霊が怖いのを克服できる考えた方とは?おばけに対する認識を変えよう

お盆
この記事は約8分で読めます。

心霊映像などを見てしまうと、幽霊が怖くなってしまうものですよね。

 

背後が気になってお風呂にもトイレにも行けなくなりますし、

金縛りにあってしまうこともあります。

 

でも、それは幽霊が怖いものだと解釈しているからですし、

幽霊の存在自体も賛否両論あります。

 

ページを読み進めて幽霊に関する見識が変われば、

きっと「幽霊(おばけ)が怖い」という感情がバカらしくなるものです。

 

例えば、海外(外国)では日本と違い、

幽霊に関する考え方が全く異なっているものです。

幽霊という概念も無い国もあり、

当然その国では「心霊体験」なんてありません。

 

広告

霊が怖いのを克服できる考えた方とは?おばけに対する認識を変えよう

日常生活で出会う幽霊(オバケ)はほとんど善良です

幽霊は怖いという認識がありますが、

実は日常で出会っている幽霊はいわゆる「高級霊」で、

決して人に危害を加えることはありません。

 

人を不幸にしようと目論む霊(低級霊)は、

「心霊スポット」などに行かなければ出会うことはありません。

「お盆 幽霊 心霊現象 体験談」に関する記事も併せて読んでみましょう。

幽霊が見えるきっかけって何?大人になっておばけが見えた人はいる?
幽霊が見えるきっかけは何なのでしょうか?幽霊が見えるきっかけは人によって違うもの。「幽霊を感じて声が聞こえる」ようになって少しずつ人影が見えるようになり、はっきりと人として見える人もいます。ここでは「幽霊が見えるきっかけって何なのか?大人になっておばけが見えた人はいるのか?」疑問にお答えしています。
お盆は幽霊現象が多いって本当?先祖の幽霊を見たかもって人はいる?
お盆の時期になると、よく「亡くなった先祖の霊にあった・・・心霊現象が起きた・・・」と言う話をよく耳にしますね。やはり、お盆に時期になると幽霊が見えたり、心霊現象が多発するのは本当なのでしょうか?ここではお盆は幽霊現象が多いって本当なのか?先祖の幽霊を見たかもって人はいるのか?疑問にお答えしています。
お盆にやってはいけないことって何?4つのタブーなNG行動を紹介
お盆にやっていけないことと言えば「水辺に近づくと危険!」というのが有名ですね。お盆は先祖の霊が帰ってきたり、成仏できない死者がウロウロと活発になります。なので、禁忌をおかすと心霊現象に巻き込まれることも。ここでは「お盆にやってはいけないことって何なのか?」6つのタブーなNG行動を紹介しています。

 

つまり、幽霊は下記のように大きく「高級霊」と「低級霊」の2つのグループに分けられます。

基本的に低級霊は「心霊スポット」などの地場が悪い場所に溜まる傾向があり、

わたしたちが日常的に出会う事はありません。

 

TV番組やDVDの心霊特集は100%制作会社に作られた模造品

TV番組やDVDなどで販売されている心霊特集は100%、

製作サイドに作られたものです。

 

例えば「昔のホームビデオ」が使われている心霊映像もありますよね。

あれも、今の加工技術を使うことで、心霊映像にすることができるのです。

 

「なんだ!偽物かよ!」と思う気持ちもわかりますが、

製作会社は見てもらえる人に怖がってもらえるように、

努力して製作しているので、本物だと勘違いしてしまいますよね。

 

金縛りや怖い夢は幽霊の仕業ではない

実は金縛りというのは「心霊現象」と全く関係ありません。

 

基本的に「深くない眠り」と言われる「レム睡眠」ですが、

より詳しく言うなら、レム睡眠は「体(筋肉)は休んで、脳は稼動している状態」になります。

 

夢ではときに、信じられないくらいの物語が展開されます。

そんな夢に合わせて筋肉が動いてしまわないように、

レム睡眠中は脳から全身へ筋肉を制止する合図が出ています。

 

朝の目覚めとともにこのブレーキは解消されるのですが、

突然、目を覚ますとブレーキが効きっぱなしで、体が動かない。

これこそが、「金縛り」の正体です。

つまり、「眠りから覚醒への移行期に起こる、急激な全身マヒの症状」が金縛りです。

「幽霊 出ない 本当はいない?」に関する記事も併せて読んでみましょう。

一人暮らしでおばけが怖い人っている?幽霊に勝つ対処方法はあるの?
一人暮らしを始める前って「幽霊(おばけ)が出たらどうしよう・・・」と怖くなるものです。TV番組などで心霊体験などが紹介されているものですが、本当に一人暮らしをしていると幽霊は出るものなのでしょうか?ここでは一人暮らしでおばけが怖い人っているのか?幽霊に勝つ対処方法はあるのか?疑問にお答えしています。
お盆に亡くなった人が帰ってくるのは嘘?幽霊を見た人っているの?
お盆は亡くなった人やご先祖様が帰ってくると言い伝えられています。また霊感がある人は口を揃えて「お盆の時期に霊が増える」と言います。でも、実際に幽霊なんて見ることもできないし嘘のように思えるもの。ここでは「お盆に亡くなった人が帰ってくるのは嘘なのか?幽霊を見た人っているのか?」疑問にお答えしています。
お盆は幽霊現象が多いって本当?先祖の幽霊を見たかもって人はいる?
お盆の時期になると、よく「亡くなった先祖の霊にあった・・・心霊現象が起きた・・・」と言う話をよく耳にしますね。やはり、お盆に時期になると幽霊が見えたり、心霊現象が多発するのは本当なのでしょうか?ここではお盆は幽霊現象が多いって本当なのか?先祖の幽霊を見たかもって人はいるのか?疑問にお答えしています。

 

また、怖い夢の正体も「幽霊が怖い」という認識が脳に影響して、

怖い夢として現れるのです。

 

例えば寝る前に見ていた映画に似たようなシーンや登場人物が夢に出るのと同じで、

「眠りに落ちる前に何を考えていたのか?」

というのが夢に影響するのです。

 

大人になったら幽霊よりも怖いものに出会うことの方が多い

あなたが大人になれば、嫌でも幽霊よりも怖いものに出会います。

 

例えば「勤め先にいる嫌な人間」などの不快な人間関係は、

日常的にあなたの頭を悩ますことになります。

 

幽霊に対する恐怖心なんて、せいぜい4日くらいでしょう、

また、幽霊は人を殺すことはできないけど、人間は人を殺すことができます。・

つまり、生きてる人間が一番怖いのです。

 

広告

海外国ではお化け(幽霊)の概念さえない国もあるって本当?

実は、スイスや、フィンランドなどの欧州諸国では幽霊の存在を信じておらず、

地域によっては概念すらないこともあります。

 

つまり、海外には「おばけ」と言う概念すらない国があって当然そこにはおばけは居ませんし、心霊体験も皆無です。

 

なぜなら、幽霊(おばけ)という言葉は日本国でデタラメに作られたものだからです。

 

おばけ(幽霊)という概念が無い国の人が

おばけを見ると「へ~こいつがおばけねえぇ」と言って全く怖がりません。

おばけ(幽霊)なんてそんなものです。

 

また、中東では死んだ人間は幽霊ではなく、

精霊といって非常にありがたい存在として認識されています。

 

日本では怖いイメージ幽霊、同じ幽霊なのにここまで認識が違うのも不思議ですよね。

幽霊の存在は賛否両論あるのもうなずけます。

「幽霊 本当に見た人っているの? 虚言」に関する記事も併せて読んでみましょう。

結局幽霊はいるのか?本当に見た人はいる?オバケがいない国がある?
「幽霊って本当に要るのか?」生きている人にとって永遠のテーマになりますよね。100人を対象にしたアンケートでは、「幽霊は本当にいる」という意見と「幽霊は実在しない」という意見が拮抗しています。ここでは「結局幽霊はいるのか?本当に見た人はいるのか?オバケがいない国があるのか?」疑問にお答えしています。

 

広告

家や自分に幽霊(おばけ)が寄ってこなくする方法ってあるの?

部屋や自分を清潔にする

幽霊(おばけ)は不潔な空間が大好きです。

特に、低級霊は不潔な空間を好む傾向にあるので、

部屋や自分を清潔に保つ習慣を付けましょう。

 

お守りや水晶を持つ

お守りや水晶を身に着けたり、部屋に飾ることで、霊を弾くことができます。

特に地方に行くのであれば、お守りを持参するのもオススメです。

 

幽霊に同情しない

幽霊は自分を理解してくれると思うと、近づいてきます。

なので、幽霊の存在を否定して、同情しなければ幽霊は近くには来ません。

 

心霊スポットには絶対に行かない

幽霊が怖いと感じるのであれば、絶対に心霊スポットに行くのはNGです。

心霊スポットには、人に悪さをする低級霊がいるので、

憑依される可能性もあります。

 

お盆の時期は水辺(海や川)に近づかない

幽霊は湿気が多い場所を好む傾向にあるので、

水辺(海や川)などに多くいます。

よく「泳いでいたら、足を引っ張られた・・・」という話が多く寄せられていますよね。

特に、お盆の時期には水辺に近づいてはいけないと言われています。

「お盆 幽霊 水辺 危険 殺される」に関する記事も併せて読んでみましょう。

お盆に海水浴が危険って本当?海やプールや川で心霊体験した人いる?
「お盆に海水浴するのが危険」ですが、これは本当なのでしょうか?お盆の時期に海水浴を考えている人はしっておくべきことですよね。また、海やプールや川で怖い心霊体験した人の話も聞きますよね。ここではお盆に海水浴が危険って本当なのか?海やプールや川で心霊体験した人いるのか?疑問にお答えしています。
お盆に霊感がある人は幽霊が見える?海やプールに入ってはダメなの?
「お盆の時期は霊感がある人は、幽霊の存在を感じているのか?」気になりますよね。アンケート調査(恐怖体験)によると、霊感が強い人は「お盆の時期に幽霊の存在を感じやすくなっている!」と答える人は多い。ここではお盆に霊感がある人は幽霊が見えるのか?海やプールに入ってはダメなのか?疑問にお答えしています。

 

結局、幽霊は生きている人間が一番強いものです。

どんな霊であっても、結局のところ生きている人間の波動にはかないません。

つまり、人間に影響を及ぼすことのできる霊はいません。

なので、基本的には幽霊は自分に危害を加えることはできないと考えても良いでしょう。

所詮、幽霊(おばけ)は物体ではないので、

わたしたちに危害を加えることはできないのです。

 

広告

霊が怖いのを克服できる考えた方とは?おばけに対する認識を変えよう~まとめ

このページであなたのお悩みは解消されたでしょうか?

幽霊の認識が変われば、あなたも幽霊が怖いという考え方が変わると思います。

 

むしろ、海外国では幽霊という概念も無いことがあり、

当然その国では心霊体験をした人なんていません。

 

つまり、外国の人からしたら「幽霊なんておとぎ話」という認識なのです。

 

日本で言うところの「河童や鬼」と一緒ですね。

 

また、中東では幽霊を精霊として認識している国もあり、

そういった国では「怖い話」というよりも、「幸福な話」として話されています。

 

「同じ幽霊なのに、日本とこんなにも認識が違い、体験談やお話しが違うものなのか?」

思わず、幽霊なんて本当にいるのか?疑問になりますよね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました