生乾きの臭いはファブリーズじゃ無理?完全に消臭する使い方は?

雨の日
この記事は約6分で読めます。

生乾きの悪臭って非常に不愉快になりますし、周りの人にも迷惑をかけているような気になりますよね。

そこで、ファブリーズをかけて人もいますが「臭いが消えてない・・・」と感じることもありますよね。

では、ページを読み進めてお悩みを解消していきましょう。

 

広告

生乾きの臭いはファブリーズで完全に消臭するのは無理って本当なの?

ファブリーズには臭いの原因菌を殺菌する成分がしっかり含まれています。

それなのに、生乾きの臭いが全然消えていない・・・・

それはいったいなぜなのでしょうか?

 

生乾きの臭いはファブリーズで完全に消臭するのは無理ではありませんが、その商品だけで悪臭を消し去るのは困難でしょう。

確かに、ファブリーズには生乾きの臭いを消す殺菌成分が含まれています。

ですが、それだけで生乾きの臭いを消すのは難しいでしょう。

 

そもそも、吹きかけただけで完全に生乾きの臭いを消し去ることの出来ることのできる便利な商品はありません。

一番のポイントは、吹きかけるタイミングです!

部屋干しにファブリーズを使うタイミングはいつ?生乾きの臭いには?
「部屋干している衣類にファブリーズを使うタイミングはいつなのか?」悪臭を無くすにはいつ使うのがいいのか迷います。ここでは「部屋干しにファブリーズを使うタイミングはいつ?洗濯物の生乾きの臭いには何がいいのか?」疑問にお答えしています。 ファブリーズを使う適切なタイミングを知り、効率的に利用しましょう。

ファブリーズの商品に頼るだけではいけません!

「吹きかけるタイミング、洗濯物の干し方」などを工夫する必要があります。

 

広告

生乾きの臭いをファブリーズで完全に消臭する使い方のコツってある?

洗濯物が湿っているときに使用すること

完全に水分が飛んで生乾きの匂いがする洗濯物に、ファブリーズをかけても悪臭を消すのは難しいでしょう。

ファブリーズを使うオススメのタイミングは、洗濯物が「半乾き」のときがオススメです。

とくに雨の日に部屋干しするなら、これはファブリーズを使うタイミングは重要!

雨の日に外干しと部屋干しはどっちが早く乾く?外で洗濯物は乾くの?
皆さんは、雨の日の洗濯物干しはどうしていますか?一般的に、雨の日は外には干さず部屋干しをしている人も多いですね。ですが、同じくらい近所のお家では、雨の日でも洗濯物を外に干しているものです。 ここでは雨の日に外干しと部屋干しはどっちが正解なのか?外で洗濯物は乾くのか?疑問にお答えしています。

結論として、ファブリーズを使うタイミングは「半乾き」くらいがオススメ!

洗濯物がある程度水分を含んでいる状態じゃないと、ファブリーズの殺菌成分が衣類の繊維にちゃんと浸透できず、生乾きの原因になる菌を殺すことができません。

 

生乾きの臭いを軽減するコツは洗濯物を早く乾かすことが大切

生乾きの臭いが発生するもっとも大きな原因は「臭いの繁殖」です。

つまり、生乾きの原因になる菌にとって、水気を含んだ洗濯物は楽園のようなものです。

これでは、ファブリーズをかけても臭いが消えないのは当然です。

部屋で干す場合は、サーキュレーターや扇風機、乾燥機などを使うようにしましょう。

雨の日に洗濯物を扇風機で部屋干しする方法は?生乾きの臭い対策は?
梅雨時期の雨の日が続いて部屋干しするようになってしまいます。梅雨でなくても雨の日が続くと、室内で部屋干しすることが増えます。雨の日の洗濯物の部屋干しに、扇風機を使うと良いと聞きますが、具体的にどうやるのでしょう? ここでは雨の日に洗濯物を扇風機で部屋干しする方法や生乾きの臭い対策について紹介します。

「いかに洗濯物を早く乾かすか?」ということが一番大切になります。

水気を含む衣類は、繊維の中で細菌が繁殖しやすい環境になっており、結果として乾いても悪臭が消えることはありません。

 

乾いた洗濯物から生乾きの臭いがする場合はファブリーズでは不可能

生乾きの異臭は洗い残した皮脂汚れに菌が増殖して発生する臭いなので、汚れをきちんと落とさない限り無くなりません。

すなわち「部屋干し臭、生乾き臭、雑菌臭」とは、洗濯が上手く行ってないことが原因!

完全に乾いたら悪臭はなくなった気がしますよね。

ですが、洗濯がちゃんと出来てないと着用した時に、体温で温まったりいくらか汗ばんだりした時に嫌な悪臭が発生します。

ファブリーズは生乾きの菌は殺しますが、服の繊維に入った「雨のニオイ・皮脂・ホコリ」などの汚れを落とすわけじゃないということ!

雨が臭い理由はなぜ?服も濡れるとクサいけど原因は何?対策はある?
雨が降るとなんだか外を歩いていると「臭い匂い・・・」と感じることがありますよね。また、「スーツ、制服、Tシャツ、体操着」などの服が雨に濡れると、すごく臭くなります。ここでは「雨が臭い理由はなぜなのか?服も濡れるとクサいけど原因は何なのか?対策はあるのか?」などの疑問にお答えしています。

その時だけ匂いをごまかすだけで、結局は「いたちごっこ」となり、根本的な解決にはなりません。

汚れを落とすには洗剤をしっかりと水に溶かすことが重要です。

洗剤は、溶けていない状態だと浮いているホコリと同じで全く洗浄力にならず、洗濯槽に残ってカビが発生する原因にもなります

 

広告

生乾きの臭い対策にファブリーズを使うならオススメはコレ!

ファブリーズ ダブル除菌

布製品に染みついた悪臭を消すだけでなく、除菌も同時にする消臭スプレー(本体+つめかえ用)です。

吹き付けるだけで手間暇かけず99.9%除菌して臭い菌(ウイルス)を取り除く抗菌作用。

この2つの作用で頑固なニオイの原因菌まで、二重の除菌、消臭・除菌成分が繊維の1本1本にまで素早く拡がり、ニオイの元に瞬時に働きかけます。

とうもろこし由来の消臭成分と、野菜や果物に含有している酸と同じ成分を組み入れた除菌成分を使用したダブルの除菌力。

 

ファブリーズ ナチュリス 消臭スプレー 布用 レモングラス&ジンジャー 本体

次に乾いた洗濯物にこの消臭スプレーをかけることで、強烈な生乾きの臭いを完全に「良い香り」に変えてくれます。

ナチュラルハーブの香りが楽しめることから、一人暮らしで生乾きに悩まされている「女性」から多くの支持を得ている商品です。

半乾きの洗濯物にファブリーズをかけて臭いの原因菌を死滅させた後、洗濯物が完全に乾いたらこちらのファブリーズを使ってハーブの香りを付けましょう。

この二つを駆使することで、もう二度と生乾きの臭いに悩むことはありません。

 

広告

生乾きの臭いはファブリーズじゃ無理?完全に消臭する使い方は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

確かに、ファブリーズには悪臭の原因菌を殺す成分が含まれていますが、吹きかけただけで臭いが完全に消えるわけではありません。

そもそも、そんな便利な商品はこの世に存在しないことを理解しておきましょう。

生乾きの悪臭を解決するのであれば、「吹きかけるタイミング、洗濯物の干し方」を工夫する必要があるのです。

衣類に皮脂が蓄積しているのが原因です。

ファブリーズは、その時だけ細菌を押さえますが、基本的に「その時だけ」で「押さえるだけ」すなわち細菌を殺せません。

(殺すような物を服に吹き付けたら肌がぼろぼろになり肌荒れの原因にもなります。)

 

雑菌が取りついている皮脂を落とすのが、基礎的な解決です。

皮脂が衣類に蓄積されると、蓄えた何ヵ月の間に、溜まっている皮脂に雑菌が増殖します。

(食べ残しにカビの菌の数が増加するのと同じことです)

雑菌が気分が悪くなるニオイを出します。

なので、ファブリーズだけに頼るのではなく、洗濯物の干し方や吹きかけるタイミングなどを工夫する必要があります。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました