雨が臭い理由はなぜ?服も濡れるとクサいけど原因は何?対策はある?

雨の日
この記事は約8分で読めます。

雨が降るとなんだか外を歩いていると「臭い匂い・・・」と感じることがありますよね。

 

また、「スーツ、制服、Tシャツ、体操着」などの服が雨に濡れると、すごく臭くなります。

 

つまり、雨が降ると外だけでなく、自分の衣類も臭くなるといことです。

 

「雨の匂いが臭いと感じるのはなぜでしょうか?」

「雨に濡れた服が臭くなる原因や対策はあるのか?」

 

雨に臭い匂いに関するさまざまなお悩みを、

ページを読み進めてお悩みを解決していきましょう。

雨が降るといいことばかり?梅雨の良いことって?雨の日を楽しもう!
雨の日って嫌なことばかりで、良いことなんてない・・・そういう考えを持つ人は多い。でも、梅雨の時期や雨が降ることはいいことばかりなのです!ではさっそく梅雨や雨の日のメリットを知っていきましょう。ここでは雨が降るといいことばかりなのか?梅雨の良いことって何があるのか?雨の日を楽し情報をお届けします。
雨の日に靴の音が嫌いな人いる?うるさいキュッキュッ音を消すには?
雨の日に靴底が「キュッキュッ」っとなる音って気になりますよね。聞いてる方も不愉快だし、自分から「キュッキュッ」と靴底がなっていると、なんだか注目を浴びてしまうような気にもなります。ここでは雨の日に靴の音が嫌いな人いるのか?うるさいキュッキュッ音を消すには?疑問にお答えしています。

 

広告

雨が臭い理由はなぜ?人が嫌う雨の匂いがクサくなる原因を解説

雨の匂いは「ペトリコール」という名前がついています。

雨のにおいが「臭いから嫌い」という人は多いですね。

雨のにおいに不快感を覚える人も多いですが、

 

雨のにおいには「ペトリコール」という学術的な呼称がついています。

実のところ、雨の臭い匂いは主に植物によって引き起こされているのです。

 

とりわけ長期間に及ぶ乾燥期の間に、

ある種の植物は脂肪酸が多く含まれる油を放出しています。

 

その油のことは、パルミチン酸やステアリン酸などの食品原材料として認識されているかもしれませんね。

植物は水分が足りない時にこういった酸を放出します。

 

そうすると地中の他の種子が発芽するのを止めて、

水のライバルを少なくしているのです。

これが続くとこれらの油は土壌や岩石に溜まっていきます。

 

そして雨が降ると、この油が大気中へと上昇し、

香り(匂い)のする揮発性物質が放出されるのです。

 

その物質が、俗にいう「雨の臭い」になり、

植物のくせのある香りに感じるのです。

 

これは人によって「生臭い、埃(ほこり)っぽい」と感じる人もいます。

 

上記で登場した「ペトリコール」には、

ゲオスミンそして「大地のにおい」と呼称される土壌細菌によって放出される化学物質も含有されています。

 

ゲオスミンは、私たちが「土っぽい」と考えるようなにおいを土壌に与えている化合物です。

 

実はゲオスミンは刺激臭のあるアルコールで、

一部の野菜やワインに土っぽく泥臭い風味を与えているのです。

 

ある種の土壌細菌は、特に暑く乾き切った状況で死んだり、

休眠したりする時にゲオスミンを放出します。

 

そして雨が降りしきると、

土壌細菌はミクロサイズの霧として大気中に化学物質が拡がります。

 

ですから、雨のにおいを嗅ぐ時に感じ取っている多くは、

実際は生き物が渇水期を乗り越えるために生み出した化合物のにおいなのです。

雨が何日も降らないと雨のにおいが格段に強力になる特徴もあります。

 

しかし、雨が降る前からでも嗅ぐことができる雨の香り(匂い)の原因がもう1つあります。

 

それは、「オゾン」です。

オゾンは酸素の分子にしかすぎません。

 

しかし、オゾンにはかなり特徴的な匂いがあって、

その名前もギリシャ語のozein(におう)に由来しています。

 

オゾン(O3)は雷が酸素(O2)の分子を大気中で電離させ、

原子を分解させる時に生まれます。

 

原子が再結合する時にいくつもの原子が3つで固まりを作り、オゾンを構成するのです。

 

オゾンは強いスッキリした芳香で、

それがペトリコールの独特な匂いの特質を生んでいます。

 

広告

雨が降ると服も臭い匂いになるけど原因は何?

雨が降ると服も臭い匂いになりますが、

これは「雨の匂いが付着しているから臭くなる」

といいわけではありません。

 

雨に限らず、衣類が水分を含むことで、

そこから悪臭の原因である「雑菌」が繁殖しやすい環境を招きます。

 

これは洗濯物が生乾きに匂いになるのと同じメカニズムで、

衣類が水分を含む時間が長くなればなるほど、雑菌が繁殖していき、

結果として「臭い匂い」になるのです。

 

例えば、濡れたTシャツやジャケットをそのまま干さずに放ったらかしにしたことで、

衣服に細菌が大繁殖することで臭います。

雨の日に洗濯物を扇風機で部屋干しする方法は?生乾きの臭い対策は?
梅雨時期の雨の日が続いて部屋干しするようになってしまいます。梅雨でなくても雨の日が続くと、室内で部屋干しすることが増えます。雨の日の洗濯物の部屋干しに、扇風機を使うと良いと聞きますが、具体的にどうやるのでしょう? ここでは雨の日に洗濯物を扇風機で部屋干しする方法や生乾きの臭い対策について紹介します。

 

雑菌の繁殖には水が不可欠なので、

雨にしろ真水にしろ汗にしろ、

濡れてビショビショになった状態で放置すれば、

簡単に菌が増殖していくので、臭くなるのは当然なのです。

 

つまり、雨に濡れることで服に潜伏していた「汚れ、皮脂、ホコリ」などから雑菌が繁殖していくことで悪臭の原因になるのです。

 

つまり、雨が降ると服も臭い匂いになるのではなく、

「服が濡れるから服が臭くなる」というのが正しいでしょう。

 

広告

雨に濡れて服(スーツ、制服、Tシャツ、体操着)がクサい匂いになる対策はある?

雨に濡れて服がクサい匂いを防ぐのに一番なポイントは、

「いかに早く乾かすか?」ということです。

 

上記でも解説していますが、服が濡れて臭くなる原因は、

水分を含むことで雑菌が繁殖していることが理由です。

 

なので、水分を含んでいる(濡れている)時間が長いほど、

臭い菌は衣類の中で増殖していくことになります。

 

つまり、服が臭くなるのを防ぐには、菌を繁殖させないようにする必要があり、

「いかに早く乾かすことができるのか?」ということが重要なのです。

 

また、もうひとつのコツとしては「ファブリーズ」を活用すると良いでしょう。

生乾きの臭いはファブリーズじゃ無理?完全に消臭する使い方は?
生乾きの悪臭って非常に不愉快になりますし、周りの人にも迷惑をかけているような気になりますよね。そこで、ファブリーズをかけて人もいますが、「臭いが消えてない・・・」と感じることもありますよね。ここでは「生乾きの臭いはファブリーズでは無理なのか?完全に消臭する使い方はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

ファブリーズのような消臭効果と除菌効果がある商品を、

生乾きの状態で吹きかけることで、

臭い菌を除去しながら消臭もしてくれる優れものです。

 

乾いた状態の衣類にファブリーズを吹きかけても、

成分が洋服の繊維に浸透しないので、

水分を含んだ状態で使用するのはポイントです。

 

つまり、雨に濡れて服がクサい匂いになる対策として、

「できるだけ濡れた洋服を早く乾かすこと」

「生乾きの水分を含んだ状態でファブリーズをかける事」

この二つを守れば臭い匂いは解決できるでしょう。

雨の日に外干しと部屋干しはどっちが早く乾く?外で洗濯物は乾くの?
皆さんは、雨の日の洗濯物干しはどうしていますか?一般的に、雨の日は外には干さず部屋干しをしている人も多いですね。ですが、同じくらい近所のお家では、雨の日でも洗濯物を外に干しているものです。 ここでは雨の日に外干しと部屋干しはどっちが正解なのか?外で洗濯物は乾くのか?疑問にお答えしています。
部屋干しにファブリーズを使うタイミングはいつ?生乾きの臭いには?
「部屋干している衣類にファブリーズを使うタイミングはいつなのか?」悪臭を無くすにはいつ使うのがいいのか迷います。ここでは「部屋干しにファブリーズを使うタイミングはいつ?洗濯物の生乾きの臭いには何がいいのか?」疑問にお答えしています。 ファブリーズを使う適切なタイミングを知り、効率的に利用しましょう。

 

広告

雨に濡れると「傘」臭い匂いになるって本当?

雨に濡れると当然のように、

傘に雑菌が繁殖するので、臭い匂いになるのは間違いありません。

 

しかし、衣類と違い、傘の素材は水を弾くようになっており、

水分の吸収力が極端に悪いので乾いたときは、ほとんど雑菌は死滅しています。

 

もちろん、全く菌がいなくなるわけではありませんが、

傘は臭い菌が繁殖する環境に適していないので、

あまり考える必要はないでしょう。

 

もちろん、気にするのであれば、なるべく天日干して、紫外線を浴びせることで、

容易に雑菌も死滅させることができるでしょう。

 

広告

雨が降る前にも雨の臭い匂いがするって本当なの?

時々、雨が降る前なので、「雨の匂いがする」と感じる人っていますよね。

実は、雨が降る前に臭い匂いがするのはあり得る話なのです。

 

雨が降る前は、湿度が上がり湿気が多くなるので、

大気中に臭い菌を含んだ微粒の水分(ミスと)が舞っている状況になっています。

 

上記で解説していますが、オゾンの匂いも雨が降る前に感じ取ることができます。

 

また、雨が降り落ちる前は気温や風の向きがあきらかに変化します。

こういう変化を比喩的に「においがかわる」ということもあります。

ちなみに雷の前には肌がちりちりするように感じますが

これも気圧の変化が影響しているものです。

 

もちろん、個人差があるので、

分からない人には全然理解してもらえませんが、

雨が降る前なのに「雨の匂いがする」というのは確かに事実なのです。

 

広告

雨が臭い理由はなぜ?服も濡れるとクサいけど原因は何?対策はある?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

雨の匂いは確かに臭いですが、これは自然が作り出す匂いだと言う事がわかりますよね。

 

しかし、「雨に濡れた服が臭くなる」と感じている人も多いですが、

厳密には「衣類が水に濡れることで、繊維に雑菌が繁殖して臭くなる」というのが事実です。

 

なので、雨に濡れたから服が臭くなるのではなく、

水にぬれたから菌が繁殖して服が臭くなるというのが正しい言い方でしょう。

 

つまり、雨の匂いが服についているから衣類が臭くなるというわけではありません。

 

ですが、対策を知っていればきっと「服が臭くなる・・・」なんてことに悩まないはずです。

 

そこでこのページを参考にしてみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました