お祭りの所持金はいくら?屋台で何円使う?屋台の平均相場はいくら?

お祭りイベント
この記事は約6分で読めます。

お祭りに一体いくら持っていけばいいのか?

金額に悩みますよね。

では、ページを読み進めて見ていこう!

 

広告

お祭りの所持金はいくら持っていくべき?

お祭りで屋台を楽しむだけなら、一人分で2500円~3000円あれば十分に足りるでしょう。

おつりが出るほどです。

一般的にお祭りに行く際の所持金は平均して、2500円が基本です。

 

特に、「飲み物・食べ物だけを楽しみたい!」という人であれば、2500円分も食べられるわけないので、むしろお金は余りがでます。

ですが、「射的・輪投げ」など娯楽系の屋台もハマる人であれば、念のため3000円くらいは持って行った方が良いでしょう。

「飲み物・食べ物だけ楽しむか?娯楽系の屋台もやりたいのか?」で少しだけ金額は変わってくるでしょう。

 

屋台を楽しむだけなら、そこまでお金はかかりません。

ですが、お祭り内のイベントに参加薄のであれば、参加費がかかる場合もあります。

2500円持っていけば、十分にお祭りは楽しめますよ!

 

広告

屋台(露店)で何円くらい使うことになる?

食べ物系の屋台(露店)だけで考えると、2000円~2500円くらいが妥当な金額です。

これくらいあれば、お腹いっぱいになるくらい十分に食べ物が堪能できます。

もちろん、大食いの人は別ですが・・・・

 

普通の胃袋を持つ人間であれば、2500円ほど、持っていけば余りが出るほどでしょう。

ちなみに、「焼き鳥」などは、お腹にたまらないですし、金額も安くないので、要注意!

お祭りによっては、ご当地グルメもあり、そういった食材を扱っている屋台は少し高いでしょう。

 

もし、お腹をいっぱいにしたいなら、「焼きそば・お好み焼き」などが、良いでしょう。

お祭りに行くなら、注意点が一つ!

屋台では、小銭を持っていくこと!

屋台では基本的にお札を使うほどの金額になることはありません。

なので、小銭入れを持っていくと便利ですよ。

屋台の人も計算しやすいですしね。

そこで、お祭りの必需品を知っておくことは大切!

お祭りの必需品って?花火大会の持ち物って?便利アイテムを紹介!
お祭りやフェス、花火大会に行くなら、必要なものってあります。実際にお祭り(屋台・フェスイベント)や花火大会に行くときに、あると便利なものを携帯するれば、楽しいだけの1日になります。ここでは「お祭りの必需品・花火大会の持ち物」など、祭りや花火大会、フェスに持っていくと便利なアイテムを紹介しています。

当日にないと不便なものって実は多いですからね。

例えば、ウェットティッシュなどがあれば、食べ物で手がベトベトにならないので、便利です。

便利アイテムを持っておけば、ストレスなくお祭りが楽しめますよ。

 

広告

屋台の平均相場はいくらなの?

屋台でのご飯はそこまでお金はかかりません。

一つの商品に対し、高くても500円ほどでしょう。

「焼きそば・お好み焼き・たこ焼き」など、お腹の膨らむ屋台は平均して400円ほどです。

 

これは、地域によって多少は差がありますが、だいたい平均すると400円ほどでしょう。

焼き鳥などは200円くらいが相場ですね。

飲み物はジュース類が150円ほどで、お酒類が400円ほどします。

 

お祭りで売っている飲み物って実は、少し高めに価格設定されているものです。

他にも、土地によってはご当地グルメなどを扱った屋台もありますが、基本的に500円以上するものは、そこまでありません。

射的やスーパーボールすくいなどの娯楽系の屋台は、凡そ200円が相場でしょう。

一見安いように感じますが、これを何度もやるとドンドンお金が膨れ上がるので要注意!

 

広告

お祭りの屋台で食べたいものランキング

【第10位】~イカ焼き~

最近になって「イカ焼き」が人気になってきています。

少しずつ「イカ焼き」を置いている出店も増えてますしね。

なんといっても、美味しいだけなく、ヘルシー!

魚介類はカロリーが高くないので、女性も食べやすいですね。

屋台のイカ焼きはだいたい400円~500円と相場が少し高いですが、弾力のある触感なので食べ応えは十分!

 

【第9位】~ジュース~

お祭りで飲みたくなるものといえば、「ラムネ」ですね。

最近では、「タピオカ・スムージー」など流行りも取り入れている屋台があります・

ですが、注意点もあります!

屋台の飲み物は、価格設定が高いということ!

使いすぎないように注意しよう。

また、飲み物はトイレに行きたくなりますからね。

かならず事前に、トイレの場所を確認しておこう。

 

【第8位】~から揚げ~

お祭りの屋台で人気な食べ物と言えば「唐揚げ」です。

男女に人気がありますが、実は唐揚げを支持しているのは女性が多い!

ですが、唐揚げは「ある屋台・ない屋台」があります。

確立でいえば、60%くらいでしょう。

 

【第7位】~焼き鳥~

屋台の王道と言えば「焼き鳥」。

男女にも人気がありますし、手軽に食べれるのも魅力!

ですが、ついつい食べ過ぎてしまって、金欠にならないように注意。

また、焼き鳥は手がベトベトになるので。ウェットティッシュを持っていくと便利ですよ!

 

【第6位】~モダン・お好み焼き・広島など~

やっぱりお祭りで食べたくなるものと言えば、「お好み焼き」。

ちなみに「お好み焼き!広島焼き!モダン焼き!」などがあり、これは地域によって異なります。

この何年かでB級グルメの屋台が参加するほど、お好み焼き人気です。

屋台でお腹を膨らましたい人はお好み焼きもおすすめ!

 

【第5位】~ビール~

大人はお祭りでビールを飲みたがります。

20歳以上を超えた人たちの意見ですね。

しかし、お祭りのビールは価格がちょっと高めなので、お祭りマジックに騙されないようにしよう!

 

【第4位】~フランクフルト・アメリカンドッグ~

片手で簡単に食べれる「フランクフルト」。

食べ歩きできるというのが人気の理由!

片手で持ちやすく、手軽に食べれるのは、屋台をめぐるのにはピッタリですね!

人にぶつからないように要注意です!

 

【第3位】~カキ氷~

祭りで食べたいものと言えばカキ氷!

最近では、「抹茶・練乳」など色々な味もありますからね。

「イチゴ・ブルーハワイ・メロン」などは昔の話。

今、かき氷はとっても進化しているのです。

 

【第2位】~たこ焼き~

お祭りでの屋台界の人気第二位は「たこ焼き」です。

たこ焼きは普段なかなか食べる機会ないですからね。

味も色々あり(ソース、しょうゆ、塩、etc)食べる側を飽きさせないのが屋台のたこ焼きさん。

また、土地によっても微妙に味が異なるところもヨシ!

 

【第1位】~焼きそば~

男性からも女性からも圧倒的な人気で1位に輝いたのはやっぱり「焼きそば」

かき氷やたこ焼きなどのを押さえて堂々の1位です。

確かに、お祭りに行ったらとりあえず、焼きそばを探してしまいますからね。

お祭りでしか食べられない、焼きそばの味ってありますよね。

「塩焼きそば、オム焼きそば、ソース焼きそば」などがあり、屋台の「焼きそば」は老若男女問わず大人気!

 

広告

お祭りの所持金はいくら?屋台で何円使う?屋台の平均相場はいくら?~まとめ

お祭りの所持金は、凡そ2500円あれば十分に足りることが分かりましたね。

屋台の食べ物・飲み物を堪能するだけなら、おつりが出るほどです。

ですが、「射的・スーパーボールすくい・輪投げ」などの娯楽系も楽しみたいなら、3000円くらい持っていくと良いでしょう。

あまりハマりすぎると、気が付いたら金欠になっているので注意!

また、屋台ではお札を使うことはほとんどありません。

なので、できれば小銭入れ(500円・100円・50円・10円)などを持っていくのがオススメ!

屋台の人にも親切ですしね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました