冬好き頭おかしい?冬好きな人の性格は?寒い季節の好きなところは?

寒い
この記事は約21分で読めます。

冬が好きな人っていますよね?

でも、「なぜ冬が好きなのか?」疑問に思うばかりです。

では、さっそくページを読み進めて、冬が好きな人の理由や性格について知っていきましょう。

 

広告
  1. 冬好き頭おかしいって本当?冬好きの理由(心理)を徹底分析!
  2. 冬好きは頭おかしいというより冬に良い思い出がある?
  3. 冬好きな人の頭おかしい性格とは!?
  4. 冬好きな人は相手に合わせるのが得意!?
  5. 冬好きがあげる寒い季節の7つの好きなところは?
    1. 「冬の匂いや肌に染みる寒さが良い!」
    2. 「冬はお風呂や布団が快適になる!」
    3. 「冬は炬燵(こたつ)でポカポカ暖まれる!」
    4. 「冬の方が女性の服(ファッション)が可愛い!」
    5. 「冬の満員電車やバスが一番マシ!」
    6. 「夏に比べて嫌いな虫が少ない!」
    7. 「冬の季節はワクワクするイベント行事が多い!」
    8. 「年末年始の大型連休がある!」
    9. 「冬の食べ物(料理)が絶品なものが多い!」
    10. 「冬の温かい食べ物は心がほっとする!」
  6. 冬好きの人に共通する3つの体質とは?
    1. 「ウインタースポーツが好きな人」
    2. 「雪国で育ってきた人」
    3. 「夏の暑さや湿気(湿度)に弱い人」
  7. 「冬は陰気な性格」で「夏は陽気な性格」のイメージは当たってるの?
  8. 冬好き夏嫌いが世間一般的に正しい多数派の意見って本当なの?
  9. 冬に比べると夏の季節の方が健康管理面では危ないって本当?
  10. 夏と冬の二択だったら人間が生活するなら冬の方が良いって本当?
  11. 生まれた季節を好きになるって本当なの?世間の冬生まれの人に意見を聞いてみた!
  12. 生まれた季節は性格に影響する!12月1月2月の冬生まれは「知的でストイックな精神の持ち主」
  13. 季節の中で人間が一番過ごしやすいのは「秋」って本当?
  14. 冬好き頭おかしい?冬好きな人の性格は?寒い季節の好きなところは?~まとめ

冬好き頭おかしいって本当?冬好きの理由(心理)を徹底分析!

結論から言うと、冬好きは頭おかしいというのではなく、「冬に対して前向きな連想(イメージ)を持てている」ということになります。

冬が好きな人と嫌な人の大きな相違点は「冬も良いところがある」とポジティブに思えるということです。

ほとんどの人は冬に対してネガティブなイメージを持っていますよね。

例えば、寒い季節に毎年のように寂しい思いをしてきたとか、冬は一人ぼっちで寂しさを感じるという人は、「冬の季節」が苦手なはずです。

逆に冬が好きな人には下記のような心理が働きます。

冬は空が綺麗で澄んでいる

雪国育ちなので雪を見ると心が落ち着く

このような、冬に対してポジティブな心理が働くことによって冬が好きだと思えます。

 

でも、実際に冬のことをちゃんと知れば、冬が楽しめるようになれます。

例えば、雪景色はまさに、冬しか見れない絶景です。

積雪は光を反射して、まるで幻想的な空間を演出するので、写真にとればインスタ映え間違いなしです。

下記のページを参考にしてみましょう。

 

 

どうでしたか?

特に記事後半のライトアップスポットはまさに、絶景です。

積雪は光を反射するので、雪が積もったら楽しみになりますね。

 

広告

冬好きは頭おかしいというより冬に良い思い出がある?

冬が好きな人は、冬に対して良い思い出がある人がほとんどです。

例えば、冬になったらクリスマスやサンタクロースが楽しみだとの意見を持っている人は、毎年のように家族で楽しく賑やかな明るいクリスマスを過ごしていた傾向にあります。

もしくは、恋人(彼氏彼女)と楽しい時間を一緒に過ごしていたなど、同じことが言えますね。

つまり、寒い季節に対してポジティブなイメージを持っていることで、冬の良い部分(魅力)ばかりが先行している心理(精神)状態となっているのです。

 

もっと簡単に説明すると「好きな人」と「嫌いな人」への心理に例えると分かりやすく、好きな人はちょっとくらい悪い部分はあっても良い部分だけを見ようと意識します。

一方で、嫌いな人は良い部分があったとしても悪い部分だけを見ようとするのが、人が生れつきに持つ性質でもあり、誰にでもある心理(精神)傾向なのです。

その証拠に、冬の季節が好きな人は寒い季節の良い部分は多く言えます。

けれども、冬の悪い部分(ウィークポイント)に関しては少ししか思いつかない人が多くいます。

これこそが冬の季節の良い部分ばかりを見ようとしていて、冬が好きになってしまった人の心理(精神)の正体であり、その人の気がつかない心の機微なのです。

ですが、実際、日本の冬の気象は海外に比べても、素晴らしいものです。

例えば、「冬のきれい空雲」や「冬の澄んだ空気」はどの四季よりも、群を抜て面白いと言われています。

下記のページを参考にして、冬の素晴らしい気象をしれば、少しは冬の季節が楽しめるようになるでしょう。

 

 

どうでしたか?

このように、冬にはいろいろな発見があるものです。

冬好きは、こういった冬にしかない絶景や空気も楽しんでいるから、好きになるのです。

 

広告

冬好きな人の頭おかしい性格とは!?

まず冬の季節とはどういう時期かを考えると、冬の期間はかなり人肌恋しい時節です。

そのため、この時期を好む人は孤独への耐久性が強烈な人であって、逆にこの孤独感がどこか良かったり、寂しい気持ちを違うことで紛らわせることが得意な人です。

そしてもう1つは、冬の季節は一人よりも友達同士で騒げる時期でもあります。

例えば、鍋をする場合はたくさんの友人を集めたり、スキーをみんなと楽しむなど、何かある毎に複数人の友達と楽しく過せる時期でもあります。

このことから、冬好きは仲間内で和やかに楽しむことが好きな性格です。

「なんだ…自分はまるで逆の性格だけど!」と感じた人もいるでしょう。

ですが、冬の季節を好む人は基本に一人も好む性格の持ち主です。

集まると和気あいあいとその場の空気を盛り上げ上手なムードメーカー的存在の人が多い傾向にあります。

 

広告

冬好きな人は相手に合わせるのが得意!?

上記でも解説していますが、冬好きは周囲の人と騒ぐのが好きな性格です。

ですが、群がることでイキがってしまうような気質とは全く別です。

一人でいる時間を満喫できる性格でありつつも、状況によってははその場の雰囲気をガラッと変える力を持つ、周り(知人友人)から好かれる一面を持った人物なのです。

また、一人の時間を楽しく過ごすことが可能な人のことを、世間はインドア派と揶揄しますよね。

ですが、寒い季節は寒さから自宅にこもることがつい多くなります。

このことから、自己分析等の自分を見つめ直す時間も持てるので、自己分析が非常に得意な性格も特徴的です。もちろん基本的に傾向ですが、こうした性格傾向がある冬の季節を好む人は、誘われると行くけど自身からはアクティブに誘うこともありません。

 

その場にいると周り(知人友人)を雰囲気を盛り上げることができるのも冬好きの性格の特徴です。

遊びに誘われやすい条件の整った人物であることも、そうした傾向から見えてくることです。

さらに、冬の「晴れの日」と「雨の日」によっても性格的な思考が変わります。

興味があれば、下記のページを参考にして、「雨の日」と「晴れの日」の心理について知っていきましょう。

 

 

広告

冬好きがあげる寒い季節の7つの好きなところは?

「冬の匂いや肌に染みる寒さが良い!」

冬の季節は空気や空が美しい時季です。

それだけでなく、乾燥した空気の匂いはどことなく清々しい気持ちにさせ、多忙な人の心をホッとさせるような暖かい香りがします。

他にも匂いで言えば、石油やストーブの匂いがどことなく精神的にリラックスする効果があったりしますよね。

こうした匂いを嗅ぐことで冬の季節が来たなと実感できることは、寒い季節が好きな人にとって「いいシーズンが来たものだ」と感じる要因そのものなのです。

反対に寒い季節が苦手な人は、「でも人肌恋しくて孤立な気持ちになるじゃん!!」との意見がほとんどです。

しかし、冬の季節が好きな人はそれこそがまた良いと思え、人肌恋しさを布団や抱き枕で身体を温めることが、快感にも思えます。

また、湿気や暑さがないことも冬の時季の素晴らしい魅力です。

夏の季節のようにジメジメとした暑さはストレスの原因や、お酒を大量に飲んでしまう理由となります。

これらのことから、こういった悲観的な部分が見られにくいことも、冬の季節の素晴らしさと言えます。

 

「冬はお風呂や布団が快適になる!」

冬はなんといってもお風呂や布団に入り、のんびりと自分の時間をくつろぐにはオススメの環境です。

学校や会社帰りにホッと一息浴槽(湯船)にゆっくり浸かった後の布団は、すべての人が幸福を感じられる瞬間です。

忙しい日本人はどうしてもシャワーでことを済ませようとしがち。

ですが、冬はじっくりと浴槽(湯船)に浸かることで、心が落ち着く時間を確保しやすくなります。

そして、気分爽快で疲れた1日を終えることができることも、冬の季節が好きになる理由の1つです。

もっといえば、睡眠環境を整えることで「美肌」にも影響します。

つまり、冬は「室内暖房対策」や「就寝時の暖房対策」をして快適に過ごすことが大切です。

 

「冬は炬燵(こたつ)でポカポカ暖まれる!」

さらに現代の家庭にはあまりないですが、コタツ(炬燵)がとても心地よくて、そのまま眠りに落ちてしまうほどの気持ち良さを感じれるのが冬の季節です。

沢山の人が快適な空間を自身で作り出すことで、ゆったりとした一日を送れる季節となります。

故に、あまりの心地良さに朝一番布団から出るのが苦痛に感じたり、早朝はゆっくりと寝たいと感じてしまうことが、寒い季節を過ごす際のマイナス面となりがちです。

しかし、逆に言えばそれだけ快適で気持ちのいい機会であるとの捉え方が可能です。

 

「冬の方が女性の服(ファッション)が可愛い!」

ファッション好きな人や女性的な考え方となります。

ですが、冬の季節の方がマフラーや着こなしなどによってお洒落を楽しめるのも、寒い季節が一番自分にとって楽しい時期だと感じられる理由です。

コートやマフラーは多種多様な着こなしができますし、ベルトやインナー(Tシャツやシャツ)などの見えない部分に拘りを持てることから、友達とのファッションセンスは一目瞭然です。

一瞬でおしゃれな人が判明ししまう時期こそが冬の季節なのです。

さらに恋人(彼氏彼女)や家族(親・兄弟・姉妹)とのお揃いコーデを選びやすかったり、好きな人に上着を羽織らせてあげるなどの演出ができます。

つまり、冬の季節がもたらす幸せな一面で、二人の距離感をより縮めることが出来るなどの、特別な楽しみ方が出来るのも冬の期間ならではの演出です。

また、服を着込むことで体型を隠せたり、女の人であれば可愛い演出できるのも冬の季節であるため、とりわけ女性とってはメリットが多い季節でもあります。

 

「冬の満員電車やバスが一番マシ!」

いつも満員電車(満員バス)で悩む人は冬の方がストレスがありません。

寒い時期は汗をかかない季節なので人肌触れ合っても気持ち悪さがないし、車の中も汗臭さが一番マシな季節こそ冬のシーズンです。

夏場は最も悪い季節で、仕事終わりにお酒を飲んだ人たちの酒と汗の匂いが混合し、不愉快なほど臭いとの気分を害するなど、満員電車での臭い(悪臭)はとりわけ敏感となってしまう部分です。

ここ最近は香水や柔軟剤などの強烈な香りに鼻を刺す人が問題となっていて、匂いに敏感な人は気分を害するなどの、不愉快に感じる出来事に巻き込まれるのが満員電車です。

なので、ここではあくまでマシなだけであるとの紹介をしておきます。

ちなみに女の人達は匂いに敏感で男性が気がつかない匂いにもすぐさま気づくため、「通勤や通学の満員電車」ではとりわけ頭を悩ませがちです。

 

「夏に比べて嫌いな虫が少ない!」

虫が大嫌いな人は冬が好きな傾向にあります。

冬は自宅にゴキブリや蚊が忍び込んでくることはありません。

冬の期間はそうした煩わしい気持ちを体感することもなく、ゴキブリや蚊などのトラブルに悩むこともないのです。

例えば水辺の近くに暮らしている人は、夏場に小さな虫の被害に苦悩する人もたくさんいます。

網戸に虫がついているだけでも鳥肌が立つほど、虫に対して嫌な感じを持つ人が世の中にはいます。

暑い季節に家の近くに虫が大量発生する人としては、「冬の季節は虫に怯えることなくのんびり過ごすことができる」との意見が出るほど、虫の被害に大きな恐怖心を抱いているのです。

その他にも、ゴキブリが嫌いであったりノミやダニが苦手な人にとっても、冬の期間はこういう類の不安感から解き放たれる時節です。

潔癖症の人にとっても救われる時期であると言えます。

もちろん、冬にもゴキブリは出てくるので下記のページを参考にしてみましょう。

 

 

どうでしたか?

このように、最近では、冬にもゴキブリが出てくる傾向にあります。

 

「冬の季節はワクワクするイベント行事が多い!」

冬の期間は誰もが胸が高鳴るイベントが目白押しで、クリスマスや年末年始はTV番組も特番が多く組まれるなど、大勢がワクワクできる季節です。

恋人(彼氏彼女)や家族がいる人は、クリスマスにイベントごとをやることでもっと絆が深まります。

互いに愛し合える幸福な季節であったり、幼い子どもたちにとってもサンタクロースがプレゼントくれるなど、老若男女問わずに胸の高鳴るイベントこそが寒い季節には存在するのです。

 

「年末年始の大型連休がある!」

年末年始は殆どの人が笑顔で生活しているでしょう。

年末年始の大型連休で周りの人が笑顔で幸せそうな顔をしていることが、街中を明るく自分までも有頂天にさせてしまうほどです。

「クリスマスは足を運んで欲しくない!」と考える人であっても、年末年始なら有頂天になれる人もたくさんいるはずです。

「お年玉や初詣(はつもうで)の神社参拝、おみくじ」など、楽しみが多く控えていることは、たくさんの方の人生をより楽しい方向へと向かわせます。

 

「冬の食べ物(料理)が絶品なものが多い!」

冬の食べ物の代名詞といえば、鍋料理やラーメンなどの熱々の食べ物を目一杯に堪能できます。

また、家族団らんで鍋を囲むことが出来て、熱々の食べ物が美味しい状態で食べられる冬は、暴飲暴食することで体重が増えしまう人が増加する季節でもあります。

これ以外に冬の季節の限定チョコなどもありますよね。

とにかく食べることによって幸福を感じやすい冬の季節は、食べることが大好きでストレス解消になる人には好ましい季節です。

とくに、コタツでアイス(ガリガリ君)や冷凍みかんを食べるなどの別の発想を楽しむことも可能です。

 

「冬の温かい食べ物は心がほっとする!」

温かい食べ物を堪能すると人は幸福になれたり、心がホッとする瞬間になるため、冬場に幸せを感じれる理由もこの部分には隠れています。

さらに澄み渡った空やクリスマスシーズンのイルミネーションスポット等が綺麗なことが、より人の心を感動させるのです。

例えば、夏になると冷たいアイスや飲み物もワクワクしますよね。

ですが、寒くなると温かい食べ物を堪能する方が心がホッとしますし、なんだかやけに良い一日を過ごした気分にさせてくれるのは、こうした環境が隠れているからです。

 

広告

冬好きの人に共通する3つの体質とは?

「ウインタースポーツが好きな人」

ウインタースポーツ(スキーやスノボ)は冬のシーズンならではの娯楽であり、365日数ヶ月の間しか楽しむことができない趣味です。

だからこそ冬の季節が待ち遠しく、1日でも早く冬季が来て欲しいと口にする人がいるわけで、ウインタースポーツを好きな人は冷温にも強く、冬の時季の楽しみ方を熟知している人です。例えばスキーが趣味の人は、滑ること以外に暖かいコーヒーを飲む喜びを分かっていたり、ワックスなどの消耗品を購入する楽しさを知っているなど、スキーをするだけに喜びを見出せている人じゃないのです。

また、スキーやスノボが道楽として捉えている人は、時季(冬)までにお金を貯め込む必要が生じるため、我慢を重ねた上で冬の季節を心待ちにしていることからも、12月~3月の期間は楽しさが弾ける傾向にあります。

 

「雪国で育ってきた人」

雪国で育ってきた人は、寒い季節に積雪などの厄介な仕事が山ほど増加しまいます。

ですが、ほとんどの人は自分の生まれ育った地域(地元)を愛し、小さい頃から触れて遊んできた白い雪を見ることで心を落ち着かせ、「やっぱり寒い冬の季節がいいな」という気分になりやすいです。

南国育ちの人を例に挙げると解り易く、沖縄の人はポカポカと温かくて暑い時期が多いため、暑い季節に思い出を作りやすいのです。

しかし、逆にそれが原因で冬になるとは思い出を作りにくいことから、こうしたい人は夏の季節の方が良い想い出が詰まっていて、過去の思い出(体験談)に浸ることができます。

雪国で育った人も同じような理由で、寒い時期が長いことで良い思い出をいっぱい経験する(体験する)ことで、冬の季節が来ると思い出深いなとの気持ちにさせてくれたり、「やっぱり冬のシーズンが好き」と思ってしまう心理に直結します。

一方で、雪国で育った人は割と寒がりの人が数多く、車移動が中心なので外で歩くことに不慣れなことから、都心に出たことで寒さに辛抱できないなどの、意外すぎるマイナス面も見られるため、上京した人にとっては「理想とは違った・・・・」などと、冬の辛さを痛感する瞬間にもなります。

 

「夏の暑さや湿気(湿度)に弱い人」

暑さや湿気に弱い人は、逆に冬場になるとエネルギッシュな体となり、自宅では快適にくつろげるなど、自分(冬が好きな人)にとってのプラスの面が大きい人です。

例えばアトピーに悩まされている人は、夏場に汗を掻くことで全身が痒くなってしまったり、皮膚(肌)が湿疹やニキビで荒れてしまうなどの症状が起こります。

なので、こうした人には冬の時期の方が快適で、症状(アトピーや肌荒れ)が鎮まることも間違いありません。

特に近頃は異様な猛暑が続く夏の季節だけに、冬の季節の方が好きだと考える人が今後も多くなっていくことが想定できます。

寒い季節は服を重ねればその場を凌げるくらいの寒さであるがためにも、夏派は将来的に減少するでしょう。

雪国の人からすれば快適な時季ともなる夏場ですが、その他の地域の人からすれば暑い季節は生き地獄で、服を脱いでも暑さが楽になることはありません。

つまり、冬が好きな人は「夏が苦手・・・」という心理が働く人は多くいます。

 

広告

「冬は陰気な性格」で「夏は陽気な性格」のイメージは当たってるの?

暑い夏の季節は、プールや海水浴、また田舎(地方)でのんびりしたりハイキングに出向いたりという楽しみがある方も大勢います。

しかし、それは学生(小中高生・大学生)なら夏休みが、会社員ならお盆休みがあるので、そんな事が楽しみなのです。

学生(小中高生・大学生)の場合、夏休みが長期間で、冬休みは僅かであるのが一般的ですが、なぜ夏休み(サマーホリデー)が長いか、考えたことがある人は少ないでしょう。

 

夏の季節は、運動(スポーツ)にも勉強にも不向きなため、夏のお休みを長くし、その代り勉強にまい進できる冬の季節は、休みが短いのです。

この理由は生理現象が関係しており、人間の体は暑いと体が怠くなり、また脳の機能(集中力記憶力)も衰えます。

暑い季節に快活になる人も多いですが、それは体質にもよりますし、体が24時間温まった状態、すなわちウォーミングアップが不要の状態だからです。

 

(ただ、身体は温まっていても、激しい運動(スポーツ)の前には準備運動は大切なので、気をつけましょう。)

もちろん、冬の季節でも十分ウォーミングアップをすれば、元気に活動できます。

実は冬場の季節はカロリー消費量が多いので、ダイエットに向いている季節なのです。

 

広告

冬好き夏嫌いが世間一般的に正しい多数派の意見って本当なの?

夏と冬を、いろいろな観点で比較してみましょう。

夏は、生物が活発となり、虫や菌やカビが繁殖しやすい時期です。

食中毒も多いのもこの季節です。

冬は、菌や害虫は減りますが、乾燥を好むウィルスが繁殖しやすいと言えます。

 

インフルエンザがよい例でしょう。

被害は同じような感じですが、乾燥にさえ気をつければ、ウィルスの被害はそれほど心配ではありません。

しかし、夏の場合は、菌やカビなどで、汚れやにおいが発生し、これを嫌がる人も多いと思います。

 

夏の季節は、梅雨や台風で、大雨、土砂崩れ、洪水の被害が多くなります。

冬は、北の方では、大雪や雪崩などの被害があります。

どちらも危険はありますが、夏の方が圧倒的に被害が大きいようです。

夏は、太陽光で地面が熱せられ、砂や埃などが、熱い空気と共に上昇してきます。

このため、空気はあまり良くないと言えるでしょう。

対して、冬は上空のきれいな空気が冷やされて、地上に降りてくるので、地上の空気がきれいになります。

冬の方が空気を良いと感じるのは気のせいではないのです。

 

広告

冬に比べると夏の季節の方が健康管理面では危ないって本当?

気温の高いと脱水症状や熱中症を発症しやすくなります。

急激に気温が上昇したり、猛暑が続くと命を落とす人も出ます。

寒いと凍死する危険性はありますが、日本の冬の寒さでは凍死することはまずありません。

気温が低い環境を苦手な人は多いですが、寒くて死ぬ人(凍死する人)は、実は日本では稀なケースです。

 

また、夏の季節は、汗で多くの水分が外に出てしまうため、体内血液の流れが劣悪化して、血液がドロドロになります。

そのため、「動脈硬化や尿管結石、片頭痛」などを発症することが多くなります。

冬の季節は、寒さで身体の機能が消耗するので、風邪を引きやすくなったり、乾燥肌にかかり易いです。

 

それから、睡眠の問もが生じます。

寒い季節は、布団で暖かくすれば、まず快眠出来ますが、暑い夏の時期で熱帯夜の場合、クーラーをつけっぱなしにしないとは、深い眠りにつくことは困難です。

また、暖房を含め、クーラーを何時間もつけていると、鼻や喉をやられて風邪を引くことあります。

 

広告

夏と冬の二択だったら人間が生活するなら冬の方が良いって本当?

冬の季節は、寒ささえ耐え忍ぶことができれば、すごく素晴らしい季節という結論になることがお分かりいただけたかと思います。

もちろん、季節で言うと、春のシーズンや秋のシーズンの方が過ごしやすくて快適ですが、夏季よりは冬の時期の方が、人間にとっては良いということです。

寒いのを嫌悪する声も多いですが、寒ければ多少スクワットしたり、速めに歩くことでも体温を上げることが可能です。

体質にもよりますが、ちょっと考え方を変えてみていただけると、冬の季節も嫌いではなくなります。

地球温暖化のため、気温が上昇することから、将来的には夏のシーズンの方が過ごしにくくなりますが、健康管理に気をつけて乗り切っていくことが大切です。

 

広告

生まれた季節を好きになるって本当なの?世間の冬生まれの人に意見を聞いてみた!

わたしは冬生まれですが、しもやけが出来るし、寒がりなので冬期間は嫌いです。

ちっちゃい頃は夏が一番好きでした。

今は4~5月や10~11月が好きです。

あんまり生まれた季節は関係ないと思いますけどね。

冬生まれですが、冬の季節が好きという事ではないです。(だって田舎だから雪かき大変ーー;)。

でもクーラーの人工的な涼しさも嫌いです。

扇風機(せんぷうき)がいいです。

これ、生まれた土地や環境も関係あるんじゃないですかね??

今の時代はそんな事はないでしょうけれど、過去は12月~3月生まれが全体の半数を占めていたとか。

でもみんな気温の低い冬の季節は苦手でしたよ。

はっきり言って家では逆のようです・・・。

私は夏季生まれですが、暑い季節が大の苦手。

彼は冬季生まれですが、寒い冬の方が苦手で嫌だそうです。

どうでしたか?

このように生まれた季節と好きな季節は必ずしも一致するとは限りません。

上記の意見からわかるように「好きな季節」というのは。

「いかにその季節に良い思い出があるのか?」と言う事が大切になってきます。

 

広告

生まれた季節は性格に影響する!12月1月2月の冬生まれは「知的でストイックな精神の持ち主」

冬の季節は1年の中で最も寒く、比較的物静かな印象のあるシーズンです。

そのせいあってか、冬季生まれの人はストイックで物怖じしない印象のある人が多いと言われています。

また頭脳明晰でもあり、とても優秀なビジネスマン(ウーマン)のイメージですね。

「頭脳明晰・ストイック・落ち着いている」という、三拍子がそろった冬の季節に生まれた人は、夏の季節に生まれた人と比較すると成功者が多いのも特徴的です。

寒かったり、涼しかったりすると、成功者が増えるとも考えられます。

 

12月生まれの性格

警戒心が強いのですが、たった一度心を許せば徐々に仲良くなっていきます。

しかし、12月生まれの人を放ったらかしておくと、やきもちを焼いてしまうことがあります。

 

1月生まれの性格

物事に集中して取り組むのが得意で、貯蓄など蓄えることに長けています。

人間関係も協調性があり、どんな人も受け止めることができます。

 

2月生まれの性格

努力家であるにとどまらず決断力に長けており、タフな上昇志向が見られる人が多いです。

しかし、この性格に影響されて敵を作ることもあります。

 

広告

季節の中で人間が一番過ごしやすいのは「秋」って本当?

スポーツの秋の季節「食欲の秋、芸術の秋、読書の秋」など、木枯らしが吹く頃にはいろいろと呼ばれ方があります。

ですが、これは涼しくなって私たちにとって行動しやすい時季であるということです。

つまり、暑い季節にスポーツも勉強もやれず、食欲も無くなるので、秋の季節になったら積極的にやりましょうということです。

それだけ夏の季節は、人間にとっては活動しにくい季節だということです。

結論として、日本の四季の中で「秋」が一番過ごしやすく、

紅葉もあることから、色々な楽しみも多くあるのです。

 

広告

冬好き頭おかしい?冬好きな人の性格は?寒い季節の好きなところは?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

「冬が好きな人は頭おかしい・・・」と思われがちですが、実際は冬に楽しい思い出をいっぱい持っているということがわかりましたね。

つまり、今は冬が嫌いでも冬に楽しい思い出をいっぱい持っていれば、「嫌いも好きになる」ということがわかりました。

また、このページでわかるように、実は冬には魅力がいっぱいあります。

つまり、「冬が好き」というのはあながち間違いではないのです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました