ママ友にブログで悪口書かれたら?今後の付き合いは?体験談はある?

ママ友
この記事は約7分で読めます。

ブログをやっているママ友は多いですが、中には人の悪口を書くような人もいます。

「自分の悪口を書いているママ友のブログを見ちゃった」なんてこともありますよね。

では、ママ友にブログで悪口を書かれたらどうしたら良いのでしょうか?

今後のお付き合いを含めてページを読みながら検討していきましょう。

 

広告

ママ友にブログで悪口書かれたらどうする?

ブログに悪口をかかれた方ははっきり言って気分を害します。

暇なママ友や、他人が羨ましいママ友は、そうやって悪口を書いてはストレスを発散しています。

ですが、内容によっては「名誉棄損」になりますし、個人の特定ができるようなブログであれば「プライバシーの侵害」です。まず、人の悪口を書くようなブログ運営に反するようなママ友のブログを「違反通報」するのも一つの手です。

また、コメント欄に匿名で「ママ友のブログを腐す」というのも一つの手です。

悪いのは、ブログで悪口を書いてネット上で公開するようなママ友の方です。

あなたは決して悪くありません。

ブログで悪口を書かれたことを忘れようとしても忘れられない自分を責めずないことが大切です。

時が忘れさせてくれるのを待ちましょう。

 

どうしても悪口が忘れられず不快であれば、無理して付き合う必要はないでしょう。

ママ友ということは、母親ですよね。

新しいママ友と楽しくしていれば良いと思います。

そこで悪口を書いてきたママ友に反撃しようものなら同じレベルに成り下がることだってあり得ます。

結局、ブログで悪口を書くようなママ友は暇なんです。

生活に不満を抱えているような、満たされていないかわいそうな人だと憐れんで流しましょう。

 

広告

ママ友にブログで悪口書かれたら今後の付き合いはどうする?

気が付かないフリして今後の人間関係を続ける

悪口を書かれたら、何もせずに放っておくのが最良な選択だと思います。

書かれた本人は辛いと思いますが、報復しても相手はさらにやり返してくるでしょう。

報復してまた報復、となったらもうキリがありません。

急に態度を変えてしまうと、ママ友や周囲の人から不信に思われてしまいます。

また、ママ友グループに属していた場合、不協和音になることだってありえます。

 

少し距離置いて付き合うようにする

一度悪口を書かれたらもうそのブログは見ず、相手とは距離を置いて付き合うのもオススメです。

距離を置いて接することで、時間が経てば知らぬ間に嫌悪感も感じなくなってくるでしょう。

もしかしたら、ママ友はストレスのはけ口として、ブログに悪口を書いているのかもしれません。

日常生活に不平不満をため込んでいるような、可愛そうな人だと憐れんであげましょう。

 

忘れていつも通りに付き合う!

非常に難しいことですが、忘れて水に流して付き合うというのもアリです。

同じようにブログやツイッターで悪口を書くのも良いですが、あなたも同じレベルに成り下がってしまいます。

可能であれば、忘れるようにしましょう。

人間関係に亀裂が入ると、今後のママ友付き合いも面倒になります。

 

本人に直接話して和解する

今後の人間関係をクリアにしていきたいなら、釘をさすという意味でもママ友に直接話してみましょう。

例えば、ママ友が自分のブログの存在を話してるなら、知り合いが見てること前提で書いていることもあります。「これ私の事だよね?ごめんね~」と直接話してみましょう。

悪口にしても愚痴にしても聞く側はストレスになりますよね!

ブログやツイッターで悪口を言うママ友は、寂しい人、暇な人です。

あえて言うなら「因果応報」という言葉の通り、聞いた側からの報いを受けるでしょう。

 

広告

ママ友にブログで悪口書かれた体験談ってある?先輩ママ達に聞いてみた!

ママ友にブログで悪口を書かれました。

ブログ上で私の話題になるとしょっちゅう上から目線で偉そうなことを言って卑劣な悪口を書いています。

内容も酷い記事なので、流石に耐え切れません。

写真などが記載されており個人の特定は出来たら「名誉毀損」です。

親友のママ友がブログに私の悪口を書いてきます.

ママ友はブログにこう書いていました。

『まじきっしょいわ。本当にわかってんの?言葉の意味分かってる?何回言えばわかる?土足で踏み入れてくんなよ。ヘドが出るんだよ。』と。

名指しではないので、100パーセント私とは言い切れないけど・・・

高い確率で私です。

ママ友のツイッター兼ブログに中傷記事を書かれました。

ママ友が本名&顔だしでやってるブログを見つけました。

私の悪口を細かい経歴、個人情報含めて書かれてあります。

(変人だから恐ろしい、近づきにくい、メンヘラ、欠点がある等)

そのママ友は精神病を患っているようで変に刺激したくないと考えています。

運営元には削除要請をしておりますが、実行してもらえず一週間が経ちました。

どう対処して良いものか困っています。

わたしもブログで悪口を書かれたことがあります。

割りに合わないので、本人を直接訊ねるしかないですね…

「このブログに書いていること、私のことよね。誹謗中傷を綴るのは、名誉棄損だから。あと、私だと断定できることを書くのはプライバシーの侵害よ。もし翌日までに消さなかったら運営している人に証拠付きで提出してブログをつかえないようにしてもらうから。これは100%あなたの責任になるわね」と言ってやりました!!!

どうでしたか?

このようにママ友にブログで悪口を書かれたという人はあなただけではありません。

少なからずブログで悪口を書かれた経験を持つ人もいることがわかります。

 

広告

ママ友にブログで悪口書かれたら名誉毀損にできる?

名誉毀損が成り立つためには、下記の3つの条件が必要です。

「公然と」

大勢又は多数の人が認識しうる状態を意味するので、ブログやツイッターはこれに該当します

事実を摘示し

事実を摘示するという為には、「バカ・ブス」等ではなく具体的な事実を示すことが不可欠ですが、ブログの内容次第ではこれにあたります。

名誉を毀損すること

名誉が毀損されるというためには、その人の社会的評価が低下する可能性があることが必要です。

ママ友にブログで悪口を書かれた際は、この点が問題です。

社会的評価が落ちるというためには、 そのブログの内容が個人を特定できる状態でなければなりません。

例えば、「そのブログの運営者は誰であるか?」、かつ「誰のことを言っているのか?」そのブログを読めば明白だという場合は 名誉毀損に該当しえます。

「誰が書いているブログかもまるで分からない」、 「誰の悪口を書いているのかも理解できない」 という状態では、名誉毀損には該当しません

 

広告

ママ友がブログやツイッターに悪口を書く心理って何?

第一に考えられるのは、直接人に不平不満を言えず、ブログやツイッターに書きこむパターンです。

例えば、Yahoo!知恵袋などで「ママ友にツイッターで悪口を書かれた」という投稿や、家族の悪口を書いているブログがあります。

ブログは匿名でもできますし、口外しなければ誰にもバレることもないので、悪口を綴るのに最適です。

だとしても、誰でも見れるブログやツイッターに悪口を書くのは外道のやることなのは間違いありません。

そういった人は、潜在意識の中に嫉妬や妬みがあり、自分の弱みを見せたくない虚栄心の強いママ友に多いです。

悪口を書いて自分のプライドを守ろうとします。

高学歴・高収入の人を叩くのも同じ心理に近いでしょう。

言い方は問題ですが、要するに負け惜しみに近い心理です。

 

広告

ママ友にブログで悪口書かれたら?今後の付き合いは?体験談はある?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

基本的にブログで人の悪口を書くようなママ友は哀れで可愛そうな精神性の持ち主であることはわかりましたよね。

しかし、その悪口の内容によっては「名誉棄損」や「プライバシーの侵害」にあたることでしょう。

 

もちろん、一番の対処法は「忘れてしまう・・・・」と言う事ですが、なかなかそうもいかないものです。

もし、どうしても忘れられないようであれば、少しだけ距離を置いて付き合うのも良いでしょう。

ママ友は一人ではありません。

ブログで悪口を書かくような卑劣な人間とは、縁を切ってしまいましょう。

その方がストレスもなく、人間関係が円滑になっていくでしょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました