部屋干しにファブリーズを使うタイミングはいつ?生乾きの臭いには?

雨の日
この記事は約7分で読めます。

「部屋干している衣類にファブリーズを使うタイミングはいつなのか?」

しっかりと生乾きや悪臭を無くすにはいつ使うのがいいのか迷いますよね。

ファブリーズには「生乾きの臭い、汗の臭い、タバコの臭い」に対する消臭効果と除菌効果を持つ成分が含まれています。

しかし、ファブリーズを使うタイミングは非常に重要です。

しかし、これには本来気が付かない盲点もあるのです。

では、ページを読み進めてもっと詳しく見ていきましょう。

 

広告

部屋干しにファブリーズを使うタイミングはいつ?

結論から言えば、「生乾きの臭い、汗の臭い、タバコの臭い」対策として、ファブリーズを使うのであれば、軽く水分を含んだ洗濯物(衣類)が生乾きのタイミングがベストです。

部屋干しにファブリーズを使うタイミングは「洗濯したて」~「生乾き」のときを狙いましょう。

乾いてしまった衣類にファブリーズを使っても悪臭を取り除くことはできません。

生乾きの臭い、タバコ臭、汗臭にかかわらず、悪臭は繊維まで染み込んでいる場合がほとんど。

それなのに、乾いた衣類の表面だけに消臭成分が吹きかけられていて、実は繊維の奥の臭いが消えずに、本来の消臭効果が得られていないというケースが多く見られます。

洗濯物(衣類)が少し湿り気を感じる程度の生乾きの状態にたっぷりと吹き付けることを意識しましょう。

また、ファブリーズを吹き付けた後は優しく揉み込むか、手で撫でるなど行って、

消臭成分を洗濯物(衣服)にしっかりと染み渡らせてあげるとグンと消臭効果が高くなります。

その後はハンガーに吊るすなどして、きちんと乾燥させることもポイントです。

生乾きの臭いはファブリーズじゃ無理?完全に消臭する使い方は?
生乾きの悪臭って非常に不愉快になりますし、周りの人にも迷惑をかけているような気になりますよね。そこで、ファブリーズをかけて人もいますが、「臭いが消えてない・・・」と感じることもありますよね。ここでは「生乾きの臭いはファブリーズでは無理なのか?完全に消臭する使い方はあるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

部屋干し洗濯物にファブリーズでも生乾きの臭いが消えないのはなぜ?

何度洗濯しても「生乾きの臭い、汗の臭い」が取れない場合は、洗濯の仕方に問題があります。

使っている洗剤や洗濯物の干し方を変えることも大切です。

実は、部屋干し外干ししても「生乾きの臭い、汗の臭い」が残るという根本的な原因は、皮脂や汗などの汚れが残っているからなのです。

 

つまり、洗濯しても皮脂や汗などをちゃんと落とし切れていないと、そこから雑菌が繁殖して「悪臭」を放つようになります。

ファブリーズは臭い菌を除去しますが、根本的な原因である「皮脂や汗による汚れ」を落とすわけではありません。

なので、結局「イタチごっこ」になってしまうのです。

スーツなど一年を通して着て行く回数が多い衣服の場合、本人の臭い(悪臭)を衣類に蓄積させやすくなるので、汚れを落とす洗濯や小まめな消臭対策が必要不可欠です。

実は汗自体にはあまり臭い(悪臭)は存在していないのです。

しかし、時間が経つにつれて細菌(悪臭の臭い菌)が衣類に繁殖し、俗にいう「汗臭」という臭いを発することになります。

つまり、衣類についた汗の臭い(悪臭)を防ぐには、「汚れを落とす洗濯、洗剤選び、干し方」も大事ということ。

除菌効果や消臭効果の高いファブリーズのような消臭スプレーを使うだけでなく、「汚れを落とす洗濯方法」も重要なポイントです。

雨の日に洗濯物を扇風機で部屋干しする方法は?生乾きの臭い対策は?
梅雨時期の雨の日が続いて部屋干しするようになってしまいます。梅雨でなくても雨の日が続くと、室内で部屋干しすることが増えます。雨の日の洗濯物の部屋干しに、扇風機を使うと良いと聞きますが、具体的にどうやるのでしょう? ここでは雨の日に洗濯物を扇風機で部屋干しする方法や生乾きの臭い対策について紹介します。

 

広告

部屋干しの洗濯物にファブリーズだけでは「生乾きの臭い」の根本的な解決はできない?

ファブリーズのような消臭除菌スプレーで服についた不愉快な臭い(悪臭)を、一時的に解消することはできるものの、臭いの元となっている細菌(汚れ)を除菌するためには、

「正しい洗濯方法で衣服を洗うということ」は外せません。

特に、洗濯機や手洗いで洗える服類は、消臭スプレーに頼りきらず、臭いが心配になったらすぐに衣服を洗濯しまいましょう。

汚れた衣服をそのままにしていると、汚れは落ちにくくなってしまうため、これでは何度洗濯しても「生乾きの臭い、悪臭」が消えることはありません。

コーヒーのシミを1週間放ったらかしにすると1割汚れ(ヨゴレ)が落ちにくくなるという検証結果もあるのです。

つまり、悪臭対策はファブリーズをただ吹きかけるだけでなく、洗濯の仕方も重要なポイントなのです。

雨の日に外干しと部屋干しはどっちが早く乾く?外で洗濯物は乾くの?
皆さんは、雨の日の洗濯物干しはどうしていますか?一般的に、雨の日は外には干さず部屋干しをしている人も多いですね。ですが、同じくらい近所のお家では、雨の日でも洗濯物を外に干しているものです。 ここでは雨の日に外干しと部屋干しはどっちが正解なのか?外で洗濯物は乾くのか?疑問にお答えしています。

 

広告

部屋干しで生乾きの臭いが消えないなら洗濯の仕方を見直すことも大切!

例えば、洗濯機の容量に対して洋服を10割入れたときと、洋服(衣類)を7割しか入れないときの汚れの落ち方を比べると、10割では、3分の1しか洗浄力が発揮されないという検証結果も報告されています。

他の例をあげると、8kg入る洗濯機でも、8kg分の洗濯物をビッシリと衣類を詰め込んで洗濯すると汚れ落ちが悪くなるのです。

こういったことを踏まえたうえで消臭除菌スプレーを使ってみましょう。

そうすれば、悪臭が最も気がかりな暑い季節も乗り切ることができるでしょう。

もちろん、なかなか自宅で洗濯できないスーツや上着、コートなどを着用する時期にも、ファブリーズのような消臭除菌スプレーの効果的な使い方は活用することができます。

雨が臭い理由はなぜ?服も濡れるとクサいけど原因は何?対策はある?
雨が降るとなんだか外を歩いていると「臭い匂い・・・」と感じることがありますよね。また、「スーツ、制服、Tシャツ、体操着」などの服が雨に濡れると、すごく臭くなります。ここでは「雨が臭い理由はなぜなのか?服も濡れるとクサいけど原因は何なのか?対策はあるのか?」などの疑問にお答えしています。

 

広告

部屋干しにファブリーズとリセッシュはどっちがオススメ?先輩ママ達に聞いてみた!

どっちもオススメですね。

でも、わたしはファブリーズ派かな?

実感としては、ファブリーズの方が効果があるように思えますね。

あと選択の方法も大切だともいますよ!

効果はファブリーズだと思います。

でも、コストパフォーマンスを考えるとリセッシュかな・・・って思いますね。

使用頻度とお財布事情で変わってくると思いますね。

例えば、梅雨の時期とかは部屋干しが増えるのでファブリーズを使うと、お金が無くなります・・・・

基本的にはリセッシュを使っていますよ!

リセッシュの方が安いのでね(笑)

でも、どうしても洗濯物の「生乾き臭」が消えない時は、やっぱりファブリーズを使いますね。

個人的にはファブリーズの方は除菌消臭効果があるように思えますけど・・・・

どうでしたか?

このようにリセッシュとファブリーズでは、「どちらも優秀」という意見が多く寄せられています。

ただ、若干ファブリーズの方が除菌消臭効果が高いという意見が目立ちます。

 

広告

部屋干しにファブリーズを使うならおすすめはコレ!

ちょっと価格は高いけど・・・・

このファブリーズなら、においもキツくないので、柔軟剤の邪魔しないし、布団ファブっても変ににおいしないです!。

口コミの評価もけっこういいのでオススメですね(^^♪

口コミが良いのでこのファブリーズ使ってますね!

以前は一番安いタイプをつかっていましたが、やっぱり生乾きの臭いが残るときがあるので・・・・・

わたしの主婦仲間も結構使っている人が多いので、効果は折り紙付きかもしれませんね(^^♪

わたしは部屋干しだけでなく、日常的に使ってますね(^^♪

きっかけはママ友と「部屋干しの臭い対策について」話しているときに、このファブリーズを使っていると聞いたので、お試しに使うようになりました。

それから、ずっと使ってます!

特に不満もないですよ(^^♪

 

広告

部屋干しにファブリーズを使うタイミングはいつ?生乾きの臭いには?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

「ファブリーズっていつ使えばいいのか?」悩みますよね。

基本的に部屋干しにファブリーズを使うタイミングは水分を軽く含んでいる「生乾き」の状態で使うのが一番でしょう。

一番使ってはいけない効果のないタイミングは完全に乾燥しているときです。

乾燥した洗濯物(衣類)にファブリーズを使っても繊維の奥まで消臭除菌成分が浸透しないので、効果はなく、「生乾きの臭い、汗の臭い、タバコの臭い」などが消えることはないでしょう。

また、多くの人が誤解していますが、ファブリーズには消臭効果と除菌効果を持つ成分は確かに含まれています。

ですが、悪臭の原因になる「汚れ(ヨゴレ)」を落とすことはできません。

つまり、洗濯の仕方、洗剤の選び方、洗濯物(衣類)の干し方も工夫しなければ、根本的な解決にはなりません。

結果として、一時的な解決にはなりますが、イタチごっことなるので、「生乾きの臭い、汗の臭い、タバコの臭い」はいつになっても消えないでしょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました