寒いとイライラする原因は病気だから?寒さ対策(解消法)はあるの?

寒い
この記事は約14分で読めます。

寒いとイライラするのは多くの人が経験していることですが、この原因を知っている人は意外にも少ないものです。

さらに、「寒いとイライラする」というのは、身体からのSOS信号のときもあり、重大な病気を患っていることだってあります。

では、ページを読み進めて「寒いとイライラする原因や病気」を知っていきましょう。

また、記事の後半では「寒さによるイライラを解消する対策法」も紹介しています。

 

広告
  1. 寒いとイライラする原因には2つの重大なSOS信号が隠されていた!?
    1. 「寒さは生命の危機を脅かし精神的なストレスを感じる!」
    2. 「寒暖差疲労症候群が心身にダメージを与えてイライラを増幅させる!」
  2. 寒いイライラの原因は「冬季鬱病(季節性とうきうつ病)」かも!?
  3. 冬季鬱病は「空腹感・寝不足感」がずっと続く治らない怖い病気だった!?
  4. 寒いとイライラする原因のもう一つは「自律神経失調症」だった!?
  5. 寒い冷えによるイライラは3つの循環器トラブルを招く!?
  6. 寒いイライラを解決するオススメの対策8選を紹介!
    1. 「睡眠負債をためない!」
    2. 「バランスのとれた食事を実践する!」
    3. 「冬場の外出時には体力を温存する工夫を!」
    4. 「日光浴をこまめに行う!」
    5. 「体の外から冷やさない!」
    6. 「体の中から冷やさない!」
    7. 「冷えた体を温める!」
    8. 「冷えない体をつくる!」
  7. 寒い冬にイライラする人が共感する7つのあるあるを紹介!
    1. 「外が寒すぎて一度は今日の予定をドタキャンしようかと思う!」
    2. 「乾燥がひどいくて、お肌がカサカサする!」
    3. 「寒い時期(秋冬)の風が冷たすぎる!」
    4. 「やりすぎた防寒対策で太った自分に愕然する!」
    5. 「物忘れ物も増加する!」
    6. 「(寒いなら服を着こめばいいじゃん)発言にイライラしてマジギレ!」
    7. 「朝が寒すぎて布団から出れない!」
  8. 寒いとイライラする原因は病気だから?寒さ対策(解消法)はあるの?~まとめ

寒いとイライラする原因には2つの重大なSOS信号が隠されていた!?

「寒さは生命の危機を脅かし精神的なストレスを感じる!」

人間は不快なことがあると、イライラするのではなく、「不安や焦り、恐怖」を感じると気持ちに余裕がなくなり、イライラします。

(詳しくは下記にページで解説しています。)

寒いと寂しい心理的な理由(原因)は?冬の寂しさに解消法はあるの?
秋冬の寒い時期は、理由もわからずに「寂しい」と感じます。しかし「寒さ」と「寂しさ」は密接した関係にあります。寒さを感じると人は生命の危機を感じることで「不安・恐怖・焦り」を無自覚に感じています。ここでは「寒いと寂しい心理的な理由(原因)は何か?冬の寂しさに解消法はあるのか?」疑問にお答えしています。

秋冬の寒い時期は体が冷えますが、これは生命の危機を潜在的に感じさせます。

すると、精神的(潜在的)に「不安や焦り、恐怖」を感じさせて、心に余裕をなくし、イライラした感情を招きます。

もともと私たちの体は思っている以上に丈夫で寒さにも強いです。

しかし、例えば、暑い夏に身体を冷やすような「冷たい飲み物」を常飲したり、冷房(クーラー)の効いた部屋で何時間も過ごすことなどで、いつの間にか身体が冷え性になっていることがあります。

この冷えは「精神的なストレスや緊張などによる自律神経の崩れ」にも大きく悪影響を及ぼしています。

夏は外が暑いから冷えが気になりませんが、秋冬の時期になるとこの自律神経の乱れは顕著にでてしまいます。

自律神経が乱れると、精神的に不安定な状態が続き、非常に危険な心の病を患うことがります。

下記に記事もあわせて読んでみましょう。

部屋で寒いと動けない原因と対策は?冬の朝に家で動けないのは病気?
「寒いと動けなくなり、何もしたくなくなる」ことってありますよね。ですが、部屋で寒いと動けない原因は何なのでしょうか?もしかしたら、今まで気が付かなかった重大な病気の可能性もありますよね。ここでは「部屋で寒いと動けない原因と対策は何か?冬の朝に家で動けないのは病気なのか?」疑問にお答えしています。

 

「寒暖差疲労症候群が心身にダメージを与えてイライラを増幅させる!」

寒いとイライラする原因の一つとして、「寒暖差疲労症候群」が挙げられます。

寒い時期になると、昼は暖かいけど夜は冷えるなどの寒暖差が生じます。

すると、身体は自分でも気が付かないうちに寒暖差による疲労が蓄積していきます。

ほかにも、「暖房の効いた室内」と「気温が低い室外(外)」との寒暖差も疲労を蓄積する原因になります。

こういった寒暖差によって蓄積した疲労が心身ともに日常を蝕み、「睡眠不足やストレス(イライラ)」を増幅していってしみます。

また、下記の記事で解説しているように、寝ている間は体温が冷えてしまうものです。

寝具を暖かくするように工夫することで、簡単にお悩みを解決することもあります。

下記のページでも参考にしてみましょう。

寒い冬ベッドの対策はある?窓際や壁際の近くのベッドの寒い対策は?
寒い時期(冬や秋)になると、ベッドが冷えて眠れなくなるものですよね。では、そんな寒くなったベッドに対策はあるのでしょうか?また、窓際や壁際の近くに置いているベッドが寒い対策も知りたいもの。ここでは「寒い冬ベッドの対策はあるのか?窓際や壁際の近くのベッドの寒い対策はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

寒いイライラの原因は「冬季鬱病(季節性とうきうつ病)」かも!?

冬季うつ病(季節性とうきうつ)とは、季節の変化による季節性のうつ病のひとつです。

冬季うつ病は秋の季節から冬の季節に症状があらわれ、春の初めになると知らず知らず完治していきます。

冬季鬱は今、社会問題となっており、成人前後の年齢から少しずつ発症していき、男の人よりも女の人に多くみられる病気です。

厄介なことに、ひとたび冬季うつ病が発症すると、毎年のように発症する傾向にあるため、病気の原因と特性(特徴)をしっかりと自覚したうえで治療することが大切です。

 

秋の季節から冬の季節にかけて冬季うつ病が始まり、春や夏になると次第に治まるという1年周期を繰り返す病気なので、自覚症状がほとんどないことから、早期発見が非常に難しい病でもあります。

このため「反復性冬季うつ病(冬バテ)」と言われることもあります。

他にも、「冬季鬱」「冬バテ」「季節性うつ」など呼び方は様々です。

冬季鬱の症状としては、ほぼうつ病と一緒です。

「寒い時期になるとイライラやストレスがひどくなる」

「気力(ヤル気)や集中力が無くなる」

「気分にムラがあり落ち込みやすくなる(特に午前中)」

「誰とも会いたくない」

「物事を心から楽しめなくなる」

「性欲が落ちる」

といった上記の症状が現れます。

冬季鬱に関する症状は下記のページを参考にしてみましょう。

寒いと眠いだるいのはなぜ?空腹や頭が痛くなるのは病気って本当?
寒い時期が近づくと「なんだか寝ても眠気が取れず1日中眠い」なんてことあります。また、寒い時期にこの症状が酷い人は、眠気だけでなく「だるい(怠い)・頭痛・空腹」などに悩まされることもあります。ここでは「寒いと眠いだるいのはなぜなのか?空腹や頭が痛くなるのは病気って本当なのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

冬季鬱病は「空腹感・寝不足感」がずっと続く治らない怖い病気だった!?

冬季鬱は、食欲と睡眠においては、一般的な「うつ病」とは少し異なります。

「何時間寝ても眠くなり、過眠傾向になる」

「炭水化物や甘い物が過剰に欲しくなる」

などといった症状が出やすいとされています。

また、冬季鬱(うつ)になると、過眠や食事過多による運動不足で、体重増加にもつながる傾向になります。

また、冬バテ(冬季うつ)は緯度の高い地域に住むと発症し易いという特性があることから、「寒暖差による疲労蓄積」や「日照時間が短くなること」が発症理由だと考えられています。

 

なので、寒い時期にイライラしやすくなるのは、冬季鬱予備軍の可能性もあり、下記のような対策が必要となってきます。

日中は可能な限り外にでてお日様に当たる。

朝食時も室内(部屋)を明るくして体に光を浴びる。

寒い時期こそ、日常生活の中で疲れをためずに、積極的に休養をとる。

日中に散歩するなど軽く運動する。

トリプトファンの合成に必要不可欠なビタミンB6(魚類やかつお節)を食生活に取り入れる。

セロトニンのエネルギーとなる炭水化物(果物、イモ類、米など)をバランスよく食べる。

セロトニンやメラトニンの原料となるトリプトファンを多く含む食材(アボカド、大豆類、バナナ、ゴマ、かつお節、ナッツなど)をとる。

上記で挙げた食事内容を参考にして、なるべく症状を軽くし冬を乗り切りましょう。

 

広告

寒いとイライラする原因のもう一つは「自律神経失調症」だった!?

寒いとイライラするのは自律神経が乱れていることが原因の場合もあります。

実は、寒い時期は「寒暖差」、「気圧の変化」、「体の冷え」、「寒さによる精神的なストレス」など、自律神経を狂わす要因が多くあります。

つまり、寒い秋冬は自律神経を乱しやすい傾向にあるのです。

 

また、夏の冷房が効いた部屋に長時間いることで、身体は冷えを感じやすくなり、これも自律神経が乱れる要因になります。

夏場は外が暑いから気が付きませんが、冬になると、この冷えによる自律神経の乱れが顕著になります。

 

基本的に自律神経失調症の精神的な症状としては、「イライラ、感情の起伏が激しい、あせりを感じる、疎外感、落ち込み、ゆううつになる、やる気が出ない、不安感」など様々です。

寒い時期にイライラしやすいのは、自律神経失調症が原因かもしれません。

「防寒対策、炭水化物を中心として食生活、温かい飲み物を飲む」など、可能な限り身体を芯から温めるように努力しましょう。

オススメの防寒対策は下記にページを参考にしてみましょう。

朝部屋が寒い原因と対策は?安く簡単に部屋を暖かくする工夫を紹介
朝起きると「部屋が寒い・・・」なんて思うことがありますよね・寒い冬になると暖房やストーブが買いたくなっちゃいますよね。しかし、常日頃から愛用する暖房器具は思っていた以上に電気料金がかさむ原因になります。ここでは「朝部屋が寒い原因と対策はあるのか?」安く簡単に部屋を暖かくする工夫を紹介しています。

 

広告

寒い冷えによるイライラは3つの循環器トラブルを招く!?

「血」の循環トラブル

「血」は血液の循環を表します。

冷えによって血流の循環が落ちると、両手両足(末端)の冷えや肩こりなどの症状を招きやすくなるだけでなく、月経痛(生理痛)や不正出血、不妊症など婦人科系のトラブルも発症する原因になります

 

「水」の循環トラブル
「水」は体内の水分の代謝に直接影響を及ぼします。

冷えによって体内に余分な水分が滞留すると、「頭痛、浮腫み(むくみ)、耳鳴り、めまい」が生じやすくなり、食欲不振や吐き気など消化器系にもトラブルが出やすくなります。

 

「気(チャクラ)の巡り」を妨げる
「気(チャクラ)」はいわば、生命のエネルギー源です。

冷えが体内で蓄積すると気(チャクラ)の逆流や停滞が体内で起こり、のぼせや不眠などの体の症状をはじめ、イライラ、落ち込み、憂うつなど精神的な不調も引き起こし易くなります。

 

広告

寒いイライラを解決するオススメの対策8選を紹介!

「睡眠負債をためない!」

冬場の睡眠不足は免疫力を著しく落とし、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染や体調不良を招きます。

1日に少なくても6時間以上の睡眠を心掛けましょう。

忙しくて睡眠が不足したら、休日はいつもより睡眠時間を増やすなどして、必ず睡眠時間を確保することを心掛けましょう。

連日の睡眠不足は心身の不調を招くので要注意です。

 

「バランスのとれた食事を実践する!」

寒暖差による疲労回復効果が高い「魚、卵、肉」といった動物性たんぱく質と、免疫力向上に効果が高いビタミン・ミネラル豊富な緑黄色野菜・果物(フルーツ)を1日の食事の中で1回は必ず摂り入れましょう。

ダイエット中であっても、寒い時期は炭水化物も食べないと体内の燃焼が上手くできず体温がスムーズに産生されません。

なので、寒い季節に過酷なダイエットは、著しく体力を消耗して免疫機能を低下させるのでNG。

冬場のダイエットはバランスの欠いた食事メニューや運動(スポーツ)で短期間で大幅に体重を落とすことは避け、体や精神に悪影響をもたらさない安全な方法でダイエットしましょう。

 

「冬場の外出時には体力を温存する工夫を!」

冬場の寒い時期は、体力を過多に消費しやすい激しい「レジャーやスポーツ、遠出」は控えましょう。

もし体力を使うレジャー(マラソンやスキー、スノボー)や、旅行に行くときは、1日くらいは身体を休める日を作って、体力回復日を設けましょう。

 

「日光浴をこまめに行う!」

一日の大半を屋内で過ごす環境にいる人は日照不足に陥りやすく、冬にはもっと日照不足に拍車をかけます。

休憩時間には「日が差す窓辺」や「屋外」で直射日光を積極的に浴びて体内時計の調子を整えましょう。

また、日光を浴びながらストレッチすると血液の循環が良くなり、自律神経を整えやすくなります。

 

「体の外から冷やさない!」

寒い時期は特に「おなか、足首、首の後ろ」を冷やさないよう注意が必要です。

室内でも体を冷やさないよう、薄手のパーカーやカーディガンを着用すると良いでしょう。

足の冷えがひどいときは、5本指のソックスなどが便利です。

 

「体の中から冷やさない!」

寒い時期に冷たい飲み物や食べ物を適正な量であれば、取り入れるこは問題ありません。

ですが、室内でもキンキンに冷えた飲み物、冷えた食べ物を食べることは冷えを悪化させるので注意が必要です。

室内が温かくても、冷たい飲み物や食べ物は控えるようにしましょう。

 

「冷えた体を温める!」

一番シンプルに、かつ効果的に体を温めることの出来るのが入浴です。

自分が快適だと思う温度の湯船にざっと浸かるだけでも効果はあります。

無理をして湯船に浸かろうとすると「逆上せる(のぼせる)」ので、無理のない入浴法を心がけましょう。

 

「冷えない体をつくる!」

下半身の筋肉を鍛え上げることで、身体が冷えにくい体質を作ることができます。

筋 肉量が多いと体内の代謝や熱生産量が高まるからです。

そして筋肉の約7割が下半身(腰から足先)に集中しています。

オススメはスクワット体操ですが、簡単にできる方法としては、炊事洗濯や歯磨きのときにつま先立ちをするだけでも効果的。

ショッピングに出かけるときには、いつもよりちょっぴり早歩きを意識するのも有効です。

これを寒い時期は続けましょう。

さらに、寒い時期こそちょっとの有酸素運動で簡単に痩せることができます。

詳しくは下記のページを参考にしてみましょう。

寒い時期はカロリー消費量が多い?カロリー不足は寒さを感じる?
冬や秋になると少しずつ寒くなってきます。では、寒いときに人間の体はカロリー消費量が多くなると言うのは本当なのでしょうか?これが本当であればダイエットも夏場よりも冬場のほうが効果的です。ここでは「寒い時はカロリー消費量が多いのか?カロリーが不足すると寒さを感じるものなのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

寒い冬にイライラする人が共感する7つのあるあるを紹介!

「外が寒すぎて一度は今日の予定をドタキャンしようかと思う!」

冬嫌いの人や寒さを我慢できない体質の人は、とにかく「寒いのがしんどい」。

自分の中での優先順位はいつも「家にいること」。

そのため、つい家でだらだら過ごしてしまい、仕事やバイト、友人との遊びなど外出の予定があると、予定自体が面倒に感じてしまい、ストレスを溜めてしまう人がほとんどでしょう。

一度は「今日の予定をキャンセルしたい」という思考をよぎるでしょう。

 

「乾燥がひどいくて、お肌がカサカサする!」

寒さとあわせて深刻なのが冬の乾燥肌。

肌は水分がなくなります乾燥します。

リップクリーム、ハンドクリーム、保湿クリームなど、必需品になります。

乾燥が酷い人は息を「フッ」とかけると粉を吹くこともあります。

これも寒い時期にイライラさせる原因となるでしょう。

 

「寒い時期(秋冬)の風が冷たすぎる!」

秋冬の時期に外出することで、季節の冷たさを一番感じさせるのが凍えるような秋冬の季節風。

なかでも寒波かってくらいに残忍なのが、高層ビル街での強烈なビル風。

髪が乱れるなんて酷さじゃなく前進するのも苦しいし、必ず凍えます。

特に冬の通り風は非常に強烈で、生命の危機を感じるほどです。

すると、心に余裕がなくなりイライラしてしまいます。

 

「やりすぎた防寒対策で太った自分に愕然する!」

11月後半など、冬の時季のはじまりは薄着で乗り切れるものの、12月、1月と寒さが厳しくにつれ、最終的に暖かさを優先。

防寒対策をしっかりすることで寒さを凌げるものの、洋服を厚着することで太って見えます。

そしてふとした瞬間、街中の鏡やガラスに映った、服を着こみ過ぎて気太りした自分の姿を見てガッカリして凹むのです。

 

「物忘れ物も増加する!」

マフラーに手袋、ニット帽、マスク、リップクリーム、ハンドクリーム、カイロ…と防寒・乾燥対策で身につけるモノ、持ち歩くモノの種類が多くなります。

それに比例して忘れ物・探し物も増えて、いっつもガサゴソと探すはめになり、自分のふがいなさにイライラしてしまいます。

 

「(寒いなら服を着こめばいいじゃん)発言にイライラしてマジギレ!」

「寒い、冷える」と凍えていると決まって言われるのが、このイライラするような心無き助言。

「人より寒がりって知っているでしょ」と思わずブチギレることも。

ちなみにお洒落しようと頑張って薄着したときに言われると、イライラしてムカつき度がアップ。

寒さは人の心の余裕も簡単に奪ってしまうのです。

 

「朝が寒すぎて布団から出れない!」

ぬくぬくで柔らかくて、文字通り「夢見心地」のふとん。

寒い時期は朝が来ると落胆しかありません。

ふとんから起きるという簡単なことでも一大事。

布団から出れずに、思わず二度寝して遅刻してしまったことのある人も多いのではないでしょうか?

部屋が寒いから、トイレ行くのも億劫になります。

うとうとしていると10分、20分、30分と時間があっという間に過ぎてイライラすることもあるでしょう。

 

広告

寒いとイライラする原因は病気だから?寒さ対策(解消法)はあるの?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

寒いとイライラする原因として、「寒暖差疲労」や「潜在的に感じる生命の危機」が挙げられています。

また、寒さによるイライラを侮ってはいけないことが、この記事を読んでわかったことでしょう。

もしかしたら、身体からのSOS信号の可能性があり、そこには重大な病気が潜んでいることもあり得るのです。

特に、「季節性冬季鬱(冬バテ)」は本人に自覚症状がない上に、完治が困難で厄介病だと言われています。

日本では、まだ聞き馴染みはないかもしれませんが、ヨーロッパでは多くの人が冬季鬱に苦しめられています。

そこで、このページで紹介した寒さによるイライラ対策を日常生活に取り入れてみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました