夏が嫌いすぎる人の10の理由とは?夏が苦手な体質があるって本当?

夏休み
この記事は約9分で読めます。

夏が嫌いすぎる人はどんな意見を持っているのでしょうか?

夏に不快感もなく、好きな人にとっては、疑問に思うことばかりですよね。

また、男女を比べてみると「夏に感じるストレス」に違いが出るものであり、

体質によって夏への耐性は決まっているのです。

では、ページを読み進めて見ていきましょう。

 

広告

夏が嫌いすぎる人の10の理由を紹介!あなたはいくつ共感できる?

暑いし大量の汗で体がベトベトする

夏が嫌いな理由として、多くの人があげる意見でしょう。

特に男性は夏でもスーツを着ているので、

「見ているだけで暑い」という女性からの意見もあります。

また、汗をかくことで、汗疹や肌荒れニキビができることも、

夏が嫌いすぎる人があげる理由の一つですね。

つまり、夏の暑さは美容の天敵でもあるのです。

興味があれば「夏 室内 屋外 暑さ対策」に関する記事も併せて読んでみましょう。

夏が大嫌いな理由って?夏が嫌いな人が毎年実践している暑さ対策は?
夏の嫌いな理由は様々で、男性であれば、スーツを来て出勤するのは辛いですし、女性であれば化粧が崩れるから大変です。ここでは夏が大嫌いな理由って主に何なのか?夏が嫌いな人が毎年実践している暑さ対策はあるのか?疑問にお答えしています。「世間の人が思う夏が嫌いな理由」~「夏のオススメ暑さ対策」を知りましょう

 

虫(害虫)がいっぱい出る

「蚊や蜂(ハチ)、ゴキブリ、蛾(ガ)」など、

夏場は虫が大量に出現するのも夏が嫌いすぎる理由の一つです。

特に、蚊やゴキブリが家に出てきたら、殺すまで寝付けない人もいます。

深夜まで起きていると、部屋の電気の明るさに虫が寄ってくることもあります。

 

電気代がかかる

冷房や扇風機を頻繁に使うようになる夏の季節は、

電気代がかかるから経済的に頭を抱える人も多くいます。

とくに、家計を切り盛りする人にとっては、夏の電気代は死活問題にもなります。

こういった理由で、夏が嫌いすぎるという意見もあります。

 

梅雨があるから嫌い

夏の季節になると、6月中旬~7月の上旬くらいまで、

「梅雨に季節」になりますよね。

これも、夏が嫌いな人の理由の一つとして挙げられます。

通勤通学する人にとっては、「雨の中外に出るのが面倒くさい」という意見がありますが、

「洗濯物が生乾きの臭いになってすべてダメになる」という主婦からの意見もあります。

興味があれば「梅雨 嫌い うざい」に関する記事も併せて読んでみましょう。

梅雨はうざいから嫌いな人が多い?雨の日に良いこと長所ってあるの?
初夏になるとすぐに梅雨の時期ですよね。「この梅雨の時期がうざいのなんのって・・・・・」このように梅雨に対して不快に感じている人は多くいるのも事実。もちろん、梅雨の時期にも良いこと(メリット)もあります。ここでは梅雨はうざいから嫌いな人が多いのか?雨の日に良いことってあるのか?疑問にお答えしています。
雨が降るといいことばかり?梅雨の良いことって?雨の日を楽しもう!
雨の日って嫌なことばかりで、良いことなんてない・・・そういう考えを持つ人は多い。でも、梅雨の時期や雨が降ることはいいことばかりなのです!ではさっそく梅雨や雨の日のメリットを知っていきましょう。ここでは雨が降るといいことばかりなのか?梅雨の良いことって何があるのか?雨の日を楽し情報をお届けします。

 

汗で化粧が崩れるから嫌い

「夏は汗で化粧が崩れるし、顔が汗でベトベトになるから嫌い」

という女性は多くいます。

毎日、女性は化粧することが日課な人が多いですからね。

最近では、男性でも「コンシーラーやマスカラ」などを使って化粧する人が増えてきています。

化粧する人とって、顔中に噴き出る汗は、化粧も崩れるし、不快でしかないものです。

 

ヤンキー(不良)がたむろする

夏になると「ヤンキー(不良)」が、

公園やコンビニの前でたむろする姿を見かけたことはありませんか?

多数派の意見ではありませんが、

夏場になるとヤンキーがたむろするのを、

「怖い、不快、うるさい」などと感じている人もいるようですね。

蒸し暑いのに外でたむろするのが好きなんて「頭おかしいのでは?」と思ってしまいますよね。

興味があれば「夏 好きな理由 気持ち悪い」に関する記事も併せて読んでみましょう。

夏が好きな人の理由が頭おかしい?夏が好きな女性男性の性格って?
夏が嫌いな人にとって、夏が好きな人とは相容れないもの。暑くてジメジメして、ストレスが溜まるような季節と言う認識は決して間違いではありません。しかし「早く夏にならないかなーー」という人がいるのも事実。ここでは夏が好きな人の理由が頭おかしいのか?夏が好きな女性の性格って何なのか?疑問にお答えしています。
夏っぽい人の顔ってどんなイメージ?夏生まれの人の性格的特徴って?
例えば友達との会話の中で「夏っぽい顏の人」・「夏生まれっぽい」と言われることもあります。しかし「相手が自分に対するどういう認識でそんな発言をしたのか?」自分の中で引っかかりますよね。そこで、ここでは夏っぽい人の顔ってどんなイメージなのか?夏生まれの人の性格的特徴ってあるのか?疑問にお答えしています。

 

日焼け対策が面倒くさい

夏は紫外線がより強くなる季節ですよね。

特に女性は夏になると、日焼け対策を入念にしている人もいます。

日傘をさしたり、日焼け止めクリームを体に塗ったりするので、

「日焼け対策が面倒だから夏は嫌い」という多くの女性が思っているようですね。

これも夏が嫌われる理由の一つなのです。

なので、特に学校に通う女子高生や女子大生は、

夏休みは自宅に引きこもるという意見も多数寄せられています。

「女子大生 女子高生 夏休み 引きこもる」に関する記事も併せて読んでみましょう。

夏休み友達の誰とも遊ばない大学生ってヤバイ?みんなの遊ぶ頻度は?
「大学生なのに夏休みに入ってから誰とも遊ぶ予定がない・・・」ちょっと焦って不安になりますよね。どうしたら大学の友達と夏休みに遊べる関係性を気付けるのか?考えだしたらキリがないですが、ここでは夏休み友達の誰とも遊ばない大学生ってヤバイのか?みんなの遊ぶ頻度はどれくらいなのか?疑問にお答えしています。
高校生が夏休みに引きこもりってアリ?家にいる息子を親は心配する?
夏休みや休日は外出しないで家でゲームばっかりしている高校生ってアリなのか?世間的なことも含めて気になります。夏休み家から出ることなく自宅にいて、祝日もひとりぼっちだとさびしいですよね。ここでは高校生が夏休みに引きこもりってアリなのか?家にいる息子を親は心配するものなのか?などについて紹介しています。
夏休みがつまらない中学生って普通?遊ぶ友達を作る簡単な方法とは?
夏休みって遊ぶ友達がいないと暇ですし、つまらないものですよね。「夏休みに誰とも遊ぶ予定がない自分はダメなんじゃないか?」つい不安になります。でも、夏休みに「つまらない」と感じる中学生は実は多い。ここでは夏休みがつまらない中学生って普通なのか?遊ぶ友達を作る簡単な方法はあるのか?疑問にお答えしています

 

熱中症になるから怖い

夏場は日差しが強く、温度も高いことから「熱中症」になる可能性はグンと上がります。

また、熱中症を舐めていると、

症状が悪化すれば最悪の場合「死」を招くことにもなります。

水分補給をキッチリとらないと、

死を招くことにもつながる恐ろしい季節が「夏」なのです。

 

疲れがなかなか取れない

冬に比べると、疲れや体力の低下を感じやすいのが夏ですね。

夏の暑い日に数時間ほど外出しただけで、気温の高さに体力を奪われて、

「すごく疲れている・・・・」という意見も多数寄せられています。

特に、通勤通学する人にとっては、

帰宅すると「ドッと疲れを感じる」とうの声も多数あります。

 

寝苦しくなる

睡眠は翌日に疲れを残さないためにも、しっかり確保するべき。

しかし、夏の暑さで寝苦しくなって、

貴重な睡眠時間も短くなってしまうともありますよね。

「ヤバイ・・・昨日、眠れなさ過ぎてずっと起きている感覚・・・」

なんてこともありますよね。

また、人によっては、睡眠の途中で起きてしまうこともあります。

寝苦しい夏は、生活を蝕むことにもなるのです。

 

広告

夏が嫌いすぎるのは「男性」と「女性」どっちが多いの?

「夏」に関するニフティ(nifty)のアンケート調査を男女別で比べた際に、

女性は男性に比べて【夏が嫌い派】の方が多いという特徴がありました。

 

因みに女性は【夏が好き派】が34%に対し【夏が嫌い派】は47%、

「夏が嫌いすぎる!」と回答した人は男性の約2倍でした。

 

でも夏はイベントが多くて魅力もあるのですが、

汗かいてベトベトしたりするのはきらいという女性の理由は納得です。

 

特に、女性は夏になると「化粧が崩れる、日焼け対策するのが面倒、髪の毛が長いから暑い」など、

夏になると大変な思いをする人の意見が目立ちます。

 

また、男性に関しては「25%」の人が夏が嫌いという結果が出ています。

 

男性に関しては「スーツを着るのが辛い」や「頭や股間が蒸れる・・・」などといった意見もあるようですね。

 

つまり、男性に比べると女性の方が夏は過ごしにくくなるということですね。

 

また、夏と言えば「幽霊が出るお盆」や「豪雨になる梅雨」ですよね。

そういった点でも夏は嫌悪されてしまうのです。

「夏 梅雨 お盆 大嫌い イメージ」に関する記事も併せて読んでみましょう。

梅雨で連想するものといえば?雨にどんな言葉が思い浮かぶ?映画は?
あなたは、梅雨の時期といえば、何を連想(イメージ)しますか?梅雨の時期と言えば、「雨が面倒くさい」と連想(イメージ)する人も多いと思い。特に梅雨の時期に会社に行くのは面倒ですよね。梅雨で連想するものといえば何を思い浮かべますか?雨にどんな言葉を思い浮かべますか?ここではそんな疑問にお答えしています。

 

広告

夏が嫌いすぎる人は「夏が苦手な体質」を持っているって本当?

夏が苦手で嫌いな理由として、体質の問題も大きく関係しきます。

 

例えば、汗をかきやすい女性は、夏になると化粧崩れを起こしやすいですよね。

 

それだけでなく、下記のような体質の人は夏が苦手だと感じている傾向にあります。

「頭がクラクラする、イライラする」など、体質的に暑さに弱い

代謝が活発で汗をかきやすい体質

発汗や気温の上昇など、小さなことにストレスを感じやすい体質

水分を取れない体質で、熱中症になりやすい

肌が荒れやすく、汗によって汗疹やニキビができやすい体質

夏の暑さで寝つきが悪い体質なので、夏になると睡眠不足に陥りやすい

 

このように、上記のような体質に当てはまる人は、

「夏を苦手な体質」と言えるでしょう。

 

つまり、夏が嫌いな人は、体質的に夏と気候が合わない傾向にあると言う事です。

 

広告

夏が嫌いすぎる人はどうやって暑い夏をやり過ごしているの?世間の夏嫌いの人に意見を聞いてみた

夏嫌いの人の意見①

夏は大嫌いな、女子大生です。

なので、私の場合は外出するときに、

いつも携帯式のミニ扇風機を持ち歩いていますよ。

これなら、外出するとき少しでも汗を止められますね。

これは夏嫌いの人には、オススメのグッズです

 

夏嫌いの人の意見②

夏って暑いし、イライラするし大嫌いです。

あと、虫も出ますしね・・・

本当に不愉快以外の何者でもない。

私は夏になると、必ずハンカチを携帯しています。

小まめに汗を拭くと、顔にニキビが出来にくくなります。

あと、冷却スプレーもバッグに入れていますね。

 

夏嫌いの人の意見③

私の夏の対策は、屋外にいるときは日傘をさすことです。

実際に使ってみて、日傘ってこんなにも便利なモノかと感動しました。

日光を遮断できるので、日に当たらないから暑さをけっこう凌げますよ。

あと、室内が厚いときは携帯できる扇風機もかなり使えますね。

この二つで、ある程度は汗を止められます。

どうでしたか?

このように「夏が嫌いな人」はそれなりに、暑さ対策を万全にしているものです。

 

上記の意見を参考にして、あなたも暑さ対策してみては?

 

広告

夏が嫌いすぎる人の10の理由とは?夏が苦手な体質があるって本当?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

 

夏が嫌いすぎる人の理由は様々ですが、

苦手な人だからこその「暑さ対策」は参考になりますよね。

 

また、夏は体質的に苦手な人もいるので、

生まれたときから夏への耐性は決まっているのかもしれませんね。

 

しかし、夏は一番イベント行事の多い季節ですし、

青々とした木々の葉は見ていて清々しいものです。

暑さ対策をして、夏を楽しみたいものですね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました