寒い冬ベッドの対策はある?窓際や壁際の近くのベッドの寒い対策は?

寒い
この記事は約16分で読めます。

寒い時期(冬や秋)になると、ベッドが冷えて眠れなくなるものですよね。

では、そんな寒くなったベッドに対策はあるのでしょうか?

ページを読み進めて見ていきましょう。

また、窓際や壁際の近くに置いているベッドが寒い対策についても解説しています。

 

広告
  1. 寒い冬ベッドの対策にオススメの方法5選を紹介!
    1. 「床に断熱アルミシートを使う!」
    2. 「暖房をつけて冷気対策する!」
    3. 「敷物を暖かいものに変える!」
    4. 「フローリングにラグ・絨毯(じゅうたん)を敷く!」
    5. 「室内(部屋)を全体的に暖色系に変える!」
  2. 寒い冬はベッド近く(窓際・壁際・ベランダ側)も冷えるので2つの対策を実践しよう!
    1. 「室内で一番冷える窓際に断熱シートやプチプチを貼って冷気を遮断する!」
    2. 「壁際や窓際や換気扇からベッドを遠ざける!」
  3. 寒い冬ベッドで「肩や頭(上半身)」が冷えるときの対策4選を紹介!
    1. 「温かいシーツにする!」
    2. 「電気毛布を使ってみる!」
    3. 「お風呂の入り方を工夫する!」
    4. 「寝室はあらかじめ温めておく!」
  4. 寒い冬ベッドで「足元(下半身)」が冷えるときの対策3選を紹介!
    1. 「寝る前に軽く手首足首やウエストをまわしてストレッチする!」
    2. 「保温性の高い靴下をはいて寝る!」
    3. 「足元を温める湯たんぽを使う!」
  5. 寒い冬ベッドが冷える一番の大きな理由(原因)って何?
  6. 寒い冬になると冷えやすいベッドの悪い特徴5選を紹介!
    1. 「パイプベッド」
    2. 「すのこ(簀子)ベッド」
    3. 「ダブルベッド(2段ベッド)」
    4. 「ビジネスホテルや病院のベッド」
    5. 「エアーベッド」
  7. 寒い冬ベッドの対策はある?窓際や壁際の近くのベッドの寒い対策は?~まとめ

寒い冬ベッドの対策にオススメの方法5選を紹介!

「床に断熱アルミシートを使う!」

寒い冬ベッドの対策として、シーツの下やマットレスの裏に、断熱用のアルミシートを敷くことで、寒い冷気を限りなく遮断することが可能です。

それだけでなく、断熱用のアルミシートを敷くことで自分から放たれた熱(体温)が逃げるのも抑止できるので、ポカポカ暖かい寝床になります。

断熱用のアルミシートは、実際のところ100円ショップ購入できるのでオススメです。

断熱アルミシートの詳しい貼り方は方法は下記のページを参考にしてみましょう。

朝部屋が寒い原因と対策は?安く簡単に部屋を暖かくする工夫を紹介
朝起きると「部屋が寒い・・・」なんて思うことがありますよね・寒い冬になると暖房やストーブが買いたくなっちゃいますよね。しかし、常日頃から愛用する暖房器具は思っていた以上に電気料金がかさむ原因になります。ここでは「朝部屋が寒い原因と対策はあるのか?」安く簡単に部屋を暖かくする工夫を紹介しています。

しかし、アルミの断熱シートは体温が逃げるのを防ぐ一方で、湿気(水分)が逃げるのも阻止するので、

ベッド周りの通気性が低下しカビが発生する可能性がある点がデメリット。

寒い時期は室内が乾燥するからと言って「加湿器」などを一緒に使っていると、ベッド下のマットレスや簀子(すのこ)にカビが発生する可能性もゼロではありません。

アルミシートだけだと寝汗で湿気が起こるので、状況によっては吸湿を別に対策するほうが良いでしょうね。

そこでオススメなのがアルミシート入りの敷パッドです。

これが非常に優れもので、メッシュ状のアルミシートで通気性もしっさかり守りながらも、体から放たれた体温を反射、蓄熱して暖めるメカニズムで、逆にベッドの下からの冷気はアルミシートの断熱効果で遮断して伝わりにくいのです。

多くのアルミシート入りの敷パッドがマイクロファイバー生地を使っており、ファイバーのすきまに空気を大量に取り込むのでかなり暖かく感じます。

寝汗などの湿気は、アルミシートの通気穴を通って放たれるのでサラっとした感触で気候の良い快眠に導きます。

ベッド下からの冷気は断熱し、体温できちんと保温してくれるという、秋冬の時期にベッドで眠るときの冷えと寒さ対策としては理にかなっている方法といえると思います。

また、就寝環境への寒さ対策をしっかりしておかないと、「唇が紫色に変色したり、寒暖差疲労を起こしたり」様々な悪影響が体に起こります。

下記のページを参考にしてみましょう。

寒い冬に唇が紫色な理由はチアノーゼ?改善して治す方法は?子供は?
寒い時期は唇が紫色に変色することがあります。では寒い冬に唇が紫色な理由は何なのでしょうか?「チアノーゼ」だと考える人もいますが、理由はそれだけではありません。ここでは「寒い冬に唇が紫色な理由はチアノーゼなのか?改善して治す方法はあるのか?子供の唇が紫色に変色する原因は何か?」疑問にお答えしています。
唇が紫色の生まれつきを治す方法は?唇のふちが紫色な原因は病気?
唇が生まれつき紫色だったり黒色だったりすると思わず「自分は病気なんじゃないのか?」と心配になってしまいますよね。自分の唇が「紫色や黒ずんだ色」だと周囲の人たちの唇の色と比較してしまうもの。ここでは「唇が紫色の生まれつきを治す方法はあるのか?唇のふちが紫色な原因は病気なのか?」疑問にお答えしています。

 

「暖房をつけて冷気対策する!」

女性にとって室内の乾燥は肌荒れや老化肌を招く、お肌の大敵です。

エアコンを予めつけておき、就寝後2~3時間で電源が切れるように設定することで、節約にもなりますし、電力消費によるブレーカーが落ちるのも防げます。

こうすることで就寝中に室内が暖まりすぎるのと部屋の乾燥を防ぎます。

もちろん、寒い時期は消費電力が多くなり、ブレーカーが落ちやすくなる注意が必要です。(下記のページを参考にしておきましょう。)

寒い冬に安全や漏電ブレーカーが落ちる原因は?直し方は?電気代は?
寒い冬になるとブレーカー(アンペア・安全・漏電)が落ちることってありますよね。実は、寒い時期の方がブレーカーが落ちる傾向にあるのです。ここでは「寒い冬に安全や漏電ブレーカーが落ちる原因は何科?ブレーカーが落ちたときに直し方はあるのか?ブレーカーと電気代の関係はあるのか?」疑問にお答えしています。

他にも、エアコンの暖気が直接顔に浴びていると、肌が乾燥してしまうだけでなく、体調不良を引き起こす可能性もあります。

ベッドで眠る際に、頭の位置を逆にするか、室内のスペースにゆとりがあるならベッドを移動しましょう。

「エアーウィング」をエアコンに取り付けて、角度を調節するのもオススメです。

他にも、サーキュレーターや扇風機を用いて部屋の空気を攪拌しましょう。

扇風機を活用しても良いのですが、サーキュレーターの方が直線的で強い風になっているので、温度差をなくすのにもオススメです。

サーキュレーターは夜寝る時にも用いるので、静音タイプで首振り機能が内蔵されているものがおすすめです。

寒い部屋(空間)にいると、精神的にも肉体的にも様々な健康被害を招くこともあります。

もし、部屋にいるときに寒いと感じることがあるなら、下記のページを参考にして「危険性や対策方法」を知っていきましょう。

寒いとトイレ近くなる理由はなぜ?対策はあるの?1日の平均回数は?
寒くなると多く人は「トイレが近くなる・・・」と感じるものですよね。意外にも、理由(原因)を知っている人は少ないものですし、その要因は実は多岐にわたるものだと判明しました。ここでは「寒いとトイレ近くなる理由はなぜなのか?対策はあるのか?1日の平均回数はどれくらになのか?」疑問にお答えしています。
寒いとイライラする原因は病気だから?寒さ対策(解消法)はあるの?
寒いとイライラするのは多くの人が経験していることですが、この原因を知っている人は意外にも少ない。さらに「寒い秋冬になるとイライラする」というのは、病気なを患っていることだってあります。ここでは「寒いとイライラする原因は病気だからなのか?寒さ対策(解消法)はあるのか?」疑問にお答えしています。
寒いと涙が出る原因は病気?冷たい風にあたると涙が出る理由はなぜ?
寒い冬の時期に目が冷たい風に当たるときや、自転車に乗っていると目から涙がボロボロ出るという経験は多くの人がしているでしょう。本来涙は感情の高ぶりによって出てくることが多いですよね。そこで、ここでは「寒いと涙が出る原因は病気なのか?冷たい風にあたると涙が出る理由はなぜなのか?」疑問にお答えしています。

 

「敷物を暖かいものに変える!」

ベッドで眠る際に、掛け物より敷物の方を暖かくすることを重視しましょう。

実は、寒い冬ベッドの対策として重要なのは、掛物ではな敷物です。

薄いベッドパッドを厚手のものに取り換えたり、パッドの上に敷き布団を敷くと良いでしょう。

シーツに化学繊維の起毛のものは寝返りしにくく、静電気が発生するため、あまりオススメしません。

 

「フローリングにラグ・絨毯(じゅうたん)を敷く!」

ベッドを設置する部屋(室内)はほとんどの人がフローリングですが、フローリングの室内は冬の季節や秋の季節は底冷えをして冷たくなります。

そのため、フローリングの上に絨毯(じゅうたん)やコルクマットを敷くように気を付けましょう。

絨毯(じゅうたん)やラグなどを冬用にするのもオススメですが、一番効果的なのがコルクマットを敷くことです。

コルクマットは厚みがあるだけでなく、中に空気が多量に含有されるので断熱効果に優れています。

特に小さな子供がいるご家庭では怪我防止や防音対策にもなるのでおすすめですよ。

特に夜の間~明け方にかけて冷気は下から来るものです。

床がフローリングの人はベッドの下にラグや絨毯(じゅうたん)を敷きましょう。

早朝に起きて、ベッドから抜け出した時に足の裏がヒンヤリと冷たくなるのも防ぎます。

羽毛布団を活用する場合は、羽毛布団の上に毛布やタオルケットをかければ熱(体温)を外へ逃がさず、ベッドの暖かさが増加します。

冬は加湿器を利用したり、部屋(室内)を閉め切っているので意外に通気が良くないので、ちょっとでも風が通る隙間を作り工夫しましょう。

下記のページも少し覗いて「北海道県民も実践している冬に暖房なしでも生活できる方法」を参考にしてみましょう。

冬室温暖房なしで冬を乗り切る生活を過ごすには?北海道でも出来る?
暖房を冬に使うとコスト(電気代)がかかります。そこで冬室温暖房なしで冬を乗り切る生活を過ごす方法を知ることで寒い冬でも室内暖房を使用しないで身体をポカポカと温かくして過ごすことが可能。ここでは「冬室温暖房なしで冬を乗り切る生活を過ごすにはどうしたら良いのか?」北海道でも出来る実践方法を紹介します。

 

「室内(部屋)を全体的に暖色系に変える!」

涼しく感じる寒色(ブルー・ネイビー)とは逆に赤系の暖色(レッド・オレンジ)に取り換えることで、視覚的影響によって体感温度を上げられます。

カーテンや寝具に暖色を採用することで暖かく感じ安眠(快眠)に繋がります。

シーツやパジャマだけでも変えてみることがオススメです。

寒い秋冬のベッド対策として、まずは視覚から変えていくことも有効な手段の一つです。

 

広告

寒い冬はベッド近く(窓際・壁際・ベランダ側)も冷えるので2つの対策を実践しよう!

「室内で一番冷える窓際に断熱シートやプチプチを貼って冷気を遮断する!」

窓を暖かくする(防寒対策する)ことは室温に直接的に影響します。

窓に貼るタイプの断熱シートを使ったり、厚手で長いカーテンを使うなどの対策が効果的です。

まず、外の冷気(外気)を室内に侵入させないようにするために、窓に断熱シート貼ることがオススメです。

手軽かつ低予算で簡単にベッドの寒さ対策するなら、梱包に使用するエアーキャップ(プチプチ)を窓に貼ってもいいですね。

ちなみに、エアーキャップ(プチプチ)は100円均一にも販売されています。

またカーテンも少し工夫をすれば窓の冷気対策として効果があります。

できるだけ厚手の長居カーテンで、床下のエリアに隙間ができないように長めのものにすることで、限りなく冷気の侵入を防ぐことができます。

特に、腰の高さにある窓は、カーテンが短めなのが一般的。

窓の下から10cmくらいまでになってますよね。

外見上は悪くなるものの、カーテンを長くすることで、冷気(外気)の侵入を限りなく防ぐことができ防寒対策にもなります。

秋冬に窓際の近くのベッドが寒いときの対策として、冬用の長いカーテンを用意しておくのも、賢い方法ですね。

下記のページを参考にすることで、もう明日から寒さに悩むことのない生活を送れるので見ておきましょう。

朝部屋が寒い原因と対策は?安く簡単に部屋を暖かくする工夫を紹介
朝起きると「部屋が寒い・・・」なんて思うことがありますよね・寒い冬になると暖房やストーブが買いたくなっちゃいますよね。しかし、常日頃から愛用する暖房器具は思っていた以上に電気料金がかさむ原因になります。ここでは「朝部屋が寒い原因と対策はあるのか?」安く簡単に部屋を暖かくする工夫を紹介しています。

 

「壁際や窓際や換気扇からベッドを遠ざける!」

寒い元は「壁際」「窓」「換気扇」なので、ベッドを僅かでもこれらから離す工夫をしましょう。

大きな模様替えが必要になってくるかもしれませんね。

壁際は窓際と同じくらい、外の冷気(外気)の影響を受けやすくなり、睡眠中に「肩や頭、足元」などが冷えてしまいます。

どうしても移動できない場合でも、壁からちょっと離すだけでも大分効果があります。

また、寒い時期に窓際や壁際は特に冷えるので、ベッドを窓や壁から、数センチ~数十センチほど離れた位置に移動させるのも良いです。

ベッドは窓際や壁際に押し当てていると、窓からの冷気や結露でカビが生じる原因にもなります。

ベッドの移動ができなければ、10cm程度でも良いのでベッドと窓に空間(隙間)を作り、カーテンを厚いものに替えましょう。

10cmほど隙間(空間)を作っておくと寒さ対策にもなりますし、掛け布団が落ちる心配もなくなります。

それでも布団のズリ落ちが心配な人は「ベッドガード」を取り付けることをオススメします。

また、「換気扇の直下」は、冷気をモロに浴びてしまうので注意しましょう。

寒さは精神的にも肉体的にも悪影響を及ぼす大きな要因です。

また、寒さによる精神的な悪影響は自覚症状が出ないことが非常に厄介なところです。

必ず下記のページを参考にしておきましょう。

部屋で寒いと動けない原因と対策は?冬の朝に家で動けないのは病気?
「寒いと動けなくなり、何もしたくなくなる」ことってありますよね。ですが、部屋で寒いと動けない原因は何なのでしょうか?もしかしたら、今まで気が付かなかった重大な病気の可能性もありますよね。ここでは「部屋で寒いと動けない原因と対策は何か?冬の朝に家で動けないのは病気なのか?」疑問にお答えしています。
寒いと眠いだるいのはなぜ?空腹や頭が痛くなるのは病気って本当?
寒い時期が近づくと「なんだか寝ても眠気が取れず1日中眠い」なんてことあります。また、寒い時期にこの症状が酷い人は、眠気だけでなく「だるい(怠い)・頭痛・空腹」などに悩まされることもあります。ここでは「寒いと眠いだるいのはなぜなのか?空腹や頭が痛くなるのは病気って本当なのか?」疑問にお答えしています。
寒い時期はカロリー消費量が多い?カロリー不足は寒さを感じる?
冬や秋になると少しずつ寒くなってきます。では、寒いときに人間の体はカロリー消費量が多くなると言うのは本当なのでしょうか?これが本当であればダイエットも夏場よりも冬場のほうが効果的です。ここでは「寒い時はカロリー消費量が多いのか?カロリーが不足すると寒さを感じるものなのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

寒い冬ベッドで「肩や頭(上半身)」が冷えるときの対策4選を紹介!

「温かいシーツにする!」

掛け布団や毛布など「上に掛けるもの」は注意するものですが、意外と落とし穴なのが「シーツや敷きパッド」。

冷たい空気は床に蓄積するので、シーツを温かいものに取り替えることで、床冷えを限りなく抑制できます。

マイクロファイバー素材などは、寒い中で触っても「ヒンヤリ」としないので、室温以上にポカポカと暖かい快眠を誘うような寝床になります。

 

「電気毛布を使ってみる!」

寒い冬ベッドで「肩や頭の上半身」が冷えるときの対策には、ずっと前から人気を集めている寝具(就寝)グッズ”電気毛布”がオススメ。

電気毛布はよく掛け布団の下に利用するのが一番だと思っている人が多くいます。

ですが、電気毛布はをより機能的な使い方をする場合は、身体の下に敷いて寝ましょう。

あまり温度を高く設定すると逆に暑くなって寝汗をかいてしまい、ぐっすりと睡眠出来なくなるので注意が必要です。

 

「お風呂の入り方を工夫する!」

寒い冬ベッドで「肩や頭の上半身」が冷えるときの対策として「お風呂の入り方」も非常に重要です

実は冬の時節の寒さでも、約40%の人が週1回以下しか湯舟(浴槽)にちゃんと浸かっていない危険な結果が出ました。

お風呂に入るのは最も効率よく体を温める方法です。

特に冬のシーズンは毎日のように湯舟(浴槽)に浸からないと寒さ対策できません。

もちろん、忙しくて湯船に浸かるのが億劫に感じる人も多いことでしょう。

そんなときは、空の浴槽に詮をしてしゃがみ、シャワーで頭や体を洗いながらちょっとずつお湯を溜めましょう。

浴槽に温かいシャワーのお湯が溜まるにつれて体はポカポカと芯から温まりますし、それと一緒に洗髪も可能なので一石二鳥です。

お風呂の湯船につかるのが億劫な人でも問題なく浸かることができます。

 

「寝室はあらかじめ温めておく!」

寝室には温度計を置き、室内温度が16度未満の場合は、前もって暖房器具で室内を温めておきます。

冬の時期はベッドが寒いからと言ってやせ我慢はせず、自分が感じる快適な温度に保つことが重要です。

その際、部屋が乾燥してしまうので、同時に加湿器も準備して、50~60%は室内の湿度を確保できるよう工夫してください。

乾燥すると、「空席、肌荒れ、体調不良」を招く原因にもなります。

 

広告

寒い冬ベッドで「足元(下半身)」が冷えるときの対策3選を紹介!

「寝る前に軽く手首足首やウエストをまわしてストレッチする!」

手首足首や脚の付け根を大きくまわしたり、ウエスト部分を大きくひねったりするとさらに、血行が良くなり身体が芯からポカポカしてきます。

天井の照明を切って、ベッドに横になってゆっくり深く呼吸を繰り返しながら行うと、心臓の副交感神経が優位になって血圧や体の内側の熱が下がり、眠りにつきやすくなります。

寒い冬ベッドで「足元(あしもと)や下半身」が冷えるときにこのストレッチを行うことで、どんな方でも末端冷え性は解消する(改善する)ことはできます。

 

「保温性の高い靴下をはいて寝る!」

足元(あしもと)や下半身は身体の部位の中で一番冷たくなりやすく、また、人間の体の構造として、足が温かいと全体が温かくなるので、保温性の高い靴下をはいて寝るのが寒さ対策としてオススメです。

寒い時期は体温は足もとから熱が徐々に奪われてしまうので、可能な限り「靴下とレッグウォーマー」で保温しましょう。

ベッドで眠る就寝時は、レッグウォーマーはしたままで、靴下だけ脱いでお休みしましょう。

足先から熱が放出されカラダの内側の熱が下がりやすくなり、寝つきが良くなります。

デメリットとしては裸足で寝る気持ちよさがなくなってしまうのが難点ですね。

また、通気性の悪い靴下だと蒸れやすく、蒸れた足は一気に冷たくなりやすいので注意が必要です。

 

「足元を温める湯たんぽを使う!」

寒い冬ベッドで「足元(あしもと)や下半身」が冷えるときの対策として、とってもエコでコストパフォーマンスが高くシンプルなのが「湯たんぽ」。

秋や冬の季節に寒くなりがちな足元を中心に、お湯の力でポカポカと温めることができます。

湯たんぽを使うことで、邪魔に感じる人にはデメリットになりますが、保温性が高い湯たんぽは効果とコスパのバランスが一番です。

 

広告

寒い冬ベッドが冷える一番の大きな理由(原因)って何?

寒い時期はベッドが冷える理由は、ベッドの下が冷たい空気(冷気)のたまり場になっていることが大きな原因です。

ベッドを老いている部屋はほとんど、フローリングですが、床が冷えやすいのが難点です。

つまり、ベッド下に何もなくフローリングだけの場合、そのエリアに非常にヒンヤリとした空気(冷気)が滞ってしまうことによってベッドが寒くなってしまうのです。

特に冬の季節は「フローリングの底冷え現象」というものが頻繁に起こります。

冬の寒い季節、外気(冷気)に晒されて冷えきった窓などの部分で室内の空気は冷やされます。

 

逆に室内(部屋)の熱は、窓や壁、天井や床などのあらゆる部分から暖気が奪われていきます。

冷やされた空気(冷気)は暖かい空気(暖気)と比較すると重いので、部屋の下に滞留してしまうのです。

またフローリングは畳などと比較するとよく冷える床(材質)で、住宅には断熱材が用いられていますが、床面はかなり冷えて冷たくなっていることが多いです。

 

実際に、冬場は床下の温度は外気温度と変わらないこともあります。

つまり、冷えと寒さの冬ベッド下の空気(冷気)と床からくるものだったのです。

 

広告

寒い冬になると冷えやすいベッドの悪い特徴5選を紹介!

「パイプベッド」

ベッドには様々なタイプがありますが、特に脚が付いているパイプベッドのタイプは、ベッド下の空間に冷たい空気(冷気)が滞留しやすいので、

寒いベッドの一番の特徴といえます。

基本的にベッドはマットレスと床板、そしてフレームで構成されており、マットレスはフレームと床板に密接しているため通気性の悪い構造です。

しかし湿気(湿度)やシーツのカビ対策として通気性を重点にした構造にした結果、

寒い季節には冷たい空気(冷気)がベッドの下から上昇するため、

ひんやりとしたベッドとなるのです。

 

「すのこ(簀子)ベッド」

対策が難しい寒い冬ベッドの特徴として、一番分かりやすい例として床板がすのこ状になっているベッドタイプがありますよね。

その通気性の良さがが逆効果になり、寒い時期になると「冷たい空気(冷気)や底冷え」による悪影響を最も受けやすく、なぜか眠りに落ちていると背中や肩がヒンヤリとして非常に寒いというベッドになってしまうのです。

一つの例として箱型タイプのベッドの場合でも、底冷えの悪影響はありますが、脚付きベッドと比較すると冷えにくい(冷たくなりにくい)ものです。

逆に寒くなりにくい(冷えにくい)ベッドは、箱型の形状で、かつ収納引き出しが付属しているタイプのベッドです。

ベッドの下には引き出しもあり、そこに洋服等を収納しておけば冷気による通気性が悪く、空洞部分も少なくなるから寒い時期は特に冷たい空気は溜まりにくいです。

 

「ダブルベッド(2段ベッド)」

ダブルベッドは面積が広いことから、熱が逃げやすい傾向にあるだけでなく、ベッド自体も温まりにくい傾向にあります。

分かり易い例をあげると、室内で暖房を付けたときに、狭い部屋に比べて「広い部屋」のほうが、断然温まりにくいですし、暖気も充満しにくいので、寒いですよね。

同じような理由で、実はダブルベッドは非常に寒い傾向にあります。

また、ダブルベッドは基本的に二人以上を想定した設計になっていますが、布団の取り合いになることもありますよね。

そう言った点から、実はダブルベッドは寒い傾向にあるのです。

もし、一緒に寝ているパートナーに布団を摂られてしまうようであれば、どちらかに厚着して貰うようにしましょう。

 

「ビジネスホテルや病院のベッド」

ビジネスホテルのベッドはシーツなどが非常に薄いので、寒い時期に寝泊まりすると体が冷えるほどです。

特に、安いホテルのシーツや布団は非常に薄っぺらいので、秋冬の時期に泊まるとなると、寒くて寝付けないこともあります。

事前に、電気毛布を携帯するなどして、対策を取りましょう。

また、暖房をつけても良いですが、部屋が乾燥するので、携帯できる小型の加湿器を持参して良いでしょう。

同じように、病院のベッドも寒いことがほとんどです。

そして、なにより病院のベッドは上記で登場したパイプベッドなことがほとんどなので、実は体を冷やしてしまう傾向にあります。

 

「エアーベッド」

エアーベッドは空気で膨らますタイプのベッドなので、防寒対策ができませんし、寒い時期になると冷える床下からの冷気による悪影響をダイレクトに受けてしまいます。

例えば、足があり高さのあるベッドでも、下の空間に収納引き出しを設けたりすれば、多少の防寒対策にはなりますが、エアーベッドは空気で膨らましているので、そうはいきません。

つまり、空洞の上で寝ているようなものなので、

冷気による悪影響からはどうやったって対策の施しようがありません。

 

広告

寒い冬ベッドの対策はある?窓際や壁際の近くのベッドの寒い対策は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

寒い時期になると、ベッドは冷えてしまうものですが、実は色々な対策があるものなのです。

そこで、ベッドが寒くて体が冷えてしまう人は、このページを参考ンしてみましょう。

きっと、熟睡できるようになるでしょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました