クリスマスにサンタプレゼントを子供に贈るのは24日25日どっち?

クリスマス
この記事は約26分で読めます。

クリスマスにサンタのプレゼントを子供に贈るのは24日25日どっちなのか?

多くの親御さんが悩むことですよね。

では、ページを読み進めて疑問を解決していきましょう。

また、このページでは、子供にプレゼントするオススメのシチュエーションなどについても解説しています。

ぜひ、最後まで見ていきましょう

 

広告
  1. クリスマスにサンタプレゼントを子供に贈るのは24日25日どっちが正しい?
  2. クリスマスにサンタプレゼントを子供に贈ると喜ばれる9つの渡し方とは?
    1. 「クリスマスツリーの下にプレゼントを置く!」
    2. 「朝起きたらわかるように枕元にプレゼントを置く!」
    3. 「サンタさんの忘れ物で存在をアピールしましょう!」
    4. 「プレゼント探しゲームで盛り上げましょう!」
    5. 「サンタさんへのおすそ分けを用意しておきましょう!」
    6. 「サンタさんへの手紙を書かせましょう!」
    7. 「サンタさんからの電話で話をさせましょう!」
    8. 「インターホンでサンタさんの訪問を印象づけましょう!」
    9. 「実物のサンタさんからプレゼントを渡してもらいましょう!」
  3. サンタクロースのクリスマスプレゼントを子供にバレないで隠せるオススメの場所6選を紹介!
    1. 「プレゼントを入れるオモチャ袋は変えておきましょう!」
    2. 「子供の手の届かない見えない高い場所に隠しましょう!」
    3. 「鍵のかかる場所にプレゼントを隠しましょう!」
    4. 「車のトランクにクリスマスプレゼントを隠しましょう!」
    5. 「職場(会社)のロッカーなどにクリスマスプレゼントを隠しましょう!」
    6. 「おもちゃ屋さんのプレゼントお預かりサービスを活用してみよう!」
  4. クリスマスにサンタが子供にプレゼントする文化は3つの由来がある!?
    1. 「サンタクロースの存在が由来している!」
    2. 「キリスト教との文化が由来している!」
    3. 「東方の三賢人の歴史が由来している!」
  5. 日本ではクリスマスにサンタのプレゼントを子供に贈る文化に嫌悪感を示す人も多い!?
  6. 日本で見かけるサンタクロースのクリスマスブーツの最初の起源は「サンタさんの靴下の話」が由来って本当?
  7. サンタクロースのクリスマスプレゼントの由来がわかる絵本を紹介!小さな子供や乳児への読み聞かせるオススメ4選とは?
    1. 「クリスマスにくつしたをさげるわけ」
    2. 「クリスマスってなあに?」
    3. 「ぎょうじのえほん(冬)」
    4. 「クリスマスの文化史」
  8. あなたも勘違いしている!?「クリスマスイヴとクリスマス」の日付の正しい解釈を解説!
  9. 海外ではクリスマスの日付は「12月26日」って本当!?
  10. クリスマスにサンタのプレゼントを子供に贈るのは24日25日どっち?~まとめ

クリスマスにサンタプレゼントを子供に贈るのは24日25日どっちが正しい?

子供(我が子)に「クリスマスだから今日プレゼントを渡すね」なんて興ざめなことは言えませんよね。

24日はクリスマスイヴで25日はクリスマスですが、多くの親御さんがプレゼントを渡す日にちに悩むものです。

結論から言えば、24日でも25日でもどちらでもOKですが、仕来り(文化様式)をなぞるのであれば、24日の夜~25日の朝(子どもが起床する時間)までが良いでしょう。

基本的にクリスマスにサンタクロースが来るのは、24日の夜になりますし、25日の夜にサンタからのクリスマスプレゼントを渡すのは遅すぎます。

下記の画像を参考にしてみましょう。

昼間にクリスマスプレゼントを子供に渡すのも良いですが、子供達が午前中~夕方まで遊んでいたりする中で渡すより、24日の夜~25日の朝までに渡すほうが喜ぶでしょう。

「サンタさんは夜にプレゼントを持って来る」と信じている子供のほうが多いですし、絶対にこの日にプレゼントしないとダメという訳ではありません。

しかし、子供にサンタからのクリスマスプレゼントを渡すのは、「24日の夜」に贈るのが一番良いタイミングです。

同じ理由で「クリスマスケーキ」や「クリスマスチキン」を食べる時間も一緒です。

下記のページを少し覗いて、ぜひ、考にしてみましょう

クリスマスケーキ食べる日はいつ?太らない時間は?意味は?不二家?
クリスマスケーキを食べる日や意味について正確に知っている人は日本でも少ないものです。ここでは「クリスマスケーキを食べる日はいつが正しいのか?クリスマスケーキを食べても太らない時間はあるのか?クリスマスケーキの意味は何か?日本のクリスマスケーキは不二家が発祥なのか?」疑問にお答えしています。
クリスマスにケンタッキーフライドチキンなぜ食べる?日本の歴史は?
アメリカではクリスマスに七面鳥(ターキー)を食べるのが一般的です。しかし日本ではクリスマスに「フライドチキン」を食べる習慣がありますが、これはなぜでしょう?ここでは「クリスマスにケンタッキーフライドチキンなぜ食べるのか?日本とケンタッキー・フライド・チキンの歴史あるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスにサンタプレゼントを子供に贈ると喜ばれる9つの渡し方とは?

「クリスマスツリーの下にプレゼントを置く!」

家庭で行うクリスマスのシンボルは、何といってもクリスマスツリーです、ヨーロッパやアメリカでは届いた子供へのクリスマスプレゼントをイブまでツリーの下においておく風習があります。

おじいちゃんおばあちゃん、親族(親戚)や仲の良いお友達からのちょっとだけ早いサンタからのプレゼントが届いたら、イブまでツリーの下に置いておきましょう。

見た目も華やかでクリスマス当日に気分が上がりますし、当日までプレゼントを隠しておくよりも、「中身は何だろう?」というイブまでのワクワク感を子供が楽しみに出来るのが魅力です。

わかりやすく目に見えるところにサンタからのクリスマスプレゼントを置いておくことで、クリスマス当日に子供がサプライズでプレゼントされることで、パパやママからの「サンタさんからプレゼント」のサプライズをグッと引き立てる効果もあります。

 

「朝起きたらわかるように枕元にプレゼントを置く!」

愛する子供にサンタからのクリスマスプレンゼントを渡す方法としては、真夜中に寝静まった後に子供に枕元にこっそり置いてサンタさんかたのプレゼントを装うのが世界中の定番ですね。

ここでちょっとひと手間かけて、よりサンタさん(サンタクロース)の存在を我が子にアピールすると、子供は100パーセント喜びます。

枕元にプレゼントをそっと置くだけでなく、朝方こっそり子供の部屋に入って、窓をちょっぴり開けておいて、サンタさんがお部屋に入ってきた様子を演出してみましょう。

ママも一緒になって「ここからサンタさんは入ってきたんだね!」と軽く小芝居すると、子供にとって一生思い出に残るクリスマスになるでしょう。

ちょっとサンタさんの存在に疑問に感じている子供に対しても、初々しい驚きを与えることが可能な非常におすすめの方法です。

下記のページでも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみましょう。

サンタクロースいつまで信じてる?子供へのプレゼントはいつまで?
サンタクロース(サンタさん)の存在はいつまで信じてよいものなのでしょうか?自身が子供ころは、小学校高学年には「すでにサンタクロースの存在を信じてなかった・・・」という人も多いでしょう。ここでは「サンタクロースいつまで信じてるのか?子供へのプレゼントはいつまでなのか?」疑問にお答えしています。

 

「サンタさんの忘れ物で存在をアピールしましょう!」

クリスマスで子供が興味を寄せているのは、やはり「サンタさんは本当に実在しているの?」ということです。

サンタさんには直接会えないけど、サンタさんが本当にプレゼントをくれたことをアピールすると、子供は大喜びします。

枕元にプレゼントをそっとプレゼントを置くだけでなく、室内になんでもいいのでひとつ、サンタさんの忘れ物(来た痕跡)を置いておきましょう。

サンタさんらしくクリスマスの帽子や、プレゼントを詰める白い袋、トリコロール柄の靴下などがおすすめです。

また、ベランダにわざとらしくサンタさんの靴跡をつけてみるのも楽しいですね。

翌日にサンタさんの痕跡を発見した子供は、想像力をかきたててサンタさんの姿を心に刻み付け、ステキな思い出を残してくれるでしょう。

 

「プレゼント探しゲームで盛り上げましょう!」

宝探しゲームのように何パターンかのメッセージカードを使い、子供にサンタからのクリスマスプレゼントの隠し場所を探させて、「クリスマスプレゼントを見つけた!」という楽しさを味わわせてあげましょう。

「机の引き出しに隠した」「電子レンジの中を調べて」「靴箱に何か入っているよ?」など、次々に見つかるメッセージカードを頼りに、あちこちをひっかきまわして、子供は大騒ぎしながら楽しんでくれます。

ゲームは一人よりも何人かの方が白熱するので、クリスマスの朝に子供の枕元にそっとメッセージカートを置いて、兄弟と一緒に「メッセージカード探しゲーム」に誘うのもよいですし、イブのパーティー中に集まった子供全員でチャレンジするのも面白いでしょう。

また、せっかくのクリスマスなので、子供が喜ぶ「ピニャータ割り」を実践するのも良いでしょう。

子供と素敵なクリスマスの思い出にするために、下記のページを参考にしてみましょう。

イッテqのピニャータ叩きが爆笑!クリスマスやハロウィンでやろう!
ピニャータは「アメリカ合衆国やカナダ、メキシコ」などでクリスマスパーティー、ハロウィンパーティー、誕生日会、子供や友人の誕生日会で積極的に行われています。ここでは「イッテqのピニャータ叩きが爆笑する動画」を紹介しながらクリスマスやハロウィンで楽しめるピニャータ割の作り方や楽しみ方を解説していきます。

 

「サンタさんへのおすそ分けを用意しておきましょう!」

子供の中で「サンタさん毎年プレゼントをありがとう」という気持ちが目覚めたら、逆に子供と一緒にサンタさんにパーティーメニューのおすそ分けをして、サンタさんに感謝を伝えるのも素敵なクリスマスの思い出になります。

子供に誘いかけて、イブの夜中にサンタさん用のお夜食や、トナカイ用のニンジンなどを準備してて「サンタさん貰ったら喜んでくれるかな?」と我が子の気分を盛り上げましょう。

朝になって知らない間に届いたサンタさんからのプレゼントと共に、夜ご飯を食べ散らかした後を演出しておくと、子供はビックリして大喜びしてくれます。

感謝や優しい心を育てるためにもオススメなので、ぜひやってみましょう。

 

「サンタさんへの手紙を書かせましょう!」

サンタさんの出身は北欧で、フィンランドのトムテランドには子供に夢をもたらす公認のサンタクロースが職業として実在します。

トムテランドには例年何万通ものサンタを信じる子供たちからの手紙が集まり、プレゼントをねだるそうです。

そんな話を我が子にしながら、子供にサンタさんへ欲しいクリスマスのプレゼントを伝える手紙を書かせるのもオススメ。

外国(海外)に住むサンタさんへの手紙らしく、ローマ字で日本国内の住所を書き、お友達や会社に宛てた手紙を郵送しておけば、子供の希望するプレゼントがわかります。

サンタさんしかわからないはずのクリスマスプレゼントをもらえれば、子供はよりサンタさんの存在を信じて、毎年のクリスマスを楽しめるようになるでしょう。

 

「サンタさんからの電話で話をさせましょう!」

まだ子供の年齢が幼く、字を書けず手紙を綴れない場合には、サンタさんから電話がくるというケースもアリです。

これには電話をかけてくれる協力者が重要なのですが、やはりサンタさんはおじいさんのイメージですので、お祖父ちゃんに任せるのがよいでしょう。

子供は電話が大好きですし、顔の見えない相手の姿をイメージしながら、喜んでサンタさんとプレゼントのお話をして盛り上がってくれます。

この方法も、サンタさんへの手紙と一緒でクリスマスプレゼントのリサーチに使えますから、ぜひ子供の欲しているプレゼントを用意して、当日にプレゼントをあげて喜ばせてあげるとよいでしょう。

 

「インターホンでサンタさんの訪問を印象づけましょう!」

子供が「何が何でもサンタさん(サンタクロース)に会いたい!」と言い出すと、パパやママは参ってしまいますよね。

しかし、ココで上手くはぐらかせないと子供がサンタさんの存在を勘ぐりますから、玄関のインターホンを使い、明確にサンタさんがプレゼントを持ってきてくれた状況を演出してみましょう。

仲の良いママ友や知り合いにサンタさん役を頼み、インターホンを1回鳴らして玄関にプレゼントをそっと置いたら、直ちにその場から去ってもらいましょう。

子供は誰がプレゼントを持ってきてくれたのかを想像して、胸が高鳴り、興奮して喜んでくれますよ。

 

「実物のサンタさんからプレゼントを渡してもらいましょう!」

サンタクロースは空想の人物ですが、真っ赤な洋服にとんがり帽子、長く伸びた白いおひげのダンディなおじいさんとイメージが固定されています。

サンタクロースは簡単に仮装ができるので、お友達に協力してもらって、実際に仮装したサンタクロースはから子供にプレゼントされると、しっかり子供の記憶に残ります。

クリスマスシーズンになるとサンタ派遣サービスという、サンタの仮装でプレゼントしてくれるサービスも宣伝を始めるので、有料になりますが利用してみるのもいいですね。

クリスマス当日の25日は、パーティーメニューの宅配をサンタさんのコスチュームでやっているお店もあるので、良いサンタさんに出会えたら、そのついでにプレゼントを渡すのをお願いするのも良いでしょう。

 

広告

サンタクロースのクリスマスプレゼントを子供にバレないで隠せるオススメの場所6選を紹介!

「プレゼントを入れるオモチャ袋は変えておきましょう!」

クリスマス用のラッピングはワクワクして心躍るものですが、どっちにせよ一目で「プレゼントだ!」とわかってしまいます。

子供用のクリスマスプレゼントは全く別の段ボールや、何枚かの紙袋で包装して子供にバレないように隠しておきましょう。

子供の興味が引かない味気ない見た目が望ましいですが、クリスマスの時期にいきなり段ボールがポツンと置かれると、子供の興味を引いてしまうので、家でプレゼントを置く場所にも注意を払いましょう。

 

「子供の手の届かない見えない高い場所に隠しましょう!」

小さな子供は家探しが大好きで、押し入れの中や洋服タンスの中、机の引き出しの中など、小さな子供にとっては、手の届く場所全部が宝探しの遊び場のようなものです。

子供が触らないのは家ので「目につかない」場所です。

なので、サンタさんからのクリスマスプレゼントは子供の視界に入りにくいであろう、「押し入れの天袋やタンスの上」など、子供の目線よりも高い場所にプレゼントを隠しましょう。

 

「鍵のかかる場所にプレゼントを隠しましょう!」

子供にあげるサンタさんからのクリスマスプレゼント隠す場所に、一番オススメで適している場所は、家の中でも鍵のかかる場所です。

クリスマスプレゼントの大きさにもよりますが、鍵のかかるタンスや通常は鍵をかけている場所にプレゼントを隠しましょう。

特にスーツケースは意外と大きなプレゼントを収納できるので、

サンタさんからのプレゼントの隠し場所にはオススメです。

 

「車のトランクにクリスマスプレゼントを隠しましょう!」

子供は親が思っている以上に、家の中の毎日目にするモノの違いを敏感に察知してしまうため、車のトランクもプレゼントを隠す場所にオススメです。

子供が車に乗車している時に気付かれてしまわないよう、味気ない見た目の段ボール箱にこっそりいれて、トランクには必ずカギを閉めておきましょう。

 

「職場(会社)のロッカーなどにクリスマスプレゼントを隠しましょう!」

子供の生活圏内にサンタさんからのクリスマスプレゼントを隠していると、見つかる危険性はグンと高くなります。

品切れを心配して少しだけ早めにクリスマスプレゼントを購入したときは、職場(会社)の個人ロッカーなどに置いておけると何かと便利ですね。

しかし、必ず職場(会社)にプレゼントを忘れないように注意しましょう。

 

「おもちゃ屋さんのプレゼントお預かりサービスを活用してみよう!」

自転車や電動カー、ジャングルジムや滑り台や砂場など規模が大きいおもちゃ屋さんは、指定の日まで預かって保管するサービスを実施しているお店もあります。

メンバー登録(会員登録)が必要なおもちゃ屋さんや、費用が必要になることもあり得ますが、クリスマス当日まで確実に子供に見つかることはない場所なので利用するのも良いでしょう。

 

広告

クリスマスにサンタが子供にプレゼントする文化は3つの由来がある!?

「サンタクロースの存在が由来している!」

クリスマスプレゼントは多くの子供たちが待ち焦がれる「大切で特別な日」ですよね。

ですがいつからクリスマスにプレゼントを贈る風習ってそもそもどこから来ているのでしょうか?

実はクリスマスプレゼントの由来には3つあります。

1つ目はみんなご存知のサンタクロースが由来していると言われています。

サンタクロースによるクリスマスプレゼント文化の発祥は、「(旧)ローマ帝国キリキア属州パタラ」の住む聖ニコラウスがモデルだと考えられています。

「(旧)ローマ帝国キリキア属州パタラ」は、現代のトルコ共和国南部に位置する地中海に直面した一地域のことです。

サンタクロースの物語について詳しくは下記のページを参考にしてみましょう。

サンタクロース発祥地はフィンランド?本名や起源が怖いって本当?
サンタクロース発祥の地はどこなのでしょうか?一般的には「サンタ村」があることから、フィンランドがサンタクロースは発祥の地と言われますが、これは多くの人が勘違いしてる誤報の可能性もあります。ここでは「サンタクロース発祥地はフィンランドなのか?本名や起源が怖いって本当なのか?」疑問にお答えしています。
サンタクロースの起源が怖い話?悪魔サンタが悪い子にあげるものは?
サンタクロース(サンタさん)の服の色が赤い秘密のを知っていますか?「なぜサンタクロースの服が赤いのか?」そこにはとっても恐ろしくて怖い都市伝説のようなお話し(理由)があったんです。 ここでは「サンタクロースの起源が怖い話って本当なのか?悪魔サンタが悪い子にあげるものは何か?」疑問にお答えしています。

 

「キリスト教との文化が由来している!」

2つ目はキリスト教の文化が由来していると言われています。

古くにキリスト教の宗教団体が「フルーツやパン・菓子・オモチャ」などの盛り込んだものを、お金のない人々に渡したのが起源ではないかとも言われています。

イエスキリストが誕生したときに、博士(賢者)はキリストのためにプレゼントを贈っていました。

今では「キリストの生まれた日を祝う」と言っても、私達がイエスキリストにプレゼントをすることはできませんね。

でも、人に「愛情を込めしたり」「親切」にすることは、キリストにプレゼントをしていることになるという教えが残っています。

この「教え」に基づいて現代でもプレゼントを贈るということが習慣化しています。

これが現在のクリスマスプレゼントを買って渡す意味となっている。

ちなみに日本で最初にクリスマスプレゼントが誕生したのは、明治時代です。

つまりクリスマスにプレゼントを渡す意味は、「日頃の感謝を形にする」というキリスト教の教えが基づいているということです。

多くの人はクリスマスプレゼントの由来はサンタが起源だと思っていますが、実はキリスト教に贈り物をする習わしが起源と言う見識もあり、キリスト教の歴史をひも解いていくと、クリスマスにプレゼントする文化は存在しているのです。

 

「東方の三賢人の歴史が由来している!」

3つ目は「東方の三賢人が海外からプレゼントを持って訪ねてきた歴史」に由来すると考えられています。

「カスパール、メルキオール、バルタザール」という名前を持つこの3人は、占星術を観察していた人たちで、星を読んでいたら、ベツレヘムでユダヤの王さまが生み出されたと確認できました。

この3人の名前は、各々本人が持って行ったプレゼントから来ています。

カスパール(Caspar)は没薬

メルキオール(Melchior)黄金

バルタザール(Balthasar)乳香

この3人のギフトが、現代のギフトにつながっているらしいのです。

キリスト教では「クリスマスそのものが神から与えられた贈り物なのだ」と考えています。

 

2000年前に、神さまが極めて人間を愛していたもので、「自らの息子を地球上に送り、この息子を信頼するなら、永久の命を与えよう」と話すということが聖書に表現されています。

よって、クリスマスは「愛の日」なのです。

 

広告

日本ではクリスマスにサンタのプレゼントを子供に贈る文化に嫌悪感を示す人も多い!?

実は、日本のクリスマス文化に対して疑問を覚えている人もいます。

「クリスマスに子供にプレゼントする意味が分からない」

「クリスマスに恋人通しでプレゼントする意味が分からない」

「友達同士でクリスマスプレゼントする意味が分からない!」

このような意見もあって当然です。

そもそも日本はキリストの文化ではありませんし、サンタクロースの由来にも日本は無関係です。

 

上記でクリスマスにプレゼントを渡す起源(意味)について解説しましたよね?

「日本でクリスマスプレゼント」を渡す意味が分からないという意見はまったく間違いではありません。

歴史をひも解いていくと、クリスマスにおける日本の発祥地は山口県と言われます。

クリスマスは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う日です。

 

古代ローマ帝国では「ミトラ教」というものが信仰されたようで、その神さまが「ミトラス」でありました。

この「ミトラ教」の重大な行事が「冬至」のお祭りで、12月25日でした。

冬至を境に日が伸び始めていくことから、ミトラ教では12月25日を「太陽神が2度と誕生する日」として賛美し、祭典していたというのが本当です。

その後、ローマ帝国がキリスト教を加味した時に、ミトラ教やほかの土着の宗教と敵対することなく賑やかに信頼関係を結ぼうと考えました。

そして325年に開錠された教会の会議で、正式に12月25日をキリストの生誕を祝う日と結論付けたそうです。

 

後にキリストの教えが国内及び海外に伝えられるとともに、12月25日のクリスマスはキリストの誕生を祝う日としてクリスマスは拡がって行きました。

結果としてクリスマスはプレゼントを贈ったりして、盛大に祝福をするように変化しました。

もちろん、クリスマスプレゼントに否定的な方は無理してイベントに参加する必要はありません。

なので「クリスマスプレゼントする意味が分からない」という意見も間違ってはありません。

 

元々クリスマスにプレゼントを渡すのはキリスト教の宗教団体が、果物やパン・菓子・玩具、貧しい人々に渡したのが起源と言われています。

クリスマスの文化に否定的な人も肯定的な人もいますが、どちらの意見も正しいのですが、クリスマスイベントは日本の経済活動にはかなり貢献しているので、日本のことを考えるとクリスマス文化も大切ではあるのです。

 

ですが、日本のクリスマス文化やハロウィン文化は、少し海外の文化とは異なって理解されているのも事実。

外国の人からは珍妙なリアクションをされているのも事実です。

下記のページを覗いてぜひ参考にしてみましょう。

日本人のクリスマス文化が頭おかしい理由はなぜ?山口県が原因なの?
クリスマス以外にも外国の文化や習慣は日本に入ると独特なものに変化することがよくあります。文化や風習は日本企業の商業戦略により持ち込まれたものが多く元とは違った習慣やイメージになってしまうのです。 ここでは「日本人のクリスマス文化がおかしい理由はなぜ?山口県が原因なのか?」疑問にお答えしています。
日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてる?マナーも悪い?
日本はハロウィンに対して「良いイメージ」と「悪いイメージ」の別れると思いますが、その原因となるのが、連日報道される「マナー違反・喧嘩・痴漢・盗撮・トイレの占拠」などの社会問題です。ここでは「日本のハロウィンは日本だけ頭おかしい勘違いしてるって本当?マナーも悪いの?」疑問にお答えしています。
ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なの?
私たち日本人やアメリカ人が認識している一般に定着したハロウィンで使われる野菜は「オレンジ色の南瓜(かぼちゃ)」ですよね。しかし、実はハロウィンに使われる野菜はもともと「蕪(かぶ)」だったのです。ここでは「ハロウィンでかぼちゃの前は蕪(カブ)を使っていた歴史は本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

日本で見かけるサンタクロースのクリスマスブーツの最初の起源は「サンタさんの靴下の話」が由来って本当?

クリスマスの時期になるとサンタさんからのプレゼントを保管する入れ物として、流行っているのが「クリスマスブーツ」ですよね?

この中にクリスマスプレゼントやお菓子を入れているのが一般的ですね。

クリスマスブーツはスーパーで見かけるたびに思わずほっこりする人も多くいます。

 

このサンタのクリスマスブーツが認知されるようになったのは1960年ごろです。

1960年頃に国内全土オリジナルなパターンとして、菓子を詰めたクリスマスブーツが作り出されました。

 

つまりクリスマスブーツの由来となったのは、日本が発祥ということになります。

クリスマスブーツは「クリスマスツリー」の飾り付けの一旦として、ブーツ型の菓子パターンをデザインしたのがきっかけです。

のし紙や梱包紙に執心する日本国内ならではのものです。

クリスマスシーズンによく「コンビニやスーパーマーケット、百貨店」などで見かけるお菓子が入ったクリスマスブーツは、実のところ日本だけでしか見つけられないものなのです。

 

余談ですが、クリスマスブーツ発祥の地は、滋賀県の草津市にある『株式会社 近商物産』という説があります。

ツリーのオーナメントに靴下やブーツがぶら下げられている光景を目にしたことで、その「靴下やブーツ」を大きくしてお菓子やプレゼントを入れたらどうだろうと、考えたのが日本のクリスマスブーツの始まりだと言われています。

 

滋賀県の草津市にある『株式会社 近商物産』のホームページを閲覧してみると、クリスマスブーツを制作し続けて50年という表記があります。

そんなクリスマスブーツによるプレゼント方法は海外進出できるかと思いきや、日本ほどブームが続くことなく、放棄したようです。

つまり結論として言うとクリスマスブーツの由来(起源)は、外国に置き換えるとクリスマスツリーに飾られる「靴下」を日本がオマージュしたということになります。

実は日本ではクリスマスブーツが主流ですが、外国ではクリスマスにプレゼントを入れるのは「靴下」なんです。

 

しかしなぜクリスマスに靴下を使うようになったのでしょうか?

その由来について調べてみました。

クリスマスプレゼントを靴下に入れるように変わってきたのは、サンタクロースの起源と呼ばれている人物の聖ニコラウス(セント・ニコラウス)の話が影響を及ぼしています。

昔々、聖ニコラウスの家の近くに、とある貧しい一家が居を構えていました。

 

その家族は非常に貧乏でお金に困り、悔しくも3人の娘たちの身を売ろうとしていたんです。

その話を人づてに聞いた聖ニコラウス(セント・ニコラウス)は、家族に同情して真夜中に煙突から膨大な金貨が入った袋を投げました。

煙突(えんとつ)から投げ入れた金貨が偶然にも暖炉のそばに干してあった靴下の中に入りました。

 

次の日の朝に起きてきた家族が靴下の中を見ると、そこには大量の金貨が入っていたので、とてもビックリしました。

ニコラウスは同じ方法で次女も三女の時も人身売買から娘たちを救いました。

その後、3人娘は入籍して幸せになったそうです。

このセント・ニコラウスの話が、クリスマスプレゼントを靴下の中に入れる習慣を定着させていきました。

ちなみに、クリスマスブーツや靴下の色って赤が認知されていますよね。

お菓子が入ってるブーツとかもみんな赤ですよね。

 

なんで靴下が赤なのかというと、サンタクロースの服が赤いイメージということから来ています。

そして、『サンタクロース = 赤』という認識が一般化したのは実はコカコーラのCMがきっかけと言われています。

これとは別に赤はキリストの「キリストの愛」・「キリストの寛容さ」、「キリスト血の色」を指し示していると考えられています。

 

広告

サンタクロースのクリスマスプレゼントの由来がわかる絵本を紹介!小さな子供や乳児への読み聞かせるオススメ4選とは?

クリスマスの由来って多くの人が認知していませんよね?

「はあ!?クリスマスってキリスト教の誕生日でしょ!」

「毎年のクリスマスってお祭りをやる行事なんでしょ!!」

「どうせクリスマスってサンタさんがプレゼント配りに来る日なんでしょ!」

そんな意見が多数なのも事実です。

 

それだと、自分の子供にクリスマスの由来について教えるとしたら不憫です。

つまり子供にクリスマスについて教えるなら、簡単に理解しやすい本を買うのが一番ですし、事前に購入しておくことで、子供もクリスマスが来るのが待ち遠しくなるはずです。

では、プロもオススメするクリスマスの由来についてわかりやすく解説している評判の絵本を紹介します。

 

「クリスマスにくつしたをさげるわけ」

クリスマスの由来がとってもわかりやすく解説されているので、小さな子供でも理解し易くなっています。

「ママ~~!!クリスマスっていうのわね~~!!( ^)o(^ )」

「そんなことも知らないの~~~???まったく!」

っと娘が知ったかぶりして、ちょっとイラってしましまた(笑)

「最近まで何も知らなかった、初心な子供のクセに!!!」

でもそれくらい楽しそうに読んでくれたので良かったな(^_-)-☆

また保育園や幼稚園などで、園児たちに説明するときや読み聞かせにもピッタリですよ。

サンタクロースのお話ですが、クリスマスの話にも触れている絵本だから小さい乳児にもオススメですね。

「クリスマスってなあに?」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスマスってなあに [ ディック・ブルーナ ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)

本当のクリスマスがわかります。

これを読むと「クリスマスってちゃんと意味のある行事なんだ!」と感動しますね(#^.^#)

と思わず、「ふむふむ・・・・」「うっそ~~~マジで!!!全然知らなかった!!!」

っと感心させられるような本ですね。

子供用のクリスマスの由来に関する本なのに、大人の私が感心しました!!!

パーティーをしたり、ギフトを贈ったり・・・という、華美なイベントの認識が先行するクリスマスでございますが・・・・

この本には素晴らしいクリスマスの意味が大切に表現されています。

幼い子供たちどもから大人まで、とても理解しやすくてその意味を知ることができるはずです。

絵もとっても可愛く、小さな子ども(乳児)に読み進めても飽きさせません。

さすが長期間売れているクリスマスの由来に関する本ですね。

「ぎょうじのえほん(冬)」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おはなしぎょうじのえほん(冬) [ 堀切リエ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)

クリスマスやサンタの由来をわかりやすい理由で明かした本。

クリスマスの由来が簡潔に簡単に説明されている本ですね(#^.^#)

「おお!!!すっげ~~わかりやすい!!」

「クリスマスって簡単に説明するとこんな感じか(^_-)-☆」

と思わず大人も感心してしまいます。

「クリスマスはサンタさんにプレゼントを駄々をこねるだけの日じゃないよ」ということが子供でも理解できるのです。

宗教色は濃くないので、オススメのお話しとして受け入れやすいと思います。

絵は本当に魅力的。

一方で、内容は大人が読んでも面白いです。

お話絵本ではないなあと考えさせられました。

娘が成長したら、この絵本のその後を一緒に調べて、色々な話題へ大きくしていこうと思います。

そんなきっかけになる本ですね。

「クリスマスの文化史」

クリスマスの文化史の本の内容はちょっと難しいかもしれませんね。

クリスマスの由来をもっと専門的に知りたい人は「クリスマスの文化史」はオススメの本です!

「う~~~む・・・・・・」

「クリスマスって奥深けえええ~~~(#^.^#)意義のある」

「行事なんだな!!!」

「なるほどおおお~~(^_-)-☆」

っと思わずうなってしまうほどです。

でも、理解するのが難しいのであくまでも大人の趣味の一環として読むのがいいでしょう。

娘にも見せたのですが・・・・

「え~~~”(-“”-)”この本、全然つまんな~~~い!!!」

っとのことでした・・・・・

せっかく買ったのに「トホホ~~」

っと思いましたが大人が読む分にはクリスマスの由来に関する知識がわかる本ですね。

けっこう評判で人気のあるクリスマスの由来がわかりやすい絵本だと思います。

 

広告

あなたも勘違いしている!?「クリスマスイヴとクリスマス」の日付の正しい解釈を解説!

多くの人がクリスマスとクリスマスイヴを別物だと考えており、特に「クリスマスイヴ」は恋人と過ごすロマンティックな日だと勘違いしています。

確かに、24日の「クリスマスイヴ」は、25日のクリスマスの前の日になるので、24日はクリスマスの前夜祭のような印象がありますよね。

ですが、クリスマスイヴの「イヴ」には「夜」や「晩」というのが本当の意味なので、「クリスマスイヴ」も立派なクリスマスの日なのです。

つまり、クリスマスイヴは「クリスマス夜」や「クリスマス晩」ということになります。

 

結論として、25日のクリスマスよりも、24日のクリスマスイヴのほうが、仕来りを守った正式なクリスマスと言えます。

世間一般的にも家族や友人、恋人とクリスマスパーティーなど行う時は、24日に催すことが多いので、24日の夜に子供へサンタからのプレゼントを渡すのがベストです。

ちなみに、クリスマスは日本だけではありません。

イギリスやアメリカでは「クリスマスイヴ」に、「キャンディーケーイン」や「クリスマスプディング」など、クリスマスの伝統スイーツを食べる風習が残っている家庭も多いです。

ぜひ、下記のページを覗いて参考にしてみましょう。

クリスマスプディングはまずい味?子供の好む美味しい食べ方とは?
イギリスの伝統スイーツクリスマスプディングはマズイと日本人からは、不評が多いのも事実です。ですが、実際に食べた人は「クリスマスプディングをなぜマズいと感じたのか?」知りたくなりますよね。ここでは「クリスマスプディングはまずい味なのか?子供の好む美味しい食べ方はあるのか?」疑問にお答えしています。
クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味は?場所は?飴の味は?
クリスマスキャンディーケーイン杖にはどんな歴史(由来)があるのでしょうか?「赤」・「緑」・「白」の3色使っている意味も知りたいですよね。ここでは「クリスマスキャンディーケーイン杖の色の意味はあるのか?クリスマスツリーのどこの場所に飾るべきなのか?どんな飴の味なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

海外ではクリスマスの日付は「12月26日」って本当!?

日本ではクリスマスといえば「12月25日」ですが、欧州(ヨーロッパ圏)のドイツやオランダでは、クリスマスは「12月26日」なのです。

「なぜ12月26日なの?」と思っていましますよね?

「聖ニコラウス」という男性が4世紀ごろに生存していたと言われています。

この「聖ニコラウス」がサンタクロースのモデルになっている聖ニコラウスさんの誕生日が「12月26日」である為、クリスマスは12月26日と決まっているのです。

日本のクリスマスとは日にちが少し違うので、驚きますよね。

 

そして、サンタクロースのクリスマスプレゼントを子供に贈る定番の渡し方と言えば、子供が朝起きると枕元にこっそり置いてあるのが定番で、一番子供が喜ぶシチュエーションですよね。

(クリスマスプレゼントを渡すシチュエーションはページの中盤に詳しく解説しています。)

 

小さい子供のいる家庭で、まだサンタクロースの存在を信じているのでしたら、クリスマスプレゼントを枕元に置くのは12月24日の夜、子供が寝静まった後がベストシチュエーションです。

25日の朝に目が覚めたらプレゼントが枕元にあるというのが、ベタなクリスマスプレゼントの一般的な渡し方で、小さなお子さんがもっとも喜ぶシチュエーションです。

近年では「逆さクリスマスツリー(逆さツリー)」が海外を中心に日本でも注目されています。

そこで、一風変わったクリスマスを取り入れるのも、子供たちが喜んでくれることでしょう。

興味があれば、下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

逆さツリーの意味は?クリスマスの由来と関係ある?通販で買えるの?
画像で紹介しているように「逆さクリスマスツリー」がこれから流行ると言われています。実際に「逆さツリー」にはどんな意味あるのでしょうか?逆さクリスマスツリーの由来について調査してみました。ここでは「逆さツリーの意味はあるのか?クリスマスの由来と関係あるのか?通販で買えるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

クリスマスにサンタのプレゼントを子供に贈るのは24日25日どっち?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

「クリスマスにサンタのプレゼントを子供に贈るのは24日25日どっちなのか?」

迷う親御さんも多くいますが、もちろん、24日25日のどちらでもOKです。

しかし、仕来りを守るのであれば、24日の日没~25日の0時までが良いでしょう。

絶好のタイミングは子供が朝起きたときのプレゼントが用意されているということです。

このページをぜひ参考にしてみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました