サンタクロースいつまで信じてる?子供へのプレゼントはいつまで?

クリスマス
この記事は約16分で読めます。

サンタクロースはいつまで信じてよいものなのでしょうか?

自身が子供ころは、小学校高学年には「すでにサンタクロースの存在を信じてなかった・・・」という人も多いでしょう。

また、子供がいる親としては「サンタクロースの存在をいつまで信じさせてあげるべきか?」悩ましくもなりますよね。

では、ページを読み進めて

サンタクロースを子供はいつまで信じているのか?

サンタクロースの存在をいつまで信じさせておくべきか?

など疑問を解決していきましょう。

 

広告

サンタクロースいつまで信じてる?子供がサンタに気づく「平均年齢」と「きっかけ」を解説!

一般的に子供がサンタクロースを信じている年齢は、平均すると10歳~12歳(小学校4年生~6年生)までです。

子供がサンタクロースを信じなくなったきっかけは下記です。

「同級生にサンタクロースはいないと言われる」

「現実的に考えてサンタクロースがこの世にいたらおかしいと感じる」

「急にプレゼントを貰えなくなる」

など理由は様々ですが、多くの子供は小学校を卒業することには、

サンタクロースの存在を信じなくなります。

 

2012年にインターネットでアンケート調査したデータによると、下記のようなデータが判明しています。

27.8%が小学校1年生~2年生(6歳~8歳)までサンタさんをしっかりと信じていたことになります。

そして、小学校3年生~4年生(8歳~10歳)になると、22.9%まで減少。

小学4年生までに、大抵の子供がサンタさんがいない(実在しない)と考えてしまうのです。

 

広告

中学生高校生になると誰もサンタクロースを信じなくなる!?

幼い時はサンタの存在を信じている子供も、中学校や高校生にもなると、サンタを信じる子供はたった3%と悲しい結果になります。

確かに「中学生、高校生」になってサンタクロースを信じている子供は多くはいないので、これは当然のデータです。

しかし、一番衝撃なのが、もうすでに小学校入学前の子供の15.1%が、サンタクロースの存在を信じていないということでしょう。

さすがに早いと感じてしまいますよね。

幼稚園や保育園に通っているうちは、100%サンタクロースの存在(実在)を信じているものだと考えているのです。

また、これまで人生で一度もサンタの存在を信じたことがないという子供が、9.4%もいることにも驚きの結果です。

 

広告

サンタクロースは立派な職業として実在しているって本当!?

多くの子供が大人になるにつれて、サンタクロースを信じなくなります。

ですが、サンタクロースは実在しており、それも職業として立派に成立しているのです。

なので、サンタクロースの存在を信じると言うことは、別に嘘なわけではないのです。

 

現在、世界には国から認定を受けた公認サンタクロースが凡そ40人ほど、実在しており、「公認サンタクロース」は意外にも高給取りでもあるのです。

なので、サンタクロース存在を信じることは決して嘘でありません。

ちなみに、「サンタクロース」について下記のページを参考にして、もっと詳しく知っていきましょう。

サンタクロース発祥地はフィンランド?本名や起源が怖いって本当?
サンタクロース発祥の地はどこなのでしょうか?一般的には「サンタ村」があることから、フィンランドがサンタクロースは発祥の地と言われますが、これは多くの人が勘違いしてる誤報の可能性もあります。ここでは「サンタクロース発祥地はフィンランドなのか?本名や起源が怖いって本当なのか?」疑問にお答えしています。
サンタクロースの起源が怖い話?悪魔サンタが悪い子にあげるものは?
サンタクロース(サンタさん)の服の色が赤い秘密のを知っていますか?「なぜサンタクロースの服が赤いのか?」そこにはとっても恐ろしくて怖い都市伝説のようなお話し(理由)があったんです。 ここでは「サンタクロースの起源が怖い話って本当なのか?悪魔サンタが悪い子にあげるものは何か?」疑問にお答えしています。

 

広告

「子供にサンタクロースいつまで信じさせていた?」世間のママさんに体験談を聞いてみた。

うちの息子(長男)はサンタさんをずっと信じていました。

小6になって、息子の友達の話を聞いてからサンタの存在に疑問を持ち始めた様子。

そのとき旦那さんが、息子(長男)に話して聞かせました。

旦那さんと息子(長男)、二人きりだったので、具体的にどのように話を二人でしたのかは分かりません。

「小6にもなって、サンタなんか信じていたら、友達からバカにされる」、

というのが、旦那さんの言い分でした。

息子(長男)は、「サンタがいない現実を知ってしまった」とショックを受けていました。

しかし、時間が解決してくれましたけどね。

疑問が解けたことと同時に、大人に一歩近づいたようにも思ったのでしょう。

あまり小さいうちに理解すると、ガックリしてショックを受けるかも知れませんね。

親が無理やり「信じさせる」ものではないだと考えます。

逆に真実を告げるような話でもありません。

小学校の3年生くらいになれば「サンタさんってもしかして」と考えることがあっても少しも不思議もありません。

親がわざとするとしたら「上手な種明かし」ってところです。

「信じている子供にとってはサンタさんはいる」でもいいと思いますし、例えば「10歳になったらサンタさんはプレゼント業務?を親に頼ることになっている」でもいいでしょう。

子供に「サンタはパパ・ママなんでしょ?」と訊かれました。

その時に、「いやぁ、実のところそうなのよ。ついに分かっちゃった?」と、あっさり我が家では認めました。

小4でした。

はぐらかしてまで信じさせなきゃいけないもんだとは思っておりませんでしたから。

子供は、そういうことなら今までの疑問の辻褄が合うや、と飲み込んでました。

下の子の場合は、小1の時に私が枕元に置くのに分かっていたけれど、「いかにも信じて欲しそうだったから何も言うことなく黙っていた」と小5になった時に言われました。

かつての子供の立場から考えるもの良いでしょう。

何年生だったかしっかりと覚えていませんが、小学生の半ば~後半のころ、両親に疑問をぶつけました。

母からの答えは、「じゃあ本当のことを言うけど、実際のサンタクロースは、フィンランドというとても遠い場所に住んでいて、日本までプレゼントを贈ることなど出来ないから、あなたに毎年プレゼントを準備していたのは私たち」でした。

私が小学生のころ、フィンランドのサンタクロースにクリスマスカードを送ってお返事をもらう、というのがちょっとはやっていたこともあり、学校のクラスの中で、サンタクロースがいる、いないで喧々諤々の議論になっていました。

母の回答はすっと納得できるできた説明でした。

私も子供には同じ様に説明しようかな、って考えています。

どうでしたか?

このようにサンタクロースの存在は子供が信じているまで、

親からは「何も本当のことは言わない」という家庭がほとんどです。

 

子供が純粋な気持ちで信じているまでは、「信じさせてあげたい」というのが親心というものですね。

また、せっかくのクリスマスなので、もっと子供が楽しめるように「ピニャータ割り」などを取り入れてみてはいかがでしょうか?

下記のページに詳しく紹介しているので、参考にしてみましょう。

イッテqのピニャータ叩きが爆笑!クリスマスやハロウィンでやろう!
ピニャータは「アメリカ合衆国やカナダ、メキシコ」などでクリスマスパーティー、ハロウィンパーティー、誕生日会、子供や友人の誕生日会で積極的に行われています。ここでは「イッテqのピニャータ叩きが爆笑する動画」を紹介しながらクリスマスやハロウィンで楽しめるピニャータ割の作り方や楽しみ方を解説していきます。

 

広告

子供にサンタクロースのプレゼントを贈るのはいつの何歳まで!?

インターネットで実施したアンケート調査によると、子供にサンタクロースのプレゼントをあげるのは、子供を持つ家庭(家族)の全体のうち、小学校1年生~6年生まで「サンタクロース制度」を続けると回答した人の割合を数えると、75%もの人が該当しています。

 

親たちはどういうふうにして、サンタクロースのやめ時を見極めているのでしょうか。

このインターネットのアンケート調査でわかったのは、全体のうち4分の3の人たち(家族たち)が、子どもが小学生の間にサンタクロースからのプレゼントを引退しているということです。

 

親から寄せられたコメントには「自分の子どもたち(我が子達)がサンタクロースの存在を信じなくなったらやめる」という意見が多く見られました。

子供がサンタクロースの存在を口にしなくなったら、プレゼントを止めるときでしょう。

サンタクロースの存在を信じるか信じないかは、子供さんたちの性格などによるところが大きいため、一概に何歳になったらやめると結論付けるのは難しいものです。

 

広告

多くの家庭は子供がサンタクロースを信じなくなったらプレゼント制度を撤廃している!?

上記にアンケート調査からもわかるように「子供がサンタクロースを信じなくなったらプレゼントをやめるとしている」という家庭が大半です。

ですが、「子ども達が気づくまではサンタを信じさせてあげたい」という親の意図もありますよね。

親から寄せられたコメントからは、小学生になっても、子ども達がサンタクロースを信じている間はプレゼントをちゃんとあげ続けたいという意見が多く見られました。

 

さらに、もっと「クリスマス」を楽しむために、サンタさんと深い関係がある「キャンディーケーイン」や、「クリスマスプディング」を取り入れることで、もっとクリスマスを楽しむことができます。

下記のページもちょっと覗いてみましょう。

クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味は?場所は?飴の味は?
クリスマスキャンディーケーイン杖にはどんな歴史(由来)があるのでしょうか?「赤」・「緑」・「白」の3色使っている意味も知りたいですよね。ここでは「クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味はあるのか?クリスマスツリーのどこの場所に飾るべきなのか?どんな飴の味なのか?」疑問にお答えしています。
クリスマスプディングはまずい味?子供の好む美味しい食べ方とは?
イギリスの伝統スイーツクリスマスプディングはマズイと日本人からは、不評が多いのも事実です。ですが、実際に食べた人は「クリスマスプディングをなぜマズいと感じたのか?」知りたくなりますよね。ここでは「クリスマスプディングはまずい味なのか?子供の好む美味しい食べ方はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

最近の親は子供にサンタを信じさせるために試行錯誤していた!?

最近では、子どもにサンタクロースを信じ込ませたい親が「日本にはサンタクロースは本当にいないんだよ!」とわざと言ってプレゼントを翌朝に置いておく家庭もあるります。

変な言い回しですが、子供が「サンタクロースはいる!」と思えば、たとえ正体が親であろうと、子供の中ではサンタクロースは実在することになります。

また、サンタクロースのモデルとなった人物は実在するので、決して嘘ではありません。

ただ、日本にはいないということです。

つまり日本にはサンタクロースはいないけど、モデルになった人物はトルコに実際にいたという話です

 

広告

「サンタさんはいない!」と最初から子供に教え込む非道な家庭もある!?

あえて小さいころから「サンタはいない」とサンタを信じさせないようにするのも教育の一環。

事実、「サンタクロースは存在しない!」と子供に話している家庭も少なからずあることが分かっています。

この状況であれば「サンタがいないといつ教えたら良いか?」と悩みを抱く必要さえないですよね。

「サンタは仕込みで本当は親がプレゼントをくれる。」そういった家の事もあるのだそうです。

 

夢が一切無い気もしますが、そうは言ってもクリスマスはプレゼントがもらえるので、サンタクロースからではなくとも、クリスマスの日に子供はハッピーになるかもしれません。

家庭によっては「サンタはいるけど家は親がプレゼントをあげる!」ということにしている人もいるとのことです。

 

ですが、サンタクロースがいない事実を親が教える家庭はそれほど多くはありません。

わざわざ教えなくても、小学生も高学年になるとゆっくりと判明してくるのです。

クリスマスになると多くの子供たちがプレゼントを待ち焦がれると思います。

やはり日本でもサンタさん(サンタクロース)の文化が海外から伝わっているのです。

でも、オマセな子供だとこんなことを聞いてきます。

「サンタさんって、どうせお母さんとお父さんなんでしょ~~?」

「サンタクロースの正体って本当は親なんでしょう~~?」

「サンタクロースなんてどうせいないんでしょう~~」

なんて言ってくる子供もいると思います。

 

広告

子供に「サンタはいない!」と親が告げることは絶対に間違っている!?

「サンタさんの正体に関する現実を純粋な子供に教えるべきなのか?」という疑問はどの家庭の親も悩みますよね?

ですが自分が子供の頃を思い返してみましょう。

「サンタさんの正体は実はパパとママなんだよ~~!!」という親がいるでしょうか?

子どもの無邪気で純粋な童心を壊さないためにも、「サンタさん(サンタクロース)」の正体は愛する子供のためにも隠し通しておくべきでしょう!

 

とある家庭では「サンタさんはいない!」とあえて子供に嘘を言って、クリスマスプレゼントをこっそり枕元に置いている親もいます。

すると翌日に「子どもがサンタさんからプレゼントが届いた~」と大喜びするそうです。

子供にとって誰がサンタさんなのか?

この現実を忘れないでおきましょう。

 

子供の頃はサンタクロースの正体を自身も信じていましたし、プレゼントをもらったら嬉しかったですよね?

大人になると「サンタさん(サンタクロース)の正体はお母さんやお父さん」という人もいます。

実はこれは「YES」でもありますが「NO」でもあるのです。

(これに関しては下記に詳しく紹介します。)

 

ですが実際の現実としてほとんどの家庭ではサンタさんの正体は、「お母さんやお父さん」という認識で間違いありません。

ときどき「おじいちゃんやおばあちゃん」といったケースもありますね。

「子供に本当のことを言うか?どうか?」は各々の過程で事情が変わってくるでしょうが、子供には夢を見させてあげたいですね。

 

また、「クリスマス」にしても「サンタクロース」にしても、正しく文化を理解しないと、日本のハロウィンイベントのように歪曲した解釈になることもあります。

そうならないためにも、下記のページを少し覗いてみましょう。

日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてる?マナーも悪い?
日本はハロウィンに対して「良いイメージ」と「悪いイメージ」の別れると思いますが、その原因となるのが、連日報道される「マナー違反・喧嘩・痴漢・盗撮・トイレの占拠」などの社会問題です。ここでは「日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてるって本当?マナーも悪いの?」疑問にお答えしています。
ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画は?
ヤクザの人達がハロウィンにお菓子を子供に配る光景をメディアで見たことありませんか?ヤクザといえば、「怖いイメージ」で、お菓子を子供にプレゼントしても、そうやすやすとは近づけないものですよね。ここでは「ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画はある?」などの疑問にお答えしています。
ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なの?
私たち日本人やアメリカ人が認識している一般に定着したハロウィンで使われる野菜は「オレンジ色の南瓜(かぼちゃ)」ですよね。しかし、実はハロウィンに使われる野菜はもともと「蕪(かぶ)」だったのです。ここでは「ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

実はサンタクロースを信じている「大人・大学生・高校生」の方が正論!?

上記のページで少し解説しましたが、サンタさんの正体が親というのは「YES」でもありますし「NO」でもあります。

実はサンタクロースには公認の試験というものがあり、日本人にも一人だけ「世界公認のサンタクロース」がいます。

そして世界中で実際に公認されているサンタさんは180人ほどいるようです。

そのうちの30人ほどは女性の公認サンタクロースがいるそうです。

つまりサンタさんの正体が親というのは「YES」でもありますし「NO」でもあります。

 

しかし一番大切なのは「子供にとってのサンタさん(サンタクロース)が誰であるのか?」と言う事です。

これは絶対に忘れないでおきましょう。

確かに、残念ながら実際に家にサンタクロースが来て見た人はいません。

もし家でサンタクロースを見たという人がいれば、それは「サンタクロースのフリをした親」であることに間違いありません。

 

広告

サンタクロースは過去にも現在にも実在しているって本当!?

「サンタクロースが実在しない!」というのは語弊があり、実際にサンタさんは実在した人物なのです。

つまりサンタクロースには自在した人間がモデルになっており、名前は「聖(セント)・ニコラウス」という聖人です。

彼は貧困の一家に喜んでプレゼントをしていた逸話から「サンタクロース」のモデルとなっています。

つまり、サンタさんが実在しているというのは「YES」でもありますし「NO」でもあります。

さらに、世界中で実際に職業として公認されているサンタさんは180人ほどで、そのうちの30人ほどは女性です。

つまり現実にも過去にもサンタクロースは実在しているのです。

 

ですが「自分の愛するわが子にとってサンタさんは誰なのか?」ということが大切です。

純粋な子供の童心を傷つけないためにもサンタさんの正体は隠しておきましょう。

サンタクロースに限らず、クリスマスの文化も私たち日本人は大きな勘違いをしているものです。

下記のページを参考にしてみましょう。

日本人のクリスマス文化が頭おかしい理由はなぜ?山口県が原因なの?
クリスマス以外にも外国の文化や習慣は日本に入ると独特なものに変化することがよくあります。文化や風習は日本企業の商業戦略により持ち込まれたものが多く元とは違った習慣やイメージになってしまうのです。 ここでは「日本人のクリスマス文化がおかしい理由はなぜ?山口県が原因なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

日本にも公認サンタクロースがたった一人だけ存在するって本当なの!?

クリスマスの象徴とも言われている「サンタクロース」。

多くの子供がプレゼントを持って家に来てくれるのを心待ちにしていますよね?

実は現在では、公認サンタクロースという立派な職業があり、これには認定試験というものがあり、日本人にも資格習得者である公認サンタクロースが一人います。

なので「日本にも公認サンタクロースが一人いる」ということになります。

 

もちろん、日本はもともと「サンタクロース」に所縁がある国ではないので、サンタクロースに関する諸説は色々ありますが、日本は全くの無関係です。

しかし、日本の子供たちの話を聞いてみると「サンタさんにプレゼントをもらった!」という意見もありますよね。

これは大人であれば理解できると思いますが、「サンタクロースを演じている親族のだれか」という結論がでますよね。

「親(お父さん・お母さん」または「祖父母」だったり、事情は様々ですが大抵の過程では親がサンタクロースを演じています。

結論として「日本のサンタクロースは一人だけ存在するが、ほとんどの家庭では親である」というのが正確な回答になります。

 

広告

サンタクロースのモデルとなった「セント・ニコラウス」はどんな優しい人物だったの!?

サンタクロースが実在する諸説も色々ですが、ニコラウスがサンタクロースという説が有力だと言われています。

キリスト教以前の時世には、ゲルマン神話の主神ウォドンや北欧神話に登場するオーディンなど、冬の期間の祭のときにギフトを持って来て供給する神が存在していました。

神話において彼らは「8本足の魔法のような馬やトナカイ」が引くソリに搭乗して空を走り回ります。

それらの中でもオーディンは、家の扉が完璧に閉めきられている場合には、煙突から家に入り、プレゼントを送り届けただと聞いています。

そこで、神々の職務を引き継ぐために担ぎ始めたのが、4世紀に小アジアのミラの司教だった「聖ニコラウス」でした。

 

彼は高額所得者で、その富を幸せそうに人々に分け加えました。

つまり、外国ではちゃんと「サンタクロース」のモデルが実在しているのは事実です。

実際にサンタクロースのモデルになった人物や由来はあるので、「日本ではなきがサンタクロースは実在する」というのが答えになります。

 

広告

サンタクロースいつまで信じてる?子供へのプレゼントはいつまで?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

「サンタクロースの存在をいつまで信じさせておくべきか?」悩ましいところですが、多くの子供たちは小学校の四年生~六年生には、サンタクロースの存在を否定していることがわかりますよね。

しかし、実際にサンタクロースは実在しており、職業としても成り立っているのは事実です。

 

なので「大人・高校生・中学生」になってもサンタクロースの存在を肯定することは、決して間違いではありません。

ちなみに、「サンタクロース」と呼ばれる人物の由来もありますが、日本は全く関係していません。

あくまでも日本のサンタクロースは商業化に利用されたビジネスだけの存在と言う事になります。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました