お盆に海水浴が危険って本当?海やプールや川で心霊体験した人いる?

お盆
この記事は約12分で読めます。

「お盆に海水浴するのが危険」だと言われていますが、これは本当なのでしょうか?

お盆の時期に海水浴を考えている人はしっておくべきことですよね。

また、海やプールや川で怖い心霊体験した人の話も聞きますよね。

では、ページを読み進めて「疑問」や「対処法」、「海水浴での心霊体験」を見ていきましょう。

 

広告

お盆に海水浴が危険って本当?

お盆に「海やプールや川」などの水辺の近くで、海水浴するのが危険なのは本当です。

水辺の近くには不浄の幽霊が溜まりやすいというのはご存知でしょうか?

不浄の幽霊とは「憎しみ、未練、怒り、後悔」などを抱えて成仏できずにいる幽霊のことです。

この不浄の幽霊は「渇き」を覚えています。

人間でいうところの「喉の渇き」みたいなものです。

なので、お盆に帰ってきたときに「海やプールや川」などの水が多い場所に魂が自然と引き寄せられていきます。

特にお盆の時期は注意ですね!

 

しかし、幽霊は実体がないためにその「渇き」を癒すことができません。

なので、水辺の近で、いつまでも癒すことのできない渇きを何とかしようと「海やプールや川」などにとどまってしまうのです。

よく「海で泳いでいると足を引っ張られた!!」なんて怖い話を耳にしたことはありませんか?

水辺には「憎しみ、未練、怒り、後悔」を抱えた不浄の幽霊がウヨウヨ彷徨っているからと言われています。

だからこそ、お盆の時期は水辺には近づいてはいけないといわれています。

お盆にやってはいけないことって何?4つのタブーなNG行動を紹介
お盆にやっていけないことと言えば「水辺に近づくと危険!」というのが有名ですね。お盆は先祖の霊が帰ってきたり、成仏できない死者がウロウロと活発になります。なので、禁忌をおかすと心霊現象に巻き込まれることも。ここでは「お盆にやってはいけないことって何なのか?」6つのタブーなNG行動を紹介しています。

水辺はスピリチュアル的には、危険な場合もあります。

「いつまでも渇きを癒すことができない霊たちがあなたに助けを求めている」

もしくは「道連れにしよう」としているのです。

 

広告

お盆に「海やプールや川」で海水浴して足を引っ張られる心霊体験した人いる?世間の人に聞いてみた

海ではありませんが、子供の頃に川で足を引っ張られたことあります。

お盆の時期に祖母の家に遊びにいったときの話です。

祖母に「この時期は、あそこの川で遊ばないように」と言われていましたが、兄と従妹と遊びに行ってしまいました。

なんとなく、嫌な予感はしていたのですが、その予感が的中して、泳いでいる時にグイっと足を引っ張られましたね。

わたしの話ではないのですが、友人の子供が海で泳いでいるときに、足をつってみたいで、溺れかけたという水難事故に巻き込まれました。

その子は水泳教室に通っているので、けっして泳ぎが苦手なわけではありません。

話を聞いてみると、「泳いでいるときに誰かに乗っかられた・・・・足を掴まれた・・・」と言っていたみたいですね。

私の家系(祖母、母、自分、娘)は代々霊感が強いので、お盆の時期になると海や川での遊びは避けていますよ。

娘も「海とか川は怖いから・・・・」と言って近づきたがりませんね。

なので、お盆の時期でも海や川で遊んでいる人を見ると、「よく遊べるな・・・・・」と思ってしまいます。

「海や川で泳いでいて足を引っ張られた・・・・」なんて話をよく聞きますが、霊感が強いから私は納得できてしまいます。

お盆の時期は注意しましょう。

とくに、子供は大人に比べると霊感が強いので、接触されやすいですよ。

強い力で足を引っ張られたので、勘違いではないですし。

怖くなって、すぐに引き返しました・・・

海は幽霊が多いのは有名な話ですよね。

特に、お盆の時期は死者が帰ってくるので多いのもうなずけます。

多分、複数の幽霊にイタズラされたんでしょうね。

わたしは、霊感が強い方なのでお盆の時期には、海と川には近づかないようにしています。

どうでしたか?

このように、お盆の時期に海や川で「海水浴している最中に足を引っ張られた・・・・」という経験をしている人は多くいます。

しかも、この話は霊感が強い人からすると頷けるような話でもあります。

特に、お盆の時期に海水浴して遭難したという話もあります。

お盆の時期は心霊体験が多く寄せられます。

特に「子供は心霊体験をしやすいから海水浴するのは危険」だと言われているのにも恐ろしい理由があるのです。

お盆の時期になると海やプールや川で、海水浴することが危険な理由は誰も知りませんよね。

お盆に亡くなった人が帰ってくるのは嘘?幽霊を見た人っているの?
お盆は亡くなった人やご先祖様が帰ってくると言い伝えられています。また霊感がある人は口を揃えて「お盆の時期に霊が増える」と言います。でも、実際に幽霊なんて見ることもできないし嘘のように思えるもの。ここでは「お盆に亡くなった人が帰ってくるのは嘘なのか?幽霊を見た人っているのか?」疑問にお答えしています。

お盆の時期は死者が帰ってくるといいますからね。

ぜひ、気を付けておきましょう。

 

広告

特に子供がお盆期間中に「海やプールや川」で海水浴するのが一番危険って本当?

でも、なぜ心霊体験って大人よりも子供の頃の方が多いのでしょうか?

実は子供や赤ちゃんは霊感が大人に比べると強く、霊を引き付けやすい体質にあると言われています。

海や川で彷徨っている「不浄の幽霊」はいつまでも渇きを癒すことができずにいます。

もし、あなたが助けを求めるなら解決してくれる人に近づきますよね。

不浄の幽霊もそれと同じなのです。

大人よりも霊感が強い子供の方が、幽霊も「この子供なら気が付いてくれる!」と感じてしまうのです。

「憎しみ、未練、怒り、後悔」を抱えた不浄の幽霊が、子供に近づくことで、同じ思いをさせてやろうと道連れにしてしまうこともあるのです。

 

広告

お盆に「海やプールや川」で水難事故が多いのはやっぱり幽霊のせい?

お盆に「海やプールや川」で水難事故が多いのは、やはり幽霊の仕業ももちろんあります。

「海やプールや川」には不浄の幽霊が溜まりやすく、とくに死者が帰ってくるお盆の時期になるとウヨウヨいます。

「憎しみ、未練、怒り、後悔」を抱えた不浄の幽霊たちが、同じ苦しみを与えて、道連れにしようとして「溺れさせたり、遭難に巻き込もうとしたり」生きている人を水難事故に招こうとします。

特に霊感が強い人や子供は幽霊と接触しやすく、体調不良を招くので注意が必要です。

お墓参り後に体調不良になる理由は?霊がついてくる?対策はある?
「お墓参り(墓地)に行った後になぜか体調不良になるのはなぜだろう?」そう感じている人は意外にも多くいます。思わず「霊の仕業なんじゃないか・・・・悪い気を持って帰いるかも・・」と不安になります。ここではお墓参り後に体調不良になる理由は何か?霊がついてくるのを防ぐ対策はあるのか?疑問にお答えしています。

特に、お盆の時期は注意しましょう!

もう一つの理由としては、お盆時期に海は、場所によってはクラゲが出没し、刺されたら足がマヒして、溺れることもある。

泳いでいる最中にクラゲに刺されたら、足がマヒして溺れることもあります。

不浄の幽霊

海水に押し寄せるクラゲ

この二つの理由からお盆の時期になると海での水難事故は多くなります。

 

広告

お盆に「海やプールや川」で幽霊から守る2つのアイテムとは?

水晶

水晶を着用してください。

よく商業施設に有るショップやネットでも売っているブレスレットやネックレスで大丈夫です。

安価ので十分ですが、出来るだけ天然の物の理想的です。

ご家族分でおそろいの~なんていえば不自然じゃありませんよ。

水晶は魔除けになります。

神社ではご神体とされているところも有ります。

 

粗潮

「粗塩」を備えておいてください。

こちらも出来るだけ自然精製の物が良いです。

たまに肩に振り掛けてください。

不浄の霊による悪いものを払います。

ミネラルも有りますので、お砂糖と一緒に少しをお水に一緒にして飲ませると、熱中症予防も兼ねられておすすめです。

もちろん、幽霊の存在は賛否両論あるので、信じていなければ対策する必要はありません。

結局幽霊はいるのか?本当に見た人はいる?オバケがいない国がある?
「幽霊って本当に要るのか?」生きている人にとって永遠のテーマになりますよね。100人を対象にしたアンケートでは、「幽霊は本当にいる」という意見と「幽霊は実在しない」という意見が拮抗しています。ここでは「結局幽霊はいるのか?本当に見た人はいるのか?オバケがいない国があるのか?」疑問にお答えしています。

波長が鈍感な人には、幽霊はついてこないという話もありますしね。

もし、不安であれば、くらいで良いでしょう。

 

広告

お盆の川遊びは河童妖怪が足を引っ張る言い伝えがある?

確かに、岩手県や兵庫県などの河童の伝承や伝説が残っている地域には、そういった河童の伝説が言い伝えらてるのも事実です。

しかし、実際に「河童(カッパ)をこの目で見た!」という人は現れません。

そもそも、所縁のない人からすれば、河童(かっぱ)がどんな妖怪なのか知っている人も少ないでしょう。

河童が出ると有名な「岩手県」などの河童伝説のある土地の一部では、「盆に川で水遊びしてはならない」との言い伝えがあるのは真実です。

 

川を渡って(下って)帰省して行く霊を口にしようと盆の時期の川底には河童が影を潛めていると聞いています。

また、河童は綺麗な清流を好む傾向にあります。

濁っている川では暮らすことができず、山里の静かな場所に住んでいると言われており、あんまり高い山には順応しないらしいという文献も存在します。

 

もちろん、これらはあくまでも伝説なので、実際に河童(カッパ)に足を引っ張られるという体験をしている人は少ないでしょう。

つまり、「昔から伝わるおとぎ話」と考えたほうが賢明でしょう。

お盆の時期に水辺(海や川)で海水浴をすると、「怒りや悲しみ」を抱えた不浄の幽霊に足を引っ張られるという話は実際に良くある話です。

実際にお盆の時期になると「溺れたり、意識を失ったり」と、水難事故が毎年のように多発するものです。

幽霊(悪霊)なのか?

河童(カッパ)なのか?

正体は定かではないですが、

お盆に水辺に近づくというのは非常に危険な行為であることは事実なのです。

 

広告

お盆に川で河童(かっぱ)を見た人は本当にいる?河童で有名な岩手県民に聞いてみた!

岩手県に住んでいますが、確かに河童の伝説はありますね。

「子供を連れ去るとか・・・食べてしまうとか・・・」でも、残念な事に見たことありません。

声も聞いたことないです。

わたしが聞いた言い伝えによると「ケーーッ!!」と鳴くみたいですよ。

鬼と同じくらい見た事がないですが・・・・

確かに、岩手県の遠野市にはカッパの伝承地があります。

「人を川底に連れ込んで食べる」という伝説もありますが、「人が大好きで一緒に遊びたがっている」という話もありますね。

まあ、私自身は岩手県に10年以上住んでいますが、見たことは無いですけどね。

でも、観光名所になっているので、「河童の存在を信じている人が増えればいいのにな~~」って思います。

やっぱり、地域復興のために河童の存在を全国に知れ渡らせたいですね。

見たことは無いけど、河童がいて欲しいとは思いますね。

なので、信じてはいますよ。

やはり岩手県の名物の一つと言えば「河童」です。

なので、実際に河童を探すために、趣味で集まっている人達もいますよ。

日本の妖怪なので信じている人は少ないですが、そうやって人との交流のきっかけになっていることは確かです。

なので、岩手県に住んでいる私にとっては、河童は尊い存在なのです。

まあ、見たことはありませんが・・・

確かに、岩手県には河童(かっぱ)の伝説がいっぱいありますね。

怖い話もありますが、同じくらいに良い話もありますね。

河童が足を引っ張るという話もあります。

ですが、これは河童がわざと怖い思いをさせて、川に巣くう「怨念を抱えた幽霊」から子供たちを近づかせないように、守っているということ意味だと勝手に解釈しています。

まあ、河童は見たことはりませんが、岩手県の遠野市にある河童の淵は観光名所になっていますよ。

子供や妖怪が好きな人達が集まっていますよ。

どうですか?

このように実際に河童を見たことは無いけど、岩手県に住んでいる人は河童の存在を尊いと感じている人は多くいます。

お盆の時期は幽霊が帰ってくると感じている人は多いもの。

なので、お盆の時期は幽霊に当てられないように細心の注意を払うようにしましょう。

川や海に限らず、怖い心霊体験をしている人も多くいます。

あなたもお盆の時期に「岩手県の遠野市にはカッパの伝承地」に足を運んでるのもヨシ!

 

広告

河童(かっぱ)ってどんな生き物なの?河童の生態にまつわる日本昔話を紹介

日本の妖怪は怖いイメージがありますが、実は河童(かっぱ)は人のことが大好きで、本当は「もっと仲良くなりたい!」と思っているかもしれませんね。

河童の伝承を持つ岩手県や兵庫県では、河童(かっぱ)を尊い存在だと考えています。

なので、決して悪い妖怪ではないと言うことが分かると思います。

お盆の時期に河童(かっぱ)に出会えるなら友達になってみたいものです。

 

最近では、海外(外国)の人も興味を示している傾向にあり、あの大ヒット映画「ファンタスティックビースト黒い魔法使い誕生」のシーンにも河童(カッパ)が登場しています。

今や日本の河童(カッパ)と言う妖怪は、映画で登場するほど、海外でも親しまれるようになっているのは、日本人としては誇らしいことですよね。

 

広告

お盆に海水浴が危険って本当?海やプールや川で心霊体験した人いる?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

お盆に海水浴が危険なのはわかりましたよね。

お盆の時期の水辺には「渇き」による苦しみを癒そうとする幽霊がウヨウヨひしめき合います。

なので、海やプールや川で心霊体験した人いるのは決して珍しいことではないのです。

「海で遭難したり、川でおぼれたり」する人や子供が多いのは、同じ苦しみを味合わせようとしている不浄の幽霊の仕業と言えるでしょう。

特に、

「海で泳いでいると、誰かに乗っかられて溺れそうになった・・・・」

「川で遊んでいると、足を引っ張られて溺れそうになった・・・・」

などは良くある話なのです。

また、河童(カッパ)の伝説が継承されている岩手県でも、実際にお盆の時期に川で河童を見たことある人はいませんでしたね。

しかし、「岩手県の遠野市にはカッパの伝承地」という観光名所を大切にしたりと、

岩手県民は河童(カッパ)の存在を尊いものとして認知していることが分かりました。

実際に、上記で紹介している岩手県民からの意見でわかるように、

「河童(カッパ)と言う存在が少しでも地域復興の役立つなら嬉しい」

「河童(カッパ)の存在が、人との交流の懸け橋になってくれて嬉しい」

という考え方をしている人は多くいます。

河童(かっぱ)は日本の妖怪なので怖いイメージを持つ人が多い!

ですが、昔話に登場している河童は決して怖いものではなく、「むしろ人間と仲良く暮らしたい」と思っていることがうかがえます。

あなたも興味があれば、「岩手県の遠野市にはカッパの伝承地」に足を運んでみましょう。

もしかしたら、本当に河童に出会えるかもしれませんよ。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました