ゴキブリ良いところ長所魅力って何?ゴキブリが好きになる話を紹介

ゴキブリ
この記事は約6分で読めます。

ふとした瞬間に家で出てくる「黒い悪魔」とも言われているのがゴキブリです。

とくに、ゴキブリが家の中で出現し、殺し損ねた日は、

1日中気になってしまい、ずっと探していて、

「気が付いたら2時間くらい経過していた・・・」なんてこともありますよね。

でも、そんなゴキブリにも魅力があります。

では、ページを読み進めて見ていきましょう。

 

広告

ゴキブリ良いところ長所魅力は「自然界の食物連鎖に大きく貢献しているところ」

ゴキブリも野生ではカエルに食べられたりして、

食物連鎖の一員として十分に貢献してくれています。

ゴキブリは有機物であれば割りと何でも食べて栄養素に変えられるので、

動物や植物が生きている自然界の掃除屋として優秀な生物とも言えますし、役に立っています。

 

またゴキブリ自体が栄養価のとても高い昆虫なので他の動物の栄養としても十分に役立ってます。

爬虫類や両生類等のような生き餌という面でもゴキブリの仲間(レッドローチ等)が取り扱われています。

またゴキブリの凄い良いところは圧倒的な生命力を誇るところです。

ゴキブリには攻撃力などの外面的な強さでは無く、

自然界を逞しく生き抜くパワーや絶滅しないように子孫を残せる繁殖力が素晴らしく、

だてに恐竜より前(ジュラ紀~白亜紀)から存在してません。

 

多くの人が嫌悪しているゴキブリは、

「クロゴキブリやチャバネゴキブリ」など、家屋に侵入して蔓延るタイプですが、

大多数のゴキブリは山林や草村に住み、「森の掃除屋」として貴重なサイクルを担ってます。

ゴキブリがこのように存在しなければこの自然環境は維持できないでしょう。

つまり、ゴキブリがこの世に存在していなければ、自然環境のサイクルが狂い、

人間も生態系を維持できません。

 

9%を越すゴキブリは、森の中などに棲み、落ち葉やイキモノの死骸等を分解しています。

それと一緒に、他のイキモノの餌としての蛋白源という面があります。

地球的規模で見たら、ゴキブリは、人間よりはるかに素晴らしい生物と言えるでしょう。

 

広告

ゴキブリ良いところ長所魅力は「地域によって人間やペットの食用として好まれているところ」

日本国内ではありませんが、人間もゴキブリを食用としている地区が存在しています。

アメリカ合衆国、ブラジルやメキシコなどの中南米、英国などの欧州などの一部では、

ゴキブリも重要な食料源です(ただし今日では養殖されたゴキブリを口にしています)。

アメリカ合衆国ではゴキブリの一種である(マダガスカルゴキブリ等)をペットとして飼育するのも注目されています。

ゴキブリを食用にしている地区が存在することから、そこではゴキブリも大切な食料です。

 

爬虫類やタランチュラなどを飼育している人にしたらゴキブリは比較的楽に飼育できるペットのエサです。

また、ゴキブリ自体をペットとして可愛がる「ゴキブリ愛好者」もいます。

山で生きて行く「オオゴキブリやモリチャバネゴキブリ」は雑食とされ森の掃除屋さんです。

ゴキブリ良いところ長所魅力は「将来、人間への医学(医療)発展に貢献する可能性が高いところ」

 

ゴキブリの脳組織に感染症の起因菌や大腸菌などといった多剤耐性細菌に対する殺菌力を持つ因子が存在していることが明らかになっており、

抗生物質等の新たな感染症治療薬の開発に有益であると考えられていることからも、

ゴキブリの研究は今後はさらに人間の暮らしに貢献することも想定されます。

 

以前、科学雑誌(サイエンティスト)に掲載された論文の中に、「神経細胞の検体として有益」という記事が注目されています。

大型種のゴキブリの神経細胞は以外にも太く、人間のもの(神経細胞)とも遜色ないと言われています。

ゴキブリは外骨格なので解剖時の神経細胞の採取もラットなど動物のものより簡単に出来ると注目されています。

 

広告

ゴキブリ良いところ長所魅力は「家族思い出で人間の暮らしと似ているところ」

ゴキブリには、驚くことに世話好きで家族思い、愛くるしい一面があるという事を認識する方は少数かもしれません。

ゴキブリにはほかの昆虫とかなり異なる点があります。

普通、昆虫というのは、卵から幼虫がかえったら、あとは親子別にして生活しますが、

ゴキブリだと、卵から幼虫が生まれて大人(成虫)になるまで家族全員で過ごし、

きちんと子ども(幼虫)の面倒を成虫になるまで見てあげるという習性があります。

また、ゴキブリ同士のコミュニケーションも発達していて、

ゴキブリは非常に社交性が高い生物であり、

ある意味人間に近い生き物(昆虫)だと意見する専門家もいます。

 

広告

ゴキブリ良いところ長所魅力は「人や動物の自然界を維持する礎(支柱)であるところ」

ゴキブリは雑食性なので、

屋内性や屋外性も関係なしで分解者の役割を果たす、

自然界から見ても貴重な昆虫です。

ゴキブリが自然界に生息していることで落ち葉や朽木、動物の死体等も分解され土になります(他の昆虫も影響を与えています)。

屋内性(人の家に居る)のゴキブリも人間の食べカスやめくれ落ちてた皮膚、爪などを分解しているのです。

 

さらに屋内性のゴキブリを捕食する「アシダカグモやゴキブリヤセバチ」といった、

ゴキブリの天敵たちにもゴキブリの存在は貢献しています。

ゴキブリという食料が減るのでいなくなれば天敵の数も減るでしょう。

すると、自然の食物連鎖が少しずつ崩れていき、やがて崩壊するのです。

 

広告

ゴキブリ良いところ長所魅力は「人間社会の経済を少なからず支えているところ」

わたし達(人間)にとってもゴキブリの存在は有益です。

ゴキブリがいなくなってしまったら、ゴキブリを殺すときにスリルも体験出来なくなりますし、

アースやキンチョールなどの殺虫剤を市場に出している会社も赤字になるでしょう。

そうなれば、経済の潤滑が悪くなって、景気も悪くなってしまう可能性がありますね。

ゴキブリは人間界の役にも立ってくれているのですよ。

 

つまり、ゴキブリは日本経済を少しだけ支えていると言っても過言ではないのです。

みんなが嫌悪しているゴキブリですが、

この種がいなくなったら私たち人間にも悪影響を及ぼすことになるのです。

 

広告

ゴキブリ良いところ長所魅力って何?ゴキブリが好きになる話を紹介~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

みんなから忌み嫌われているゴキブリですが、

意外にもこの地球にとっても私たちの生活にとっても、

貴重な存在(昆虫)であることが分かると思います。

「ゴキブリなんてこの世にいらない・・・・」と意見する気持ちもわかりますが、

ゴキブリという昆虫がこの世からいなくなるだけで、生態系が崩れていき、

やがて私たち人間も生きていくことが出来なくなるでしょう。

そのくらい貴重で高貴な生命体、それがゴキブリなのです。

気持ち悪いという感情はわかりますが、少し優しい目で見てあげましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました