ある日、日本に居住している外国人(海外の人)がケンタッキー青山店で、「日本では七面鳥(ターキー)がなかなか買えないので、KFCのチキンでクリスマスを祝おう」と来店。

これにヒントを得た当時のKFCの広告担当者者が『クリスマスにはケンタッキー』を広く宣伝活動しようと考え、1974年12月1日にキャンペーンが実施されたという歴史的な逸話があります。

日本でクリスマスにチキンを食べる風習は、「ケンタッキーフライドチキンが日本国内に最初の1号店を出店した1970年11月21日以降に始まる」とKFCの公式ページには表記されています。

 

キッカケは、日本に住む外国人のお客さんに、「日本ではターキーが全く手に入らないので、KFCのフライドチキンでキリスト生誕際のクリスマスを祝おうと思う」とオーダーされたという話があります。

そこからフライドチキンをクリスマスキャンペーンに関係づけたケンタッキーフライドチキンの宣伝(広告)戦略によって、『クリスマスにはケンタッキーフライドチキン』という風潮が日本全国に少しずつ広まっていったのです。

つまり、クリスマスにフライドチキンを食べる習慣は日本発祥と言うわけです。

 

『クリスマスにはケンタッキーフライドチキン』というコンセプトは、今やケンタッキーの商品を飛び越えて、『クリスマスは鶏肉を食べる日』と変化し、一般家庭に定着しています。

クリスマスになると、デパ地下やコンビニエンスストアでも、七面鳥(ターキー)ではなく、チキンやフライドチキン祭りになっていますよね。

 

ちなみに、アメリカのクリスマスは、米国のケンタッキーフライドチキンにとっては閑散期(かんさんき)だそうです。

クリスマスはアメリカの歴史にとって非常に根深い行事ですし、食事には意味があることがわかります。

アメリカでは七面鳥(ターキー)ですが、

日本では「チキン」をクリスマスに食べることが多く、特に12月~1月にかけてケンタッキー・フライド・チキンの需要は飛躍的に上がります。

 

広告

日本のクリスマス文化は七面鳥がないから妥協でケンタッキーフライドチキンを食べている!?

もともと、クリスマスは七面鳥を食べるのが正しい文化様式です。

しかし、日本でクリスマスが定着し始めたときに、七面鳥(ターキー)を入手するのが困難な状況でした。

そこで代用しやすい「チキン」・「フライドチキン」を使用するのはある種の必然と言えるでしょう。

そこに、メディアやCM、百貨店の宣伝が拍車をかけたというわけです。

つまり日本でクリスマスに「チキン」を食べるのは、単純に七面鳥(ターキー)が買えないからという理由なわけです。

つまり日本でクリスマスにチキンを食べる習慣は、アメリカで七面鳥を食べる習慣をマネてるということになります。

クリスマスになると日本ではチキンを食べる家族が多く、CMでも頻繁に放送されていますよね。

同じように日本独自の流れは今社会問題となっている、「ハロウィンイベント」にも似たようなことが言えます。

ぜひ、下記のページを覗いて参考にしてみましょう。

日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてる?マナーも悪い?
日本はハロウィンに対して「良いイメージ」と「悪いイメージ」の別れると思いますが、その原因となるのが、連日報道される「マナー違反・喧嘩・痴漢・盗撮・トイレの占拠」などの社会問題です。ここでは「日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてるって本当?マナーも悪いの?」疑問にお答えしています。
ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画は?
ヤクザの人達がハロウィンにお菓子を子供に配る光景をメディアで見たことありませんか?ヤクザといえば、「怖いイメージ」で、お菓子を子供にプレゼントしても、そうやすやすとは近づけないものですよね。ここでは「ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画はある?」などの疑問にお答えしています。
ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なの?
私たち日本人やアメリカ人が認識している一般に定着したハロウィンで使われる野菜は「オレンジ色の南瓜(かぼちゃ)」ですよね。しかし、実はハロウィンに使われる野菜はもともと「蕪(かぶ)」だったのです。ここでは「ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

アメリカでクリスマスに七面鳥(ターキー)を食べる由来が考え深いって本当!?

アメリカでは「七面鳥」をクリスマスに食べる習慣があります。

なぜアメリカでは、クリスマスにチキンや七面鳥(ターキー)料理を口にするのでしょう?

昔から北・中央アメリカに生存していた七面鳥。

米国人先住民の食料であったことは勿論、アメリカに移住してきた人たちも飢えを凌ぐために捕らえたり、先住民に割りあてて貰ったりして命をつないだそうです。

「七面鳥なくして現在のアメリカ合衆国はない」という名言があるほど、アメリカにとって有難く価値のある食糧源だったんですね。

そういった理由から、七面鳥料理は「感謝」の兆しであるとされました。

そしてクリスマスに加え感謝祭やお祝い事のテーブルに並べられることが、アメリカの文化様式として馴染んでいます。

つまり、七面鳥がいなかったら、今、アメリカ人が居なかったかもしれないといっても過言ではありません。

 

他にも、キリスト教ではクリスマスの晩餐で、「お祝いの日に悪いことが起きないように」という意味を込めて七面鳥を神の生贄にし、丸焼きにして食卓に出す習慣があました。

 

アメリカ大統領だったジョン・F・ケネディーが感謝祭のときに、「Good Eatin’, Mr. President(味わって食べてね、大統領)」と首からカードを提げた七面鳥を贈呈されてましたが、

口にしなかったという逸話があります。

これが由来となり、現在でも大統領が恩赦(おんしゃ)を送る際には、七面鳥を放鳥するという儀式が施されています。

 

アメリカにとって、七面鳥と言うと本当になじみの深い鳥なのです。

また、クリスマスと言えば、アメリカで七面鳥と同じくらい馴染み深いのがサンタクロースで、この人物像も日本人とアメリカ人で印象(イメージ)が大きく異なっています。

興味があれば、下記のページを覗いて参考にしてみましょう。

サンタクロース発祥地はフィンランド?本名や起源が怖いって本当?
サンタクロース発祥の地はどこなのでしょうか?一般的には「サンタ村」があることから、フィンランドがサンタクロースは発祥の地と言われますが、これは多くの人が勘違いしてる誤報の可能性もあります。ここでは「サンタクロース発祥地はフィンランドなのか?本名や起源が怖いって本当なのか?」疑問にお答えしています。
サンタクロースの起源が怖い話?悪魔サンタが悪い子にあげるものは?
サンタクロース(サンタさん)の服の色が赤い秘密のを知っていますか?「なぜサンタクロースの服が赤いのか?」そこにはとっても恐ろしくて怖い都市伝説のようなお話し(理由)があったんです。 ここでは「サンタクロースの起源が怖い話って本当なのか?悪魔サンタが悪い子にあげるものは何か?」疑問にお答えしています。
サンタクロースいつまで信じてる?子供へのプレゼントはいつまで?
サンタクロース(サンタさん)の存在はいつまで信じてよいものなのでしょうか?自身が子供ころは、小学校高学年には「すでにサンタクロースの存在を信じてなかった・・・」という人も多いでしょう。ここでは「サンタクロースいつまで信じてるのか?子供へのプレゼントはいつまでなのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べるのは24日と25日のどっちが正しい文化様式なの!?

上記で、クリスマスにチキンを食べる習慣は日本だけで、アメリカでは七面鳥を食べていることがわかりましたよね。

でも「いつクリスマスにチキンを食べるのか?」24日か25日か意外と困惑しますよね。

結論から言えば、クリスマスのルールに基づいて、ケンタッキー・フライド・チキンを食べるなら24日の日没~25日に食べると良いでしょう。

 

クリスマスは、本来、キリストの生誕を祝う行事です。

なので、ミサに行き礼拝をして、その後食事を囲むという時間の費やし方をしていたり、キリスト誕生の前夜祭に盛大にお祝いするという時間の費やし方をするようです。

 

しかし日本中でのクリスマスは結局のところ雰囲気を満喫するという人が多いので、「この日」じゃないといけないという決まりはありませんし、日本はキリスト教とは深く関係していません。

 

もちろん、家族の都合によって変わるので、決まった日にちや時間はありませんが、クリスマスのルールに基づいて「ケンタッキー・フライド・チキン」を食べるのであれば、24日の日没(日が暮れる時間)~25日までに食べるのが良いでしょう。

下記のページを覗いて参考にしてみましょう。

クリスマスケーキ食べる日はいつ?太らない時間は?意味は?不二家?
クリスマスケーキを食べる日や意味について正確に知っている人は日本でも少ないものです。ここでは「クリスマスケーキを食べる日はいつが正しいのか?クリスマスケーキを食べても太らない時間はあるのか?クリスマスケーキの意味は何か?日本のクリスマスケーキは不二家が発祥なのか?」疑問にお答えしています。

ほとんどの場合は24日の夜にチキンを食べるという人がほとんどです。

中には24日には家族でささやかに、25日にはおじいちゃん・おばあちゃんたちも結び付けて盛大にというファミリーもあります。

また、せっかくのクリスマスなので、クリスマスプディングやキャンディーケーインなどの伝統スイーツも食卓に並べて、よりクリスマス感を楽しむのもオススメですし、子供がいる人は「ピニャータ割り」などを催し物として取り入れても良いでしょう。

クリスマスプディングはまずい味?子供の好む美味しい食べ方とは?
イギリスの伝統スイーツクリスマスプディングはマズイと日本人からは、不評が多いのも事実です。ですが、実際に食べた人は「クリスマスプディングをなぜマズいと感じたのか?」知りたくなりますよね。ここでは「クリスマスプディングはまずい味なのか?子供の好む美味しい食べ方はあるのか?」疑問にお答えしています。
クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味は?場所は?飴の味は?
クリスマスキャンディーケーイン杖にはどんな歴史(由来)があるのでしょうか?「赤」・「緑」・「白」の3色使っている意味も知りたいですよね。ここでは「クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味はあるのか?クリスマスツリーのどこの場所に飾るべきなのか?どんな飴の味なのか?」疑問にお答えしています。
イッテqのピニャータ叩きが爆笑!クリスマスやハロウィンでやろう!
ピニャータは「アメリカ合衆国やカナダ、メキシコ」などでクリスマスパーティー、ハロウィンパーティー、誕生日会、子供や友人の誕生日会で積極的に行われています。ここでは「イッテqのピニャータ叩きが爆笑する動画」を紹介しながらクリスマスやハロウィンで楽しめるピニャータ割の作り方や楽しみ方を解説していきます。

そして、クリスマスにケンタッキー・フライド・チキンを食べるにあたって、特に気になるのが「カロリー」ですよね。

もし、あなたがクリスマスにケンタッキー・フライド・チキンを食べることで、「食べると太ってしまう・・・」という心配をしているのであれば、ケンタッキー・フライド・チキンのお供にする飲み物にこだわってみましょう。

ハニーブッシュの副作用と成分の効果効能は?ガンやダイエットには?
ハニーブッシュはルイボスティーと並ぶ二大ハーブティーで、鉄やカリウム、亜鉛やマグネシウム以外に人間の生活に不可欠な栄養素を含みます。ここでは「ハニーブッシュには副作用があるのか?ハニーブッシュティーの成分の効果効能は何か?ハニーブッシュティーはガンやダイエットに役立つのか?」疑問にお答えします。
寝る前の夜に紅茶を飲むと太る?ダイエット中に痩せる飲み方って?
「夜に紅茶を飲むと太るような気がする・・・」そう感じたとこありますよね。眠気覚ましのために紅茶に含まれるカフェインが必要になるときもあります。では、紅茶を寝る前に飲むと太るのでしょうか?ここでは寝る前の夜に紅茶を飲むと太るのか?ダイエット中に痩せる飲み方はあるのか?疑問にお答えしています。
妊娠中ルイボスティー飲み過ぎは危険?胎児が心不全に?摂取量は?
妊娠中は食べ物や飲み物に気を付ける必要がありますよね。そこで、妊婦に人気を集めているのが、ノンカフェインで母子の体に優しいルイボスティーです。ここでは「妊娠中ルイボスティー飲み過ぎはまずいのか?胎児が心不全になるのは本当なのか?妊娠中のルイボスティーの摂取量はどれくらいか?」疑問にお答えしています。
特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招く?便秘や肝臓にも悪い?
「特茶を飲み過ぎると下痢したり、吐き気を感じる」という人は意外にも多くい。実は、特茶の口コミを調べると「特茶を飲んだら胃が痛くなって下痢した!」などの副作用に関する体験談も目にします。ここでは「特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招くのは本当か?便秘や肝臓にも悪いのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスにピッタリ!ケンタッキーフライドチキンに合う献立とは!?

まずは、ケンタッキー(KFC)のクリスマスメニューの中で、特に人気商品「パーティーバーレル」に合う定番の献立を紹介していきます。

パーティーバーレルの内容は、サラダ・ケーキ・(バーレルによって)ローストチキン・オリジナルチキと、この点だけでも非常に充実した料理の品々が入っています。

なので、定番であるチキンの味を引き立てるメニューを紹介します。

そこで、パーティーバーレルにおすすめの献立は下記になります。

フライドポテト

ミネストローネ

巻き寿司orおいなりさん

 

フライドポテトはケンタッキーのセットでもありますし、パーティーバーレルには一緒に組み合わされていないので、フライドチキンの食べ合わせとして選んでみるのがオススメです。

また、お野菜がサラダだけと足りないので、野菜が充実したミネストローネで栄養も群とアップさせるのもオススメです。

ミネストローネは食卓に並ぶときに、ビジュアル的にも赤と彩りが良いので、パーティーには大好評メニューの一つです。

そして、「巻き寿司」もしくは「おいなり(いなり寿司)」、食卓を囲む際に男性がいる場合にオススメで、フライドチキンを食べるとお米が味わいたくなると言う男性の意見も多いので、ケンタッキーフライドチキンとあわせる料理の献立にも加えてみるのも良いでしょう。

 

ケンタッキーを家で食べる時は必ずと言っていいほど、巻き寿司を買っている家庭も多いです。

巻き寿司やおいなりさんだと片手で食べれるので、小さい子供さんも手軽に食べやすいですし一石二鳥です。

クリスマスに「ケンタッキーフライドチキン」や「チキン」だけだと飽きてしまいますが、この3つを加えればクリスマスにみんなが美味しく召し上がれる献立になります。

 

次にパーティーバーレルに続いて、次はパックの食べ合わせにオススメな献立を考えていきましょう。

パックメニューの内容は、ナゲット・オリジナルチキン・(パックによって)ローストチキンと、主にチキンが主流の内容となっています。

ケンタッキー特製のチキンをクリスマスに食べたい人はこれでもいいかもしれませんが、子供や父親もしくは旦那が居る家庭は、もうちょっと違う味わいのメニューを増やしたい所ですね。

そこで、パックにおすすめの献立は下記になります。

サラダ

クリームシチュー

パスタ

ケンタッキーのパックメニューですと、野菜がほとんど入っていませんので、サラダで野菜をプラスしてみるのもオススメです。

 

また、クリームシチューも具だくさんにすることで、温野菜が摂れ、寒い時期に体の中からポカポカ温まります。

余裕があれば、パイシートを使って、ホットパイシチューにするとよりクリスマスメニューのようになります。

主食のパスタは、ナポリタンや和風パスタなど、小さな子供も手軽に食べやすい味付けがオススメです。

ボリュームのある献立ですが、どれも手軽に短時間で作れる献立なので料理する人にもにオススメですし、どれも作りやすいものなので、空いた時間で雰囲気づくりするなど、クリスマスの飾り付けなども楽しめます。

 

手作り料理が一つあるだけでも、クリスマスのテーブルが温かみを持ちますよね。

余談ですが、食材の中にキュウリを取り入れたり、寒い時期の有酸素運動(散歩)を取り入れることで、高カロリーなケンタッキー・フライド・チキンを食べたことによる脂肪蓄積を抑えてくれるでしょう。

下記のページをぜひ参考にしてみましょう。

つわり中にきゅうり丸かじり食べ過ぎ危険?気持ち悪くなる?性別は?
妊娠中にキュウリ(胡瓜)ばかり食べているママさんも多いですが、お腹の赤ちゃんへの悪影響が心配になりますよね。特に、悪阻(つわり)期間中は食事内容が極端になってしまうもの。ここでは「妊娠中やつわり中にきゅうりを食べ過ぎたら危険なのか?きゅうり(胡瓜)の丸かじりはヤバイのか?」疑問にお答えしています。
妊婦が散歩で寒い対策法は?妊娠中~臨月の秋冬ウォーキング運動とは
寒い時期になると外に出るのが億劫になりますが、妊娠中は軽い散歩を日常的に行うことは、母子の健康にもお産を楽にするためにも有効な手段です。そこで、問題となるのが「寒さ」ですよね。ここでは「妊婦が散歩で寒い対策法はあるのか?妊娠中~臨月の秋冬ウォーキング運動のメリットは何か?」疑問にお答えしています。
寒い時期はカロリー消費量が多い?カロリー不足は寒さを感じる?
冬や秋になると少しずつ寒くなってきます。では、寒いときに人間の体はカロリー消費量が多くなると言うのは本当なのでしょうか?これが本当であればダイエットも夏場よりも冬場のほうが効果的です。ここでは「寒い時はカロリー消費量が多いのか?カロリーが不足すると寒さを感じるものなのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスにケンタッキーフライドチキンなぜ食べる?日本の歴史は?~まとめ

近年でもアメリカでクリスマスにチキンや七面鳥を食べるようになりました。

ですが、実はクリスマスにチキン「ケンタッキー・フライド・チキン」を習慣として食べるのは日本だけなのです。

アメリカではクリスマスに七面鳥を食べますが、日本では七面鳥が販売されていないので代わりに、ケンタッキーやコンビニ、スーパー、百貨店で販売されている「チキン」を食べる習慣があります。

ですが、日本でチキンを食べるようになった理由として、アメリカでクリスマスに「七面鳥」を食べる習慣が由来しています。

つまり日本でクリスマスにチキンを食べる理由は、「クリスマスに七面鳥を食べる文化」が由来していることになります。

結局のところ「チキン」は昔からクリスマスに食べる習慣があった「七面鳥」の代わりってことになります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました