群れないママ友は賢い?幼稚園の一匹狼ママは得?美人ママ群れない?

ママ友
この記事は約7分で読めます。

幼稚園先のママ友にもグループや派閥など、面倒な人間関係は存在します。

ときどき、それが災いして「面倒だな・・・」と感じることもあるでしょう。

幼稚園で群れているママ友を見ると、「ひとりじゃ何もできないのか?」と思わず思ってしまうこともありますよね。

では、群れないママ友にはどんなメリットがあるのか?

ページを読み進めて、見ていきましょう。

 

広告

群れないママ友は賢い?

群れないママさんは、ママ友同士による「人間関係のトラブル、無駄な出費、面倒な付き合い、上辺の社交辞令」を回避することができます。

さらに、一人の楽しさも理解しており、群れないことで、子供の都合に合わせられるというメリットもあります。

群れなくても、仲の良い人が現れるものです。

縁がある人となら、頑張らなくても友人になることができるのです。

他にも、群れないママさんは、ママ友以外の居場所をしっかり持っており、充実している人です。

それは趣味であり仕事場でもあるし、状況はさまざまです。

また、自分が自分であることを「頑」として持っているママさんなので、群れないでひとりでいることができます。

 

ママ友付き合いは、人間関係に疲れ、旦那(主人)や生活の愚痴、いないママさんの噂話に辟易するでしょう。

群れない理由として「女同士の建前ばかりでネチネチした人付き合い方が苦手」や「1人だと何もできないのにつるむと強気になるようなママ友集団が嫌い」という意見もあります。

そういった経験を持つと「ひとりってラクちん」と考えられることでしょう。

ママ友と群れない人は、友達が少ないというより、「ママ友」はいなくても良いという強い意志があります。

逆に、ママ友多い人のほうが、一人行動が苦手で、ひとりになりたくないって思いが強い傾向にあります。

 

広告

幼稚園では一匹狼ママの方が得?

幼稚園のママ友関係において、「得・損」はその人の性格に大きく左右されるでしょう。

「浅く広く付き合いたい人」もいるし、「深く狭く付き合いたい人」もいます。

こればかりは「性格」によるところが大きいでしょう。

群れてないと不安な人もいれば、1人の方が気疲れもなく気楽な人もいます。

群れない人は、単独行動派でママ友も極少数だけど、本当に気の合う友人とは長く仲良くしているママさんもいます。

群れているママ友は大人数でワイワイする居場所が好きな人なのかもしれませんよね。

つまり、自分が「何を求めているのか?」ということで大きく変わります。

しかし、ママ友同士で群れないことは悪いことではなく、メリットも存在しています。

 

広告

幼稚園のママ友に群れないメリットって何?

気疲れしなくていい!

群れないことで人間関係による気疲れをしなくて良いのはメリットです。

そもそも、ママ友は、自分の友達ではなく「子供という主役がありきの上で成り立つ関係(友達)」です。

「子供」という表裏一体の関与があるので、必要があれば話が合わなくても、自分と合わなくても、関わりを持たなければいけない場面もあります。

そのため、過去にも感じたことのない気疲れを覚えるママさんも多いことでしょう。

そういった面倒事は群れなければ、避けて通れるのは魅力的です。

 

付き合いの無駄な出費を抑えられる!

今はまだママ友付き合いがない人でも「ママ友付き合い」で思い浮かべるのが「ランチ会」や「お茶会」ではないでしょうか。

実際、子供が幼稚園や学校に行ったあとに、ママ友同士が集合してランチ会やお茶会をしている光景はよく目にします。とにかくこの「ランチ会やお茶会」が開催される頻度は高く、出費だけでもバカになりません。

こういった付き合いによる無駄な出費を抑えられることができます。

 

面倒な付き合いを避けられる!

ママ友同士の付き合いを「時間」と「お金」の無駄と感じる人もいます。

ママ友と群れないことで、こういった面倒事から避けられるでしょう。

ママ友になるとランチ会やお茶会を意味もなく、やたらとしたがる人がいます。

特に価値のある話をするわけでもありません。子供の話やほかのママさんに関係したことなど、正直、辟易するような話題を数時間に渡りする羽目になるケースがあります。

このようにつまらない話はママ友同士のコミュニケーションとしては必要ですが、このような関係を非常に億劫と感じる人も多いです。

そういった「無駄な出費」・「無駄な時間」などの自分のために当てられるので、有意義に過ごすことができます。

 

広告

幼稚園のママ友と「群れる・群れない」では子供にはどっちが良い?

親の行動は子供の人間関係を構築する上で、大きな影響をお耐えます。

幼稚園のママ友と群れるのが凄く好きお母さんの子供は、やっぱり群れてつるみます。

群れるのが嫌いなお母さんの子供は、一人行動が好きになります。

もちろん、子供にどちらの方が良いとかでなく、これは「性格、性質」です。

群れるタイプ、群れないタイプ、双方の子供がいます。

あとそれは黒か白かではなくグラデーション。

「群れる」こともあれば「群れない」ことだって当然あります。

 

そんな子供達の多くは、その「群れる・群れない」のグラデーションがどちら寄りに濃いかというだけの話。

「群れるタイプに人と群れるな!」と教えてもダメだし、その逆もしかりです。

群れないタイプに群れなさいと教えるものでもありません。

群れないタイプの子供にとっては、群れてない状態が気も使わなくて心地いいんです。

どちらのタイプの子供にしても、楽しく過ごせるのが一番の正解です。

もちろん、群れる子は幼い頃から「長いものに巻かれろ」といった調和が図れる世渡り上手な面があり、強い者が黒と発言すれば答えが白であっても従順になれます。

単独の子はそれに嫌悪感があったりします。

 

広告

群れないママ(母親)はいい人が多い?

群れないママ友さんは、周囲の情報に踊らされることがないので、上辺の関係ではなく、深い付き合いができる人が多い傾向にあります。

群れないママ友(母親)は自分の意見がしっかりとあるので、周りに流されません。

周りの意見に流されないからこそ、信用できる人格の持ち主です。

なので、ママ友同士である「裏切り」、「評判落とし」などに屈することない強い人です。

群れない人は基本的に「他の人からどう見られているか?」などの小さいことは気にも留めません。

自分の思うことをやれればいいと、感じているからです。

自分を評価するのは第三者ではなく自分自身だと思って生きているので、群れて承認欲求を満たす必要がありません。

 

広告

美人で綺麗ママほど群れないって本当?

 

「群れる」・「群れない」というのは、その人の性格にもよります。

なので、美人で綺麗なママでも「群れる人」もいるし「群れない人」もいます。

 

見た目は関係ありません。ようするに、「自分がママ友同士の人間関係において、何を求めているのか?」ということになります。

「いろんなママさんと知り合って、お茶したり、情報交換したい」と望むママさんは美人でも群れます。

「そこまでママ友は必要ないし、気疲れするのが面倒だから・・・」と考えるママさんは美人でも群れません。

美人だから「群れる」・「群れない」というのは全くの無関係です。

 

広告

一人で行動できない面倒くさいママ友への接し方はどうすればいい?

一人で行動できない面倒くさいママ友は、少しずつ距離置いていくと良いでしょう。

距離多く方法としては、「あまりランチに行かないようにする、連絡を遅くする」などもオススメです。

また、他のママ友さんを当人に紹介することで、そのママさんと仲良くなってもらうのも有効です。

言ってしまえば、一人で行動できないママ友は寄生虫なのです

他の人に寄生させてしまいましょう。

そうすれば、あなたへの関りは自ずと減ってくるでしょう。

一人で行動できない人は相手に依存する傾向にあります。

一人で行動できないということは、周囲の人間を気にする傾向があり、同時に相手のことが気になってしょうがない干渉好きな性格なのです。

「根掘り葉掘り事情聴取」されるだけでなく、プライベートな情報は他のママ友さんに噂することだってあり得ます。

面倒な人間関係に巻き込まれないためには、速やかに距離多くようにしましょう。

 

広告

群れないママ友は賢い?幼稚園の一匹狼ママは得?美人ママ群れない?~まとめ

このページであなたのお悩みは解決できたでしょうか?

一見すると「群れない」ということは良い印象がないようですが、実は群れなことで面倒からは避けられるというメリットもあります。

もちろん、「群れる」ことで得られるメリットもあるので、一概に何が良くて何が悪いかという判断は難しいものです。

ようするに、どちらにもメリットやデメリットは存在するものです。

では、「群れる」・「群れない」はどちらが正しいのか?

 

その答えは「自分が何を求めているのか?」ということになります。

なので、人と群れることが苦にならなければ、「群れる」ことも正解です。

人と群れることが苦になるのであれば、「群れない」ことも正解です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました