サンタクロースの起源が怖い話?悪魔サンタが悪い子にあげるものは?

クリスマス
この記事は約13分で読めます。

クリスマスになると多くの子供たちが待ちわびる人物こそが「サンタクロース」です。

ですが、サンタクロース(サンタさん)の服の色が赤い秘密のを知っていますか?

「なぜサンタクロースの服が赤いのか?」

そこにはとっても恐ろしくて怖い都市伝説のようなお話し(理由)があったんです。

 

広告

サンタクロースの起源が怖い話は本当だった!?怖い都市伝説4選を紹介!

「サンタクロースは気性が荒いサイコパスな性格の暴力男だった!?」

サンタクロースのモデルとなる聖ニコラウス(セント・ニコラウス)は、聖人としての尊い顔の裏に、なんとも厳格で荒々しい気質もありました。

そんな彼は、異端の教えをといた「アリウス」という司祭に激昂し、タコ殴りにしたことで、免職されるという経歴すらあります。

サンタクロースの赤い服は、荒々しい暴力を振ってニコラウスが浴びた「返り血」のシンボルなのです。

本当に、現存する聖ニコラウスのイコン(聖人の肖像画)は、穏やかで優しい顔つきのものと、目を広めに見開いた頑固そうな人相が見受けられます。

これも、聖ニコラウスが持つ聖人と暴君の二面性が表れているのなのかもしれないのです。

もちろん、あくまでも都市伝説なので真実は誰にもわかりません。

サンタクロースの起源の発祥地は下記のページも参考にしてみましょう。

サンタクロース発祥地はフィンランド?本名や起源が怖いって本当?
サンタクロース発祥の地はどこなのでしょうか?一般的には「サンタ村」があることから、フィンランドがサンタクロースは発祥の地と言われますが、これは多くの人が勘違いしてる誤報の可能性もあります。ここでは「サンタクロース発祥地はフィンランドなのか?本名や起源が怖いって本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

「サンタクロースの赤い服の色は町人を殺した返り血だった!?」

実は、昔のサンタの服は白だったという話もあるのはご存知でしょうか?

サンタクロース(セント・ニコラウス)は、町中の人から蔑まれた不遇な扱いを受けていました。

これが募り積もって12月25日にサンタクロースは、不遇な扱いをしてきた町中の人を釘バット等で大虐殺した。

服には返り血が付き白い服が赤く染まり、残ったのはサンタに親を命を奪われて残った子供達だけでした。

彼ら(子供達)は当然のように泣きました。

その1年後、サンタは罪の償いとして、1年に2日だけ子供達たちにプレゼントを持って来るようになり、それこそが大虐殺を執り行った12月25日とその前日24日だったという理由です。

子供達にはこんな残酷な話(都市伝説)を聞かせられないですよね。

下記のページを覗いて「子供にサンタさんをどう説明するべきか?」もぜひ参考にしてみましょう。

サンタクロースいつまで信じてる?子供へのプレゼントはいつまで?
サンタクロース(サンタさん)の存在はいつまで信じてよいものなのでしょうか?自身が子供ころは、小学校高学年には「すでにサンタクロースの存在を信じてなかった・・・」という人も多いでしょう。ここでは「サンタクロースいつまで信じてるのか?子供へのプレゼントはいつまでなのか?」疑問にお答えしています。

 

「サンタクロースの赤い服の正体は従者を殺した返り血を隠していた!?」

サンタクロースにはこんな怖いエピソード(都市伝説)もあります。

実は、サンタは「黒いサンタ」と「白いサンタ」の2人いたのです。

「黒いサンタ」は冷たくクリスマスの度に子供たちのおもちゃを強奪したり、臓物をプレゼントしたりしていました。

つまり、悪さをする「黒い服のサンタ」と、温厚でクリスマスになると、子供たちにオモチャをプレゼントする「白い服のサンタ」がいました。

ある日、白い服のサンタはある事を企画します。

それは、黒い服のサンタの殺害です。

彼の例年の暴挙に耐え切れなくなってくれたことや、それに対し、涙が滲んできた子供たちを見てきて、こらえ切れなくなりなったことが殺害の原因でした。

そして、殺害を決行。

黒い服のサンタは死んでしまったものです。

服が赤い理由、それは、黒い服のサンタを殺した時に浴びた返り血で、白い服が赤く染まってしまったのです。

このように「サンタクロースの赤い服の色ってなぜ?」と意外にも当然のことの様で、疑問に思わなくなっているかもしれませんね。

つまり、総括して言えば、サンタクロースの赤い服の色は人を殺した返り血を隠すためなど、実はとっても怖い都市伝説があったんです!

クリスマスプディングはまずい味?子供の好む美味しい食べ方とは?
イギリスの伝統スイーツクリスマスプディングはマズイと日本人からは、不評が多いのも事実です。ですが、実際に食べた人は「クリスマスプディングをなぜマズいと感じたのか?」知りたくなりますよね。ここでは「クリスマスプディングはまずい味なのか?子供の好む美味しい食べ方はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

「サンタクロース発祥の起源はコカ・コーラのCMだった!?」

サンタクロースの起源は「コカ・コーラのCM」とも言われていますが、これに関しては嘘(デマ)です。

しかし「サンタクロースは赤い服の色」といったイメージを持たせたのは、コカ・コーラのCMだと都市伝説は有力だと言っても良いでしょう。

サンタクロースに所縁(ゆかり)があるといえば「キャンディーケーイン(杖)」や「クリスマスプディング」ですよね?

サンタについて知るためにも下記のページもぜひ覗いて参考にしてみましょう。

クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味は?場所は?飴の味は?
クリスマスキャンディーケーイン杖にはどんな歴史(由来)があるのでしょうか?「赤」・「緑」・「白」の3色使っている意味も知りたいですよね。ここでは「クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味はあるのか?クリスマスツリーのどこの場所に飾るべきなのか?どんな飴の味なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

サンタクロースにはもう一人「悪魔のサンタ(ブラックサンタ)」がいるって本当なの!?

子供達にとって赤い服を着たサンタクロースは素晴らしい客人(訪問者)です。

しかし、ドイツにはちょっと変わった恐ろしいサンタクロースの伝説(怖い話)があります。

それはもう一人のサンタ「黒い悪魔のサンタ(ブラックサンタクロース)」の存在です。

日本でも黒いサンタクロースと呼称される位置づけの人物です。

黒いサンタは、このサンタクロースのモデルとなった聖ニコラスの従者とされている存在「クネヒト・ループレヒト(ペドロ)」が話の起源になっています。

(クネヒト・ループレヒト通称「ペドロ」の人物像は、ページの後半でもっと詳しく紹介します。)

 

これが人気番組「トリビアの泉」で紹介されたドイツ各地で、継がれている黒いサンタの存在です。

巷では黒いサンタクロースを「ブラックサンタクロース」って言われています。

実はこのサンタクロースには、とっても恐ろしい怖い話があるのです。

イッテqのピニャータ叩きが爆笑!クリスマスやハロウィンでやろう!
ピニャータは「アメリカ合衆国やカナダ、メキシコ」などでクリスマスパーティー、ハロウィンパーティー、誕生日会、子供や友人の誕生日会で積極的に行われています。ここでは「イッテqのピニャータ叩きが爆笑する動画」を紹介しながらクリスマスやハロウィンで楽しめるピニャータ割の作り方や楽しみ方を解説していきます。

 

広告

悪魔サンタが悪い子にあげるものが狂気的で怖すぎる!?

黒いサンタクロース通称「ブラックサンタクロース」はクリスマスプレゼントに棒切れやムチを悪い子供にあげていました。

残酷な贈り物だと「豚の首などを詰め込んだもの」をあげることもあります。

あまりにも悪い子だと背中に持っている袋に子供を入れて誘拐してしまうという話もあります。

他にも悪い子には黒サンタが、「ジャガイモの皮や生き物の内臓(臓物)や石炭」などをプレゼントするといいます。

さらに、とても悪い子どもには、灰の入った重たい袋で殴りつけてお仕置きをし、中にはその袋の中に子供を入れ込んで地獄へ連れて行ってしまうというお話しもあります。

 

しかし、ブラックサンタクロースは、悪い子供達に対して残虐な行いをするきっかけとして、最初は神についての信仰心の無い子供達に対して懲罰を与えるというのが目的でした。

また、実は手当たり次第に子供に意地悪のような行動をすることはありません。

そして、良い子供達に対してはサンタクロースがクリスマスプレゼントを渡しています。

子供が「鞭打ち、臓物のプレゼント」などされたら泣いてしまいますね。

ですが、黒いサンタクロースがそれをするのは、悪い子供を良い子供にするために行っているわけで、一概に悪い人物(悪魔)というわけではないのです。

 

ドイツのことを記載されている本には、「黒いサンタクロースは悪い子に鞭を打つ」という風に書いてあります。

他にも、アメリカではベルスニッケル(黒いサンタクロース)はクリスマスの1~2週間前に家々に現われる。

黒いサンタは「どの子どもが悪い子なのか?」しっかり熟知しているため、子どもたちにとっては恐怖です。

そして、悪い子には黒いサンタクロースが持っている鞭でたたき、子供たちは彼の質問に答え、歌を歌わなくてはならない。

ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なの?
私たち日本人やアメリカ人が認識している一般に定着したハロウィンで使われる野菜は「オレンジ色の南瓜(かぼちゃ)」ですよね。しかし、実はハロウィンに使われる野菜はもともと「蕪(かぶ)」だったのです。ここでは「ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

悪魔と呼ばれる「ブラックサンタ」も実は子供想いの優しき存在だった!?

赤い服に白いお髭のサンタクロースは、よい子のところにプレゼントの入った袋を持って現れます。

悪い子の所には、赤ではなく、生前にサンタの従者だった黒いサンタクロースがやってきます。

黒と茶色の服を来て、悪い子の所へ足を運んで、「石炭、動物の内臓(臓物)やジャガイモの皮、血の滴るロバの耳」など、得体の知れない脅威のグッズをプレゼント。

もっと悪い子は袋につめて地獄にご招待します。

 

上記で解説しているように、ブラックサンタは悪い子供には、お仕置きしています。

確かに、単純に行動だけを見ると怖い邪悪な存在のようですよね。

しかし、実は黒いサンタは悪い子供を改心させようと懲らしめており、黒いサンタは熱意のある教育をする男の顔を持っているため、一概には黒いサンタを悪の化身のような存在ではないのです。

基本的に、日本の場合は「よい子にはサンタさんからプレゼントをもらえる」という前者しか伝わらない場合が多いですよね。

一説では黒いサンタが悪い子に鞭をたたくのは、彼なりの正義や教育なのだと言われています。

 

これは現代でも受け継がれており、アメリカやドイツではサンタクロースの橇の後に、ひそかに歩いてやってくる黒いサンタクロースに怯えている子供もいます。

黒サンタが子供達に会って問いたのは、何よりも神への信仰心だったという逸話もあります。

そこで信心がないと承認した「悪い子」には「むごい」対応をしました。

つまり、良い子には「赤いサンタクロース」が来て、悪い子には怖い顔した「黒いサンタクロース(サンタの従者)」が来るのです。

上記のページでわかるように、ブラックサンタクロースは「怖い悪魔の象徴」として認識されていることがわかります。

では、次に黒いサンタクロースの起源(由来)について知っていきましょう。

最近では、この怖い話から由来して、ハロウィンの行事やイベントの仮装などにも、取り入れらえるようになってきています。

ぜひ、下記のページもちょっと覗いて参考にしてみましょう。

日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてる?マナーも悪い?
日本はハロウィンに対して「良いイメージ」と「悪いイメージ」の別れると思いますが、その原因となるのが、連日報道される「マナー違反・喧嘩・痴漢・盗撮・トイレの占拠」などの社会問題です。ここでは「日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてるって本当?マナーも悪いの?」疑問にお答えしています。

 

広告

黒いサンタクロース(ブラックサンタ)のモデルとなった人物には悲しい物語があった!?

一般的に「赤い服着ているサンタクロース」は聖ニコラウスがモデルとなっています。

ですが、黒いサンタさん(ブラックサンタクロース)は聖ニコラウスの従者である「クネヒト・ループレヒト(ペドロ)」というドイツ人です。

聖ニコラウスには茶色いマントに身を包んだ「クネヒト・ループレヒト(Knecht Ruprecht)」という同伴者がいました。

それがクネヒト・ループレヒトであり、この非人道的な人物は悪い子を袋に入れて拉致していました。

 

つまり、サンタクロースの怖い話の起源は、この黒いサンタクロース(クネヒト・ループレヒト)という聖ニコラウスの従者がきっかけだったのです。

多くの人が勘違いしていますが、赤いサンタクロースと黒いサンタクロースはそもそも別の存在です。

サンタクロースは「聖ニコラウス」であり、黒いサンタクロースは「クネヒト・ループレヒト」というわけです。

名前(呼称)は地域によってバラバラで、「クネヒト・ルプレヒト」や「ペドロ」、「ブラック・ピーター」、「ルンプクネヒト」、「クランムス」など呼び名が存在します。

ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画は?
ヤクザの人達がハロウィンにお菓子を子供に配る光景をメディアで見たことありませんか?ヤクザといえば、「怖いイメージ」で、お菓子を子供にプレゼントしても、そうやすやすとは近づけないものですよね。ここでは「ヤクザがハロウィンにお菓子を子供に配る理由ははぜ?ヤクザ動画はある?」などの疑問にお答えしています。

 

広告

黒いサンタは日本で言うところの「なまはげ」のような存在だった!?

ドイツでは親戚の大人などが聖ニコラウスの役を受け継いで子供の家に足を運びます。

ですが、小さい子は聖ニコラウスからプレゼントをもらえるのか?

一方でクネヒト・ループレヒト(黒いサンタ)に連れ去られちゃうのか?

「良い子にしてないと黒いサンタが出てくるよ」というフレーズは各地によって異なりますが、聞き分けのない子供にいうことを聞かせるために世界各地の親たちが使用しているセリフです。

この話が継承される現代でも、クネヒト・ループレヒト(ペドロ)に怯えている子供も多くいます。

日本ではそれが「鬼」だったり、「なまはげ」に該当します。

 

一方ドイツでは、毎年12月6日(セント・ニコラス日)が来ると、悪い子にはクネヒト・ルプレヒト(ペドロ)が懲戒をすると言い伝えられています。

このクネヒト・ルプレヒトは、聖ニコラスの同伴者であり、悪のシンボルとして現在でも受け継がれています。

黒いあご髭、黒いローブ、ブナの棒を持ち、鎖を引っ張っている、半分悪魔に半分ヤギの体、長い舌と角があるかのようなビジュアルをしています。

悪魔のような悪い子達にバツを与え、地獄に引きずり込むとします。

 

ちなみに、クネヒト・ルプレヒト(黒いサンタ)の話は、中世後半に言い伝えられたと言われています。

特にドイツ周辺ではクリスマスの祝福の一部として12月上旬にイベントが敢行されています。

この伝承は現代でも受け継がれており、親は子どもたちをなんとかいい子にさせようと、「良い子にしてないと黒いサンタが出てくるよ」と子供に言い聞かせている家庭もあります。

日本では黒いサンタは認知されていませんが、「黒いサンタに鞭(ムチ)で打たれたり、残虐なことをされたくないなら、良い子にしてなきゃだめだよ」と子供に言い聞かせている親も少なくありません。

 

広告

サンタクロースの「赤い服」の起源はコカコーラのCMって都市伝説は本当なの?

まずサンタクロースの存在がコカコーラのCMから生まれたという都市伝説は全くのデタラメです。

歴史上でも、サンタのモデルとなった聖ニコラウスは4世紀の人物です。

南北戦争後のアメリカ合衆国では、サンタのコートの色が茶色から赤色に変容していったと言われています。

しかし、サンタの「赤い服」のイメージはコカコーラのCM(コマーシャル)が起源という噂がありましたが、これも嘘ではなく本当ということですね。

 

つまり「サンタさんは赤い服」というイメージを強く信じ込ませたのはコカコーラのCMだとは考えても良さそうです。

このCMで「コカコーラ=サンタクロース」が根付いた理由と言っても過言ではないでしょう。

サンタクロースの服は赤いですが、サンタクロースビジネスにいち早く目を付けたのが、実はサンタクロースの赤い服は「コカ・コーラ」によるCMが放送されたと同時に定着していきました。

ですが、サンタクロースの服の色はコカコーラのCM以前では何色だったかご存知ですか?

実はサンタクロースの服の色は赤色じゃなかったんです!

 

コカ・コーラのCMが放送される前にサンタクロースの服の色は、「青色、茶色、緑色、黒色」など様々な色だったのです。

しかし2000年に放送されたコカ・コーラのCMで、「赤い服のサンタクロース」を起用したことから、一気にサンタクロースの服の色が赤だと認知されました。

つまりコカ・コーラがサンタさんのイメージを作り上げたといっても過言ではありません。

 

広告

サンタクロースの起源(話)とキリスト教は何か関係があるの!?

サンタクロースという呼称は、実在の生存していた人物である、聖ニコラウス(セイント・ニコラウス)から由来しています。

サンタのモデルとなった「セイント・ニコラウス」は司教(聖職者)に就いていたので、キリスト教とは全くの無関係とは言えません。

もちろん、信仰生活、教会の活動とは深い密接な関係はありません。

しかし、セイント・ニコラウスが、街に住む貧しい子供達にプレゼントを贈りながら歩く姿は、神がみんな(街の人々)を愛し、イエス・キリストを救済者として、この世界に送ってくださった、その心を映しだしているものと感じることでしょう。

 

その事を想像させるエピソードの一つに以下のようなものがあげられます。

「ある日セイント・ニコラウスは、貧困のあまり、三人の娘を嫁がせることの不可能な可哀そうな家の存在を知りました。

裕福だったセイント・ニコラウスは真夜中にその貧しい家族の自宅をこっそり訪れ、屋根の上にある煙突から大量の金貨を投げ入れました。

そんなとき暖炉(だんろ)には靴下が下げられており、金貨は靴下の中にストーンと落っこちて行きました。

このセイント・ニコラウスが投げ入れた金貨のお陰で、貧しい家族は娘たちの身売りを避けられました」。

このエピソードが由来となり、「夜中に煙突から家に入って、靴下の中に贈り物を入れる」という、現在における「サンタクロース(セイント・ニコラウス)の伝承が生まれた」と言うものです。

 

広告

サンタクロースの起源が怖い話?悪魔サンタが悪い子にあげるものは?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

サンタクロースの起源には様々な都市伝説がありますが、中には怖いもの(話)もあります。

確かに、サンタクロースの写真をよく見ると、笑顔の下に残虐性と暴力性を秘めているような気もしなくはありませんよね。

もしかしたら、実はサンタクロースのイメージとは真逆で、このページで紹介している都市伝説が真実の場合もあります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました