パッカハーブティーの効果効能を口コミ!カフェインレス?妊娠中は?

紅茶
この記事は約30分で読めます。

美容や健康を心掛ける人にオススメされているパッカリ(PUKKA)のカフェインレスハーブティーの口コミを紹介。

パッカは口コミでも人気のハーブティーシリーズですが、

実際に飲んでみないと味はわかりませんよね。

ここでは、パッカハーブティーの味に関する口コミや効果効能を紹介しています。

また、記事の後半ではカフェインレスハーブティーであるパッカハーブティーの種類の中でも妊娠中にオススメな商品を紹介しています。

 

広告
  1. パッカハーブティーリバイタライズの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー) :オススメのパッカハーブティーランキング第8位
  2. パッカハーブティーエルダーベリーエキナセアの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第7位
  3. パッカハーブティーピュアの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第6位
  4. パッカハーブティースリーミントの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第5位
  5. パッカハーブティーラブの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第4位
  6. パッカハーブティーリフレッシュの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第3位
  7. パッカハーブティーリラックスの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第2位
  8. パッカハーブティーレモングラスジンジャーの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー) :オススメのパッカハーブティーランキング第1位
  9. 市販のパッカハーブティーの種類で妊娠中(妊婦さん)にオススメなのはどれ?
  10. パッカハーブティーの効果効能を口コミ!カフェインレス?妊娠中は?~まとめ

パッカハーブティーリバイタライズの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー) :オススメのパッカハーブティーランキング第8位

パッカ(PUKKA)のハーブティーシリーズは、

香りが強いので口臭予防になりますね。

「食後」や「人と会うとき」など、

つい口臭が気になってしまうときに、最適ですね。

強いているなら、クセが強いので好みがハッキリわかれそうなところが気になりますが、

下記のページで紹介しているように、

「旦那・友人・親」など、身近な人の口臭が気になるときにオススメしても良いでしょう。

つわり中に旦那の口体が臭いときどうする?酒臭い夫への対策はある?
悪阻(つわり)真っ最中のときに、どうしても旦那さん(夫主人)の「口臭、体臭、酒臭い匂い」などが気になります。その悪臭(口臭、体臭、酒臭い匂い)のせいで、悪阻が悪化してします妊婦さんも多くいます。 ここでは、「つわり中に旦那の口体が臭いときどうする?酒臭い夫への対策はある?」疑問にお答えしています。

ティーパックは医薬品のような人為的な香りと、

ジンジャーのような辛みのある香りがありますね。

けっこう「ツン」とするようなピリッと来る香りなので、思わずムセました。

でも、どことなく甘みのある香りがうっすらとですが、

組み込まれているような気がします・・・・・

しかし、メインは辛みのあるスパイシーな香りですね。

 

「パッカ(PUKKA):リバイタライズ」の成分表はこちらです。

シナモン

血行促進作用があり、冷え性や薄毛対策に効果的なハーブティー。

カルダモン

腸内環境を整えることで、便秘や宿便に効果的なハーブです。

エルダーフラワー

抗炎症作用があり、胃の炎症を改善するだけでなく、最近ではインフルエンザ予防にも注目されています。

オレンジピール

「ビタミン」を豊富に含むことから栄養不足を解消し、香りにはストレス解消効果があります。

リコリス

幸福ホルモンを生成する効果があり、気持ちを明るくポジティブします。

ジンジャー

血行促進作用があり、「浮腫み(むくみ)、冷え性、疲労困憊」などに効果的なハーブティー。

緑茶

抗酸化作用があり、老化防止に効果があるだけでなく、認知症予防にも利用されています。

クローブ

消臭効果があり、中東では食後のお口直しに利用されているハーブです。

スペアミント

殺菌作用があり、風邪予防や口臭予防などに効果があります。

黒こしょう

ブレンドされているハーブを見ると老化防止対策や免疫力アップが期待できるハーブが目立ちますね。

体調不良やいつまでも若々しい痛い人向けなのかもしれませんね。

お湯をそそぐと、香しさがおしとやかになりました。

ティーパックから放っていたスパイシーな香りが、

一変して蒸気からは優しい香りに変化しました。

すると、「甘みのある優しいジンジャー(生姜)の香り」がありますね。

その中にどことなく「ふんわりとしたチャイ・マサラ」の香りがフワフワしている印象ですね。

ハーブティーとして口に入れると、ふんわりとさせたジンジャーのスパイシーな辛みがあります。

その中に、どことなくエキゾチックな香りがほんのりと漂っていますね。

そして、後味にリコリスの豆のような甘みが、合わさっていくようなイメージです。

独断と偏見で言うなら、後味の甘みはいらないような気がしていますね。

でも、そこまでクセも強くないかな。

ちょっと、風味自体はオススメだと思いますが、

ちょっと後味に残る、喉に引っかかるような甘みが気になるかな。

ですが、比較的ハーブティー初心者も飲みやすいような印象もありますね。

独特のクセもあるので、好みはわかれそうですが、

ハーブティーは他にもあるので、自分の好みを見つけると良いでしょう。

下記のページにも「ハーブティーの口コミ」を紹介しているので、

少し覗いて参考にしてみましょう。

セレッシャルハーブティー効能効果や味の口コミは?まずい美味しい?
セレッシャルハーブティーや紅茶はどんな風味や効能が楽しめるのでしょうか?これは実際にセレッシャルティーを飲んでみないとわかりませんよね。そこでセレッシャルのハーブティーや、紅茶の味と効能を口コミ。ここでは「セレッシャルハーブティー効能効果や味の口コミは?まずい美味しいのか?」疑問にお答えしています。
妊娠中ルイボスティー飲み過ぎは危険?胎児が心不全に?摂取量は?
妊娠中は食べ物や飲み物に気を付ける必要がありますよね。そこで、妊婦に人気を集めているのが、ノンカフェインで母子の体に優しいルイボスティーです。ここでは「妊娠中ルイボスティー飲み過ぎはまずいのか?胎児が心不全になるのは本当なのか?妊娠中のルイボスティーの摂取量はどれくらいか?」疑問にお答えしています。

 

広告

パッカハーブティーエルダーベリーエキナセアの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第7位

「パッカ(PUKKA)」は体に優しいオーガニックハーブティーなので、女性のみなさんに支持者が多いですね。

まあ、ハーブティーは比較的オーガニックなモノが多いですが・・・・・

酷いニキビに効果的だと言われているのが、

パッカ(PUKKA)のエルダーベリー&エキナセアティーのようですね。

ティーパックからは、ジンジャーのようなスパイシーな辛みがあります。

でも、どことなく「塩気があるようなハーブ特有の草っぽいクセ」もありますね。

また、想像しているジンジャーのスパイシーな辛みではなく、ちょっと鼻がつんとするような印象ですね。

ハーブティーを飲み慣れている私は、オーケーなのですが・・・・

初心者向きでは無い気がしますね。

少なくとも、「ベリー系」っぽくはありませんね。

 

パッカ:エルダーベリー&エキナセアの成分表はこちらになります。

リコリス根

体内の毒素を解毒する肝機能をサポートするハーブだと言われています。

エキナセア根、葉

免疫機能を向上させることで、肌や体を丈夫にする効果があります。

ビート根

消化管の炎症、のどの痛み、口内炎、空咳、気管支炎、泌尿器の炎症などで粘液が粘膜に潤いを与え刺激から保護します。

アニスシード

古くから口臭予防効果があると中東地方で親しまれているハーブです。

ペパーミント葉

殺菌作用があるので風邪予防に効果的なハーブですが、胃痛緩和やアレルギー症状の緩和にも効果的。

オレンジ果皮

ビタミンを豊富に含むフルーツで、腸内環境も整えてくれます。

エルダーベリー

免疫力を向上させるだけでなく、ニキビ肌荒れにも効果的です。

ローズヒップベリー

「ビタミン爆弾」や「飲む美容液」とも言われるハーブで、肌荒れニキビや老化肌に効果的です。

アセロラ

抗酸化作用があり、肌や体の老化を予防するだけでなく、肌荒れニキビの改善にも役立ちます。

オレンジエッセンシャルオイル

オレンジの柑橘系の香りにはストレス解消効果が証明されています。

天然クロスグリ香料

配合ハーブを見てみると「免疫力アップや肌荒れ、老化防止」などに効果がありそうですね。

美容や健康をサポートしてくれる万能なブレンドハーブティーというわけですね。

お湯を注ぐと、草木のようなハーブのクセと、どことなく塩っ辛いような香りが、フワフワ~~っと広がります。

個人的な感想ですが、一瞬だけケンタッキー・フ〇イド・チキンのような香りが存在しているような・・・・

とにかく、スープのような塩気のある香りと、ハーブの草木のクセのある香りが組み合わされていますね。

日常的にハーブティーを飲みなれない人には、キツイかな。

ハーブティーとして飲用すると、どことなくフルーティーな甘さがうっすらと感じれますね。

でも、すぐにジンジャーのような辛さが、掻き消してしまいます。

そして、フンワリ塩気のある香りが大きくなっていきます。

想像しているよりかは「フルーティー」な感じではなく、しっかりと「ハーブティー」ですね。

あくまでも、フルーティーな甘さが、うっすら漂う程度です。

温度が下がってくると、「ジンジャーの辛さと、リコリスの豆っぽさが」アピールしてくるので、漢方薬を飲み慣れているかのようです。

「エルダーベリー」のタイトルを期待すると、裏切られますね。

ベリー系のようなフルーティーっぽさは、ふんわりと感じますが、ほとんどありません。

なので、常日頃からハーブティーを飲み慣れていない人には、厳しいかもしれませんね。

思っている以上にハーブティーといった印象なので、日ごろからハーブティーを飲みなれている人向けなのかも!?

 

広告

パッカハーブティーピュアの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第6位

ホワイトの高級感のあるパッケージですね。

オーガニックハーブティーなので、

体に優しいといわれていますが、

美容効果は期待できそうにないですね。

個人的には、パッカ(PUKKA)のハーブティーは香りを楽しむようとで、

利用することが多いかな。

ティーパックは「マサラ・チャイ」をイメージさせるような中東のエキゾチックな辛みのあるスパイシー香りですね。

けっこう、好みがわかれそうな印象ですね。

なんとなく、うっすらとしたスパイシーな漢方薬をやわらかくしたように感じます。

飲みにくい場合は、ミルクティーや豆乳をプラスすると、飲みやすくなりますね。

 

「パッカ(PUKKA):ピュアハーブティー」の成分表はこちらです。

有機アニスシード

古くから食後の口臭対策として利用されてきたハーブで、胃腸の働きもサポートします。

有機フェンネル

代謝を促すことで、痩せやすい体質に導いてダイエットサポートします。

有機カルダモン

腸内環境を整えて、便秘や宿便を解消してくれるハーブです。

有機コリアンダー

ミネラルやビタミン類が豊富に含有されているハーブで、栄養尾が偏っている人にオススメです。

有機リコリス

体内の毒素を解毒する肝機能をサポートするハーブですが、抗炎症作用があることからニキビ用化粧水にも使われています。

有機セロリシード

利尿作用があり、浮腫み(むくみ)解消に効果的で、食べ過ぎた後に飲めば消化を促進します。

口臭対策として人気を集めている「アニスシード」や「フェンネル」がブレンドされていることから、エチケット対策として有効なことがわかりますね(^^♪

また、セロリシードの精油成分にはリラックス効果(効能)もあると考えられますね。

お湯を注ぐと、全体的に香りの主張がなくなります。

ちょっとうっすらと塩気とスパイシーな辛みがあるかな?程度です。

どことなく、生臭いですね。

個人的な感想になってしまいますが、蒸気を嗅いでいると、一瞬だけ「魚肉ソーセージ」をイマジネーションさせる香りが現れました。

でも、全体的にふんわりとした芳香です。

ハーブティーとして、飲用すると「やわらかくしたマサラ・チャイ」のような印象ですね。

そして、後味に「リコリスの豆のような甘み」がフワっと残っていくような香りですね。

ちょっぴりクセがあるハーブティーなので、けっこう好みがわかれそうかな?

 

なので、個人的な感想ですが「パッカ(PUKKA):ピュアハーブティー」は日ごろからハーブティーを飲みなれていない人には厳しいかもしれませんね・・・

結構、ティーパックのときから思っていましたが、けっこうクセがある印象ですね。

なので、確実にお客様向きではないような気がします。

普段からハーブティーに飲み慣れていない人には、「パッカ(PUKKA):ピュアハーブティー」は苦手な人が多そうですね。

まあ、中毒性はあるかもしれないですね。

 

広告

パッカハーブティースリーミントの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第5位

イエローグリーンのパッケージですね。

最近のハーブティーは、女性を中心に愛飲されていますが、美容に効果的なんですよね。

まあ、美容目的でハーブティーを愛飲するのであれば、

パッカ(PUKKA)は香りを楽しむ用途なので、不向きですが・・・・

風邪の予防に効果的だと言われているのがパッカ(PUKKA)のスリーミントティーですね。

ティーパックからは、ミントの爽やかなメントールの香りが感じられますね。

この「パッカ(PUKKA):スリーミントハーブティー」のティーパックを嗅いでいるだけで、鼻筋がスースーするので、スッキリします。

でも、どことなく癖(クセ)のあるミントの香りですし、

ちょっとスパイシーな印象もあるかな。

ミントの香りを楽しみたいのであれば、

ペパーミントを単体のほうが、香りは好きですね。

 

「パッカ(PUKKA):スリーミントハーブティー」に配合されている成分表はこちらになります。

有機ペパーミント

リラックス効果があり、ストレスによるイライラや緊張などで高ぶった精神を落ち着かせてくれます。

有機スペアミント

殺菌作用があり、風邪やインフルエンザなどによる感染症対策にピッタリのハーブです。

有機フィールドミント(ハッカ)

ストレスや暴飲暴食による胃酸の過剰分泌を抑えることで、「胃痛や胃もたれ」に効果的なハーブです。

シソ科のミント系のハーブティーを多く配合しています。

でも純粋に香りを楽しむのであれば、ペパーミントティーだけのほうが、個人的に好きですね。

また、ミントには殺菌作用があるので、風邪の初期症状の緩和にもオススメです。

喉のイガイガなどの気管支系のトラブル症状には効果的なのかもですね。

お湯を注ぐと、ティーパックから放っていたクセのある香りがちょっと優しくなしますね。

でも、やはり相変わらずクセのあるミントの香りが、

湯気になってフワ~~っと大きくなって行ききました。

ペパーミントティーに比べると、さほどミントの香りも強くないですね。

好みがわかれそうな印象ですね。

ハーブティーとして印象すると、

「薄いペパーミント」のような香りで、

優しいメントールのスースーする清涼感が口の中で広がります。

その中に、ハーブティー独特の渋みがありますね。

後味に、メントールのスースーする清涼感と、

うっすらとですが、やわらかい甘みが残っていきました。

ミントティーの風味があるので、飲みにくくはないですが・・・

「ペパーミント単体のほうが、飲みやすい」と思う人もいそうかな?

個人的な意見になってしまいますが、私はペパーミントティーを単体で、飲用した方が好きですね。

でも、やわらかい清涼感があります。

後味にミントの「スースー」っとするような香りが口の中でふんわりと広がってくれるので口臭予防にはなりそうですね。

フレーバーは爽やかな香りですが、後味の臭みが私には受け付けませんでしたね。

パッカハーブティーって愛飲者も多く見られますが、

日ごろよりハーブティーを飲みなれていないと厳しいですね。

 

広告

パッカハーブティーラブの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第4位

パッカ(PUKKA)のラブハーブティーは「ピンクのパッケージ」ですね。

こちらには、「カモミール」が含有されているので、

リラックス効果が期待できますね。

実は、カモミールティーには口臭予防効果も存在しますので、

食事のお口直しにも効果的ですね。

今回、口臭の対策に効果的だと評判なのがパッカ(PUKKA)ラブハーブティーですね。

ティーパックは「やわらかくて優しいスパイシーな辛さ」がありますね。

そして、その中にどことなく「フローラルな花の香り」がうっすらと有るのかな。

でも、それなりにスパイシーな辛さと、

優しい塩気があるので、

フローラルな印象はあまり認知できませんね。

ピンクパッケージに反して、ピリっとした刺激的な芳香が楽しめるハーブティーなのかもしれませんね。

 

「パッカ(PUKKA)のラブハーブティー」の成分表はこちらです。

カモマイル(カモミール)

胃痛緩和などに効果的ですが、生理痛緩和や口臭予防などにも有効なハーブです。

ライムフラワー

ストレスからくる頭痛や動脈硬化を予防する効果があります。

エルダーフラワー

抗炎症作用があり胃の炎症などにも効果がありますが、インフルエンザ予防にも有効です。

マリーゴールド

ホルモン様作用があり、ホルモンバランスを整える他にも、肌のターンオーバーも促します。

リコリス

幸福ホルモンの生成サポートするハーブで、気持ちを明るくポジティブにすることが証明されています。

ピンクローズ

香りにはリラックス効果がありますが、美肌効果もあるのでニキビや老化肌の予防にも有効です。

ラベンダー

殺菌作用があることから風邪予防にも効果的で、香りにはストレス解消効果があります。

カモミールティーやラベンダーティーがブレンドされているので、リラックス効果がありそうかな!?

といったイメージを持っていますね。

疲れた心にも良さそうな気分になりますね。

お湯を注ぐと、ティーパックから香ってきた「優しいスパイシーな辛さと塩気」が目立たなくなっています。

でも、どことなくクセがありますね。

タイトルが「ラブ」ということですが・・・・・・

個人的な意見を述べるならば、

あまり甘ったるいイメージもなければ、

フローラルなイメージもありませんでしたね。

パッカ(PUKKA)のラブハーブティーとして飲用すると「臭みがなくなったソフトなカモミールの独特の花の香り」がフワフワ~~っと行き渡ります。

その中で、どことなく塩気のあるスパイシーな風味がワンポイントになっていますね。

そして、後味にリコリスのような豆っぽい甘みが残りました。

でも、リコリスの風味って好みがはっきりしているので、

それについては「苦手!!!」って思う人もいるかもしれませんね。

臭みがなくなった、ふんわりとスパイシーな辛みがあるカモミールティーですね。

万人受けするかどうか?

はわかりませんが、カモミールティーが好きな人は、おいしく飲めるかもしれませんね。

ちなみに、カモミールはよくリンゴのような香しさと言われているようですが、独断と偏見でリンゴと思ったことはないですね。

私もパッカハーブティーの中では、こちらが一番飲みやすいと思いますね。

けっこうカモミールティーの香りが強いので、カモミールの風味が好きな人にはハマりますね。

 

広告

パッカハーブティーリフレッシュの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第3位

パッカ(PUKKA)ハーブティーは、

サプリメントとは異なって、

オーガニックなので胃や体に負担をかける心配がないので、安心できると思います。

配合されているペパーミントティーには、

健胃作用があるので、胃痛た胃もたれにぴったりですね。

他にも、ミントの方向には、

精神を落ち着かせる効果を見せてくれます。

気分転換に効果的だと言われているのがパッカ(PUKKA)リフレッシュハーブティーです。

パッカ(PUKKA)ティーバッグからは、

ツンとするようなピリッと来る香りとスパイシーな辛みがありますね。

どことなくハッカのような清涼感が見受けられる爽やかな香りが、

アクセントになっているように思います。

リフレッシュ効果があるかどうかはわかりませんが、

なんとなく落ち着く印象です。

気がするだけですが・・・・・・・

 

「パッカ(PUKKA):リフレッシュティー」の成分表はこちらです。

ペパーミント

口臭予防に有名ですが、殺菌作用が風邪予防になったり、胃酸の分泌を抑えるため胃痛にも効果的です。

リコリス

毒素を解毒する肝臓の機能をサポートする効果や幸福ホルモンの分泌を促します。

ハイビスカス

疲労回復効果があるだけでなく、ビタミンCの効果をサポートするため、美白や免疫力向上に最適。

フェンネル

新陳代謝を促すことで、ダイエットサポートに効果的なハーブです。

ローズ

美肌効果があり、肌荒れニキビや老化肌(シワ、頬のたるみ)などに効果的。

コリアンダー

ビタミン類やミネラルが豊富に含まれているので、栄養不足を解消します。

配合されているハイビスカスハーブティーには疲労を回復する働きがあるので、ひごろから疲れがたまっているときには役立ちますね。

他にも、リコリスにはストレス耐性を向上させる力を見せてくれるともいわれています。

お湯を注ぐと、ティーパックから放たれていた、

辛みのあるピリッと来る香りは消えています。

立ち上がってくる湯気からは清々しい気分のハッカをイメージさせるようなスーっとした清涼感のある香りが感じられますね。

しかし、どことなく渋みと苦みがあるようなハーブの臭みが、フワフワと感じられますね。

なので、割とクセが強いかもしれませんね。

ハーブティーとして口に入れると、渋みとクセのあるペパーミントの香りかな。

ハッカのようなスースーする爽やかな気分の香りも楽しめますが、

どことなくクセと渋みも感じてしまいますね。

そして、後味にリコリスの甘い豆のような風味が合わさっていきました。

けっこう、好き嫌いがわかれそうですね。

私は、ペパーミント単体で楽しむ方がイイと思います。

ペパーミントティーのようなスッキリした香りが楽しめるハーブティーですね。

鼻筋の通りがよくなるようなメントールの「スーっ」とする香りも楽しめますし。

ただ、ちょっと臭みがありますね。

なので、純粋にミントの香りを楽しみたいなら、

ペパーミントティーやスペアミントティーをシングルで飲む方がよさそうかな。

紅茶ばかり飲んでいたので、ハーブティーを」と思いましたが、けっこう飲みにくい・・・・・

慣れないとやはり厳しいですね。

 

広告

パッカハーブティーリラックスの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー):オススメのパッカハーブティーランキング第2位

イエローオレンジのパッケージですね。

リラックス効果のあるハーブを組み合わせているので、

一日の終いにホット一息ついて眠りについてもよさそうですね。

不眠症の対策になると評判なのが、

パッカ(PUKKA)のリラックスハーブティーです。

なので、不眠症や生理中のイライラやムカつきにも一役買ってくれるのではないでしょうか?

ティーパックからは、ジンジャー(生姜)をイメージさせるようなスパイシーな辛みがありますね。

そこはかとなく「チャイ・マサラ」をイマジネーションさせるような中東のエキゾチックな香りもふんわりと加味されていますね。

パッカのハーブティーシリーズは、

わりとティーパックの香りがけっこうそっくりですので、

違いが見えてこないですね。

もちろん、ハーブティーにすれば、各々の特色が主張し始めますが・・・・

 

「パッカ(PUKKA):リラックスティー」の成分表はこちらです。

フェンネル

新陳代謝を促すことで、ダイエットサポートに効果があるハーブ。

カルダモン

腸内環境を整えて便秘や宿便を解消するハーブティーと言われています。

ジンジャー

血行促進作用があり、冷え症や浮腫み(むくみ)などに効果的です。

リコリス

肝機能を向上する作用があり、体内の毒素を解毒する機能をサポートします。

ゴツコーラ

神経系や脳を活性化する作用があり、勉強中の記憶力が高まることから受験生にもオススメのハーブです。

アシュワガンダ

抗酸化・抗ストレス作用があり、老化防止やストレスへの悪影響に効果的。

マーシュマロウ

粘液質を含んでおり、胃痛や胃もたれなどの胃の炎症を緩和します。

カモマイル

風邪予防、生理痛緩和、胃痛緩和、肌荒れニキビ改善など薬効が高いハーブです。

カモミールやフェンネルがブレンドされていることから、口臭対策としても利用できそうなような気がしていますね。

お湯を注ぐと、先ほどのティーパックから香ってきたスパイシーな風味がソフトになりました。

そして、うっすらとカモミールのような花の香りがフワフワっと漂っているようにも感じられますね。

リラックスできるか?はわかりませんが、

どことなく優しい香りは伝わってきますね。

カモミールティーが苦手な人にはうっとうしい香りですが、好きな人にはイイですね。

ハーブティーとして、口に入れると「やわらかいカモミールティーのような花の香り」です。

また、カモミールティーの独特のクセもありませんね。

そして、控えめ程度にとしたスパイシーな辛みがあります。

なので、上品なカモミールティーの花の香りに、

やわらかいジンジャーのようなスパイシーな香りがワンポイントになっているイメージですね。

ハーブティーとして飲用すると、けっこうカモミールティーの風味が感じられますね。

なので、カモミールティーが好きな人は、なかなかの印象かもしれませんね。

個人的には、カモミールティーが好みじゃないので、

単体で利用するカモミールティーよりかは飲みやすいかな。

なにより、独特のクセがなくなって飲みやすくなっているのがイイですね(^^♪

カモミールティーには鎮静作用があるので、

女性の生理痛緩和などにも効果を見せてくれます。

なによりホルモンバランスを調整しくれる効果があるようですよ!!

 

広告

パッカハーブティーレモングラスジンジャーの効果効能を口コミ(カフェインレスハーブティー) :オススメのパッカハーブティーランキング第1位

イエローグリーンのパッケージですね。

ブレンドされているレモングラスの「芳香成分(精油成分)」には、

ストレスによって高ぶった精神をリラックスさせる作用がありますね。

さらに、お口直しにもなるので食後に相応しいハーブティーかな。

また、ノンカフェインであることもこのハーブティーの魅力の一つです。

カフェインによる悪影響について知りたい方は、

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

カフェインは吐き気の原因に?紅茶を飲むならミルクティーが一番?
カフェインの含まれた紅茶などの飲み物を口に入れると「吐き気や気持ち悪さ」を感じることがあります。カフェインは胃に良い影響を与えるとは言い難いもの。カフェインは胃からすると「刺激成分」です。ここでは「カフェインは吐き気の原因になるのか?紅茶を飲むならミルクティーが一番なのか?」疑問にお答えしています。
特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招く?便秘や肝臓にも悪い?
「特茶を飲み過ぎると下痢したり、吐き気を感じる」という人は意外にも多くい。実は、特茶の口コミを調べると「特茶を飲んだら胃が痛くなって下痢した!」などの副作用に関する体験談も目にします。ここでは「特茶の飲み過ぎは下痢や吐き気の副作用を招くのは本当か?便秘や肝臓にも悪いのか?」疑問にお答えしています。

ティーパックは、ツンと来るようなジンジャーのスパイシーな辛さが強いですね。

匂いを嗅いだときに、思わず咳き込んでしまいました。

そして、ジンジャーの香しさの中に、うっすらとレモンのような香りが隠れています。

でも、スパイシーな辛さが強いので、ほとんど判断できませんね。

ちなみに、ジンジャーは寒い時期にオススメで、

血行促進作用があることで体を芯からポカポカ温めるので、

日常的に飲むことで、下記にページで紹介しているように、

冬の寒さを健康的に過ごすことができるマストアイテムになるでしょう。

冬室温暖房なしで冬を乗り切る生活を過ごすには?北海道でも出来る?
暖房を冬に使うとコスト(電気代)がかかります。そこで冬室温暖房なしで冬を乗り切る生活を過ごす方法を知ることで寒い冬でも室内暖房を使用しないで身体をポカポカと温かくして過ごすことが可能。ここでは「冬室温暖房なしで冬を乗り切る生活を過ごすにはどうしたら良いのか?」北海道でも出来る実践方法を紹介します。

 

「パッカ(PUKKA):レモングラス&ジンジャー」の成分表はこちらです。

アニスシード

口臭予防などに古くから利用されているハーブ

レモングラス

浮腫み(むくみ)や冷え性などに効果的なハーブで、殺菌作用があり風邪予防にも効果的。

ジンジャー

冷え症改善への効果が有名ですが、疲労回復などにも役立ちます。

フェンネル

新陳代謝を促進してダイエットサポート効果があることが有名なハーブ

カルダモン

腸内環境を整える効果があり、便秘解消などにも有効なハーブです。

コリアンダー

ビタミンC・ビタミンEだけでなく、カルシウムや鉄などが豊富に含まれており、美肌に効果的なハーブ。

リコリス

幸福ホルモンを生産する効果があり、気持ちを明るくする作用が証明されています。

セロリシード

ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、栄養が気になっている人にオススメ

ブレンドハーブを見ると「アニスシードやカルダモン、フェンネル」など口臭対策に人気のハーブティーが調合されています。

なので、食後のエチケット対策としても効果を見せてくれますし、なにより飲みやすそうですからね。

お湯を注ぐと、ジンジャーのスパイシーな辛さが薄まっていますね。

そして、レモングラスの「フレッシュなハーブの香りの中に、ほんのり感じるレモンのような香しさ」が姿を現しました。

ティーパックから感じた、スパイシーなジンジャーの辛さがソフトになっていますね。

ティーパックよりも立ち上がる湯気は優しい香りが実感できる。

なので、日常的にハーブティーを飲みなれていない方も馴染みやすいかもしれませんね。

ハーブティーとして口に入れると、やはりジンジャーのスパイシーな辛さがメインですね。

それをレモングラスの「フレッシュなハーブの香りと、ふわふわとしたレモンの香り」が包みこんでいるような感じがします。

そして、後味にリコリスの豆のような甘みが口の中でくっついています。

こちらも、好みがわかれそうですが、相対的に初心者向きな気がしますね。

ジンジャーのスパイシーな香りと、レモングラスのハーブの香りも楽しめます。

クセもそんなにも強くないので、比較的飲みやすいハーブティーなのかもしれませんね。

ですが、後味にちょっとクセのある甘みが残るので、そこがちょっとに気なりましたね。

パッカはハーブティー玄人向きだと思いますね。

こちらは飲みやすい方ですが(汗)

飲み始めると体がポカポカ芯から温まっているようです。

寒さは様々な悪影響を及ぼしますからね。

このハーブティーを飲むことで、

下記のページで紹介している「寒さによる悪影響を予防」するので、

少し覗いて参考にしてみましょう。

寒いと寂しい心理的な理由(原因)は?冬の寂しさに解消法はあるの?
秋冬の寒い時期は、理由もわからずに「寂しい」と感じます。しかし「寒さ」と「寂しさ」は密接した関係にあります。寒さを感じると人は生命の危機を感じることで「不安・恐怖・焦り」を無自覚に感じています。ここでは「寒いと寂しい心理的な理由(原因)は何か?冬の寂しさに解消法はあるのか?」疑問にお答えしています。
冬に寒いと脇汗がすごいひどい原因はなぜ?対策予防法(解消法)は?
冬の寒い時期にも関わらず「脇汗が大量に出てきて止まらないとき」ってあります。また、冬の脇汗は「悪臭」を放つことも珍しくありません。では、なぜ「冬に寒いと脇汗がすごいひどい」のでしょうか?ここでは「冬に寒いと脇汗がすごいひどい原因はなぜなのか?対策予防法(解消法)はあるのか?」疑問にお答えしています。
寒いと涙が出る原因は病気?冷たい風にあたると涙が出る理由はなぜ?
寒い冬の時期に目が冷たい風に当たるときや、自転車に乗っていると目から涙がボロボロ出るという経験は多くの人がしているでしょう。本来涙は感情の高ぶりによって出てくることが多いですよね。そこで、ここでは「寒いと涙が出る原因は病気なのか?冷たい風にあたると涙が出る理由はなぜなのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

市販のパッカハーブティーの種類で妊娠中(妊婦さん)にオススメなのはどれ?

パッカハーブティーの種類の中で妊娠中(妊婦)にオススメなのは、リフレッシュティーでしょう。

ブレンドされているハーブには、殺菌作用があることから風邪やインフルエンザ予防にもなります。

さらに、免疫機能の向上するので、身体を丈夫にして母子ともに健康をサポートします。

なにより妊婦(妊娠中)の天敵とも言える「ストレス」を解消する効果があるので、

イライラによる悪阻(つわり)の悪化に苦しめられるママさんにオススメです。

妊婦さんは下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

つわりいつから楽になってきた?12週以降もひどくなるのは平気?
妊娠中のママさんが必ず通る道が「悪阻(つわり)」です。一般的に、悪阻=吐き気という認識を持つ人が多いですが、悪阻症状は「吐き気、頭痛、怠さ、気分の落ち込み」など多岐にわたります。ここでは「妊娠中につわりいつから楽になってくるのか?12週以降もひどくなるのは平気なのか?」疑問にお答えしています。
つわりのぶり返しがひどいつらい時がある?原因は?悪阻の対処法は?
「つわりのぶり返しがひどいつらい時がある・・・」そんなときは自分の身体は本当に大丈夫なのか心配になりますよね。ですが同じ症状に悩まされている妊婦さんは意外にも多くいます。ここでは「つわりのぶり返しがひどいつらい時は誰にでもあるのか?悪阻の原因は何か?悪阻の対処法はあるのか?」疑問にお答えしています。
つわり症状が日によって違うもの?良くなり悪くなりムラ波の原因は?
妊婦さんにとって、つわり症状が日によって違うのは珍しいことではありません。日によって「吐き気」だけだったりしますが、別の日では「吐き気や頭痛。倦怠感」を感じることもあります。ここでは「つわり症状が日によって違うものなのか?良くなり悪くなりムラ(波)がある原因は何か?」疑問にお答えしています。

このように実は、ストレスや気圧の変化は、

「つわりをぶり返す原因」とも言われているので、

つわりに苦しめられている人にはオススメです。

それだけでなく、雨の日もつわり悪化の原因になるので、

下記のページを少し覗いて参考にしてみましょう。

雨の日はつわりぶり返してきつい酷い?妊婦と低気圧の関係と対策は?
雨の日や低気圧だと悪阻(つわり)がぶり返すもの。「自分だけ雨の日になると悪阻がひどいんじゃないの?」と不安に感じます。ここでは雨の日はつわりがぶり返すものなのか?妊婦の体調と低気圧は関係あるのか?解説します。妊娠@8w6d(8週6日目)や11w5d~6d(11週5日目)」の妊娠さんも必見です。 
つわりは雨の日に頭痛も招く?妊娠中に頭痛がする原因は?治し方は?
「雨の日になると頭痛がする」と感じる妊婦さんは多い。実は、これは悪阻(つわり)症状です。一般的に、悪阻と言えば「吐き気」のイメージでしたが、頭痛も悪阻の一種だったのです。ここでは「つわりは雨の日に頭痛も招くって本当なのか?妊娠中に頭痛がする原因は何か?治し方はあるのか?」について解説していきます。
つわり症状は天気天候が悪い雨の日だと酷くなる?低気圧は関係ある?
つわり症状はその日の天気(天候)によって左右されます。特に天気が悪い雨の日だと、つわりはぶり返し酷くなることもあります。でも、本当に悪阻(つわり)は天気に左右されることなんてあるのでしょうか?ここでは「つわり症状は天気天候が悪い雨の日だと酷くなるのか?低気圧は関係あるのか?」疑問にお答えしています。

また、口の中がフローラルになることで、

旦那さんに体臭や口臭による「匂い悪阻(つわり)」の対策にもオススメです。

可能であれば、旦那さんと一緒に飲んでもらうと良いでしょう。

妊婦だけど旦那が酒臭い対処法はある?妊娠中に夫の禁酒いつから?
母親になるママさんは一滴もお酒を飲むことができません。お腹の胎児に影響を及ぼすからです。でも「主人(夫)はいつも通りに酒を摂取して、お酒臭くなって帰って来る・・・」と悩んでいる妊婦さんも多い。ここでは「妊婦だけど旦那が酒臭い対処法はあるのか?妊娠中に夫の禁酒いつからなのか?」疑問にお答えしています。

風邪予防にもなりますし、ストレス解消にもつながるので、イライラしないマタニティライフが送れることでしょう。

 

さらに「シンガポール人(中国系)・タイ人・ベトナム人」の妊婦さんが習慣として食べているコリアンダーには、ビタミンやミネラルが豊富なので健康サポートにもオススメです。

これらのことから妊娠中にオススメのパッカハーブティーは「リフレッシュティー」であることがわかります。

 

もちろん、他のハーブティーも妊娠中に愛飲している人は多くいるので、ここで紹介している風味や成分効果を参考にしたうえで、

自分に必要なパッカティーを選択すると良いでしょう。

 

広告

パッカハーブティーの効果効能を口コミ!カフェインレス?妊娠中は?~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

パッカハーブティーには、様々な種類があり、その効果も千差万別です。

この記事を参考にしたうえで、自分に合った商品を選択するようにしましょう。

パッカハーブティーは基本的にカフェインレスハーブティーなので、

妊娠中でも気兼ねなく飲める商品です。

興味があれば、ぜひ一度飲んでみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました