ゴキブリ毒餌は逆効果になる?ゴキブリにホウ酸団子は逆効果になる?

ゴキブリ
この記事は約7分で読めます。

ゴキブリ退治に使われるのが「毒餌」です。

この毒餌は甘い匂いでゴキブリを誘い、毒の入った成分でゴキブリを死滅させます。

「しかし、毒餌はゴキブリが好む香りを放つことで家におびき寄せてしまい、逆効果になるのではないか?」

疑問に思いますよね。

 

広告

ゴキブリ毒餌は逆効果になる?

結論から言えば、ゴキブリ毒餌は逆効果にはなりません。

もちろん「外や隣家からゴキブリを誘い込むことはないのか」疑問に思う人もいます。

ですが、実は「毒餌」がゴキブリを誘うと言われています。

しかし、離れても薬剤から半径1~2mくらいなので、あくまでも「毒餌」の設置場所にゴキブリが通りかかったときだけです。

なので、例えば「隣人・屋外」などの外部から寄せ付けることはありません。

ちなみに、アース製薬さんの公式WEBサイトにも、「毒餌がゴキブリを寄せ集める効果は半径1~2メートルほど」だと明記されています。

もし、毒餌を自宅に配置することで臭いに誘われて、外部からどんどんゴキブリが寄ってくるような強い薬剤があれば、それはゴキブリ駆除業者さんが専門的に使う業務用であり、簡単に手に入りません。

それでも、ゴキブリを誘い出して 根こそぎ退治したいのでれば、「かつおぶし」 などのゴキブリを好む香りを持つ食材を使うのも有効でしょう。

しかし、ゴキブリがその食材を食してすごい勢いで繁殖する危険性もあります。

なので、「家の食材でゴキブリを誘い出す」という方法(対策)はあまり上策ではありません。

誘いだすのではなく、ゴキブリが逃げていく嫌いな香りを漂わせる忌避剤を設置して近づきにくくした方が良いでしょう。

例えば、ゴキブリは「ミントの葉ナツメグ」の香りも嫌うことが分かっています。

なので、この二つはゴキブリへ忌避剤となり、またダイソーで調味料として手軽に市販されているのも魅力です。

確かに「毒餌がゴキブリを寄せ付けてしまうのではないか?」と不安に感じる人も多いです。

ですが、毒餌を使っても外部からゴキブリが香りにつられて入り込んでくることはあり得ません。

 

むしろ「毒餌を使用してから3年ほどゴキブリを見かけてない!」という体験談もあります。

つまり「毒餌」が原因でゴキブリが外部から寄ってくるという事例はないので心配いりません。

しかし、「毒餌」は効果が出るのに時間が掛かるので即効性がなく、即席のゴキブリ退治には向きません。

早い段階でゴキブリを根絶したいのであれば、まずは「バルサン(燻煙剤)」を室内で炊いて退治して、以後にゴキブリ予防として「毒餌」を利用すると良いでしょう。

さらに、もっと対策するのであればゴキブリが生息しにくい状況(環境)にすることも大切です。

外部からの侵入や、住居で出現しないように台所等、日頃清潔に維持しましょう。

洗い物はしっかりと整理し、生ゴミもきちっと捨てて処理する方が良いでしょう。

自宅(家)に出たゴキブリを捕らえても、次から次に沸いて発生しますし、外からも飛来して窓や玄関の数ミリの隙間から侵入してくることがあります。

なので、ゴキブリは発生源の根本壊滅と、進入路の遮断も忘れてはいけません。

ちなみにゴキブリが発生したら 掃除機で吸引する、または食器洗い洗剤をたらす(素早いので 難しいけど)なども ご検討してみましょう。

スプレー式の殺虫剤はこちらの人間も吸いこんでしまい体に悪い場合があるので注意しましょう。

掃除機を使う場合は しばらくon にしてゴキブリの 息の根を止めます。

他にも、ゴキブリ対策には食べ物の匂いをしっかりと無くして引き寄せないのが対策のコツです。

例えば、食事中に床に落ちた食べこぼしだけでなく、特に生ゴミの管理もしっかりとし、ビニール袋の口を結んでおくなどを心掛けましょう。

 

広告

実はゴキブリ退治(駆除)に毒餌はそこまで効果ないって本当なの?

ゴキブリに毒餌は効果的です。

しかし、ゴキブリへの毒餌は「効果がある商品」と「効果がない商品」があるのも事実です。

上記で解説したように毒餌は1m~2mほどのゴキブリにしか有効ではないので、ゴキブリを集めるという意味では無意味です。

また、ゴキブリは適応能力が高いことから「従来の毒餌」に耐性があり、余りきかないかも(口にした個体にしかきかない)商品もあるので注意が必要です。

さらに、ゴキウリは知能も高く、「毒餌」で数匹殺せても仲間の死体があったらフェロモンで知らせてもうそこには近づかないです。

そこで、おすすめは「ホウ酸団子」です。

ゴキブリは学習能力も高いので食べてすぐ死ぬような薬効が強すぎる「毒性」で殺すと良くありません。

ホウ酸団子だとすぐにはゴキブリが死ぬことは無く、どこで毒を口にしたかわからないため、ゴキブリが学習しづらく、根絶には実用的です。

またすぐ死なずに巣まで「毒」を持ち帰るので、巣にいるゴキブリも一斉に殺せます。

ホウ酸団子食べたゴキブリの「糞」からは毒が出て仲間のゴキブリも毒でおかされまた次のゴキブリへといった具合に連鎖します。

さらに死体からもゴキブリの毒が…毒サイクルが完成して、巣のゴキブリを根絶します。

もしゴキブリに侵入して欲しくない場所があれば、ゴキブリは柑橘系の匂いを嫌うので、柑橘系(レモン・グレープフルーツetx)の汁を塩にかけて通り道(基本部屋の端)に配置すると忌避剤代わりになります。

ホウ酸団子は自家製も出来ますし市販でも購入できます。

幼いお子さんがいる家庭では、誤食しないように気をつけましょう。

まず、入られたくない部屋(室内)にゴキブリホイホイを設置しましょう。

ゴキブリが「ゴキブリホイホイ」に捕まっていれば、そこの部屋には近寄るなフェロモンがゴキブリから出ているから当分は来ません。

念のため「ミントの香り」もしくは「柑橘系の香り」を部屋(室内)に置くのもオススメです。

次に、他の部屋にゴキブリが侵入することもあるので、その部屋(室内)にホウ酸団子を置きましょう。

 

広告

ゴキブリにホウ酸団子は逆効果になる?

結論から言えば「ホウ酸団子は逆効果」にはなりません。

しかし、 「ホウ酸団子を配置するとゴキブリを寄せ付けてしまうのか?」疑問に思いますよね。

実は、ゴキブリはご存知のように、高温多湿を好む夜行性の昆虫です。

夜行性というのは「夜になると活動的になる」という意味ではありません。

「暗い場所で活動的になる」というのが正しい認識なので、明るいうちでも腹をすかせたゴキブリを目に飛び込んでくることは十分に有ります。

ゴキブリは体臭や糞のフェロモン成分で仲間をおびき寄せますが、上記で解説しているように、ホウ酸団子を設置して逆効果なことはありません。

しかしゴキブリを根絶するのであれば、次の対策も必要です。

他からの新たなゴキブリの侵入を防ぐ。

「換気扇換気扇、流し排水配管廻り、換気口、エアコン壁穴」などをしっかり塞ぐ。

ゴキブリに水分補給をさせないようにする。

浴室・洗面の水分。

・鉢皿の水、飲料缶・コップなどの残り水分

・台所のシンク内の僅かな水分、濡れ布巾、濡れスポンジ。

ゴキブリの餌(栄養)の補給を絶つ

・ゴキブリの死骸や糞を他のゴキブリが食らいます。

・食品クズ、床に落ちた食べこぼし、野菜クズの片付け。

・毛髪、切り爪。

部屋のゴキブリの絶対数が減ると、絶命の危機を感じてゴキブリの繁殖力が増加したり、侵入が増加するので、油断なく総合対策をすることです。

ゴキブリは人間の生活形態に寄生するので「エサ、水分」が無くなると自然と居なくなります。

 

広告

ゴキブリ毒餌は逆効果になる?ゴキブリにホウ酸団子は逆効果になる?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

結果的に言えば、毒餌が逆効果になることはありません。

しかし、ゴキブリは生命力と環境適応能力も優秀なため、従来の毒餌の成分に耐性があるケースもあります。

このことから、毒餌が逆効果になることはありませんが、「効果がある毒餌」と「効果が薄い毒餌」があるのは事実です。

また、毒餌だけでは完璧なゴキブリ対策にはならないので注意しましょう。

「毒餌」を設置するのはもちろんのこと、ゴキブリが棲みにくい環境づくりも大切なのです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました